このまま使える!女性が転職面接で押さえたい「受かる自己紹介」

転職する際に、避けては通れない面接……。

そして、面接で必ず聞かれる自己紹介。

落ち込んでいる男性

自己紹介って、何を話すのが正解なの……?

と悩む女性も多いはず。

ここではそんなあなたに向けて、人材エージェント直伝の

  • そのまま使える
  • 分かりやすい
  • テッパン

という三拍子揃った「自己紹介術」を解説しています。

これを読めば、自己紹介なんて簡単にできちゃうかも……!?

それでは一緒にみていきましょう!

相手が理解しやすい話し方

早速、自己紹介の内容を説明!と、いきたいのですが……。

その前に「話し方」からお伝えしていこうと思います!

疑問を感じている男性

え、普通に話せばいいんじゃないの?

そう思われるのもしょうがないですが、実は普段の言葉遣いでは面接にとって不利になってしまう可能性が高いんです……!

そもそも日本語は「主語→述語」の構成になっています。

いわゆる、「結論」が話の最後に来る話し方です。

怒っている男性

この話し方の何がダメなのさ!?

この話し方のダメなポイントは、結論が最後まで見えないこと。

結果、相手に話したいことが伝わりにくいという特徴があるんです。

それを避けるためにも、

『結論→詳細説明』

以上の順番に話すようにしてください!

この話し方ができると、以下のようなメリットが…!

結論から話したときのメリット

面接官にこのような印象を与えることができます。

  • 論理的に物事を捉えている
  • 頭の中が整理されている
  • しっかりと事前準備をしてきている

この伝え方は、面接のどの質問に対する返答でも使えます。

マスターしておいて損はありませんよ!

落ち込んでいる男性

うーん……なんだか難しそう。
具体例を教えて!

では、パンケーキを例に話してみましょう。

質問
あなたの趣味は何ですか?
「主語→述語」の悪い例
以前、友人に誘われてパンケーキを食べにいきました。

今まではパンケーキに対して、「甘そう」「胃もたれしそう」などのマイナスイメージがあったのですが、そのお店は私の考えを一新させたのです!

“甘さを控えたパンケーキ”に“口触りの良い生クリーム”。

別の容器に入れられたメープルシロップで、甘さを自分の好みに調整できるようになっていました。

そのお店の工夫のおかげで、私はパンケーキが好きになり、今では色々なパンケーキ店を巡ることが趣味になっています。

「パンケーキ=甘い」の概念を覆せたこの趣味をきっかけに、「勝手な印象でものごとを判断せずにまずは挑戦してみる」ということできるようになりました。

「結論が先」の良い例
私の趣味は、パンケーキ店巡りです。

この趣味を通して、「勝手な印象でものごとを判断しないで、まずは挑戦してみる」ということができるようになりました。

というのも、私はもともとパンケーキに対して「甘い」「胃もたれする」などのマイナスイメージを抱いていたのです。

たまたま友人に誘われて行ったパンケーキ店が、私の凝り固まった考えを変えてくれました。

“甘さ控えめのパンケーキ”に“口触りの良い生クリーム”。

さらに、メープルシロップが別の容器に入れられており、甘さを自分の好みで調整できるようになっていました。

このお店の工夫のおかげで「パンケーキ=甘い」の概念を覆せることができ、今ではパンケーキ店巡りが趣味になりました

すっきりしている男性

たしかに、「結論が先」の言い回しの方が伝えたい内容が頭に入ってくるね!

実はスピーチをする際は、最初の30秒の記憶しか人間には残らないと言われています。

そのため、一番伝えたい「結論」を必ず最初に持ってくるようにしましょう!

また、自己紹介の方法については、下記動画でも分かりやすく解説しています。

ぜひ、チェックしてくださいね!

それでは「自己紹介」についてみていきましょう!

自己紹介でスタートダッシュを切ろう!

疑問を感じている男性

そもそも自己紹介ってそんなに重要なの?

めちゃくちゃ重要です!

冒頭にあったように、UZUZでは企業の選考前に必ず「面接対策」を行います。

面接対策中に、いざ「自己紹介をお願いします」と言うと、

「えっと……何を話せばいいんですか?」

と悩んでしまう女性の方が非常に多い!

これ、すごくもったいないです。

なぜなら、自己紹介は、面接官にあなたのことを印象付ける最初のチャンスだから!

面接の最初のスタートである「自己紹介」でつまずいてしまうと、

  • 狼狽える
  • 頭が真っ白になる
  • シドロモドロになる

という状態へと面接中に陥りかねません。

そしてそのままズルズルと尾をひき、選考に落ちてしまう可能性が……。

せっかく、入社したい会社に出会えたのに、準備不足で落ちるなんでもったいない!

自己紹介以降の面接を調子よく続けられるように、自己紹介を完璧にしましょう。

それでは、具体的な言い回しからチェック!

自己紹介のフォーマット

本日は貴重なお時間を頂きありがとうございました。

私◯◯と申します、どうぞよろしくお願いします。(ここでお辞儀)

経歴は、20××年3月に◯◯大学◯◯学部◯◯学科を卒業しました。

卒業後は〜(現在に至るまでの経歴を説明)。

そして現在就職(or転職)活動を行っております。

どうぞよろしくお願いいたします。(ここでもお辞儀)

以上が、基本的な自己紹介のフォーマットになります。

疑問を感じている男性

パッと見ありきたりに見えるけど……
何かポイントってあるの?

もちろんあります!

ポイントとしては主に5つ!

  1. 必ずお礼を述べる
  2. 名前を伝えてお辞儀をする
  3. 大学卒業以降から現在に至るまでの説明をする
  4. 自己紹介の最後はお辞儀で締める
  5. 自己紹介はいつもの倍元気よく

では、それぞれチェックしていきましょう!

Point1:必ずお礼を述べる

面接官も、自分の業務時間を割いて面接の時間を確保してくれています。

まずは、面接の時間をいただいたことに対してお礼を述べましょう。

お礼・挨拶は社会人の基本です!

仕事を行う上では必要不可欠な部分ですよね?

こういった細かいところを見ている面接官もいますので、要注意!

驚いている男性

確かに「基本」は大切だもんね!

Point2:名前を伝えてお辞儀をする

自分の名前を伝え忘れる方は、あまりいないとは思います。

ただ、うっかりお辞儀を忘れてしまう方は多くいらっしゃいます。

名前を伝えたらすぐお辞儀

これを一連の動作として体に染み込ませましょう。

また、名前を伝える際の言葉遣いにも要注意!

「○○と言います」ではなく「○○と申します」

以上のように、正しい敬語を使うようにしましょう。

叫んでいる男性

これくらいなら余裕さ!

Point3:大学卒業以降から現在に至るまでの説明をする

あまり細かく説明する必要はありません。

ざっくりと何を行っていたかを説明しましょう。

ここで説明が長くなりすぎてしまうと、面接官に

話長いな〜(=コミュニケーション能力低そうだな)

と判断されてしまいがち…!

自己紹介で評価が下がってしまう可能性があるんです。

もやもやしている男性

これは要注意だな…!

Point4:自己紹介の最後はお辞儀でしめる

自己紹介はいつ終わったのか面接官に伝わらないことがあります。

必ず最後は、

お辞儀+「どうぞ宜しくお願い致します!」

で締めるようにしましょう!

驚いている男性

簡単だけど大切だね!

Point5:自己紹介はいつもの倍元気よく

UZUZは女性の方々をサポートしています。

その中には話すことが苦手だったり、面接になると緊張してしまう方もいらっしゃいます。

中身は良い方なのですが「話す」となるとどうしても、

  • 声が小さくなってしまったり
  • 目線が泳いでしまったり
  • 噛んでしまったり

このようになってしまう方が多いです。

そんな皆さんにお伝えしているのが、

自己紹介は必ず声を張っていきましょう!

ということ。

落ち込んでいる男性

た…たしかに、緊張すると声が小さくなっちゃう……!

何事も最初が肝心。

面接の最初に話す「自己紹介」で声が小さくなってしまうと、第一印象が悪くなってしまう可能性があるんです。

最悪、自己紹介部分だけでも構いません!

絶対にハキハキと話すようにしましょう。

そうすると、

  • 自分の面接のリズムを作れる
  • その後の質問も波にのって答えやすい

ようになるはず。

緊張している時は、自分が思っている以上に声が出ないもの。

通常の倍出してやっと普段の声量になる方もいます。

とにかく第一声は、

いつも以上に元気よく、ハキハキと!

これを絶対に意識していきましょう!

驚いている男性

自己紹介は、「発声練習」だと思って話すようにしよっと!

内容よりも重要!? 面接は“笑顔”がポイント

落ち込んでいる男性

自己紹介のポイントを抑えて面接にのぞんだのに、お見送りだった……。
どうして!?

それ、もしかしたら笑顔がないことが原因かもしれません。

驚いている男性

そうなの!?

実は、「笑顔」ってかなり重要なんです。

いくら楽しく話しているつもりでも、笑顔がなければ相手に「楽しんでいること」が伝わりません。

なぜなら、人は話を聞く際に相手の「表情」や「目線」「仕草」からの影響を55%受けると言われているから。

これを「メラビアンの法則」といいます。

メラビアンの法則
  • 言語情報…7%
  • 聴覚情報…38%
  • 視覚情報…55%

いくらポイントを抑えた完璧な自己紹介ができたとしても、仏頂面でしたら相手が受け取る印象はよくなりません。

もちろん話す内容も重要ですが、それ以上に「笑顔」が面接突破の鍵を握っているんですね。

もやもやしている男性

なんか難しくって、よく分からない……

では、もう少し噛み砕いて説明しましょう!

例えば、あなたが好きな人とデートの約束を取り付けたとします。

「真面目な仏頂面」と「笑顔」でしたら、どちらが好印象だと思いますか?

真面目な仏頂面の場合
  • 全然笑わないな
  • デートがつまらないのかも
  • なんだか自分もつまらなくなってきた……
笑顔の場合
  • すごく楽しそうに笑っているな
  • 一生懸命会話してくれているな
  • 笑顔が素敵で、こっちも楽しくなってきた!

当然、笑顔の方が好印象を与えることができますよね!

面接官といえども、あなたと同じ人間です。

面接官のことを自分の好きな人だと思い、「相手にどうやったら気に入ってもらえるか」を意識して取り組むと良いでしょう。

喜んでいる男性

好きな人の前だったら、ニコニコ笑顔になっちゃうもんね!

ちなみに面接などの緊張しやすい場でも自然と笑顔を出せるようになりたい!

そんなあなたはこの動画を見てもらえるといいかもしれません!

ポイントを押さえて面接を突破しよう!

この記事を通して、自己紹介について話す際のポイントをご理解いただけたかと思います!

上記を参考に面接に臨みましょう。

最後にみなさんに知ってほしいことは、面接を上達させるのにコツはないということ。

ひたすら練習あるのみ!

スマホで自分を撮影、客観的にどのように見えているかをチェックする練習方法は、かなり有効です。

ぜひロープレ(練習)に励み、内定を勝ち取りましょう!

落ち込んでいる男性

自己紹介については理解したけど、

正直、自分ひとりじゃ上達できる気がしない…!

たしかに、不安になって当然だと思います。

もし1人で内定を獲得できる自信がなければ、UZUZに相談してみませんか?

UZUZでは、万全の体制で面接に臨めるよう努めています。

面接対策の時間は1時間半〜2時間ほど。

専任のキャリアカウンセラーが、あなたが理想の会社に就職できるように、とことんお付き合いします!

トータルサポート時間は、なんと平均20時間超え!

そのため、面接に不安を感じている方も安心してください。

登録料・利用料ともに一切無料です。

面接に苦手意識を持っていたら、UZUZを利用してみてはいかがでしょうか?

興味のある方は、下記のボタンを押してどのようなサービスなのかチェックしてくださいね!

UZUZってなんなの??
すっきりしている男性

「第二の就活」を運営するUZUZは、
20代に特化した就職/転職エージェントです。

創業から7年がたち、これまでサポートしてきた方は、約6万人!

もちろん、ただサポートしているだけではありません。

UZUZの実績紹介
  • ESなどの"書類通過率80%"越え
  • 面接からの"内定率85%"越え
  • 入社後1年間の"定着率90%"越え

以上のように業界内でも特に高い実績が残せている自負があります!

下のボタンより、詳しいサービス説明を見ることができるようしました。

私たちと一緒に内定を勝ち取りませんか?

おすすめの記事