就活の軸の作り方と見つけ方をプロが徹底解説!

就活には軸が大切だってみんなが言うんだけど、軸って何なの?

就活の軸とは、どんな仕事をしたいかという自分の中にある芯のようなものです。

この軸があることで、より自分に合った会社を見つけられたり、内定を掴み取りやすくなったりします。

そこでこの記事では、就活の軸の「作り方」や「見つけ方」をまとめてみました。

さらに、就職エージェントであるUZUZに寄せられる

  • 楽な仕事ならなんでもいいんだけど、それを軸にするのはダメ?
  • 就活の途中で軸が変わってしまうのは、ダメ?

このような質問にもお答えしていきます!

自分の軸がよくわからなくて悩んでいる」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事でわかること

  • そもそも就活の軸とは?
  • 就活の軸は、絶対に作らなくちゃダメ?
  • 就活の軸がブレるのってアリ?
  • 就活の軸はどう作ったらいいの?
  • 就活の軸をアップデートする方法は?

また、以下の動画でも「就活の軸」について徹底解説!

「文章を読むのが苦手……」という方は、ぜひ動画でチェックしてくださいね。

そもそも就活の軸とは?

まずは「就活の軸」について、改めてお伝えします。

就活の軸とは、仕事や会社を選ぶときの判断基準になるものです!

世の中には、数え切れないほどたくさんの会社があります。

就活では、その中から最終的に1つの会社を選ばなければなりません。

そのときに必要となるのが就活の軸なのです。

なんだか就活の軸ってすごく難しいものなんだね……

いえ、あまり難しく考える必要はありません!

例えば、

  • IT系の企業で働きたい
  • 人と接するような仕事がしたい

といったざっくりとした希望から、就活の軸を少しずつ具体的にしていけば良いのです。

就活の軸はなぜ必要?何でもいいから就職したいと思うのはダメ?

就活の軸とか難しいことは考えずに、とにかく残業が少なくて安定した給料をもらえる会社に就職したいな……

もちろん、そんな考え方も間違いではありません!

とはいえ、もう一歩掘り下げて考えてみる必要はあります。

なぜなら、きっと誰もが心の奥底では、

  • 給料やボーナスがしっかりもらえる会社
  • 人間関係が良くてストレスのない会社
  • 残業がなく定時で帰れる会社

こんな会社で働きたいな〜〜!

このように思っているから。

就活の軸においては、みんなが思っていること=掘り下げが足りないと考えてください。

いくら給料が高いからといっても、あまりに興味のない内容の仕事を選ぶと苦痛を感じるかもしれません。

また、ストレスがないのは良いことですが、キャリアアップができずに不満を感じることもあるでしょう。

うっ……確かに。どうやって掘り下げればいいの?

掘り下げ方は簡単です!

  • どんな仕事を「楽」だと感じるのか
  • 会社の人とどのくらいの距離感だったら「人間関係が良い」と感じるのか

上記のように自問自答していき、自分なりの「楽な仕事」の基準を作っていきましょう。

就活の軸を考えるのに時間を使いすぎないほうが良い

そんなに重要なら、就活の軸についてじっくり考えてみようかな!

就活の軸は大切ですが、考えるのに時間を使いすぎるのも避けましょう!

もし今、「自分の軸ってなんだろう……?」と悩んでいるのなら、すでに自分の中にある軸と向き合っている証拠。

そんなときは、考えることに集中するよりも、行動してみることが大切です。

行動って具体的にはどうしたらいいの?

例えば、下記のようなことに挑戦してみましょう。

  • 気になる仕事と近いバイトをしてみる
  • 企業のインターンに参加してみる
  • とにかく面接を受けて話を聞いてみる
  • OB・OG訪問をして実際の仕事内容について質問してみる

行動をしていくことで、経験を積む以前には思いつかなかった選択肢が増えることも。

考えるよりも行動した方が、“就活の軸”が掘り下げやすくなるんです。

就活の軸がブレるのってアリ?ナシ?

就活の軸がなかなか定まらない……。軸がブレるのってやっぱりダメなの?

そんなことはありません!
むしろ就活の軸はブレてOKです!

例えば就活をしていると、

  • 今まで知らなかった仕事
  • 気付かなかった魅力や大変さ

を知ることができます。

すると、今まで興味がなかった仕事に関心を持ったり、本当に自分のやりたいことがわからなくなったりなど、従来の自分とは違う軸が生まれることも珍しくありません。

そうそう、色々な仕事が気になっちゃって、何が自分の軸なのかわからなくなるんだよね……

それは、実はごく自然なことなんですよ

就活や仕事を通して、自分の将来像が定まっていくもの

むしろ、視野が広がり選択肢が増えることは良いことですので、多くの情報を取り入れ、就活の軸をどんどん変えていきましょう。

就活の軸は、自分の経験を元に変えよう

就活の軸はブレてもいいと聞いてちょっと安心。どんどん軸を変えていこうかな!

もちろんOKですが、軸を変えるときの注意点もあります!

例えば、ネットや人に聞いた情報だけで軸を変えるのはNG

面接や企業研究などの具体的な行動をもとに、軸を変えていくことが大切です。

とにかく行動するのがポイント!今日からできる就活の軸の作り方

じゃ就活の軸ってどう作っていけばいいの?

次の2つのポイントがあります!

就活の軸を作るポイント

  1. 軸を「仮」で決めて行動してみる
  2. 軸を決めるときは職種から考えてみる

順番に詳しく解説していきますね。

軸を「仮」で決めて行動してみる

前述のとおり、就活の軸はブレても大丈夫

でも、「何が自分の軸なのかな……」と悩みすぎて、時間ばかりが過ぎてしまうのはもったいないですよね。

そんなときは、“ブレる”ことを大前提として、就活の軸を「仮」で決めてみることが大切です。

あくまでも仮の軸ですので、

  • 人と接する営業的な仕事
  • 自分の手を動かす制作的な仕事

など、ざっくりとしたイメージでも問題ありません。

この仮の軸をもとに、バイトをしたり面接を受けたり、具体的な行動を起こしましょう。

仮の軸なのに、行動しても大丈夫なの……?

行動することこそ大切です!

行動することで新しい経験や知識が増え、仮に設定した軸が正しかったのかどうか判断できるようになります

就活の軸はどんどん変わっていくもの。

あまり心配せずにどんどん行動してみましょう。

軸を決めるときは職種から考えてみる

軸を決めるときは職種から考えるのがポイントです。

職種とは、

  • 営業職
  • 技術職
  • 事務職

といった仕事内容のことですね。

業界から考えちゃダメなの?

IT業界や出版業界など、行きたい業界から考えるという人も多いでしょう。

もちろんそれでもOKですが、次の2つの理由により職種から考えるのがおすすめです。

  • 会社で毎日何をするのかは職種によって決まる
  • 業界によってはチャンスが少なく経験を積みにくい

なるほど。でも、どの職種が自分の軸なのか、よくわからないな……

そうですよね、だからまずは仮の軸でいいんです!

とはいえ、働いた経験が少ない20代の人にとって、自分の軸と職種を結びつけるのはとても難しいこと。

自分の人生を振り返って、

  • 接客のアルバイトはやりがいがあったから営業職かな
  • プログラミングの授業が楽しかったから技術職かな

というように、軸を仮設定してみましょう。

そんなに曖昧な感じで大丈夫なの……?

いきなり完璧な軸を作り上げる必要はありません!

まずは曖昧で良いので仮の軸を作り、次の項目で紹介する軸のアップデートを試してみてください。

就活の軸ができたらアップデートしてみよう!

仮の軸ができたら、次の4つの行動でアップデートしていきましょう!

就活の軸のアップデート方法

  1. ネットで調べる
  2. 知り合いに聞く
  3. 面接や説明会に行ってみる
  4. 実際にその仕事を体験する

それぞれ具体的に解説していきます。

1.ネットで調べる

まずは、仮で決めた職種についてネットで検索してみましょう。

Web上の記事やYoutubeの動画を見れば、やりがいや仕事内容などの情報が得られます。

ここでの注意点は、ネガティブな情報が出てきても、すぐに軸を変えないということ。

なぜなら、ネガティブな情報が出てこない職種はないからです。

例えば、

  • 「営業職」はノルマがきつい
  • 未経験で「技術職」に就くと雑用ばかり
  • 「事務職」は将来性がない

など、マイナスな情報は山ほどあります。

それらを全て真に受けていると、どの職種も選べなくなってしまうでしょう。

どんな職種にも、良い面と悪い面があります

ひとまず色々な情報を仕入れたうえで、次のステップに進みましょう。

2.知り合いに聞く

目指す職種で実際に働いている知り合いに、話を聞いてみることも大切です。

  • その職種のやりがいや辛さはどんなことなのか
  • どんな人が向いているのか・向いていないのか

など、経験に基づくリアルな情報を仕入れましょう。

ここでのポイントは、1人ではなく複数人の話を聞くことです。

1人の話だけでは、どうしても偏った情報になってしまいます。

何人かの意見を聞いたうえで、「自分には向いているのかな?」と考え、自分と職種を結びつけていきましょう。

3.面接や説明会に行ってみる

自分の目指す職種で働いている知り合いがいないときは、どうすればいいの?

そんなときは、企業の面接や説明会に行ってみましょう!

面接や説明会では、実際にその企業で働いている人の話が聞けます。

リアルで具体的な情報は、軸のアップデートに役立つでしょう。

仮の軸なのに面接に行っても大丈夫なの!?

大丈夫です!

たとえ仮の軸でも、今の考えを話せば問題ありません

変に遠慮せず、勉強のつもりで色々なことを質問してみましょう。

もし内定が出ちゃったらどうしよう……

自分の準備ができていないと思ったら、断ってもOKです!

面接や説明会に参加したからといって、必ずその会社へ就職する必要はありません。

内定が出たということは、自分の軸が明確になりつつある証拠でもあるので、さらに経験を積んで軸をアップデートしていきましょう。

4.実際にその仕事を体験する

就活の軸をアップデートするうえで最も大切なのは、実際にその仕事を体験することです。

例えば、

  • 営業職を軸とするなら、商品を売るアルバイトをしてみる
  • エンジニア職を軸とするなら、プログラミングの勉強してみる

といった体験をしてみましょう。

実際の体験は、ネットの情報や人から聞いた話より強く、自分と仕事を結びつけてくれます

逆に、体験したうえで「自分がやりたい仕事とは違うな……」と感じたら、その仕事を選ばないという選択もOKです。

その職種の難しさや楽しさを実感することで、自分の軸がどんどん明確になっていくでしょう。

実際に体験しておくと、内定も掴み取りやすくなります!

実際のやりがいや辛さを知らずに話すよりも、経験に基づく話をするほうが、説得力がありますよね。

「勉強してきてくれたんだな!」と、面接官が好印象をもってくれることも期待できます

気になる職種があれば、どんどんチャレンジして軸をアップデートしていきましょう。

就活の軸を作って内定を勝ち取ろう!

最後におさらいです。

就活の軸を作るポイント

  1. 軸を「仮」で決めて行動してみる
  2. 軸を決めるときは職種から考えてみる

就活の軸のアップデート方法

  1. ネットで調べる
  2. 知り合いに聞く
  3. 面接や説明会に行ってみる
  4. 実際にその仕事を体験する

このノウハウを元に、自分なりの“就活の軸”を見つけていきましょう

とはいえ残念ながら、就活が終わったとしても悩みから解放されることはありません。

ええっ!?

無事に就職し働き始めてからも、

本当にこの会社でいいの? この仕事でいいの? このキャリアでいいの?

と悩み続ける人が多いんです。

とはいえ、悩むことは良いことです!

悩むからこそ、行動を起こせます。

行動を積み重ねていけば選択肢が広がり、最終的に自分にとって一番良い道を選べるようになるもの。

また、この記事で紹介した“就活の軸の作り方”を実践していけば、自然と“行動してアップデートする癖”を身につけることができます

そうすれば、入社後に活躍できること間違いなし!

今抱えている軸が定まらない“焦り”を“行動”に変えていき、理想のキャリアを掴み取りましょう。

一人で就活の軸を作れる自信がないな……

そんなときはUZUZにご相談ください!

私たちUZUZは、既卒や第二新卒に特化して就職活動のサポートをしています。

平均20時間にも及ぶキャリアカウンセリングを通して、就活の軸が明確になるまで優しくアドバイスします。

全てのサービスは完全無料

気になる方は、ここをクリックしてサービスの詳細をチェックしてくださいね。

UZUZってなんなの??
すっきりしている男性

「第二の就活」を運営するUZUZは、
20代に特化した就職/転職エージェントです。

創業から7年がたち、これまでサポートしてきた方は、約6万人!

もちろん、ただサポートしているだけではありません。

UZUZの実績紹介
  • ESなどの"書類通過率80%"越え
  • 面接からの"内定率85%"越え
  • 入社後1年間の"定着率90%"越え

以上のように業界内でも特に高い実績が残せている自負があります!

下のボタンより、詳しいサービス説明を見ることができるようしました。

私たちと一緒に内定を勝ち取りませんか?

おすすめの記事