フリーターが県外に出て就職することってできますか?
  • フリーターではなく正社員になりたい!
  • 地元に良い仕事がないから、就職するなら県外(都会)で働きたい

このような理由から、地元を離れて就職を考えている人もいると思います。

地元の良さもありますが、就職口の多い県外(都会)はかなり魅力的に見えますよね。

都会でキラキラしながら働きたい〜!

そこでこの記事では、実際にフリーターが県外(都会)で働く際に注目すべきポイントを全てまとめてみました。

この記事でわかること
  • フリーターが県外に出て就職するメリット・デメリット
  • 県外で就職するためのステップ
  • 県外で就職するために掛かる費用
  • 県外で就職するのに掛かる期間
  • 県外で就職する際に注意すべきポイント

県外に就職を考えているフリーターなら、「読んで損なし!」の内容ですよ。

フリーターが県外で就職することのメリット・デメリットを再確認!

よーし!早速、県外で就職するぞ!

……と決意する前に、県外で働くことのメリット・デメリットを確認しておきましょう。

なぜなら、地元と県外(都会)で働くことは一長一短だから。

無鉄砲に就職活動をスタートして後悔してしまわないよう、基礎知識を頭に入れておきましょう!

フリーターが県外に就職するメリット

まずは、フリーターが県外に就職するメリットから。

フリーターが県外に就職するメリット
  • 基本給が高い
  • 就職先の選択肢が増える
  • 休日や就業後に遊べる娯楽施設が充実

それぞれ詳しく説明していきます。

基本給が高い

都会では、地方の企業に比べ基本給が高いところが多いです。

中には同じ企業でも「東京支社」は「地方支社」よりも1~3万円ほど基本給が高い、という場合も……。

ここで、厚生労働省が算出している“大卒平均初任給ランキング”をチェックしましょう。

大卒平均初任給ランキング

1位  東京   209,600円
2位  神奈川  207,200円
3位  兵庫   205,000円



46位 秋田   178,200円
47位 鳥取   178,100円
48位 沖縄   171,100円

(参照:「平成27年賃金構造基本統計調査(初任給)の概況」厚生労働省

やはり東京が堂々の第1位。

この他にも上位にランクインしている都道府県は、いわゆる“都会”と聞いて連想する県が多いですね。

1位の東京と最下位の沖縄を比較すると、38,500円も差が開いてしまうんです。

年間12ヶ月で考えると、なんと462,000円!

ぐぐ……海外旅行1回は確実に行けるくらい差が開いちゃうんだ……

就職先の選択肢が増える

地方に比べ、東京や大阪などのいわゆる「都会」は企業数が多いです。

比例して求人数も多いため、就職先の選択肢が増えますよね。

実際、どのくらい差があるの?

では、厚生労働省が発表している都道府県別の求人数(正社員)で比較してみましょう。

  • 一番多い東京都の求人数は、198万9841件
  • 一番少ない高知県は、7万2963件

(参照:厚生労働省「一般職業紹介状況(職業安定業務統計):直近の雇用関係指標 有効求人数、新規求人数、就職件数[正社員]

その差なんと、27倍以上もあるのです。

ひ、ひえ〜〜! そんなに違いがあるんだ!!

休日や就業後に遊べる娯楽施設が充実

居酒屋や娯楽施設も、地方と都会で明らかに違います。

地方では「繁華街」と呼ばれる場所でも、夜10時を過ぎたら人通りもなくなる……なんて当たり前。

都会は、深夜0時を過ぎても人に溢れている場所が数多くありますよね。

また、カラオケやダーツなど多種多様な「趣味に関するお店」や「娯楽施設」があり、遊び尽くせないほど。

外で遊びたい若者にとって、都会はとっても魅力的ですよね!

フリーターが県外に就職するデメリット

続いて、フリーターが県外に就職する際のデメリットの紹介。

フリーターが県外に就職するデメリット
  • 物価が高くなる
  • 就職先の競争率が高い
  • 誘惑が多すぎる

それぞれ詳しく説明します。

物価が高くなる

都会は、家賃からランチ代まで様々な価格が高いです。

そのため、「収入も多いけど支出も多い……」なんてことも。

詳細については、この記事の後半「ぶっちゃけお金ってどのくらいかかるの?」で詳しく解説していきます。

就職先の競争率が高い

都会は元から人口が多いだけでなく、県外からの就職希望者もたくさん集まっています。

就職先は多いですが、比例して求職者も多いということ。

つまり、必然的に競争率は高くなりますよね。

とはいえ、「適当な会社に入社して後悔……結局短期離職しちゃった」なんてことになったら本末転倒。

しっかりと企業を見極める必要があるため、就職活動にかかる費用もかさんでしまいます。

誘惑が多すぎる

地元であれば、遊ぶところは限られているかもしれません。

先にもお伝えしたとおり、都会の場合は深夜までお店が開いており、娯楽施設もたくさんあります。

ついつい夜まで遊んで、羽目を外してしまう……なんてこともあるかもしれません。

とにかく遊びの誘惑が多いのは事実です。

なんだかんだ就職しないで遊んじゃいそうだなあ……

フリーターが県外で就職するための具体的なステップ

よし!県外に就職しよう!……あれ、一体何から始めればいいんだ?

こんなフリーターの方、多いのでは?

初めての就活・上京だったら、「右も左もわからない状態」って当たり前です。

これから紹介する具体的な活動ステップを読んで、県外の就活を成功させましょう!

STEP1:「どんな仕事をしたいのか」見つめ直そう

  • フリーターで得た経験を生かせる仕事が良いのか
  • 未経験の仕事に挑戦したいのか
  • 手に職をつけられるような仕事がしたいのか

など、「自分が正社員としてどのような仕事をしたいのか」を見つめ直すことはとっても大事。

未経験の仕事に挑戦したいけど、今から学校へ行く時間もお金もないし……

と諦め「フリーター時代と似たような仕事」を消去法で選びかけたそこのあなた!

諦める必要は、断じてありません。

なぜなら日本には、無料でスキルを身につけられるサービスがたくさん存在しているから。

無料で受けられるサービス例

ハローワークの職業訓練

  • 簿記、経理
  • 医療事務
  • 介護

様々な訓練を無料で受講できるだけでなく、一定の要件を満たす場合は通所手当まで貰える場合も。

UZUZの研修型就活サービス「ウズウズカレッジ」

  • インフラエンジニアコース
  • プログラマーコース
  • マーケティングコース

などの研修を無料で実施。就職活動もトータルでサポートしています。

まずは消去法ではない「本当に自分がやりたい仕事」を考えること。

そこから、その仕事に就くための就職活動方法を考えていきましょう。

STEP2:各地域の「情報収集」をしよう

県外(都会)に出る前に、まずは地元で情報収集をします。

大阪・東京・名古屋など「働きたい都市」が決まっていれば、

  • その都市にどれくらいの企業があるのか
  • 自分のやりたい職種の求人はあるのか
  • 住みやすさ(物価や治安)はどうか

上記をネット検索で調べ、その土地で働くイメージが湧くかチェックしましょう!

ネットの情報だけじゃ不安……

そんな方は、周りに県外(都会)で働いた経験がある友人や先輩に話を聞いてみるのがおすすめです。

STEP3:就職エージェントに相談しよう

  • どの都市で働きたいのか
  • どのような仕事がしたいのか

これらがある程度決まったら、県外(都会)の就職サポートに強いエージェントを探しましょう。

一口に就職エージェントといえども、その特色は様々です。

あなたが20代のフリーターで「東京」「大阪」で働きたいと思っているのであれば、UZUZがおすすめ

自分の希望を叶えられる就職エージェントを利用すれば、それだけ効率的に就職活動をすることができますよ。

STEP4:県外に出よう

さぁ、いよいよ県外(都会)での就職活動の始まりです!

本格的に就活がスタートすると、下記のような状態に。

  • 複数の会社の面接を平行して受ける
  • 一次面接〜最終面接まで、何度も会社に出向くようになる

つまり、地元に住んだままだと「交通費」や「宿泊費」がかかってしまいます。

そのため、思い切って就活するタイミングで引越しするのもアリです。

お住まいの地域にもよりますので、一度転職エージェントに相談してみましょう。

県外で就職したいフリーター必読!ぶっちゃけお金ってどのくらいかかるの?

ぶっちゃけ就活費用にどのくらいかかるんだろう?

そう心配しているフリーターの皆さんに、ズバリ回答。

東京で就職するために必要な貯金額は、おおよそ50万円

大阪では、40万円必要になります。

この金額は、家を借りるために必要な

  1. 初期費用(家賃の4.5か月分)
  2. 引越し料金
  3. 1か月分の生活費

(参考:参考:SUUMO「賃貸契約に必要な初期費用の相場はどのくらい? 安くする方法は? 分割はできる?」)
を合算した数字です。

それでは、「家賃」や「生活費」など相場を東京と大阪に分けて詳しくみていきしょう!

【東京・大阪別】家賃の相場

東京都内(一人暮らし用マンション1R〜1Kを想定)
  • 平均家賃相場:約8.5万円
  • 渋谷区/港区などの人気エリア:10万円超え
  • 23区外や駅から遠いエリア:6万円以下
大阪市内(一人暮らし用マンション1R〜1Kを想定)
  • 平均家賃相場:約5.7万円
  • 福島区/西区などの人気エリア:6万円超え
  • 住吉区/平野区など南に位置するエリア:3万円代

いずれにしても、

  • ユニットバスかバス/トイレ別か
  • オートロックの有無
  • 階数

などで、数万円違ってくる場合がほとんどです。

家賃以外にも初期費用として、

  • 敷金
  • 礼金
  • 仲介手数料
  • 火災保険料
  • 鍵交換費用

などもかかります。

これらの費用は物件により異なりますので、契約前に必ず確認しましょう!

【東京・大阪別】生活費の平均

地方と県外(都会)では、生活費にも違いがあるのでしょうか?

結論として、1万円弱の違いが。

また、数字は関東と近畿を比較しているため、東京都・大阪府と限定した場合、さらに数万円は変わってくるでしょう。

東京都を含む関東の一人暮らし生活費平均
  • 食費…43,206円
  • 光熱費…10,464円
  • 交通費…5,576円
  • 交際費…15,792円
  • 合計…75,038円
大阪府を含む近畿の一人暮らし生活費平均
  • 食費…41,492円
  • 光熱費…10,959円
  • 交通費…4,203円
  • 交際費…15,839円
  • 合計…72,493円
その他の地域(中国・四国)の一人暮らし生活費平均
  • 食費…36,298円
  • 光熱費…11,505円
  • 交通費…3,668円
  • 交際費…14,718円
  • 合計…66,189円

(参考:株式会社LIFULL「一人暮らしの生活費の目安は? 地域や年代別データから解説」)

引越しに掛かる費用

引っ越しって初めてするんだけど、いくらかかるんだろう?

そんな疑問にもお答えしましょう!

引越し費用は、

  • 移動距離
  • 荷物量
  • 引越し時期
  • トラックが引越し先に停められるか
  • エレベーターはあるか

などによって、業者の見積もりが変動します。

そのため、

  • 今住んでいる場所から引っ越したい地域までの距離
  • どの時期に県外(都会)に行きたいのか

を確認しましょう!

ちなみに、引っ越し時期によっては、1万円近く見積もりが変わってしまいます。

  • 近距離である50キロ以内で単身の引越しの場合
    通常期:約3万8千円
    繁忙期(2月~4月):4万7千円
  • 長距離の200キロ以内で単身の引っ越しの場合
    通常期:約4万4千円
    繁忙期(2月~4月):4万8千円

具体的に決まったら、何社か見積もりを取って比較することが大切です。

県外で就職したいフリーター必読!都会暮らしが教えるおすすめの地域

初めての都会生活。変な地域に住んで失敗したくない!

東京や大阪とひとくくりに言っても、エリアによって雰囲気も違えば家賃相場も異なります。

そこで、東京・大阪別で住みやすい地域をご紹介しましょう!

(参考:アットホーム株式会社「東京都・大阪府の地域の家賃相場から賃貸マンションを探す」)

東京で住みやすい地域まとめ

まずは、東京で住みやすい地域をご紹介します。

練馬区(1R・1Kの家賃相場:6.96万円)

家賃相場が安い住宅地エリアです。

閑静で自然が多いのでファミリーに人気ではありますが、一人暮らしの20代も多く住んでいます。

文京区(1R・1Kの家賃相場:9.23万円)

犯罪が少なく治安が良い街です。

大きな歓楽街がなく整備された道も多いので、女性の一人暮らしにおすすめです。

渋谷区(1R・1Kの家賃相場:11.18万円)

繁華街が多く交通の便も良いので若者に人気のエリア

渋谷と言えば“煩雑なイメージ”を持ちがち。

実は、渋谷駅を離れれば「代々木」や「笹塚」など落ち着いた住宅街が広がっているんです。

千葉県市川市(1R・1Kの家賃相場:6.31万円)

交通の便が良いため、都内まで30分程度で行くことができます。

家賃相場が安く飲食店や病院も多いので生活しやすいエリアです。

大阪で住みやすい地域まとめ

続いて、東京で住みやすい地域をご紹介します。

浪速区(1R・1Kの家賃相場:6.01万円)

一人暮らし世帯の割合が多いエリアです。

難波や心斎橋などの繁華街があり、ショッピングや外食がしやすいので20代に人気です。

西区(1R・1Kの家賃相場:6.43万円)

ビジネス街である本町や繁華街であるミナミに隣接した区でありながら、閑静な住宅街エリア

おしゃれスポットである「堀江」があることからイメージも良い地域です。

福島区(1R・1Kの家賃相場:6.27万円)

オフィス街のため、県外から越してきた人が多く住んでいます。

梅田駅や新大阪駅にも近いため帰省しやすいメリットがあります。

東大阪市(1R・1Kの家賃相場:4.37万円)

大阪市の隣に位置し、家賃相場が安いにも関わらず難波まで10分程度で行ける東大阪市。

飲食店やスーパーも多いため生活しやすいエリアです。

県外で就職したいフリーター必読!お金がない、どうしたらいい?

県外で就職したいけれど先立つものがない!

というフリーターに、お金がなくても県外で就職できる方法をご紹介します。

親戚の家に住む

東京であれば、

  • 東京都内
  • 千葉
  • 埼玉
  • 神奈川

などの近郊に親戚が住んでいないか確認しましょう。

大阪であれば、

  • 大阪府内
  • 兵庫
  • 奈良

などに親戚や身内はいないでしょうか?

実はUZUZにも「就職先が決まるまで/お金が貯まるまでは、親戚の家にお世話になる」って方、結構いらっしゃるんです。

ほんの数か月お世話になる約束で、親戚宅に住まわせてもらうのも一つの手段です。

友達とシェアハウスをする

同じ地元の友達で、県外(都会)へ出たがっている人はいませんか?

もしいれば、その友達とシェアハウスを借りて家賃を出し合うことを提案してみましょう。

不慣れな土地で、シェアハウスに友人がいることは心強いですよ。

また、家賃などもシェアできるため、一人で住むよりも費用が安く済みますよ

マンスリーマンションを契約する

マンスリーマンションとは、短期で住む人向けのマンションのこと。

1ヶ月単位で契約できます。

メリットは、

  • 家具や家電が備え付けられている
  • 敷金礼金がない所もある

ので、初期費用が安く済むこと。

デメリットは、

  • 通常の家賃より割高
  • 水道光熱費が固定されている

場合があるので、月々の費用は高くなること。

すぐに退去できるので、長期的な住処ではなくお金が貯まるまでの仮住まいと考えた方が良いですね。

県外で就職したいフリーター必読!就職活動の平均期間は?

希望職種や条件によっても異なりますが、就職活動の平均期間は「3ヵ月~半年」です。

もし県外で就職活動をする場合、なるべく早く就職先を決めたいところ。

しかし「焦って決めたことで入社した先がブラック企業だった」なんて話もよく聞きます。

平均期間は、あくまで平均。

決して焦って決断しないように、「自分流の就活」を進めてくださいね。

県外で就職したいフリーター必読!陥りやすい注意点

なんとしても県外(都会)で就職したい! なにか注意しておくことってある?

就職活動中は「とにかく就職したい!」ということで頭がいっぱいになりがち。

ですが、就職してからの懸念点も頭に置いておきましょう。

ここでは、陥りやすい3つの注意点をご紹介します。

頼る人がいなくなり、孤独になる

今までは、

  • アルバイト先の先輩・上司
  • 学生時代の先輩

など、頼れる人がすぐ近くにいる環境だったかもしれません。

しかし県外に就職すると、頼れる人は近くにはいなくなります。

「就活がうまくいかない時」や「何か壁にぶち当たった時」に、気軽に相談できる人がいない状況は、想像以上に孤独を感じやすくなるものです。

生活習慣が乱れやすい

一人暮らしでさらに慣れない仕事を始めるため、「気力」や「体力」が、共になくなります。

その場合、人間は食生活からおろそかになってしまうんです。

コンビニ弁当や外食が多くなったり、食事を抜いてしまうことも……。

さらに誰かに起こされるわけでもないので、休日は昼まで寝てしまい夜眠れなくなるなど、睡眠リズムが乱れる可能性もあります。

生活習慣が乱れやすいと、体調も崩れやすいもの

「県外(都会)に出てから体調を崩しやすくなった」という声は案外多いんです。

家族、友人と離れてしまう

「家族」や「友人」といった気が置けない人が近くにいる、という環境から一転。

県外での生活は“心機一転再出発できるメリット”もあります。

ですが、ふと寂しさを感じたり、慣れない環境で精神的に疲弊してしまうことがあるので要注意!

県外で就職したいフリーターは、二人三脚で進めるべき!

県外で就職を考えているフリーターは、自分一人で抱え込まずに転職エージェントを頼りましょう!

20代の求職者に人気の転職エージェントUZUZは、就職までのサポートはもちろん就職後のサポートも万全です。

定期的に開催される同窓会イベントもあり、環境や人間関係のフォローも手厚いです。

こういった頼れる存在は、“県外に就職を考えているフリーター”にとって力強い味方になりますよ。

気になる方は、サービス内容をチェックしてくださいね!

UZUZってなんなの??
すっきりしている男性

「第二の就活」を運営するUZUZは、
20代に特化した就職/転職エージェントです。

創業から7年がたち、これまでサポートしてきた方は、約6万人!

もちろん、ただサポートしているだけではありません。

UZUZの実績紹介

  • ESなどの"書類通過率80%"越え
  • 面接からの"内定率85%"越え
  • 入社後1年間の"定着率90%"越え

以上のように業界内でも特に高い実績が残せている自負があります!

下のボタンより、詳しいサービス説明を見ることができるようしました。

私たちと一緒に内定を勝ち取りませんか?

おすすめの記事