未経験から開発職に挑戦したい!「Java」とは?どんな仕事・求人があるの?

プログラミング初心者の方が最初に取り組む言語としておすすめされることも多いJava。システム開発やアプリ開発の仕事を目指すなら、押さえておきたい人気言語のひとつです。

Webアプリケーションから業務で使用するようなシステムまで、さまざまなところで使われているJavaを学ぶとどのような仕事に就けるのでしょうか?求人状況とともに見てみましょう。

Javaの特徴と強みとは?

『JAVA』と書いてある画像
Javaとは、C言語の構文を受け継いで作られたプログラミング言語です。1995年にSun Microsystems(サン・マイクロシステムズ)というアメリカの企業(現在はオラクル社が吸収合併)が、初めて公開しました。処理速度が速く信頼性の高い言語として人気を集め、現在でもさまざまなところでJavaが利用されています。

Javaの特徴

Javaの特徴は、大きく分けて3つあります。

「Write once, run anywhere(※)」だから便利

「Write once, run anywhere」=「一度プログラムを書けば、どこでも実行できる」のがJavaの特徴です。通常、Windowsで書いたプログラムはMacでは使用できないなど制限があるのですが、Javaは仮想マシンで稼働しているため使用場所を選びません。OSに合わせた書き換えが不要で便利なこともJavaが人気を集める理由のひとつとなっています。

※「Write once, run anywhere」とは、プラットフォームに依存せず、OSを問わず実行可能であることを表したサン・マイクロシステムズによるJavaのスローガン

さまざまなものがJavaで積極的に作られている

動作環境を選ばず、処理速度も速い部類に入るため、さまざまなものがJavaを使って作られています。スマホのアプリや企業のシステム、スーパーコンピューターもJavaが使用されているため、Javaを覚えておけばいろいろな仕事ができようになるのも特徴です。

分業しやすい

Javaはオブジェクト指向型という、一つひとつが独立性をもったプログラムで構成されています。プログラミング時に、最初に宣言する“クラス”によって独立性を保つため、他のプラグラムに干渉せずに作業を進められるのです。

そのため分業化が可能で、開発時に数名のプログラマーが同時に作業することができます。このように効率的に開発を進められる点も、Javaが多くの企業で選ばれる理由のひとつと言えるでしょう。

Javaの強み

Javaはさまざまなところで使われているため、求人数が多い点が強みです。各プログラミング言語の求人数をチェックしてみると、Javaの求人数が圧倒的に多いことがわかります。日本国内ではまだまだJavaの人気は高く、未経験から開発職に挑戦するときにもJavaを学ぶのはおすすめだといえるでしょう。

Javaの開発ができるようになるとどんな求人・仕事がある?

プログラム画面を眺めるエンジニア
Javaは、さまざまなシーンで使用されていて求人・仕事の多い言語ですが、現在「Javaを扱える人材が足りない」と言われており、人材不足が深刻化しています。では実際に、どんな仕事の求人が多いのでしょうか。Java用いて開発を行う3つの主な仕事をご紹介します。

Webアプリケーション

JavaはWebサービスとの相性がよく、Webアプリケーション開発の仕事が多くあります。Webアプリケーションとは、TwitterなどのSNSや楽天などのネットショッピングサイトなどのこと。宿の予約サイトや掲示板もJavaが使用されているものが多くあり、「Javaを使えばなんでも作れる」と言われることもあるほどです。

「Javaを使ったWebアプリケーション作成に携わる」とはすなわち、「アプリやサイトがその機能を果たすための基本システムを開発する」ということを意味します。Web上でサービスを展開している企業や、Webアプリケーションを開発・提供している企業で働けるため、多くの求人があります。

組み込みシステム

組み込みシステムとは、ハードウェアの中に組み込まれて作動するシステムのことです。たとえば、Blu-rayプレイヤーやガラケー、白物家電などにもJavaが使用されているものが多くあります。Javaを使って、ハードウェアのシステムを設計・実装するのが開発の仕事です。ハードウェア機器を製造する企業や、システム開発会社の求人があります。

業務系システム(商用システム)

業務系システムとは、商用システムとも呼ばれ、主に社内で使用するシステムのことです。Javaは安定性があり、信頼がおけるとされているため、銀行などでも利用されています。CMSのシステム内でもJavaが使われるなど、幅広い分野で活躍しています。

大手企業のシステム開発部門や、開発を専門に扱う企業など、Java開発の求人のなかでも、業務系システムの募集は多く見られます。

Javaを用いた開発の「仕事の流れ」を知っておこう

動作確認をするエンジニア
Java開発の仕事の流れは、一般的な開発職の仕事の流れと同じです。まず、要件定義を詰めてから基本設計に移ります。さらに詳細の設計まで行ったら実装し、単体テスト・システムテスト・受け入れテストを経て、サービスの提供や実際の稼働に入ります。

未経験からJavaの知識やスキルを身につけて仕事をはじめると、まずテスト段階や実装を任せてもらえることも多いです。また、保守や運用といったマニュアル化されていて、作業内容がある程度決まっているところを担当することもあります。

いずれにしても、実力を付けていけば設計や難しい実装部分を任せてもらえるようになります。目指すものが明確なため、スキルアップのしがいがあるのもJava開発の特徴です。

プログラミングや開発の仕事については、こちらの記事(3の記事にリンク)に詳しくまとめているので、チェックしておきましょう。

まとめ

色鉛筆やクレヨンで作られたロケット
Javaは、一度プログラムを書けばどこでも実行でき、分業に向いているため大規模な業務システムの開発で主に使用されている言語です。人気が高いプログラミング言語なので、求人募集数も多く、仕事を選べるのもポイント。また、Javaの求人の中でも特に、オープン系と言われる業務系システム開発職は「技術者不足」が叫ばれており、たくさんの求人があります。

このように今求められているプログラマーを目指すには、独学も可能ですがモチベーションを保ちながら勉強を続けるために、スクールに通うのもひとつの手です。

ウズウズカレッジのプログラマーコースなら、無料でプログラミング知識やスキルを身につけることができます。加えて、求人の紹介や面接対策などの就活サポートも受けられるので、「未経験からプログラマーになりたい!」と考えている方にはおすすめです。

以下で気になる詳細をチェックしてみてくださいね!
7週間で未経験からプログラマーになれる!ウズウズカレッジの「プログラマーコース」

UZUZがどんな求人もってるか興味ない??
UZUZの公開求人はコチラ

第2の就活を運営するUZUZは、20代に特化した就職/転職エージェントです。
公開できる求人情報は少ないものの、一覧ページを用意しました。

どの求人情報も登録不要で見ることができます。
「UZUZにはどのような求人があるか?」簡単にチェックしてみませんか?

おすすめの記事