16卒無い内定でも大丈夫!今からの就活で成功する方法

2016年に学校を卒業したのにも関わらず、内定がまったく無い人も少なくありません。いわゆる「無い内定」状態の人達です。焦りや不安を抱えている人も多いでしょう。

今一番大切なのは、気持ちを切り替えることです。状況を受け止め、できる活動からやっていきましょう。ここでは、無い内定の人達に向けての就職活動のやり方を紹介していきます。

16卒業生、内定ゼロの割合は?

shutterstock_296543129

就職活動時期に内定を一つももらえなかった人は、けっして少なくはありません。2016年卒業生で、内定ゼロだった人達の割合を紹介しましょう。

2016年卒業生は売り手市場だった?

2015年12月に実施されたマイナビニュースのアンケートによると、2016年卒者の就職内定率は91.6%とされています。
この数値は例年よりも高く、2016年卒者の就職活動は売り手市場だったと言えるでしょう。2016年の内定ゼロだった割合は8.4%です。

進路確定率とは

進路確定率という数値もあります。これは卒業後の進路が決まった人の割合です。同マイナビニュースによると、2016年卒者の進路内定率は87.4%であり、就職内定率とは差があることがわかりますね。

就職内定率と進路確定率に差があるのは、「内定はもらったけれどその企業に就職はしない」という人が少なからずいるからです。つまり12.6%の人が就職先を決めませんでした。

2016年、求人倍率は高かった

求人総数と就職希望者の比率を出した「求人倍率」という言葉があります。求人倍率は年によって違い、2016年卒者に対しての求人倍率は約1.7倍でした。この数値は2010年以降もっとも高い数値であり、「売り手市場」と言われた最大の原因です。

つまり売り手市場の年でさえも毎年数万人は、就職するアテがないという状況に追い込まれてしまったのです。ちなみに就職氷河期と言われた2000年卒者の年は就職倍率が0.99倍であり、過去には就職倍率が1倍を切る年さえあったのです。

無い内定になってしまう人の特徴

shutterstock_309868472

全体の割合から考えれば、就職先が決まらない人はわずか十数パーセントかもしれません。しかし、人数に直せば大卒者だけでも毎年数万人もいます。では、何故彼らに内定が出なかったのでしょうか。無い内定になってしまう人達の特徴を、ここで紹介しましょう。

人気企業しか受けない

有名企業にこだわりすぎてしまうと「無い内定」になりやすいです。人気企業は倍率が高く多くの学生が選考を受けるので、人気企業だけに絞ってしまうと就活が難航してしまう可能性が高いです。

アルバイトやサークルに熱を入れ過ぎる

就職活動中にも関わらず、アルバイトやサークルを頑張り過ぎてしまう人は「無い内定」になりやすいようです。就職活動中はあくまで就職活動に専念するようにした方が良いでしょう。

否定癖がある

面接官は、否定癖のある人と一緒に仕事がしにくいことをよく分かっています。そのため、人と会話をしていてすぐに「でも」と相手の話を否定してしまう癖がある人は、採用されづらい傾向があります。もしも心当たりがあるのならば、意識して改善した方が良いですね。

既卒での就活中にやっておきたい3つのこと

 

shutterstock_267746264

既卒者の就職活動は、新卒の活動とは異なります。どのようなことをやっておくべきなのか説明しましょう。

就職後にやるべきことを前倒しにやる

既卒者は新卒者に比べると、ハンデを背負っています。そのため内定が決まる前でも、就職後にやるべきことや、やりたいことを先にやっておくと良いです。

幸い、新卒者の就職活動に比べるとスケジュールはそこまでタイトではないことが多いです。自分のペースで活動しやすいことも多いでしょう。取りたかった資格の勉強を就職活動と同時進行で進めていくなどして、日々を充実させると良いですね。毎日の生活にメリハリも出ます。

パソコンのスキルを磨く

どのような職を目指すとしてもパソコンのスキルは、あって損はありません。時間のあるうちにスキルを磨いておくと、入社後に楽になることも多いです。タイピングのスピードを上げておくだけでも、後に随分と助かる可能性が高いですよ。

アルバイト経験を積む

社会人になる前のアルバイト経験は重要です。働いているうちに、仕事に対する価値観も変わるかもしれません。また「自分が何をやりたいのかわからない」という人は、実際に現場に出て働いてみると良いでしょう。働きながら自分に合った職業がみつかるかもしれません。もちろん就職活動に支障が出ない範囲で、アルバイトをすることをお勧めします。

内定ゼロからの逆襲!ここから勝ち組になるためにオススメの就活方法

shutterstock_321764009-1

内定ゼロだからといって悲観し過ぎないようにしてください。ここから勝ち組になる方法はいくらでもあります。既卒者が就職するためのお勧め就職方法を紹介しましょう。

明確な目標を掲げる

新卒者と違い、既卒者には時期のプレッシャーがありません。「もう◯月なのに内定が1つもないからまずい」というような、具体的なプレッシャーがないのです。

焦って就職活動をする必要はありませんが、まったく焦りがないとなかなか動けません。自分の中だけでかまわないので就職計画を立てましょう。「◯月までに内定をとる」と具体的に決めると、行動を起こしやすくなりますよ。

利用できるものは何でも利用する

新卒の就職活動と既卒の就職活動は、大きく異なります。どちらかといえば、新卒よりも中途採用の就活に近くなりますね。ですから、新卒時期には使わなかったツールにも目を向けるようにすると良いでしょう。就職サイトや就職情報誌、利用できるものは何でも利用するハングリーさを持つと内定は近づきます。

まとめ:「無い内定」でも諦める必要は無い

shutterstock_309280043

「無い内定」の状態になってしまうと、まともな就職を諦めてしまう人も多くいます。しかし、あなたが考えているよりもずっと多くの企業が既卒者に向けて広く門を開いてくれていますよ。諦める必要はまったくありません。

むしろ自分のペースで就職活動ができますので、希望の業界に入れることも少なくないのです。慌てる必要はありませんが、無職の期間をあまり長くせずに計画的な就職活動を行っていきましょう。適度の緊張感を持ち、日々を充実させることを心がけてくださいね。

UZUZがどんな求人もってるか興味ない??
UZUZの公開求人はコチラ

第2の就活を運営するUZUZは、20代に特化した就職/転職エージェントです。
公開できる求人情報は少ないものの、一覧ページを用意しました。

どの求人情報も登録不要で見ることができます。
「UZUZにはどのような求人があるか?」簡単にチェックしてみませんか?

おすすめの記事