これさえ押さえれば大丈夫!好印象を持たれるスーツの着方

『スーツを着慣れていないから着こなしがわからない』『面接で清潔感がないと言われて落ちた』など地味に頭の片隅にあるのが就活に関する服装になってきます。

パンツのポケットには物を入れるな

th_imasia_14003702_M
パンツのポケットに携帯電話や財布などの貴重品を入れている方もいると思いますが、この記事を読んだ瞬間から何もいれないでください。理由はスーツは身体に合っている事がかっこよく着こなす最低条件です。それがパンツに携帯や財布などが入っていると変な膨らみが出てだぼついて格好悪いですし、何よりパンツが痛むのが早いのでお金もかかってしまいます。ポケットは便利なので、なんでも入れがちですが辞めましょう。

ジャケットのボタンは外さない

th_imasia_11140763_S
ジャケットの一番上のボタンは閉めているのが無難です。フォーマルの場であれば、ボタンを閉めている事は必須なので面接という場では閉めましょう。ただ、勘違いしてはいけないのが、一番下のボタンを占めるのは間違っているので注意しましょう。

座った時にダボつき綺麗に見えないという事で外すのが一般的です。3つボタンの場合は、上段と中段だけ掛け、やはり一番下は開けておきます。ただ、最近は3つボタンのジャケットにおいて、一番上のボタンがジャケットの折り返し部分に隠れている「段返り3つボタン」というものがあります。その場合は、上から2つ目のボタンだけを掛け、上段下段のボタンは開けておきましょう。
ちなみに、2つボタンと3つボタンはどちらを選んでも評価には影響しませんが、現在スーツの主流は2つボタンです。

ネクタイの色は自分をどう見せたいかで選ぼう

IMGP2403
あくまでテクニック論で柄に合っているというものになりますが、参考に記載します。色が人に与える印象というのは様々で以下の様な効果があります。

・赤…情熱的、積極的、アグレッシブ、自信がある
・青…知的、誠実、真面目
・黄・橙…明るい、フレッシュ、親しみやすい、社交的
・緑…穏やか、優しい、協調性、安心感
・ピンク…優しい、温かみがある、個性的
・グレー…落ち着き、真面目

以上が一般的に言われる色の効果です。アメリカ大統領選では赤いネクタイをつけるのが通例になっており『パワータイ』と呼ばれています。もちろんネクタイの色だけで、面接がうまくいく訳ではありませんが、自分をより良く見せるための一つの知識として持っておいていいかと思います。そうする事で就業後もネクタイ選びが楽しくなりますし。自分のスーツの着こなしのレパートリーがどんどん増えていきます。

いろいろ記載してきましたが、身体に合っているスーツを選び気持ちを引き締めていけば面接はうまくいきます。ないがしろにしがちな物ですが、こだわってみても良いのではないでしょうか?

UZUZがどんな求人もってるか興味ない??
UZUZの公開求人はコチラ

第2の就活を運営するUZUZは、20代に特化した就職/転職エージェントです。
公開できる求人情報は少ないものの、一覧ページを用意しました。

どの求人情報も登録不要で見ることができます。
「UZUZにはどのような求人があるか?」簡単にチェックしてみませんか?

おすすめの記事