既卒の新入社員Sakiが入って思う事

こんにちは、Kuniyukiです。
先月、約2年間仕事をしたAsamiが退職しました。そして先月、弊社に新メンバーSakiが弊社UZUZに入社してくれました。

Sakiを採用した理由

0224sunao
素直だった

元々は弊社の登録者としてカウンセリングを行っていたのですが『毎回、メールの返信をした』
新規カウンセリング終了時/面接対策終了時/面接終了後、全てのタイミングでお礼メールを送っていたのです。

■実際のメール文
ウズキャリ 今村さま
お世話になっております。長澤です。
本日はお忙しい中、面接対策ありがとうございました。
当たり前に聞かれるものなのに、志望動機で詰まってしまってたりと、すみません、色々とアドバイス本当にありがとうございました。
自分でもびっくりするくらい上手くいきませんでした。
明日上手くテンション持っていけるよう、立て直したいと思います!
本日はありがとうございました!
また明日連絡させていただきます。
よろしくお願いします。

長澤咲

ベンチャー思考があった

0224change
2012年のUZUZ・2013年のUZUZ・2014年のUZUZは毎年大きく変わっています。場所/人数/Webサイト/新規事業/プロモーションなどどんどん新しい事に取り組んでおります。その変化を楽しんでもらえるように人物でした。コロコロ変わるのが楽しいという感じでしょうか。最後の理由としては
僕が好きになった
上記思考性以外の部分で採用の核となった部分は僕が好きになったということがあります。人を採用する際にいつも思うのは
『この人の人生の一部分をUZUZに割いてくれた事に対する感謝』です。もう一方で
『業務において何か大きな失敗があった時にこの人の責任を取りたいか』という視点があります。

自分の子どもという訳ではないですが、可愛がりたいという気持ちと一方でケツを持てるかという部分です。例えば会社情報を全て漏洩する事により顧客がいなくなり、結果的に会社が潰れる危機に陥る。これを彼女がした時に許せるかどうかという事です。いや許せるか許せないかというよりも、その時に採用して後悔しなかったと思えるかです。その部分をSakiと話して僕は、『彼女だったら後悔しないだろう』と感じて内定オファーを出しました。

会社の雰囲気が変わった

変わりました、わずか1ヶ月ですが確かに変わった事を感じています。具体的には
中間層のメンバーに責任感が発生した
うちの中間層メンバーであるMiyo・Chan・Tackyという2013年度入社メンバーに責任感がうまれ自分ももっと付加価値を出したいとモチベーションが上がりました。(多分)
ポンポンでてくる新しい取り組みに対して自分が舵を取って責任を持ち、事業を推進しました。既卒・新卒って仕事は確かに出来ないかもしれませんが、チームに新しい息吹を与えてくれて組織力って強まるんですね。
0224tacky
これは関係ない写真↓
0224hiroki

Saki、一緒にUZUZを作っていくぞ!
0224saki

UZUZがどんな求人もってるか興味ない??
UZUZの公開求人はコチラ

第2の就活を運営するUZUZは、20代に特化した就職/転職エージェントです。
公開できる求人情報は少ないものの、一覧ページを用意しました。

どの求人情報も登録不要で見ることができます。
「UZUZにはどのような求人があるか?」簡単にチェックしてみませんか?

おすすめの記事