息抜きブログ|10分の1のキャリア

おはようございます。Takahiroです。
だんだん暖かくなってきましたが、朝晩は冷え込みますね。
僕は3月生まれなので、早く3月になってほしいですー!!!

さてさて、今回は息抜きブログです。

スポーツの正解ではよく言われる事ですが、
10000時間の努力で一流になれる。ということをご存知ですか?

それだけの努力をすれば、きっと1流になれる。
でも、この10000時間、具体的にはどんくらいなの???

というわけで、この時間をビジネスに置き換えて考えてみましょう。

圧倒的なロボット級の働き方の場合

キャリアのスタート
こんな人の場合。

「仕事が命!」
「睡眠なんて1年くらいとらなくても大丈夫!!!!」
「稼ぐぞ稼ぐぞーーー!!!」

こんなビジネスマンが1年365日24時間働くとすると、
10000時間を達成するまでに、416日
だいたい1年1ヶ月くらいですね。
このくらいで1流になれますが、
これまで136524時間をフルタイムで働いている人を見た事が無いので、
それはさすがにアカン。

リアル感が無いー!

労働時間は普通・でも休み無しの場合

休みながら働く男性
ちょっと現実的に・・・
1日8時間労働で365日働き続けましょう。
休み無し!これならもしかしたら居るかもしれない。
(※でも、身体を休めることも仕事ですからね?)

そうすると、10000時間達成までには1250日
つまり、3年4ヶ月

石の上にも、3年。
入社したら3年は辞めるな。
何となく見えてきますね。
理にかなってそう。。。

でも、年間休日無しはさすがにしんどい!
風邪も引くし、旅行も行きたい!

やっぱりもうちょっとリアルにしなくては。

一般的な勤務体系の場合

プレゼンをする男性
てなわけで、1日8時間労働で、年間休日120日バージョンにしましょうか。
これだと、一般的なお仕事ですよね?

すると、10000時間達成までには5年1ヶ月
なるほど。5年もかかるのか。

5年後の自分はこの業界に精通出来ているのらしいです。(※理論上は。)

☆そんな時に考えてみた。

th_2
僕は今、UZUZに入社して4ヶ月ちょっと。
休日に出勤していた事もあるので、
100日ほど出勤していたとしましょう。

すると、
100日×10時間(勤務時間)=1000時間
わお、僕はまだ10分の1のキャリアしかない。

まだまだ、1流の足元にも及ばないということ。

今の状況では、この仕事の真意を語れるにはまだまだひよっこですね。
上っ面を引っ掻いたくらいで、まだ何も分かっていないと言っても過言ではない。

当然、時間がそのまま成長に影響するとも思っていないので、
時間以上の経験を積んで行くことがより重要です。

でもまだ色んな事を分かっていないんだろうな〜。

奥にある面白さに気づくのはこれから先。
その先の景色を見る為にも、今頑張らないと!!!

「仕事が面白くない。」
「先が見えない」

当たり前ですね。
5年経たないと見えないんだから。

しばらくは、がむしゃらに頑張るしかなさそうですね、自分の為に!

そろそろ桜の季節!
春が待ち遠しいですが、あとちょっと寒い時期を乗り越えましょう!

takahiro

  • 窓の外を真剣な表情で見つめるスーツ姿の女性
    【第二新卒の転職】人材会社が教える「成功する就活」の心得
  • sales_00
    「出来る!」と思われる優秀な営業マンの特徴4つ【新人必見】
  • スニーカーを履いた足元から伸びる矢印
    「契約社員」から「正社員」になれる可能性はどのくらいあるの?
  • uzuz_就活成功編_kuni01
    【ニート/フリーターの就職はオレに任せろ】ニートの星!今村社長直伝の 【就活成功事例編】
  • 新卒の会社を転職したい人に向けてアドバイスする男性
    【新卒だけど転職したい】 大手入社→3か月退職男の教える転職術
  • uzuz_morikawa01
    パラレルキャリアとは!?「芸人兼キャリアカウンセラー」を選んだ森川の生き方
おすすめの記事
グランビルの施工管理職求人
建設・不動産業界
どのような仕事をするのか? プランニングから完成引き渡しに至るまでのプロセスの中で、全ての工務を担当・管理して頂きます。 具体的には ▼現地...