キャリアカウンセラーの休日|ナイロビの蜂

キャリアカウンセラーは休日も勉強?

今日は3連休の中日。
この3連休はCCNA(ネットワークインフラ関連資格)を取るために勉強をするはずだったのですが、
これが中々面白くない。
まあ、勉強って何でも最初は面白くないですもんね。
我慢してあと1日半頑張っていきますか!

そんなテンションの上がらないときには、映画でも見ましょう。
最近はもっぱらHuluで映画を見ています。
昔はTSUTAYAに通っていたのに、最近は便利な世の中になったもんです。
延滞はないし、返しにいく手間もない。
これ以上コンテンツが充実したらTSUTAYAに行く頻度も落ちるんだろうな〜

2005年アカデミー賞助演女優賞受賞|ナイロビの蜂

さてさて、本日見た映画は「ナイロビの蜂」という映画。
ざっと説明すると、ナイロビを舞台にした夫婦愛とアフリカの状況を映し出した映画。
外交官の夫とナイロビの医療問題を解決するべく活動する妻。
その妻がある日、殺されてしまう。
妻のことを何も知らなかった夫は妻の軌跡を辿る。
妻の軌跡を辿る内に、営利目的の医薬品メーカーとケニア(首都:ナイロビ)政府、英国政府の癒着が見えてくる。
そんな裏の部分に首を突っ込んでしまったばかりに殺された妻。
そして、夫は妻が辿ったものと同じ軌跡を辿っていき、最後は死んでしまう。
その過程で妻への誤解が解け、「やっぱ好きなんだな〜」ってなっていく様がちょっと切ない。

ざっと感想

まずはアフリカの人と置かれている状況が入ってきやすかった。
医薬品メーカーがコストの安いアフリカで新薬の治験をしている描写。
アフリカの未発達な生活環境の描写。
スゴく理不尽なことがあっても、その状況を受け入れるしかないときの子供の表情。
日本に住んでいるとわからないことがこの映画から感じることができました。

それから夫婦愛。
最初は「この妻は不倫してるんじゃないか?」と不信感を抱いてしまう。
それは視聴者だけでなく映画の中で夫も感じている。
でも、話が進むにつれ、「何て良い奥さんなんだ…」と完全にひっくり返る。
また、この夫が本当に誠実で妻想いな人なんだわ。
妻を疑ってしまった罪悪感からなのか、その妻の軌跡を辿り、最後は同じように殺されるところまで。
陰謀を探るために危険を冒しているんじゃなく、妻の軌跡を知るためだけに危険を冒している。
スゴい夫婦だなと柄にもなく、感動してしまいましたとさ。

レイチェル・ワイズのすっぴん

resize_the_constant_gardener03

妻役のレイチェル・ワイズはたまにブランドのイメージモデルに起用されている女優。
そのときには、ばっちりメイクをしていて、本当に綺麗な人。
でも、この映画では結構というかほとんど、すっぴん。
そのすっぴんがまた良いんだな〜。
ホントに綺麗な人ってすっぴんの方が魅力が増すんだなと思いました。
外身も大事だけど、中身をもっと磨かないとな。

かなりいい映画でした。
さてさて、そろそろ勉強しよう。

UZUZがどんな求人もってるか興味ない??
UZUZの公開求人はコチラ

第2の就活を運営するUZUZは、20代に特化した就職/転職エージェントです。
公開できる求人情報は少ないものの、一覧ページを用意しました。

どの求人情報も登録不要で見ることができます。
「UZUZにはどのような求人があるか?」簡単にチェックしてみませんか?

おすすめの記事