20代の第二新卒・既卒・フリーター向け就職/転職サイト

アフターコロナの就職/転職はお任せあれ!
テレビ通話・お電話でのキャリア相談を実施しています

プロが解説する既卒の就職が無理といわれる理由と真実!よくある失敗例

この記事は、人材紹介会社社長の岡本が監修しました。
岡本のプロフィールはコチラ

既卒になってしまった……もう駄目だ……もうお先真っ暗だ……。

今、「既卒になってしまった……どうしよう……」と悩み、苦しんでいるあなた。

「既卒」という今の状態に至るまにでも、きっとたくさんの葛藤やモヤモヤした気持ちと戦ってきたのではないでしょうか。

たしかに既卒になってしまったのは事実ですし、なんだかドロップアウトしてしまったような気持ちがして、すぐに前向になんてなれないのは当たり前です。

でも、既卒だからって就職できないなんてことは全然ないですよ!大丈夫!

世の中にはあなたと同じように既卒の状態から就活をして今では楽しい人生を送っている方はたくさんいますし、逆に、新卒で入社=人生安泰なんてことも全くありません。

何より残念なことは「既卒だから」といって今の段階で諦めてしまうこと!

この記事では既卒でも就職できる理由や、既卒におすすめの就活方法などをじっくりと解説していきます。

今からのほんの数分であなたの人生が変わるかもしれません。

是非最後まで読んでみてくださいね!

既卒の就職なら「ウズキャリ」の利用がおすすめ!

ウズキャリのおすすめPOINT

  • 紹介する求人はブラック企業を徹底排除しているので安心
  • 書類・面接対策、キャリアアドバイスなどのサポートが完全無料
  • 求人が増える10月入社を目指すなら今からスタート!

なぜ既卒の就活は無理といわれるのか?

アフロマンはなんで既卒になって落ち込んでいるの?

えっ、だって、既卒になるともう普通の就活は無理でしょ……。自分が働きたいと思える会社になんて就職できなさそうだし……。

既卒になって落ち込んでいる人の多くは、「既卒の就活は厳しい」「既卒になってしまうと就職できない」といった噂に苦しめられているのではないでしょうか。

では、そもそもなぜそんな噂があるのか?それには次のような理由があります。

  • 日本の企業には未だに新卒至上主義の考え方が根強く残っているから
  • 「本人に何かしら問題があったから既卒になっている」と思われがちだから
  • 既卒は年齢の割に実務経験がなく即戦力にならないから

そんなことない!って全然反論できなくてさらに凹む……。

たしかにこれらの理由は全くのデタラメとはいえませんし、特に「新卒至上主義」に関しては個人の力ではどうにもならない部分があるのも事実です。

そのため、既卒だからといって現段階で就活を諦める必要は全くありませんが、「既卒はこんな風に思われがちである」という事実についてはまずしっかりと受け止めましょう。

悲しいけどこれが現実!肝に銘じるよ!!

就活のプロが語る「既卒の就職が無理じゃない理由」

でもさ、そんな風に思われがちな既卒をわざわざ採用する企業ってどうなの?変な企業なんじゃない??

そんなことないですよ!ちゃんとした企業でも既卒の採用はしてますよ!

既卒でも採用を行っている企業があるといわれても、「ブラックしかないんじゃ……」など、「何か裏があるに違いない」と思わず疑ってしまう気持ちもわかります。

しかし、まず知っておいていただきたいこととして、2011年に厚生労働省は各企業に対して「卒業後3年間は、新卒枠で応募可能にすることを企業の努力義務とする」という要請をしています。

この要請により既卒(多くの場合は学校卒業から3年以内)でも新卒扱いして採用している企業は増えているのです。

また、既卒ならではの以下の理由から、採用を積極的に行っている企業もあります。

  • 新卒並みのフレッシュな人材を欲しいタイミングで採用できる
  • 一度就活で挫折を経験しているからこそ入社後の頑張りに期待している

ちなみに上記のような企業は、

  • その分野では大手だが、BtoB(対企業の事業展開)のため、世間一般には知名度が低い企業
  • 採用に予算を大きく割けないベンチャー企業や中小企業

などが多い傾向にあります。

ですので、「既卒を採用する会社=ブラック企業」などと決めつけてしまうのはとってももったいないこと。

既卒になったからには「既卒だからこその強み」を生かして就活すれば良いのです!

へぇ~そうなんだ!なんだかちょっと前向きな気持ちになれてきたかも!!

既卒になった人にも色々な理由があるように、既卒を積極採用する側の企業にも色々な理由があるんです!

既卒は既卒用の就職サイトを使わないと厳しい?

じゃあ既卒でもだいたい卒業後3年くらいまでなら新卒用の就職サイトを使って就活すればいいの?

既卒であっても、例えば新卒の就活時に利用していた「マイナビ」や「リクナビ」などのサイトを利用することは可能です。

ただ、それらのサイトに掲載されている求人は基本的に新卒向けがほとんどです。

さらに、表向きには「既卒可」になっていても、以下の理由により実際のところは「既卒歓迎とまではいかない」企業は珍しくないのです。

  • 実際には既卒を採用した実績がない
  • 新卒と既卒で似たような人材がいれば、迷わず新卒を採用する
  • 予定採用人数の新卒者が採用できなかった場合には既卒の採用も検討するが、新卒を優先的に採用したいと考えている

なんだよ~。なんか期待したら損する感じじゃん!

理由は先にお伝えしたとおり……やはり日本の企業は新卒至上主義の考えが根強く残っているんですね……。

そのため、既卒が就活をするのであれば、既卒やフリーター・20代前半に特化した求人を扱う就職サイトを利用した方が効率的かつ確実といえるでしょう。

既卒の就活なら「ウズキャリ」がおすすめ

なんだか既卒の就活って一筋縄では行かなさそう……。誰かに相談できればいいんだけど……。

そんな時こそウズキャリにご相談ください!

ウズキャリは既卒や第二新卒、フリーター、ニートなど20代の就活に特化した就活エージェントで、次のような就活に関するサービスを一人ひとりに合わせたオーダーメイド型かつ完全無料で提供しています。

提供しているサービス

  • キャリアカウンセリング
  • 既卒向け求人のご紹介
  • 応募書類の添削や面接対策
  • 求人への応募や日程調整
  • 入社日や報酬についての交渉
  • 入社後のフォロー

ちなみに、これらを担当するキャリアカウンセラーも、もともと既卒や第二新卒など「20代で就活に苦労した人・挫折を味わった人」で構成されているんです。

ですので、応募者の方に寄り添ったサポートができる自信があります!

たしかに同じような境遇になったことがないとわからないことってあるよね……!

また、ウズキャリでは実際に企業を訪問し、

  • 若手の離職率が高くないか?
  • 残業時間が慢性的に多くないか?
  • ハラスメントなどの問題を抱えていないか?
  • 求人内容と大きく異なる仕事内容や労働環境ではないか?

など、厳しい自社基準によりブラック企業を徹底排除しています。

そのため、「既卒だからブラック企業にしか就職できないのでは……」といった不安を感じることも全くありません!

そこめっちゃ大事!!

サービスは全て無料で利用できますので、既卒の就活でお悩みの方はぜひお気軽にウズキャリまでご相談ください!

既卒の就活は今すぐ始めないと就職は無理?

もう既卒になっちゃったことだし、就活も焦らず自分のペースでぼちぼちやればいいかな?

いわゆる「空白期間」と呼ばれる時間をどう過ごしていたかにもよりますが、基本的には既卒に限らず就活は早く始めた方がいいですね!

既卒になった人は、以下のような何かしらの理由があるかと思います。

  • 新卒の時は就活する気になれなかった
  • 研究やバイトなどに没頭していて就活するタイミングを逃した
  • 留学していて日本での就活ができなかった
  • 就活はしたけど最後まで内定が貰えなかった

既卒が就活をした場合、面接時にはほぼ確実に「どうして既卒になったのか」「空白期間(無職期間)は何をしてたのか?」ということを質問されます。

それは、単純に面接官が「気になる」という理由もありますし、「本当に働く意欲のある人なのか?」「長期的に働く気持ちはあるのか?」といったことを知りたいからでもあります。

そのため、既卒になってしまっても、そこからすぐに就活を始めれば、面接官には「働く意欲はあるんだな」と受け止められます。

反対に、空白期間が長くなればなるほど「ダラダラしてただけなんじゃないの?」「本当は働きたくないけど仕方なく就活をしているのでは?」など、マイナスに取られてしまいます。

また、「学校卒業後3年以内であれば既卒は新卒枠で応募可」としている企業が多いことからも、既卒の就活は早ければ早い方が良いのです。

既卒の状態というのはある意味完全な自由であり、いつまでに就職しなければならない、という決まりもありません。

そのため、つい「ちょっと自分探しでもしようかな」なんて考えてしまいがちですが、本気で就職したいという気があるのなら、1日も早く就活を始めて、少しでも有利に就活をすすめましょう。

既卒で正社員になれない人のよくある失敗例

そうはいっても本当に既卒でも正社員として就職できるのかな?どうも「新卒じゃない」ってことに引け目を感じちゃうんだよね……。

既卒の方がどうしてもそういう気持ちになってしまうのはわかります。ぶっちゃけ、実際に正社員になれない人もいますしね……。

最初からお伝えしているとおり「既卒だから正社員として就職できない」ということはありません。

ただ、実際に既卒で就活をしていていも、なかなか正社員として就職できないという人は一定数存在していて、そのような人には次のような特徴が多くみられます。

既卒で正社員になれない人の特徴

  1. 会社に対して求める要件が高すぎる
  2. 会社の口コミを気にしすぎている
  3. 手当たり次第受けている

それでは、それぞれについて詳しくみていきましょう!

1.会社に対して求める要件が高すぎる

だよね……。既卒だし、ある程度の待遇の悪さは覚悟するしかないよね……。

いやいや、そういうことではないんですけどね……。

たしかに日本の就活市場では未だに「新卒至上主義」の考えが根強く残っているため、既卒と比較すると新卒の方が就職には有利ですし、応募できる企業の選択肢も多いのは事実です。

そのため、特に新卒時の就活で「行きたいと思える会社があまりなかった」と感じていた方や、「新卒組より良い条件の企業に就職してやる!」と考えている方は、あれこれと理想にこだわりすぎることはやめましょう。

こんなことにこだわりすぎていませんか?

  • 好きなことを仕事にできる会社しか考えられない
  • 毎日定時で帰れて休日出勤もない会社しか無理
  • 初任給が平均以下なんてありえない
  • 先輩も上司もみんな優しい人ばかりの会社がいい

もちろん「こんな仕事がいいな」「こんな職場がいいな」と考えるのは当たり前のことですし、決して悪いことではありません。

しかし、仮に新卒採用であっても同じことがいえますが、

  • 仕事内容には満足しているけど、給料は平均よりちょっと低い
  • 普段はほぼ定時で帰れるし休日出勤もないけど、繁忙期は残業も休日出勤もある
  • 職場の雰囲気はいいけど、今の段階ではまだやりたいことは任せてもらえない

なんてことは、就職すればザラにありますし、むしろ良い面もそうでない面も両方あるのは当たり前ともいえます。

そのため、就活の際には「これだけは譲れない」「これくらいは妥協できる」という線引きや優先度決めをして、「あれもこれも……!」と要件を増やすのはやめましょう。

2.会社の口コミを気にしすぎている

口コミ大好き!何をするにもいつもめっちゃ参考にしてる!!

参考にしすぎるのは注意です……!!

既卒の就活では「これ以上失敗はしたくない!」という気持ちの強さから、会社選びに対して慎重になりすぎてしまう傾向があります。

特に現代では、ネット上にあらゆる企業の口コミや評価が掲載されていたり、企業によっては5ちゃんねる(2ちゃんねる)にネガティブな内容が書き込まれていたりもします。

そして、実際に自分の目で見たわけでも、実際にその企業で働いている人から直接聞いたわけでもないのに、そういった口コミを気にしすぎて折角もらえた内定を断ってしまうケースもあるのです。

しかしよく考えてください。

会社で楽しく働きながら充実した毎日を送っている人が、わざわざ空いた時間に口コミサイトまで行って「私の会社はこんなに素晴らしいよ!」なんて書き込んだりするでしょうか?

まぁ中には自分の会社を自慢したい人やとっても親切でマメな人が書き込むケースもあるかもしれませんけどね……。

しかし、割合としては今の職場に不満があり「ネットでぶちまけてやる!」と思っている人や、何か会社とトラブルがあって退職をしたごく一部の人が書き込んでいるケースの方が多いはずです。

ネット上に書き込まれているネガティブな情報が全て嘘だとはいいませんが、世の中には万人ウケする会社などありませんし、人によって合う・合わないもあります。

ネット上でもしネガティブな口コミを発見した場合は、まず「本当かどうかもわからない情報」であることを忘れないでください。

そして、その内容が自分が許容できる範囲なのかよく考えましょう。

3.手当たり次第受けている

もうこうなったら選り好みなんてしてらんねぇ!絶対に就職したいからもう手当たり次第応募しまくろう!!

ちょ、ちょっと待ってください!!それは危険です!

既卒に限らず新卒の就活でも、「とにかく100社くらい受けた」といった話をたまに耳にすることがあります。

しかし、それほど膨大な数の企業に応募をして、毎回きちんと企業分析や対策ができているのでしょうか?

中には面接で緊張して失敗を繰り返してしまう人が、練習のためにたくさん面接を受ける……といったこともありますが、大切なことは「本当に入りたいと思える企業」ときちんと向き合うことです。

企業によってはこれまで何百人、何千人もの応募者を見てきた百戦錬磨の面接官や人事担当者がいる場合もありますし、企業側も貴重な時間を割いて応募者と向き合おうとしてくれているのです。

そのため、応募する側も、きちんとその企業と向き合い、企業分析をしっかりと行った上で、その企業にあった自己PRを考えなければ、受かるものも受かりませんし、その企業に対しても失礼です。

慎重になりすぎるのも問題ですが、就活は雑に数をこなすのではなく、それぞれの応募に対して、誠意をもって真面目に取り組むようにしましょう。

この記事のまとめ

電話代行ヘルプマンの評判・クチコミについてまとめと書いてある画像
既卒の方は自分が既卒であることに大きなコンプレックスを持っていたり、大変な焦りを感じている方も少なくありません。

しかし、既卒に合った就活を行えば、就職することは決して無理なことではありませんし、ましてや「人生終わり」なんてことも絶対にありません。

ここまでのまとめとしてお伝えしたいのは、

ここまでのまとめ

  • やはり新卒と比較すると既卒の就活が厳しいのは事実だが、就職はできる
  • 「あえて既卒が欲しい」と考えている企業もある
  • 既卒は既卒向けの就活サイトを利用したほうが良い
  • 既卒の就活にはウズキャリがおすすめ
  • 既卒は1日でも早く就活を始めた方が有利
  • 理想を求めすぎない、口コミを気にしすぎない、応募しすぎない、が大切

ということ。

既卒の就活では、現実をしっかりと受け止め、一歩一歩着実に正しい方法で就活を行えば、必ずいつか納得のいく就職先に出会うことができます。

とはいっても、何から始めよう……」と不安を感じている方は、ぜひ先にご紹介したウズキャリまでご相談ください。

既卒のあなたに寄り添えるキャリアカウンセラーが、あなたしっかりとサポートしますよ!

UZUZってなんなの??

みなさん、はじめまして! 「第二の就活」を運営している「UZUZ」といいます。

私たちは20代に特化した就職・転職エージェント

  • 経歴だけで判断しない“あなたの強み”が活かせる求人紹介
  • プロだからわかる就活情報の提供
  • あなただけのオーダメイド面接対策

などなど、モットーは“手厚すぎる就活サポート”です。
内定をゴールにせず「就職後も生き生きと働けること」を大切に年間約15,000人のキャリア相談に乗っています。

おかげさまで創業以来

  • 書類選考通過率87%以上
  • 就職・転職成功率86%以上
  • 入社後の定着率95%以上
UZUZってなんなの??

業界でも高い数字を維持することができています!

もし今あなたが就職や転職に悩みを抱えているならぜひ私たちにお手伝いさせてもらえませんか?

どんなことでも、全力でサポートいたします!

通常ボタン(PC)

通常ボタン(SP)

Page Top