女性の転職年齢、限界は何歳まで?年齢のリミットは◯歳!

女性の転職限界年齢は20代までって聞いたことがあるけどホント?

女性は結婚・出産で仕事を辞めたり産休・育休に入る方も多いため、「転職するなら20代の間に」という考え方もありますよね。

でも、実際に転職年齢のリミットは存在しません

ただし、職種や雇用形態によっては30代に入ると転職が難しくなるケースがあります

一方で、スキルを身につけていればいくつになっても転職しやすいことも!

それでは、“女性の転職年齢”について、いくつかのケースに分けてみていきましょう。

ぶっちゃけた話、女性の転職に「何歳まで」はない!?

もしあなたが今、年齢を理由に転職を諦めているならそれはもったいないことです。

年齢は関係ないってこと?
でもさ、受付嬢とか社長秘書って若い女の子が働いているイメージだけど

確かに職種によっては女性の年齢を重視するものが存在します

でも現実的に考えるとそもそも受付嬢の場合、若さが強みになりやすい職種なので定年まで働き続けることって難しいと思いませんか。

一方で社長秘書の場合は、経験を積むこと・スキルを持つことでいくつになっても続けることが可能ですよね。

なので、一つの目安としていくつになっても働き続けられる職種であれば、女性の転職年齢リミットは設けられていないといえます。

じゃあ何歳になっても転職できるんだね!

ただし、何歳になっても転職ができるというのはその人にスキルや経験がある場合に限ります。

30代・40代になって「全くスキルはありません」という状態では転職は難しいでしょう。

なので、20代のうちに経験を積むこと、スキルを身につけることが重要なんです。

 

女性の転職の年齢リミットでいえること
  • 若さが強みとなる職種の場合は20代が限界
  • スキルや経験があれば、転職において年齢リミットなし
  • 20代のうちにスキルを身につけておくことは、その後のキャリア形成においても重要

【女性の転職ノウハウ】未経験職種の正社員を目指すなら何歳までに行動を起こすべき?

スキルや経験があれば転職において年齢のリミットはないと述べましたが、具体的に未経験で正社員の仕事に就きたい場合は何歳までに行動を起こすべきだと思いますか?

30代からはスキル・経験を求められるってさっき説明していたし29歳までってこと?

「石の上にも3年」という諺にもあるように、一般的に何かを習得するのに必要な時間は3年といわれています。

仕事においても同様に、3年間同じ会社で働き続けることで「1人前に仕事ができる」とみなされる場合が多いです。

なので30代までにある程度のキャリアを積んでおくには、27歳までには転職していないと間に合わない計算になりますよね。

一般的なキャリア形成の考え方として、30代は専門性を確立していく年齢です。

30代までに土台をしっかり固めておかないといけないってことだね!

また、27歳を目安に未経験職種にチャレンジしたいもう一つの理由として、30代に突入すると未経験から応募できる求人件数が減ってしまうことが挙げられます。

採用する企業としても未経験者を一から育てるのであれば、伸びしろのある若い人を採用したいと考えるのは自然なこと。

このようなことから、未経験の職種にキャリアチェンジを考えている場合は27歳までには転職することをおすすめします。

【女性の転職ノウハウ】人気の事務職を目指すなら、何歳まで?

女性の中で特に不動の人気を誇る職種が事務職です。

サービス業など人手不足に悩まされる職種がある一方で、事務職は常に求人倍率が高い状態。

じゃあ人気の事務職に転職するなら若ければ若いほどいいってこと?

「若ければいい」というわけではありません

事務職の仕事の範囲は多岐に渡るため、様々なスキルが必要となります。

例えばPCスキル。

PCスキルはエクセルを使ったデータの処理や様々なソフトを使いこなす技術です。

事務職は初めてだとしても、

  • 前職でエクセルによるデータの解析を行っていた
  • パワーポイントで資料を作成していた

    などの経験があれば評価につながるでしょう。

    また、会社の規模にもよりますが、事務職は総務や人事・経理といった部署を兼ねていることがあります

    なのであなたが今、人事部や総務部に在籍しているのであれば有利になります。

    事務職の場合は若さよりも、事務職に活かせる経験があった方が選考においてプラスに働くこともあるってことか!

    そういうこと。

    事務職は人気であるがゆえに、未経験では更にハードルが上がります

    今までの経験から事務職に活かせることを洗い出してみることが大切です。

    その他、事務スキルを身につける手段として、日商簿記2級の資格を取得するのもおすすめ。

    簿記とは?
    会社のお金の流れ・財務状況を把握するのに必要な決算書を作成する上で欠かせない帳簿記録のこと。

    経理をする上で簿記の知識は必須となり、事務職が経理の仕事を兼ねることもあるため持っておいて損はない資格。

    簿記2級以上を取得すると経理の仕事や営業事務も担当できます

    未経験から事務職を目指す場合は、事務職にも活かせる経験を積んで20代の間に転職すると良いでしょう。

    【女性の転職ノウハウ】「何歳まで」に悩みたくない場合はどうすれば?

    年齢を気にしないで転職できる職業ってないの?

    世の中の需要が高い専門職に就けば、いくつになっても転職が可能です。

    例えば??

    ITエンジニアであれば、20代から未経験で挑戦できる求人がたくさんありますよ。

    テクノロジーの進歩に伴い「ITエンジニアの需要」は高まり続けているにも関わらず、供給のスピードが追い付いていないからです。

    でもITエンジニアって男性の職業ってイメージがあるなあ

    確かにITエンジニアは男性の方が多い職場ですが、女性が働きにくいというわけではありません

    むしろ、インターネットの環境とパソコンさえあればできる仕事も多いため、結婚して育児をしながら働いている女性も多いんですよ!

    また、ITエンジニアとひとくくりにしても実は大きく4種類の職種があります。

    ITエンジニアの種類

    • システムエンジニア
      顧客の要望に合ったシステムの設計を考える
    • プログラマー
      設計書に基づいたプログラミングを行う
    • ネットワークエンジニア
      社内のネットワークシステムの構築・保守・監視・設置といった仕事を担当
    • Webエンジニア
      Webサイトに必要なアプリケーション(オンラインショッピングの機能や動画配信のサービスを提供するためのシステムなど)の開発を行う

    このうちどのITエンジニアを目指すか、どの会社を選ぶかによっても女性の働きやすさは変わってきます

    いずれも手に職をもった専門職ですので、ITエンジニアとしてのキャリアを順調に積んでいけば、いくつになっても転職先に困ることはないでしょう。

    「ちょっとITエンジニアへの興味が湧いた……!」という方は未経験からITエンジニアへの就職を得意とするUZUZに相談してみてはいかがでしょうか。

    これまでUZUZからは多くの女性が未経験からITエンジニアの転職に成功しています。

    話を聞いてみたいというだけでも、もちろんOKです!

    まとめ

    1. 未経験職種の正社員
    2. 女性に人気の事務職
    3. 需要の多いITエンジニア職

    という3つのケースごとに、女性の転職年齢のリミットをご紹介しました。

    女性は結婚・出産・育児とライフイベントによってキャリアを中断したり、大きくキャリアチェンジしたりしなければならない状況も出てきます。

    いくつになっても転職できるようにキャリア形成を築いていくことが大切

    そのためにも転職を考えているのであればなるべく早く行動しましょう。

    キャリアについて悩んでいる方は、女性のキャリアカウンセラーも在籍しているUZUZにご相談くださいね。

    UZUZってなんなの??
    すっきりしている男性

    「第二の就活」を運営するUZUZは、
    20代に特化した就職/転職エージェントです。

    創業から7年がたち、これまでサポートしてきた方は、約6万人!

    もちろん、ただサポートしているだけではありません。

    UZUZの実績紹介

    • ESなどの"書類通過率80%"越え
    • 面接からの"内定率85%"越え
    • 入社後1年間の"定着率90%"越え

    以上のように業界内でも特に高い実績が残せている自負があります!

    下のボタンより、詳しいサービス説明を見ることができるようしました。

    私たちと一緒に内定を勝ち取りませんか?

    おすすめの記事