やっぱり気になる!第二新卒者に有利な資格とその活かし方

第二新卒者が転職する際にやっておきたいことの1つに資格の取得があります。前職からの同業界への転職希望であれば特に気になることはありませんが、異業界からの転職希望であれば、目指す職種に応じて資格が必要になってくることもあるでしょう。

目指したい資格があれば悩むことはありませんが、まだ迷っている人の場合には一体どのような資格が必要なのか気になるところです。

今回は第二新卒者が転職活動を行う場合に1つのアピールポイントととなる「有利な資格」とそれに結びついた「業界や職種」をご紹介します。

第二新卒者が持っておきたい有利な資格とは

「Skills」と書かれたメモ帳と筆記用具など
転職活動の際に企業が見る1つの判断ポイントは資格欄です。たくさんの資格を書けることが良いこととは限りませんが、少ないよりも多い方が有利になるでしょう。例えば、「普通自動車運転免許取得」の1つだけよりも、「〇〇語検定2級取得」や「〇〇技能検定3級」など、2つ3つと書ける欄が増えていくことがより自己アピール出来るポイントになります。

たくさんある資格の中から「第二新卒者が有利になれる資格」を5つご紹介します。その5つがこちらです。

  • マイクロソフトオフィススペシャリスト
  • 日商簿記検定
  • TOEIC
  • 販売士検定
  • 秘書技能検定

さらに、もっと専門的な分野の資格を目指すなら、ファイナンシャルプランナー(FP)技能検定、宅地建物取引士(宅建)資格、社会福祉士資格なども良いでしょう。

以上が、よく有利な資格として名が挙がるものです。あなたの気になる資格はありましたか? それでは、これらの資格を基にして活かせる業界や職種は何なのでしょうか。

資格を活かせる業界・職種とは

笑顔で挙手する女性
前章で紹介したい5つの資格が比較的に取りやすくアピールも出来るでしょう。ですが、取っただけでは意味がないので、頑張って取った資格を適切な業界・職種に照らし合わせましょう。それでは、5つの資格を活かせる業界・業種を一つずつ見ていくことにします。

マイクロソフトオフィススペシャリスト

通称「MOS」と呼ばれるこの資格は文字通り、マイクロソフト社のソフトであるオフィスの操作などを得意とする検定です。例えば、WordやExcelなどが対象となります。よって、この資格を取得することで事務やPCのデータ入力などを扱う業界や仕事に向いています。

この資格のメリットとしては、客観的に自らのパソコンスキルを判断できることや、仕事以外の業務や作業での効率アップにも繋がること、さらにマイクロソフト社のソフト自体が世界規模で使われていることもあり、世界に通じるスキルとして有利にもなります。グローバルなフィールドで活躍したいとお考えの方にピッタリです。

日商簿記検定

この資格はたくさんある資格の中でも人気の資格です。この日商簿記検定は、特に企業に必要なお金の管理などにとても有利に働きます。

正しく帳簿が付けられること、費用や収益率の意識が出来るようになることなど企業経営の上で欠かせないお金の分野で力を発揮するでしょう。企業の経理と会計を担当する仕事に向いています。

さらに、この日商簿記検定は利益を重視する営業や公認会計士や税理士などの国家資格取得を目指す人にも効果的です。特に営業職に関しては、客観的に数字と向き合うことで計画的に業務を遂行することが出来ます。

TOEIC

日本人の英語力向上が叫ばれる中で威力を発揮する資格がTOEICでしょう。インバウンドが盛んになってきた日本で、外国人への適切な対応のためにも英語力を身につけることは欠かせません。その一つの指標となるのがTOEICです。

英語検定よりも受験回数が多く、級ごとの判定ではなく点数表示をしてくれることで、受験者のモチベーションにも繋がります。平均として600点以上が就活の際の足切の目安とする企業もあるので、この点数を超えるようにしておきましょう。業界や業種は、外資系企業やここ数年盛り上がるインバウンド業界への転職に有利です。

販売士検定

世界的にもサービスの質が高い日本において、販売・小売業界への転職に有利な資格です。特に異業界からの転職ならこの資格を持っていることで、基礎的な対応や気遣いなどを既に把握出来ていることになります。同じタイミングで入った他の人よりも優位にスタートを切ることが出来るでしょう。

有利な業界や業種は、販売業界や小売業界ですがモノを売る営業職にも良い資格です。適切で親切な対応はやはり消費者側からしても気持ちが良く、自身にお客様が付いてくれるとより嬉しいものです。

秘書技能検定

日本のビジネスの場で大きな力を発揮するのが秘書技能検定です。文部科学省が後援するビジネス系検定の中でも人気で、ビジネスの場での人材育成をコンセプトにしています。この検定は資格名だけの話ではなく、その人の人柄も向上させるメリットを持っています。

秘書技能検定で問われる上司の仕事のサポート、秘書特有の仕事の知識、一般常識やマナー・接遇などを身につけることが可能です。それにより、ビジネスの場での美しい振る舞いにも影響し、その人の人柄も変えるのです。

有利に働く職種は秘書になりますが、新社会人やビジネスマナーをもう一度学びたい人にとっても有効な資格です。

無事に資格を取得でも、転職活動で気をつけてほしいこと

就活生をじっと見つめる面接官
ご紹介した資格を取得した方に気をつけてほしいことがあります。それはあくまで資格は一つのツールでしかないということです。資格取得が目的化することがないようにしなければなりません。

実は近年、転職活動において資格よりもその人の「やる気」「情熱」「コミュニケーションスキル」を重視する傾向にあるのが現状です。もちろん、資格取得は無駄ではないのですが、資格を全面にアピールするだけでなく、実際に自分がその企業でどういった貢献が出来るのかを企業側は知りたいのです。

だからこそ、資格はあくまでツールとして使い、それを中心として自分を具体的にアピールすることが必要となります。企業が内定を出す際には資格よりも実務経験を主にしています。資格にこだわりすぎないように冷静な判断をしましょう。

まとめ

双眼鏡で遠くを見る女の子
第二新卒者は社会人経験が少ない分、成長の余地をまだまだ残しています。その成長の手助けをするのが資格です。まだ若いからこそ自分のキャリアのビジョンをしっかりと見極めて必要だと思う資格を選択することが良いでしょう。

自分自身がこれまで何をやってきたのかが転職活動で鍵になります。経験・スキルの照明や、ヤル気のアピールとして資格取得をし、それを過信することなく転職活動に力を入れてくださいね。

既卒の就活情報の関連記事
  • メガネをかけた男性と帽子をかぶった男性
    大ヒットドラマ『逃げ恥』津崎 平匡の所持する資格ってどのくらい凄いの?沼田さんの『インフラエンジニア』ってどんな仕事?
  • 水色の棚に置かれた、たくさんの本
    やっぱり気になる!第二新卒者に有利な資格とその活かし方
  • シャツを腕まくりしてノートパソコンを操作する人
    未経験者必見! インフラエンジニア(ネットワークエンジニア)の関連資格
おすすめの記事
早期退職から1年。今思う事。
就職ノウハウ
おはようございます。Takahiroです。今回は自分の話です。 僕にとって今日、5月29日という日はとても重要というか、重い日なのです。とい...
おすすめ求人紹介|Wanna work in China?
その他ノウハウ
おはようございます、UZUZのKuniyukiです。本日は珍しく求人票のご紹介をします、やっと普通の人材紹介会社らしい内容になりますね。今回...
アルテコの海外営業職求人
その他製造業界
どのような仕事をするのか? ご入社いただいた際には、営業事務アシスタントから担当し、将来的には海外営業としてキャリアアップする流れとなります...