20代の第二新卒・既卒・フリーター向け就職/転職サイト

アフターコロナの就職/転職はお任せあれ!
テレビ通話・お電話でのキャリア相談を実施しています

大学院中退でも「後悔しない就職」を成功させるための2つのコツ

この記事は、人材紹介会社社長の岡本が監修しました。
岡本のプロフィールはコチラ

大学時代の先輩がさ、大学院に進んだんだけど中退して就活しようか悩んでるんだって。
でもせっかく大学院に行ったのにもったいないよね~

うーん、もったいないかは今判断できないと思います。そのまま在籍して卒業しても希望する職種に就職できるとは限りませんし。

それにやりたくもない研究に2年間費やして結局成果が出なくて論文が書けず留年……なんて話もよく聞きます。

それなら早めに見切りをつけて就職するのも一つだね!でも中退してホントに就職先は見つかるの?

問題ありません。

修士を対象にした職種は受けられませんが、かといって受けられる職種が大幅に減るわけではないです。

ただ、中退する前に冷静になって中退した場合のデメリットを知り、「なぜ辞めるのか」「今後何をしたいのか」ということは明確にしておきましょう。

この記事では、大学院を中退した場合のメリットデメリット、就活方法や注意点について詳しく解説していきます!

既卒向け就職エージェントなら「ウズキャリ」がおすすめ!

ウズキャリのおすすめPOINT

  • ニート・フリーター・既卒・第二新卒などの20代に特化
  • 完全無料で就職完了までマンツーマンサポート
  • ブラック企業は徹底的に排除しているので安心!

大学院を中退する場合の就職・就活への影響度

大学院を中退しても就職できるとお伝えしましたが、就活への影響が全く無いわけではありません。

大学院を中退するとあなたは「既卒=大学を既に卒業した人」に分類されます。

既卒は新卒のようには就活が上手くいかないことがあります。

実際にマイナビが実施した「マイナビ 2020年度既卒者の就職活動に関する調査」によると、現役生(いわゆる新卒)の内定保有率は77.6%です。

一方で、既卒者の内定保有率は34.4%と大きな開きがあります。

え~全然違うじゃん!!3割くらいしか内定もらえないの?ホントに中退して大丈夫?

まあ、既卒と一括りにしていますが様々な人が含まれていますからね。
  • 「就活をしないで大学を卒業した人」
  • 「大学を卒業後、フリーターをしている人」
  • 「特に何もしないでニートとして過ごしている人」

などなど、全て既卒です。

なるほど。既卒の中だったら大学院を中退した人は、大学院に進んで一生懸命研究に取り組んでいたわけだし、企業からの印象もそんな悪くないか。

院卒にはなりませんが、大卒ですし若い人材を欲しがる企業はたくさんあるので大丈夫です。

とは言え、大学院を中退して既卒になるデメリットがあるので、メリット・デメリットをよく考えた上でどうするか判断してほしいと思います。

大学院を中退するメリット・デメリット(リスク)を比較してみよう

ここに、大学院を中退するメリット・デメリットを一覧表に記しました。

中退するべきかの判断材料として活かしてください。

メリットデメリット
やりたいことを見直せる就活ではやはりマイナス印象が残る
就職先が限定されない他の院卒との給与差が出る
若いうちに社会に出れる研究に費やしたお金・時間・労力が無駄になる
すぐに稼げるようになる学生気分ではいられなくなる

メリットの詳細解説

大学院を卒業すると、就職先が大学院の研究分野に限定されがちに。

一方で、中退すれば一度リセットしてあなたのやりたいことを見直せます。

また、20代の1歳でも若いうちに社会に出られることは強みです。

大学院を卒業してから就職すると社会に出るのがそれだけ遅くなり、例えば結婚するタイミングも子育てのタイミングも後ろにずれていく可能性があります。

確かに高学歴になるほど婚期が遅れる、逃すってよく聞くかも!

もちろん専門を極めるために修士号を取得するのは素晴らしいことです。ただ、研究生活が嫌で仕方ないのに無理して留まるくらいなら、就職を考えるのも一つの選択肢と伝えたいですね。

また、学生生活にはお金がかかります。

学費だけでなく、生活費や交通費なども全て出費

一方で社会人になればお金を稼げるし、貯金も早い段階からスタートできますよ。

デメリットの詳細解説

とは言え、既卒としての就活は、やはりマイナス印象が残ります。

「忍耐力が足りないのではないか」「飽きっぽいのではないか」と思われてしまいます。

また経済面でのデメリットも。

院卒と大卒では初任給に差があります。

中退せずに卒業すれば高給を目指すことも可能ですが、その道をあえて遮断してしまうことに。

また、大学院でこれまでに費やした学費・時間・労力が無駄になってしまいます。

経済的なロスと労力や時間のロス……。ん~悔しい気もするよね。

もう一つ気をつけたいことが。やはり大学院生でいることと社会人になることは大きな違いがあります。

もちろん、大学院では教授の顔色を伺ったり、研究成果が出ずに「論文を書けなかったらどうしよう」というプレッシャーを感じたりとしんどいことも多いと思います。

ただ、社会人になると責任の大きな仕事を任されたり、給与に見合うだけの結果を出さないといけなかったり。

中退して就職したら、これまでのような学生気分ではいられなくなるのでまた違うプレッシャーを感じることになります。

「今より楽になれる」と考えるのは危険です。

メリット・デメリットを比較すると大学院の中退も悲観することはないね。

大学院生活がどうしても嫌になってしまったのであれば、中退するという選択肢も一つです。ただ、人生が左右されることでもあるので慎重に考えましょう。

超重要!大学院中退でも就活を成功させるための2つのコツ

大学院中退という特殊な経歴を持つ場合、就活で特に気をつけなければいけない点があります。

このコツを知っていないと、失敗する確率が上がってしまうので、しっかり読んでくださいね!

是非教えて欲しい~!!

コツ1.新卒枠ではなくて「既卒枠」で受ける

大学院を中退した場合、新卒枠で応募する人が結構いるんですが、これはおすすめしません。

確かに、大学院中退の場合、新卒の条件を満たします。

というのも政府が「卒業後3年以内は新卒として扱うこと」という指針を企業に呼びかけているから。

つまり、定義的には大学院を中退した人は新卒に含まれます。

それならチャンスの多い新卒で受けた方が絶対いいじゃん!!

ただ、いくら国に言われても企業のホンネとしては「ストレートな新卒者を採用したい」のです。

なので、応募条件はクリアしても、結局内定をもらえるのは新卒ばかり。

じゃあどうしたらいいの?

既卒枠」を狙いましょう。

既卒とは一般的に大学を卒業後、正社員としての職歴のない求職者を指し、当然、大学院の中退者も含まれます。

既卒の求人は新卒に比べると少ないですが、ライバルの数も少ないです。

また、既卒を欲しがっている企業の求人なので受かる確率も高い。

でも何で既卒が欲しいの?ホンネは新卒がいいんでしょ?

あえて既卒を採用したがる企業もあるんですよ。

例えば、採用計画通りに新卒を採用できなかった場合など、既卒を採用して不足分をカバーします。

また、新卒の採用ほどコストをかけられない中小企業は、新卒と条件的に大きく変わらない既卒を採用したいと考えるのです。

ちょっと、しゃーなしで採用してる感があるけど、でも既卒の需要があるのは有難いね。

コツ2.中退理由がとにかく重要なのでしっかり考える

大学院の中退者を採用する際、面接官が最も知りたいのは中退理由

よく聞かれる中退理由として、

  • 教授との折り合いが悪くなり、研究室での居場所が無くなってしまった
  • 研究が上手くいかない、研究にやりがいを感じられなくなった

などが挙げられます。

ただ、このような中退理由をそのまま面接で伝えても、「上司との相性が悪いとすぐに辞めてしまうのでは?」「仕事にやりがいを感じなければ辞めてしまうのでは?」と思われ、採用を見送られる可能性が高まります。

でもこれが本当の中退理由ならどうしたらいいの?

嘘をつく必要はありません。ただ、もう少し中退の原因を深く分析しましょう。

例えば、研究にやりがいを感じられなくなった場合。

研究内容が専門的すぎて実生活に結びつかないからやりがいを感じられないのではないか?

自分の打ち込んだこと、成果がもっと身近に感じられたらやりがいを感じるのではないか?

製薬会社の営業職や食品会社の営業職に就けば、これまでの自分のバックグラウンドも活かせるし、取り扱う商品が身近な物であり、かつ、成果が目に見えるので一生懸命取り組めるはず!!

このように考えられ、これが中退理由であると同時に志望動機にもつながります。

お~なんかスマート!!

このようになぜ中退を選んだのかよく分析していくと、そこからやりたいことが見つけられることもあります。面接官も納得しやすい内容になりますよね。

ここからは、中退した後の就活の進め方について具体的に解説していきます。

大学院を中退した後の就職、就活の進め方

大学院を中退したら一体どうやって就活するの?新卒の時みたいに周りについていけばいいわけじゃないし……学校の就職課に行くとか?

就職課もツールの一つとして利用するのはいいですが、大学の就職課は基本的に在学中の就活生を対象にしています。中退した後は以下のような流れで就活を進めていきましょう。

かかる期間は人それぞれですが、就職活動はだいたい以下の流れで進みます。

Step1スケジュールを立てる1日
Step2やりたい仕事を見つける1週間〜2週間程度
Step3求人サイト・就職エージェントに登録する1日
Step4求人探し1週間〜2週間程度
Step5履歴書・面接対策1週間〜2週間程度

ここからそれぞれ説明していきますね。

まずはじめにやるべきこと1「スケジュールを立てる」

スケジュールってさっきみたいな表?

もっと詳しく日付なども組み込んだ予定を立てるといいです。「○月に内定獲得」など。

就活用のスケジュール帳をつくってみるのもいいよね。でも就活が何ヶ月で終わるとか予想できなくない?

平均3ヶ月で就職するのが一般的と言われています。

実際にウズキャリに登録して就活する既卒の方たちも3ヶ月程度で内定を獲得して就職しています。

また、スケジュールを決めることでダラダラと就活することを避けられます。

特に大学中退を決意したのであれば、1日でも早く就職しなければなりません。

そうでないと新卒との年齢差が開いてしまうので、どんどん不利になってしまいます。

そーいえば、大学院はいつ中退したらいいの?そもそも中退してから就活するの?それとも内定を獲得してから中退するの?

すぐに辞めても良いのですが、就職先が決まらないとフリーターになってしまう人が多いんですよね。
フリーター期間が長いと就職に不利になるため、とりあえず中退せずに研究と並行して就活する方法がおすすめです。

例えば、先に記した表の中でSTEP4までは研究の隙間時間に行うことも可能ですよね?

職種を探して、求人を絞って、「やっぱり大学院を卒業した方が自分の希望に合う仕事に就けるな」と思うのであれば、途中で就活を辞めることもできますし。

中退するタイミングは慎重になった方がよさそうだね。

まずはじめにやるべきこと2「自己分析をする」

自己分析の目的は「やりたいことを見つける」ことです。

ここを明確にしなければ、結局就職してもミスマッチになってしまう可能性があります。

自分がどういう人間なのか、何を重視し、何が楽しい・辛いと感じ、何にやりがいを感じるのか。

一度大学院に進もうと思ったのに、辞める決断をするほど悩んでいると思うので、しっかり一度人生をふり返って自分と向き合ってみましょう。

自己分析の具体的なやり方はネットやYoutubeなどでいくらでも情報を見つけられるので自分に合っているやり方で進めるといいです。

この時に必ず、「なぜ研究生活を辞め就職したいのか」ということも合わせて考えるようにしてくださいね。

自己分析では過去にばかり焦点を当てがちなのですが、未来を考えることも重要です。

将来どんな人物になりたいのか、どんな暮らしがしたいのかイメージしてみましょう。

そこから逆算してやりたい仕事を見つける方法がおすすめ。

例えば、「30代で役職につきたい!」と希望するのであれば、年功序列の企業ではなく、若いうちからどんどん仕事を任せてもらえるベンチャー企業が向いているといえます。

そこで、ベンチャー企業で成長が著しいIT業界からやりたい職種を絞ってみるなど。

この時、あなたの知っている仕事から選ぶのではなく、知らない職種を知ることも重要です。

まずはじめにやるべきこと3「求人サイト・エージェントに登録して求人を見ておく」

やりたい仕事が見つかったら求人探しスタートです。

まず、求人サイト・就職エージェントに登録しましょう。

求人サイトでは自由に求人を閲覧できるので、あなたの希望職種に絞って多くの求人に目を通すといいです。

求人を見るだけで、平均的な給与相場や雇用条件、仕事内容が把握できるのであなたのやりたい仕事のイメージがより具体化されるでしょう。

また、求人サイトなら関連職種も表示されるので、気になる職種があれば選択肢を広げてみるといいです。

求人チェックするだけでも、今後のためになりそうだね。

そうです!多くの求人を見ているとブラック企業の見極めにもつながりますよ!例えば、やたらと雇用条件が低かったり、頻繁に求人募集していたりする企業は要注意です。

なるほど~。じゃあ、就職エージェントは何をするの?

就職エージェントは就職サポートサービスを提供しています。

登録すると、まずはキャリアカウンセラーとの面談があり、これまでの経歴や希望職種・今後のプランなどを話し合って、就職活動の軸をより具体的に定めます。

また、この時点で仮に、やりたい仕事が見つかっていなくても問題ありません。

プロのキャリアカウンセラーがカウンセリングを通してあなたにマッチする仕事をいくつか紹介してくれます。

さらに、受けたい企業が見つかれば履歴書添削・面接対策を実施。

無事に希望する企業に内定が決まるまで手厚くサポートします!

大学院中退して就職成功した人の体験談

それでは実際に大学院を中退してウズキャリに登録し、就職に成功した人の体験談を紹介します。
中退した理由
ロシア文学の研究者を目指して大学院へ進んだのですが、結局修士論文を完成させることができず、中退しました。
なぜ論文を書き終えることができなかったのかというと、「目標設定が大き過ぎたこと」「修士論文に向けて計画的に研究を進めていなかったこと」「周りに頼らなかったこと」が挙げられます。全て自分で進めようとしてしまい、周りに相談しなかったので、そもそも目標設定に無理があることに気づかなかったんです。
就活で大変だったこと
実は中退後すぐに就活したんですが上手くいかなくて中断したんです。とりあえず、条件を満たす仕事を受けていったのですが明確な志望動機もないし、大学院を中退して自信を無くしていたし、今思えば受からなくて当たり前ですよね。中退理由も上手く答えられず、面接はボロボロでした。
内定獲得できた理由は?
ウズキャリとの出会いによって就活が上手く行き始めました。まずは、知らない仕事を知りました。私は文系なので営業職くらいしか選択肢がないと思っていたんです。でも担当者の方に、勉強が好きで専門性を磨きたいと考えているなら、インフラエンジニア職はどうですか、と聞かれて。文系の私が技術職に就けるなんて考えてもみなかったのでびっくりしましたね。でもスキル・知識を身につければ女性でも長期活躍できると知って、一気にやりたい気持ちが溢れました!繰り返し面接対策をしてもらって無事にインフラエンジニア職の内定を貰いました!!

大学院中退した人のよくあるQ&A

他の人はどんな理由で大学院中退しているの?

大学院の中退率を学校毎に示しました。

国立大学公立大学私立大学
中退率(平均)3.09%4.38%6.02%

3~6%の割合で中退していることが分かります。
中退の理由は以下の通りです。

学業不振5.86%
学校生活不適合2.91%
就職36.26%
転学5.83%
病気・怪我6.41%
経済的理由6.92%
一身上の都合18.61%
その他16.08%

引用元:大学院を中退するとどうなる?中退するメリット・デメリットや就職活動に与える影響を解説します!

最も多いのが就職。

3割以上の方が就職を理由に中退しています。

経済的理由も7%程度いますね。

就職するから中退する人って多いんだね~!

内定をもらった後に中退したらどうなるの?

これは場合と求人によります。

「大学院卒業見込み」を採用条件としている場合、大学院を卒業しなければ内定は取り消されてしまうでしょう。

一方で、応募条件が「大学卒業見込み」「大学卒業」であれば、大学を卒業しているあなたは条件を満たすことになるので内定後に大学院を中退しても基本的には問題になりません。

もしあなたが大学院を中退するか迷っている状態で就活を進める場合は、応募条件が「大学院卒業見込み」「大学卒業見込み」「大学卒業」のいずれなのかを事前にしっかりチェックしましょう。

大学院を中退すると、企業からやはり逃げていると思われるのか?

「逃げ」と捉われるかどうかは中退理由の伝え方次第です。

記事の中でも伝えたように、中退理由は深掘りしていき最終的には中退理由が志望動機につながれば、面接官にも納得してもらえるでしょう。

一番重要な部分でもあるので、「一人では考えられない」という方は是非ウズキャリにご相談ください。

プロのキャリアカウンセラーがカウンセリングを通してあなたの中退の原因を分析して、志望動機につながるよう一緒に考えていきます。

大学院を中退した既卒を採用したい企業なんてあるの?どんな企業が採用するの?

意外かもしれませんが、既卒の需要は高いんです。

どんな企業が既卒を欲しがるのかというと、

  • 採用計画通りに新卒を採用できなかった企業
  • 大きな採用コストをかけられない中小企業
  • 「すぐ」に人材が欲しい企業

など。

言い方は悪いかもしれませんが、融通が効き、採用コストが新卒ほどかからないのに、若くてフレッシュな既卒は有難い存在なのです。

また、新卒とは違って「もう後がない」という緊張感の高い既卒は、入社後の定着率が高いのも企業としては大きな魅力。

挫折や失敗を乗り越え頑張ろうとしている姿勢は評価されます。

正直やりたいことが何かわからなくなってしまった・・・

自己分析や今後の将来プランを考えたけど、それでも「やりたいことが見つからない、分からない」という人は、一人で抱え込まずにまずは誰かに相談してみましょう。

身近な人、地元の友達、大学の先輩など。色々な人と話すことで自分の考えがはっきりしてくるかもしれません。

ただ、あなたに近い人だと客観的に見れていない可能性があるのでプロの意見も重要です。

例えば、大学のキャリア相談就職エージェントを頼るといいです。

就職エージェントの場合だと、あなたとのカウンセリングを通してあなたの適性や性格・これまでの経歴を総合的に判断してマッチした仕事を紹介してくれます。

とにかく、一人で考え込まずに周りの人や就職支援サポートに頼りましょう。

大学院を中退しようか迷っている」「大学院を中退したけどこの先どうしよう」と思い悩んでいる人は、なるべく早く就職活動をスタートしてみることをおすすめします。

特に中退した時点からあなたの経歴に空白期間が生まれます。

空白期間が長くなると就職活動で不利になってしまうので、まずは就活の一歩を踏み出しましょう。

既卒向け就職エージェントなら「ウズキャリ」がおすすめ!

ウズキャリのおすすめPOINT

  • ニート・フリーター・既卒・第二新卒などの20代に特化
  • 完全無料で就職完了までマンツーマンサポート
  • ブラック企業は徹底的に排除しているので安心!

UZUZってなんなの??

みなさん、はじめまして!「第二の就活」を運営している「UZUZ」といいます。

私たちは20代に特化した就職・転職エージェント

  • 経歴だけで判断しない“あなたの強み”が活かせる求人紹介
  • プロだからわかる就活情報の提供
  • あなただけのオーダメイド面接対策

などなど、モットーは“手厚すぎる就活サポート”です。
内定をゴールにせず「就職後も生き生きと働けること」を大切に年間約15,000人のキャリア相談に乗っています。

おかげさまで創業以来

  • 書類選考通過率87%以上
  • 就職・転職成功率86%以上
  • 入社後の定着率95%以上
UZUZってなんなの??

業界でも高い数字を維持することができています!

もし今あなたが就職や転職に悩みを抱えているならぜひ私たちにお手伝いさせてもらえませんか?

どんなことでも、全力でサポートいたします!

Page Top