大学院で農学を専攻した人の多くは、化粧品や食品関係の企業を志望します。

けれどもそれらの業界は、専門性をいかすことができる求人が少なく、特に大手企業は狭き門といえます。

  • 中小企業にも目を向けて専門性をいかすのか?
  • 理系の素養をいかして新しい道を切り拓くのか?

そこで今回は、農学専攻の修士の就活についてまとめてみました!

就職先にお悩みの方は是非参考にしてみてくださいね!

「農学」を専攻した大学院生の就活メリット

shutterstock_321075869

就活を始める前に自身の立場や強みを理解しておくことで、その後の就活をスムーズかつ有利にすすめることができます。

農学を専攻した大学院生が就活を行う場合には、他学部と比較してどのようなメリットがあるのでしょうか。

実生活に即しておりニーズが非常に高い

農学は「食」という、人間の生活とは切っても切れない生活に必要な実学といえます。

アカデミックな研究よりは、実践的なスキルや知識が身に着くことが多いので、求人が豊富で就職率が高いことで知られています。

企業の有効求人倍率が他学部と比較して高いだけではなく、院卒向けの求人も多くあるのも嬉しいですね。

研究職の募集は、官民共に多いだけではなく、公務員の募集はより専門的な内容で募集をしているので自分に合った職を探しやすいといえるかもしれません。

農業は今後、大規模農業と小規模で付加価値を高めていく企業の二極化が進むと予測されており、その上海外への輸出を積極的に行う「六次産業」に目を向けた動きもみられます。

そのため、農学の知識をいかしながら海外で活躍することも可能です。

単に一次産業として農作物を作るだけではなく、生産以外の役割を担うことで拡大を続けていく企業も多くなってきました。

農学専攻の経験をいかして活躍できるフィールドはどんどん拡大しているといえます。

学ぶ範囲が広いので専攻をいかした就職先を探しやすい

ひとことで「農学」といっても、農業だけを学んでいる訳ではありませんよね。

環境や生命そして生産科学など、さまざまな知識を学び技術に触れている方が多いと思います。

その為、専攻をいかした就職先を探す際にも、他学部よりも選択肢を広く持つことができるのです。

  • 製造業
  • 卸売
  • 小売業
  • 商社
  • 流通業

など、農学部出身者を必要としている学部は沢山あります。

そのため、業界に固執しなければ、専攻をいかした就職先を見つけやすいのも武器の1つです。

自然環境の良い求人が豊富

農学の知識をいかした求人では、

  • 農業
  • 畜産業
  • 水産業

などに関するものが多くあります。

その為、自然環境の良い場所での求人が多く、都会の喧騒を離れた場所で仕事に没頭したり、首都圏の勤務であったとしても、地方へ出張があるケースも珍しくありません。

働く環境や住環境というのは、就職先を選ぶ上で大切にしたいポイントですよね。

また、食に携わる産業は各都道府県で盛んなため、出身地に戻って仕事を探したいと考える地方出身者にとっても仕事は探しやすいといえます。

自然に恵まれた環境の中で、のびのびと仕事をしたい方のために、UターンだけではなくIターン希望者を対象に就職説明会を行っている自治体や団体も数多くあります。

都心の一極集中が問題視されており、地方では過疎化が進んでいるため、若者を歓迎し支援する施策を行っている地方自治体は沢山あります。

就職先の斡旋だけではなく、格安で住まいを提供してくれるところもありますので、地方で就職を希望している方は就活と並行して情報収集をしてみてくださいね。

「農学」を専攻した大学院生に人気の就職先とは?

出典元:東京大学大学院農学生命科学研究科水圏生物化学

上記の資料からもわかるとおり、農学を専攻した大学院生の就職先は多岐にわたります。

以下では、その中でもとくに人気の高い就職についてご紹介したいと思います。

食品メーカー

ひとことで「農学部」といっても専攻はさまざま。

農業・畜産業・水産業を学んだ方に特に人気が高いのが食品メーカーです。

製造・加工だけではなく、研究開発の求人も多くあり、農学専攻の知識や経験をいかして働くことができます。

加工食品では、

1位:明治ホールディングス 2位:味の素 3位:山崎製パン

が売り上げの上位を占めていますが、少子高齢化に伴い国内での需要は低迷し、原材料費の高騰の影響を受けた値上げなど、苦しい状況が続いています。

けれども、健康食品に対する注目度が上がってきているだけではなく、グローバル化を進め定番製品をローカライズすることで販路拡大も夢ではありません。

飲料メーカー

農学専攻だけではなく化学など、理系の活躍できるフィールドが広がっている飲料メーカー。

1位:コカ・コーラ・グループ 2位:サントリー食品インターナショナル 3位:アサヒ飲料

で、2位のサントリーグループは自販機事業を拡充している他海外の飲料メーカーの買収を進めています。

国内市場は成熟化していますが、高価格帯商品の開発が活発化してきており、ミネラルウォーターの売り上げも伸びていることから復調の兆しが見えているといえます。

「農学」専攻の大学院生向けの意外な仕事とは?

shutterstock_242820589

農学を専攻した大学院生の意外な就職先はズバリ「出版・マスコミ」業界です。

というのも、「食」は健康の基本。

食にまつわる雑誌や専門誌は多くあり、業界新聞も発行されています。

またマスコミでは連日「食」に関する問題を取りあげていますよね。

その為、農学専攻の知識や経験を持っている人材へのニーズは高く、他専攻よりも編集者などの求人が多く見つかります。

出版業界の求人は大手の新聞社や雑誌社だけではなく、執筆や編集に特化した編集プロダクション等もあります。

出版業界は基本的に文系職のイメージが強く、文系の方が多い業界ではありますが、大手に拘りすぎずに中小企業にも目を向けてみると、専門性をいかすことができる求人を探しやすいです。

マスコミでは、農学に特化した専門の職種を募集することはありませんが、農学の関連情報を扱う情報番組の制作などに役立つとアピールできます。

いずれも、「農学」の知識をいかし正しいことを読者や視聴者に伝えるやりがいのある仕事いえます。

おわりに

農学専攻の大学院生の就活は、分野を問わず求人が豊富にあります。

1つの業界に固執してしまわず、専攻をいかすことができる求人を探しましょう。

就職エージェント・UZUZでは農学専攻の大学院生の方はもちろん、既卒・第二新卒・フリーター・ニートなど、20代の方の就活を積極的に応援しています。

UZUZでは専門のキャリアカウンセラーによるキャリアカウンセリングや、エントリーシート(ES)のチェック、模擬面接など、多角的なサポートを平均約20時間以上をかけて実施。

一人ひとりに最もマッチした求人をご紹介するため、就職内定率は85%以上

さらに入社後のサポートも行っているため、定着率も95%以上という安心の実績を誇っています。

志望先に悩んだり、書類選考がなかなか通らない場合には、戦略を見直した方が良いケースもありますので、ぜひお気軽にUZUZのキャリアカウンセラーにご相談ください!

もちろん、サービスは全て無料でご利用いただけます!

UZUZってなんなの??
すっきりしている男性

「第二の就活」を運営するUZUZは、
20代に特化した就職/転職エージェントです。

創業から7年がたち、これまでサポートしてきた方は、約6万人!

もちろん、ただサポートしているだけではありません。

UZUZの実績紹介
  • ESなどの"書類通過率80%"越え
  • 面接からの"内定率85%"越え
  • 入社後1年間の"定着率90%"越え

以上のように業界内でも特に高い実績が残せている自負があります!

下のボタンより、詳しいサービス説明を見ることができるようしました。

私たちと一緒に内定を勝ち取りませんか?

おすすめの記事