未経験から証券業界へ就職。金融業界のトレンド大解剖!vol.3

証券マンが扱う主な仕事

次は、証券会社で働く社員が実際にどのような仕事をして、どのように収益をあげているのかをお話しします。

利益の仕組み(ビジネスモデル):証券会社はこうして利益をあげている

まずは、証券会社がどのようにして収益をあげているのかお話しします。もっともよく知られているのは、株式売買の手数料ですが、これは全体の25%程度でしかありません。お客様の株の売買のお手伝いをした際に、手数料が発生しますが、これだけでは大きな利益にはならないのです。

他にいくつもの業務を行うことで、証券会社は莫大な利益を生み出します。もっともよく知られている手数料を稼ぐ業務は、ブローカー業務と呼ばれています。そのブローカー業務を含めて、証券会社で行われている業務を、紹介していきましょう。

ブローカー業務:お客様の代わりに株式売買を行う業務

ブローカー業務とは、株式を買いたい人や売りたい人の注文を受け付け、その注文を証券取引所に伝える仕事です。お客様の代わりに、株式取引を成立させるのですが、この際に手数料が発生します。先程も記載したように、証券会社の利益の約25%程度は、この手数料によって生まれます。手数料のために行う売買ですので、証券業界に利益は少ないのですが、確実に利益が生まれるのが特徴です。

ディーラー業務:自らの資金で株式売買を行う業務

ディーラー業務は、証券会社のお金で株式の売買を行います。ブローカー業務はお客様の注文通りに売買をするだけですが、ディーラー業務の場合、自分達の考えで売買をしなくてはなりません。つまり、お客様と同じ立場で株式の売買を行うのですから損をする可能性すらあります。

アンダーライティング業務:株を買ってくれる人を探す業務

企業が株式を発行しても、買ってくれる人がいなければ、株式の意味がありません。そのため、企業側が証券会社に株を買ってくれる人を探してもらうことがあります。この業務をアンダーライティング業務と言います。

アンダーライティング業務の場合、最初に証券会社が企業から株式を買います。既に買い取った株式を、お客様に売る仕事になります。

セリング業務:株が欲しい人を探して売る業務

セリング業務は、アンダーライティング業務によく似ています。企業に依頼を受けてお客様に株式を売る仕事なのですが、アンダーライティング業務と大きく異なるのは、証券会社が株式を購入しない点です。

証券会社はあくまでお客様を紹介するだけですので、ノーリスクになります。
企業から買い取るのがアンダーライティング業務、買い取らないのがセリング業務と考えるとわかりやすいです。

業界研究の関連記事
  • 髪が乱れた女性の後ろ姿
    アパレル業界はブラック!?元販売員が暴露する厳しい現実
  • consultant_business
    現役コンサルタントに聞く!コンサル業界の仕事内容は?激務って本当?【業界研究vol.1】
  • uzuz_03
    IoT化で今アツい!IT「システムコンサルタント」を業界研究
  • オフィス街に立つスーツ姿の男性
    【地方銀行&メガバンク就職ランキング】地方銀行の魅力とは?人気の理由に迫る!
  • ノートパソコンやタブレット端末を持ち寄って机に座るスーツを着た人々
    既卒のための業界解説Vol.2|公務員になるまでの採用の流れは?民間企業と公務員の併願は可能なの?
  • 高層ビルの白黒写真
    既卒のための業界解説|不動産業界がブラックと呼ばれるのは、その営業スタイルに原因がある!
おすすめの記事
ギブリーの営業職求人
営業・企画職
どのような仕事をするのか? FacebookやLINEなどのソーシャルメディアを活用し、いかに集客の効率を上げていくのかは、どんな企業でも重...
タマガワの総務事務職求人
その他製造業界
どのような仕事をするのか? 営業職 入社後は、ラスカット技術のルート営業を行います。 主に顧客としてマンション管理会社などを担当し、『ラスカ...