『証券業界』と聞くと、株の売買をしているイメージが真っ先に思い浮かびます。もちろんそのイメージは間違っていません。証券業界の業務の一部です。しかし、証券業界の仕事には、多くの人が知らないことがたくさんあります。もしも、証券業界に興味があるのならば、ここでの情報を是非、役立ててください。今の証券業界がどのようなところなのか、今後どうなっていく業界なのか、全てをお話しします。

証券業界ってどんなところ?

まず、最初に業界全体の話をしましょう。証券業界が、どのような業界なのかを知ってください。

業界規模:証券業界の規模はどのくらい?

最初にお話しするのは、業界規模です。2016年2月現在、日本国内に証券会社は、全部で254社あります。業界内の総資産額は、約140兆円です。業界規模は約3兆9,000億円です。この数字は、主要の証券会社42社の営業利益の合計ですので、全体の数字はさらに上です。これらの金額を並べるだけでも、証券業界が非常に大きな規模を持っていることがわかります。

日本経済と証券業界の関わり

2008年のリーマンショックは、証券業界に大きな打撃を与えました。当時は、経済も株式市場も冷え込んでしまっていましたが、少しずつ回復をしました。2012年には、リーマンショック前の数字に戻っています。その後、アベノミクス効果もあり、業界全体が成長しています。

2011年から2015年の5年間の業界成長率は11%です。営業利益率も業界全体で16%以上増えています。

過去には、リーマンショックだけではなく、バブル崩壊や海外経済の影響も受けてきた業界です。他の業界以上に、外部の様々な影響を受けやすい業界でしょう。しかし、現状は持ち直しているどころか成長している、と考えて良いです。

リーマンショック以降に、経済が持ち直したのは、各国で金融緩和を行ったからです。日本が行った金融緩和は他の国と比較をすると、あまり大きくはありません。リーマンショック前の1.4倍の量の現金を発行しました。ちなみに、イギリスでは約4倍、アメリカでは約3倍の現金を発行しています。これらの政策によって各国の経済は持ち直しました。

結果的に、日本の経済回復は他国に比べて圧倒的に遅くなってしまいました。自国の金融緩和よりも他国の経済回復に助けられた、と言えるかもしれません。このように世界全体で行われた金融緩和によって、リーマンショック以降の経済は持ち直したのです。このように経済が持ち直すと、株の動きも変わってきます。

2009年から2012年まで冷えきっていた株の動きも、2013年以降は活発になっています。東証1部で行われている株式売買の合計が、冷えきっていた時期は1日平均1兆円から1兆5,000億円程度でした。しかし、2013年以降は安定して2兆円を超えており、3兆円を超えることも珍しくありません。このように、株の売買が頻繁に行われているのですから、証券業界が潤っている、ということです。

UZUZってなんなの??
すっきりしている男性

「第二の就活」を運営するUZUZは、
20代に特化した就職/転職エージェントです。

創業から7年がたち、これまでサポートしてきた方は、約6万人!

もちろん、ただサポートしているだけではありません。

UZUZの実績紹介
  • ESなどの"書類通過率80%"越え
  • 面接からの"内定率85%"越え
  • 入社後1年間の"定着率90%"越え

以上のように業界内でも特に高い実績が残せている自負があります!

下のボタンより、詳しいサービス説明を見ることができるようしました。

私たちと一緒に内定を勝ち取りませんか?

おすすめの記事