既卒向け人材業界解説|派遣社員のメリットとデメリット

派遣社員のメリット、デメリットって?

th_imasia_12883952_M

派遣の働き方ってみなさんご存知ですか?特に女性の方は派遣で働いている方、派遣で働こうかななど考えている人も居るかも知れません。そんな方の為に今回は派遣での働き方、メリット、デメリットまで全て解説したいと思います。

派遣社員の働き方、仕組みとは?

そもそも派遣ってなに?どんな仕組みなの?っと思っている方も多くいらっしゃいますよね?まずは簡単に派遣の仕組みについて解説します。まず、派遣と正社員の大きな違いは雇用契約する企業が違うことです。つまり、雇用契約を結ぶ会社と実際に働く会社が違うということです。

人材派遣についての決まりは「労働者派遣法」によって定められており、派遣としてできる業務や働ける期間などが決められています。通常、正社員のような“直接雇用”の場合は、企業と働く人との間で雇用契約を結び、給与も企業から直接支払われます。でも、派遣スタッフの場合は「派遣会社」と「派遣先企業」の2つの会社が関わってくるのです。

つまり自分と関わる企業が2つ出てきます。一つ目は自分が登録する企業。ここに行き簡単に自分の情報を登録します。スキルや経験など後は、実際にカウンセラーとお話しして自分の要求する条件を話し合い、そこで今自分のスキルと条件が合う企業を紹介してもらいます。そこで自分が気に入った企業があれば次回、面談という形で企業先にカウンセラーと訪問し、そこで合格か不合格か決まります。

そこで合格をもらえれば実際に派遣先の企業が決定します。しかし、正社員の場合は働く企業と直接雇用契約を結びますが、派遣の場合は違います。登録している派遣先紹介企業と契約を結びます。なので自分と関わる企業が2つあることになります。これが大きい派遣と正社員の違いです。

派遣社員のメリット

th_imasia_14718059_M

自分の希望に合わせて仕事が選べる

正社員で働いている場合、必ずしも自分が望んだ業務ができるとは限りません。また、正社員で働くとなると与えられる業務内容も様々、責任も出てくるので残業がつきものになることもあります。しかし、派遣では働く時間帯や曜日、残業の有無、勤務地、給与など、派遣会社にさまざまな希望を伝えられます。職種の希望もでき、例えば、女性で多い事務職希望も派遣では選択可能です。

自分の専門スキルを生かして高められる

よく、海外留学していたから英語や中国語を使いたい!!パソコンのスキルがあるからそれを活かしたい!と相談にくる人も多いです。しかし、正社員で働くとなるとそこの希望が必ずしも通るとは限りません。

正社員として働くときにも勿論その人のスキルなどは見られますが基本的には継続性や協調性などが見られ、スキルなどは入社してからつけていけばいいという考えを持っている企業が多くあります。ですが、派遣ではその自分にあるスキルや活かしたい物で選ぶことができます。むしろその方が時給が高くなります。

なので正社員としての就活とは若干違いがでます。派遣を受け入れている企業も専門的なスキルがある人を求めていることも多いのでそう言った人だと正社員で働くときより給料が増えることもあります。

人間関係をあまり気にしなくていい

派遣で働くとあくまで契約の範囲内の業務をするために派遣されているので、会社の飲み会やイベント事などに、参加の強制をされることはほとんどありません。正社員で働くとどうしても新人のときは飲み会を断れなかったり、上下関係はつきものです。

しかし派遣は、先輩、後輩などの上下関係に縛られることは比較的少ないです。なので、会社でのわいわいした行事や、プライベートの話などの馴れ合いが苦手な人にはいい働き方でもありあます。

いろんな仕事や職場を経験できる

派遣で働くときの魅力といえるのが自分のレベルに合わせて、仕事を希望することが可能ということです。派遣される期間は企業によって違い、3ヶ月のときもあれば、長いと最大3年という期間もあります。なのでいろんな企業で働きるという魅力もあります。

また、自分にあった成長プランも立てられます。例えば、未経験OKのお仕事でスタートしてスキルを付け、次のお仕事でレベルアップしたお仕事にチャレンジするなど、自分の意思でキャリアアップもできます。また、比較的に綺麗で都心のオフィスで働けることも多いのでそう言った環境で働ける事も一つの魅力だと思います。

派遣社員のデメリット

th_imasia_13952330_M

収入が安定しない

正社員のお給料は固定給ですが、派遣はほとんどのお仕事が時給制です。アルバイト同様、出勤した日、働いた時間でその月のお給料が変わります。そのため、ゴールデンウィークやお正月など連休が多い月などは月収がガクンと減ります。月々の収入にムラが生じるので安定的な収入という面だとデメリットかもしれません。

責任ある仕事を担当するチャンスが少ない

正社員と違い派遣として働く場合、業務範囲がはっきり分けられているというメリットの一方で、それ以外の仕事は業務範囲外となります。なのでスキルアップしていても責任が問われる仕事は任せられないことが起こります。責任が生じる業務では会社の社員でない派遣に任せる事は危険だと考えられてしまうからです。

どうせ派遣だし、会社の事なんてどうでもいいんでしょ?と勘違いせれてしまう事も多く簡単な雑務しか与えれない事もあります。

契約期間に限りがある

派遣のお仕事は契約期間が決まっている、つまり期間限定の働き方ので、自分がそのままその企業で仕事を続けたいと思っても、派遣先の企業の業績や景気によって、契約期間を続行しない場合もあります。これが派遣切りと呼ばれるものです。また、万が一契約期間が終了した後も、次の派遣先に困らないよう、なにかしらのスキルアップしておくことも大切です。

交通費やボーナスが出ない

派遣社員の人は交通費やボーナスが支給されない場合がほとんどです。ですが、メリットでも述べたように特殊なスキルなどを持っていれば時給や残業時間などによっては正社員より月収が高くなる可能性もあります。

このように派遣で働くには数多くのメリット、デメリットがあります。しかし、派遣社員だからといってまったく正社員や契約社員として働けないわけではありません。派遣のなかでも正社員雇用を前提とした「紹介予定派遣」というものもあります。

ちなみに「紹介予定派遣」とは?

th_imasia_13947855_M

正社員になるための「お試し期間」がある派遣社員

派遣先に直接雇用されることを前提に一定期間は派遣社員として働き、派遣期間終了時に企業と本人が合意した場合正社員か契約社員として採用される派遣方法です。派遣期間は最大で6ヵ月と定められており、大体の企業は平均3ヵ月程度に設定されていることがほとんどです。

つまり、正社員や契約社員として働く前にお試し期間があります。自分の希望に合った企業で働きたい人や良い人材を採用したいと考えている企業にとって、事前に両者が互いを見極められる点がメリットにあります。

入社前に、実際の仕事内容や企業の環境、雰囲気を体験できるため、入社後に感じがちな待遇や条件が求人票と違う!、自分の雰囲気と職場の雰囲気が合わない、自分が持っている語学やパソコンなど特殊なスキルが活かせないというギャップを少なくすることができます。

企業側も面接だけでは判定しにくいその人の人柄や普段の勤務態度を見ることができるため、採用のミスマッチを減らす事ができます。

紹介予定派遣にもデメリットあり

ですが、ここでもデメリットがあります。正社員として働けるのは双方の同意があった場合のみです。つまり自分がその企業で働く事を希望していても企業側がNGをだす、つまり振られてしまったら意味がありません。なので、この双方が合意っというのがポイントになります。ですが、まったく企業側が相手にしてくれないわけではないので正社員として働けるチャンスは多いにあると思います。

ですが、いざ派遣を始めてみようと思ってもいろんな派遣会社があってどこに登録すればいいかわからない人も多くいると思います。なので次回はおすすめの派遣会社についてまとめてみたいと思います。

UZUZがどんな求人もってるか興味ない??
UZUZの公開求人はコチラ

第2の就活を運営するUZUZは、20代に特化した就職/転職エージェントです。
公開できる求人情報は少ないものの、一覧ページを用意しました。

どの求人情報も登録不要で見ることができます。
「UZUZにはどのような求人があるか?」簡単にチェックしてみませんか?

おすすめの記事