【既卒向け】商社に漠然と興味がある方へ!商社って何してるの?

日本を代表する業界の一つで、就活性にトップクラスの人気を誇る「商社」。ダイナミックかつグローバルに働ける商社に、一度は憧れたことがある方も多いはず。でも、イメージが先行して「実際の仕事はよく分からない!」なんて方はいませんか?この記事では、商社になんとなく興味がある方に、具体的に商社を理解していただくために書きました。ぜひご覧下さい!

商社とは

世界をつなぐ商社マン

商社とは食品や石油、鉄鋼製品、化学品原料など、世の中の様々なものを取引する会社です。広範囲に及ぶ分野のものを扱う商社は「総合商社」と呼ばれ、特定の分野を扱っている商社を「専門商社」と言います。

総合商社は下記の大手7社が有名です。
三菱商事/伊藤忠商事/丸紅/三井物産/住友商事/豊田通商/双日

総合商社は「ラーメンから航空機まで」と言われるように取り扱う分野が非常に広く、日本独自の形態と言われています。ですので、海外でも「Sogo shosha」と呼ばれているのです。ちなみに、「ラーメンから航空機まで」というキャッチフレーズは三菱商事が以前使っていたフレーズです。

商社の仕事

商社マン

商社の仕事は大きく分けると「トレード」と「事業投資」に分ける事ができます。「トレード」とは、輸出入ビジネスのことです。食品や石油、鉄鋼製品など世の中の様々なものを世界中の企業と取引しています。生産者から原材料を仕入れ、ニーズのあるメーカーへ提供するのが商社の役割です。

メーカーにとって、なるべく安く、在庫リスクを減らして良い原材料を調達することは最も重要な課題です。そこで、専門知識やノウハウのある商社がメーカーに代わり、原材料を仕入れて提供しているのです。

従来の商社は「トレード」事業が中心でしたが、徐々に縮小傾向になっていきます。なぜなら、メーカーのグローバル化や情報化によって取引先の情報を得やすくなっていったために、商社を介して原材料を仕入れる必要がなくなっていたためです。そういう中で商社は、自らが事業を立ち上げたり、企業へ資本・経営参画する「事業投資」のウェイトを増やすようになっていきます。

「事業投資」のビジネスモデルは、商社が資源開発などを行う会社に投資をして事業経営に参画し、その会社の事業を大きく育てながら利益を得るというものです。「事業投資」では、商社はただ資金的な支援を行うだけではありません。原材料を供給したり、製品を販売するなど、商社ならではの強みを生かした事業展開を行っています。

おわりに

商社ビル
いかがでしたか?この記事を読んで少しでも商社の仕事について理解が深まったようでしたら、何よりです!次回は商社の勤務体系について書きたいと思います。

業界研究の関連記事
  • 髪が乱れた女性の後ろ姿
    アパレル業界はブラック!?元販売員が暴露する厳しい現実
  • consultant_business
    現役コンサルタントに聞く!コンサル業界の仕事内容は?激務って本当?【業界研究vol.1】
  • uzuz_03
    IoT化で今アツい!IT「システムコンサルタント」を業界研究
  • オフィス街に立つスーツ姿の男性
    【地方銀行&メガバンク就職ランキング】地方銀行の魅力とは?人気の理由に迫る!
  • ノートパソコンやタブレット端末を持ち寄って机に座るスーツを着た人々
    既卒のための業界解説Vol.2|公務員になるまでの採用の流れは?民間企業と公務員の併願は可能なの?
  • 高層ビルの白黒写真
    既卒のための業界解説|不動産業界がブラックと呼ばれるのは、その営業スタイルに原因がある!
おすすめの記事
日本ケイテムの製造技能職求人
その他製造業界
どのような仕事をするのか? 全国各地の生産拠点で製造や設備保全、生産管理などに関わるコアメンバーの募集になります。 幹部・幹部候補生として、...
ゼクウの総務兼カスタマーサポート職求人
事務職(総務・経理・法務・営業事務)
どのような仕事をするのか? 人材系の採用管理、業務管理システムの導入支援業務・アフターサポート 営業担当と顧客と連携をとりながらシステム導入...