【業界解説Vol.02】化学メーカー徹底研究!「研究職」「開発職」「生産現場」3つの職種の違いとは?

「化学メーカーの業界解説Vol.01」では、化学業界の概要と、各メーカーの簡単な動向について説明してきました。

では、化学メーカーに入ったらどういった職種があるのでしょうか?

今回はそのような疑問に答えるべく、下記3つの職種について説明させていただきます!

化学メーカーの職種
  1. 研究職
  2. 技術開発職
  3. 研究開発職

化学メーカーで働ける具体的な職種って何があるんだろう?

このような疑問を感じている方は、必見です!

1. 研究職

uzuz_shutterstock_368080166
その会社の収益基盤となる分野にかぎらず、次代を切り開く「新素材」「新機能製品」などの研究、開発までを担います。

  • 有機化学
  • 高分子化学
  • バイオテクノロジー

などの幅広い知識が要求される仕事です。

成果が出るまでおおむね数年~数十年かかるため、失敗してもめげない「根気強さ」が必要とされる職種であるといえるでしょう。

「研究」って書いてあるし、一人で進めるんだろうな〜

実は化学メーカーにおける研究活動は、チームで進める場合がほとんどなんです。

そのため、ある程度の「コミュニケーション能力」が求められるでしょう。

また研究成果を、経営陣ならびに学術学会で発表することもしばしばあるため、「プレゼンテーションスキル」も磨く必要があります。

研究職の魅力

  • だれも成し遂げたことないことを、さまざまなことを学びながら形にできる!
  • 常に最先端の科学技術に触れられる!

研究職の大変なところ

  • 成果が出るまでに時間がかかる(あまりに成果が見込めない場合、打ち切られることも)
  • 実力(知識、アイデア力、実験テクニック)がないとすぐに他部署に異動を命じられる

研究職の1日のスケジュール例

  1. メールチェック
  2. チームミーティング(研究の方向性を決める、研究の進捗状況を報告)
  3. レポート作成(前日の実験結果に関するレポート作成)
  4. サンプル作成(実験で使用するサンプルを作る)
  5. 実験(作成したサンプルを用いてラボ実験)

2. 技術開発職

shutterstock_579573913

研究開発によって得られた「ラボスケールの成果を生産につなげる」ための要素技術や、プロセスの開発を担う職種です。

生産設備やパイロットプラントを使って、スケールアップを行うことが求められます。

また商品開発の段階では、事業部と連携しながら客先で製品情報のヒアリングや技術サポートを行い、マーケットのニーズと向き合って、製品の設計を進めることが必要です。

「研究開発部と生産技術部の中間に位置する」ため、双方の要望にバランスよく応える必要があり、非常にコミュニケーション能力が求められる職種であるといえます。

技術開発職の魅力

  • 商品の製品化において最も重要な段階である!(やりがいがある)

技術開発職の大変なところ

  • 研究開発、生産技術部から相反する要求を受けることがある

技術開発職の1日のスケジュール例

  1. メールチェック
  2. ミーティング(技術開発の進捗状況に関する報告、トラブル報告など)
  3. 他部署あるいは顧客との打ち合わせ(他部署と進捗状況の相互チェック)
  4. パイロットプラント巡回(ラインが順調に流れているかどうか確認する)
  5. 不良解析(不良データを解析し、量産段階に持ち込むための対策をたてる)
  6. レポート作成(データ、仮説、対策などをレポートにまとめ、報告する)

3. 生産技術職

uzuz_shutterstock_576154828

「安全かつ効率的な生産」を目指し、日々の生産管理・工程改善を通して「良質な品質を作り込む役割」を担います。

新製品の製品化においては、技術開発部・エンジニアリング部とともに運転検討を重ね、生産化したら、改善の積み重ねを通して安定生産に貢献する仕事です。

工場における製造プロセスというのは、装置のちょっとした故障や外部環境(温度、湿気、etc.)などの見えにくいファクターに大きく依存します。

これらのちょっとしたファクターに瞬時に対応できるように、日頃からともに働く方々と良好な人間関係を築く必要があります。

生産技術職の魅力

  • 製品の最終品質を決める非常に大事な仕事である!
  • ちょっとしたプロセスの改善で数億円/年 単位のコストカットに貢献できる!

生産技術職の大変なところ

  • トラブルがあれば瞬時に対応しなければならない(真夜中に呼び出されることもある)
  • ちょっとした誤りや判断ミスが数億円の損失につながることもある

生産技術職:1日のスケジュール例

  1. メールチェック
  2. ミーティング(前日の結果報告、生産目標の設定など)
  3. 在庫チェック(生産に支障が出ないよう原料がストックされているかチェック)
  4. 生産ラインチェック(ラインが順調に流れているか確認、トラブルがあれば対処)
  5. 顧客と打ち合わせ(製品トラブルあるいは新製品仕様書作成に関する打ち合わせ)

次回は化学メーカーが求める人材像について

shutterstock_538278844

次回は化学メーカーが求める人材像についてお伝えします!乞うご期待!

化学メーカーで働きたい……

どんな業界なのかもう少し詳しく知りたいな〜!

そう思った方は、どうぞUZUZまでご相談ください。

登録料・相談料はすべて無料です!

UZUZってなんなの??
すっきりしている男性

「第二の就活」を運営するUZUZは、
20代に特化した就職/転職エージェントです。

創業から7年がたち、これまでサポートしてきた方は、約6万人!

もちろん、ただサポートしているだけではありません。

UZUZの実績紹介

  • ESなどの"書類通過率80%"越え
  • 面接からの"内定率85%"越え
  • 入社後1年間の"定着率90%"越え

以上のように業界内でも特に高い実績が残せている自負があります!

下のボタンより、詳しいサービス説明を見ることができるようしました。

私たちと一緒に内定を勝ち取りませんか?

おすすめの記事