就職活動を失敗するフリーターに当てはまる5つの特徴

 
こんなに頑張っているのに、なんで就職できないの!?

その就職できない原因は、もしかしたら“あなた自身”にあるのかもしれません。

そこでこの記事では、人材紹介会社だからわかる“就職に失敗しやすいフリーター”の特徴を5つにまとめました。

それぞれのパターンで具体的な対処方法も紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね!

就職に失敗するフリーターの特徴1:人の意見を聞き入れない

 
こんなことをアドバイスされたけど納得できない

 
あんなことを言われたけど、あの人は私のことをわかっていないだけだと思う!
  • 人のアドバイスを受け入れない
  • 斜めに受け取ってしまう

上記に当てはまる方は、就職に失敗してしまうかもしれません。

なぜならこのようなタイプは自己愛が強く、自分の間違いや失敗を認めない傾向があるから。

しかし企業で働くためには、周りと協力し合うことが絶対条件!

「協力」には、他人の意見を尊重したり、自分の失敗を認めたりすることが必要ですよね。

そんな協力ができない人は、チームワークを乱す恐れがあるため、企業側も採用に慎重になるんです。

もし運良く内定がもらえたとしても、自分の思い通りに事が進まないとうっぷんが溜まり、同僚と関係性が悪くなってしまう可能性も。

 
上司やメンバーとうまくいかない!

このような理由で転職を繰り返してしまう最悪のジョブホッパーになってしまうかもしれません……。

そうならないように、改善ポイントを確認しましょう!

当てはまった方の改善ポイント!

 
ついつい意地になってしまうんだよね……どうしたら良いの!?

まずは、他人のせいにして逃げてしまう自分を認めましょう。

でも決して、

「なんで他人のせいにしたんだ、自分はダメなやつだ……」

と、自分自身を責めないようにしてください。

まずはありのままの自分を認めることです。

そして、どういった場面で変な受け取り方をしてしまうのか記録しましょう。

それされあれば、「自分が意地を張ってしまうポイント」を理解できるはず。

次に、人の意見を素直に聞いてみましょう

色々と突っ込みたくなる気持ちはわかりますが、一旦は素直な気持ちで受け入れる姿勢が大切

「人の意見を取り入れること」は、「自分の視野を広げること」に繋がります。

自分の殻を破るチャンスを失わないように、柔軟に考えるように心がけていきましょう。

きっと仕事だけでなく、あなたの人生も大きく変わっていくはずです。

就職に失敗するフリーターの特徴2:受け身の姿勢

 
○○をしてってアドバイスされたからやったのに、面接に落ちた!

 
就活で次に何をしたら良いのか、わからない

このような“言われたことしかやらない”受け身なタイプも、就職に失敗する可能性があります。

指示されたことだけをなんとなーくやっているだけなので、目的意識を持たずに行動している人が多いのが特徴。

そのためこのタイプは、悪いことが起きた際に自分ごととして捉えられない傾向があります。

今までの人生で、

  • 親が勧めたから
  • 仲のよい友人が行くから

といった理由で進路先などを決めていた場合は、特に注意しましょう!

せっかく就職できたとしても、後々になって「私には合ってないかも…」と後悔するパターンになりがちです。

当てはまった方の改善ポイント!

受け身な姿勢のあなたは、まずは自分と向き合う必要があります

「受け身」ということは、人の意見に流されていることが多い証拠。

自分自身を理解していない可能性があります。

就職活動に関しては「自己分析」が有効です。

「自分のやりたい仕事は何だろう?」と、まずは自問自答してみてください

 
そんなこと言われても、何も思い浮かばない…!

こんな場合は、「自分がやっていて楽しいこと、好きなことは何だろう?」と考えてみましょう。

「友人が楽しそうだから」「学生時代に学んでいたことだから何となく」という理由ではいけませんよ

したい仕事は特にないけれど「私は○○が好き」という場合は、好きなことに関連する仕事を探してみましょう。

例えばネイルが好きであれば、ネイリストだけでなく「マニキュアを作る会社」や「機材を製造する会社」など、色々と選択肢は広がるものです。

 
うーん…でも、自分だけじゃ探しきれないなあ……
そもそもどんな仕事があるのかもよく知らないし……

という場合は、就職エージェントを利用するのがおすすめです!

就職に失敗するフリーターの特徴3:やたらとこだわりが強すぎる

 
あんな仕事で、こんな待遇で、こんな場所で仕事したいな〜!!

このように、あれもこれもと自分のこだわりを就職先に求めてしまっていませんか

例えば、

  • 外資系しか選考を受けない!
  • マスコミしか興味がない!
  • コンサルタントの仕事以外は嫌だ!

など、特定の業界・職種を絞ってしまうとその分内定を獲得しにくくなります。

もちろんプライドをもってこだわり続けることは、必ずしも悪いことではありません。

ただ、フリーターの現状を脱却し良い就職口を見つけるには、こだわりの幅を狭める必要があります

だらだらと就職活動を続けることのないように、改善ポイントをみてみましょう。

当てはまった方の改善ポイント!

正直いってどんなに素晴らしい会社でも、あなたの希望を全て満たしてくれる会社とは出会えない可能性が高いです。

そのことを理解した上で、譲れない条件やこだわりを多くても3つ程度に絞るようにしましょう。

たとえば、

  1. 業界
  2. 業務内容
  3. 会社の雰囲気
  4. 会社の規模
  5. 福利厚生
  6. 休日・休暇
  7. 勤務地
  8. 給与
  9. 事業内容
  10. 成長性

などの条件から、自分が大切にしたい項目を3つまで選ぶんです。

意外な職種に就職したことで、新しい自分を発見できる場合もありますよ。

また、就職活動を長引かせないためにも「就活の期限」を決めておくと良いでしょう。

フリーターであれば、内定を獲得するまでの期間は「3ヵ月程度」が目安。

もちろん人によって差はあるので、一概には言えません。

焦りすぎてもいけませんが、ある程度区切りを決めて集中して臨むことも必要です。

 
こだわりが多すぎて自分では取捨選択できないし、
優先順位もつけられないよ〜!

という場合は、一度就職エージェントに相談することをおすすめします。

カウンセリングを通して、あなたが本当に望んでいることが見つかるはずです。

就職に失敗するフリーターの特徴4:不満ばかりで行動に移さない

 
なんで自分ばっかり大変な思いをしてるんだろう。
あー幸せな人がうらやましい!

不満は誰しも持っているもの。

でも、不平不満を言うことしかせず、現状を変えようと行動しないタイプの方は要注意。

就職に失敗してしまう可能性が高いです。

社会や周囲への不満ばかり言っても、そこからは何も生まれませんよね。

また不満ばかり言う人は、相手にネガティブな印象を与えてしまいます。

当然、人として魅力的に写りません

不満ばかりで行動に移せないフリーターは、次の改善ポイントを実践してみましょう。

当てはまった方の改善ポイント!

まずは「不満ばかり言って何もしない自分」を自覚することから始めましょう。

ときどき、不満を言うことで何か行動した気になり満足してしまっている人がいます。

厳しい言い方ですが、不満を言うだけでは現状は何も変わりません

「結局は何もできていない自分」を認めないといけないのです。

次に、話し方を少しだけ変えてみましょう。

「○○はよくない」というような否定的な言い方をやめて、「△△をするともっとよくなる」と前向きに発言してみてください。

言い回しをネガティブからポジティブへ変えるだけで、全く印象が変わりますよね。

これを繰り返すことで、自然とポジティブ思考に変わっていきます。

「不満が言える」ということは、改善すべき点を発見できるという良い点でもあります。

相手に「不満」を言うことで自分を肯定するのではなく、本来の問題から逃げずに前向きに立ち向かう強さを持ちましょう。

就職に失敗するフリーターの特徴5:準備を全然しない人

 
就活って大変かもだけど、まあなんとかなるよね〜!

と、準備を全然しないお気楽すぎるタイプも要注意。

いきあたりばったりな対応だと、イレギュラーな状態に対応できず就活に失敗することもあります。

就職活動は、バイトの採用面接とは全く違います。

ただうわべの言葉を並べて受け答えしても、あなたが企業研究をしてこなかったことはすぐに面接官に見抜かれるものです。

このようなタイプは、次の改善ポイントを参照しましょう。

当てはまった方の改善ポイント!

準備をしないタイプの人は、何を準備すればいいのか分からないだけの場合があります。

就職活動に至っては、まずは自己分析をしてください

具体的には、

  • 自分は社会でどんな役割を果たしたいか
  • どんな働き方をしたいか
  • どんな仕事をやってみたいのか

を自問自答しましょう。

5年後、10年後にどんな人生を歩んでいたいかをイメージして、逆算していくと考えやすいですよ。

次は業界・企業選びです。

自己分析で「やりたい仕事」や「将来どうなりたいか」はぼんやり見えてきているので、業界・企業選びはスムーズにできることに気づくはず。

こんなステップで進めるのがおすすめですよ。

就職活動のステップ
  1. 求人を探す
    ハローワーク・求人サイト・就職エージェントなどを利用し、求人をチェックしましょう。
  2. 業界・企業研究
    選んだ求人の業界が今どんな状況か、今後どのような動きをしていくのか、企業同士の違いなどをみていくと良いでしょう。
  3. 書類作成や面接対策
    採用試験を受けたい企業が決まったら、応募書類を作成し面接の対策をしましょう。
    友人や家族などに相談しつつ、面接の練習相手もしてもらうといいですよ。

 
なんかやることいっぱいで大変そう…

就職エージェントであれば、書類の作成から面接対策までトータルでサポート可能です。

「ひとりで就活の準備を進めるのは苦手だな……」と思う場合は、積極的に就職エージェントを利用しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

就職活動に失敗してしまうフリーターの特徴、以下の5つをご紹介しました。

  1. 人の意見を聞き入れない
  2. 受け身の姿勢
  3. やたらとこだわりが強すぎる
  4. 不満ばかりで行動に移さない
  5. 準備を全然しない

フリーターが就職活動で成功するポイントとして、次の点を意識するとよいでしょう。

  1. 人の意見を柔軟に取り入れる
  2. ポジティブ思考になる
  3. 働くための譲れない条件を3つまで絞る
  4. 自己分析を徹底して行う
  5. 業界・企業研究を怠らないようにする

もちろん「就職活動で失敗したくない!」と努力しても、やはり自分一人の力だとうまくいかないこともあります。

なかなか周りに相談できず、悩んでしまいますよね……。

そんな時は、プロの就職エージェントを頼りましょう!

あなたの性格や長所・短所、キャリアプランに合った就職先を見つけ、内定獲得までサポートしてくれます。

UZUZではフリーター、既卒、第二新卒の就活を専門でサポートしています。

一人ひとりに合わせた約2時間の面接対策を、選考が入るたびに実施。

20代の就活を成功させるために、他社の10倍時間をかけた丁寧なサポートが特徴です!

登録・相談は完全無料

ぜひ、お気軽にご相談くださいね。

UZUZってなんなの??
すっきりしている男性

「第二の就活」を運営するUZUZは、
20代に特化した就職/転職エージェントです。

創業から7年がたち、これまでサポートしてきた方は、約6万人!

もちろん、ただサポートしているだけではありません。

UZUZの実績紹介
  • ESなどの"書類通過率80%"越え
  • 面接からの"内定率85%"越え
  • 入社後1年間の"定着率90%"越え

以上のように業界内でも特に高い実績が残せている自負があります!

下のボタンより、詳しいサービス説明を見ることができるようしました。

私たちと一緒に内定を勝ち取りませんか?

おすすめの記事