フリーターからの就職で成功する人の特徴

質問です!今、フリーターなんだけど正社員を目指そうと思っていて……。
フリーターからでも就職ってできるかな?

もちろん、フリーターからでも就職は可能です!

ただ、私たちがエージェントとして多くの人の就活に携わってきた中で、フリーターからの就職に成功する人には、4つの特徴があることがわかってきました。

そうなの?!
それってどんな特徴かな? 僕でも大丈夫?

フリーターからの就職を成功させる人の特徴は、今からでも意識を変えるだけで身につけられるものばかり

だから、誰でもきちんと意識を向ければフリーターからの就職は成功させられます。

ここでは、フリーターからの就職で成功する人の特徴と、失敗する人の特徴を解説。

具体的な就職成功事例も交えて、フリーターからの就職成功を後押しします!

フリーターからの就職を成功させる人の特徴4つ

フリーターからの就職を成功させる人の特徴は、大きく分けて4つあります。

その特徴とは、下記4つ。

  1. 本気で就職しようとしている
  2. ハンデをきちんと理解している
  3. 言い訳をせずに自分と向き合えている
  4. 将来設計をきちんと立てられている

うんうん。
なんとなく大切なんだろうなぁってことはわかるんだけど、よくわからないところもあるな〜

まずはそれぞれの特徴を持っているとどうして就職成功に近づけるのか、その理由チェックしてみましょう。

1:本気で就職しようとしている

精神論だけで就職が成功するわけではありませんが、就職に対する本気度は採用する企業側もチェックしています

本気で就職しようとしているかどうかは、事前準備や面接対策などへの姿勢に現れるためです。

たとえば、「なんとなく就職しておこうかなぁ」という中途半端な気持ちでいる人は、応募した企業についてしっかり調べることなく面接に臨んでしまうケースが多いです。

結果、「どうして弊社を受けようと思ったのですか?」という基本的な質問にも表面的な回答しかできなかったり、トンチンカンな答えを言ってしまったりします。

本気で取り組んでいる人は、

  1. しっかり自分の将来を見据える
  2. 応募企業についても調べる
  3. 「なぜその会社に入りたいのか」という理由をまとめる
  4. 面接に臨む

このような順序で万全の準備をしています。

また、面接に至るまでの過程でも本気で就職しようとしていれば、どんどんやるべきことに取り組み前に進んでいけますが、本気度が足りないとその歩みもゆっくりペースになりがち。

就職しようとしているんだけど、なかなかいいところないしうまくいかないんだ〜

なんて愚痴を言っているうちは、本気度が足りないと思ったほうがいいでしょう。

本気度は、自分の心がけ次第で変わります。

フリーターを脱したい、正社員になりたいという強い気持ちをまずは持つようにしていきましょう。

2:ハンデをきちんと理解している

フリーターであることは、新卒採用を狙う現役の学生・高校生や正社員からの転職組と比較して、ハンデを負った状態で就職に臨むことになります。

そのことをきちんと理解できているかどうかも、就職に成功するか否かに関わってくるのです。

「フリーターであること=ハンデを負っている状態」

と理解していれば、その分頑張り度合いも増やさなけれなならないこともわかっているはず。

1の「本気度」にもつながってきますが、ハンデをきちんと理解して対策を立てようとしているかどうかで就職成功までの道のりは変わってきます。

ただし、「ハンデがある=就職までの道のりは険しいものになる」ことに違いはありませんが、「就職ができない」わけではありません

ハンデがある事実は変えられませんが、ハンデを負っているとわかっていれば対策は立てられます。

まずは、フリーターであるという事実は就職活動をするうえではハンデになることを改めて自覚するようにしましょう。

3:言い訳をせずに自分と向き合えている

フリーターから就職を目指していると、

  • フリーターになった理由
  • フリーターを続けていた理由

などと向き合わなければならず、言い訳したくなるような場面はたくさん出てきます。

でも、どんなに苦しい場面に遭遇しても言い訳をせず自分と向き合えている人は就職を成功させています

言い訳をすると一見自分を守れるように思えますが、実際には現実から逃げているだけ。

今の自分、過去の自分としっかり向き合い、未来の自分を描けている人でないと就職を成功させるのは難しいでしょう。

4:将来設計をきちんと立てられている

「とにかくフリーターの状況から脱したい」という思いだけでは、就職成功は少し遠くなってしまいます。

フリーターだからこそ、将来設計をきちんと立てて

「どうなりたいから、今何が自分に必要で、どこに就職したい」

という希望をしっかり持つ必要があるのです。

遠回りに思えますが、急がば回れ。

すでにフリーターという道を辿り、新卒採用の人よりも遠回りはしてしまっているので、あと少し回り道をしても大きく変わることはありません。

むしろ、しっかり将来を見据えずに焦って就活をしてすぐに採用されたとしても、

自分には合わなかった……

こんなはずじゃなかった……

と短期離職してしまっては余計に遠回りになってしまいます。

『就職に成功する』とは、単に採用されればOKというわけではありません。

自分の未来に向けてしっかりとした一歩を踏み出せてこそ『就職成功』なのです。

フリーターから「就職の成功」を遠ざける特徴4つ

フリーターからの就職を成功させる人の4つの特徴を知ったところで、次にチェックしておきたいのが就職成功を遠ざける4つの特徴です。

4つの特徴は以下のとおり。

  1. なんとなく就職をしようとしている
  2. 気持ちがブレていて言動に一貫性がない
  3. 言い訳ばかりする
  4. ブランクが長い

成功させる人の特徴の裏返しになっていることばかりですが、該当する項目がある人は自分を見つめ直してひとつずつ就職を成功させる特徴へ変えていけるようにしましょう。

1:なんとなく就職をしようとしている

明確な目標や目的もなく、

なんとなくフリーターのままはまずいんだろうから就職したほうがいいんだろうな〜

という「甘い気持ち」のままでは、就職は遠ざかってしまいます

就職を目指しだす最初のきっかけとして「なんとなく就職をしたほうがいいんだろうな」という想いからスタートするのはもちろんOK!

ただ、その気持ちのまま就活をスタートさせて求人を探して応募し面接をしてみても、うまくいきづらいのが現実です。

なんとなく就職を意識し始めたら、その気持を「本気で就職しよう」というものに昇華する必要があります。

「なんとなく」を本気の想いに変えるためには、「なぜ就職したいのか」という自分の中の目的を明確にしていくのがおすすめです。

その目的は、

  • 安定した職につきたい
  • しっかりとした収入を得たい
  • 夢を叶えたい

でもなんでも構いません。

まずは目的や目標を設定すること。

それがなんとなく就職しようとしている気持ちを本気に変えてくれますよ。

2:気持ちがブレていて言動に一貫性がない

1にも通じるところがありますが、自分なりの目標や目的を持たずに就職活動を進めていると、言動に一貫性がなくなってしまうことが多くあります。

なんか、言ってることとやってることが違ってきちゃう……

面接で話している内容がズレちゃって、何が言いたいのか自分でもよく分からなくなっちゃった…!

いった状況に陥りやすくなるのです。

気持ちがブレると行動もブレてしまいます。

たとえば、明確に就職する目的を決めていない場合。

  1. 「しっかり収入を得られるところがいいよね」と、応募企業を絞る
  2. 「でもやっぱり収入はそこそこでも休みが多いほうがいいな」と、気持ちがブレる
  3. 絞り込みを1からやり直さなければならなくなる
  4. 結果、時間ばかりが過ぎていく……

こんなことも起こりえるのです。

気持ちを固めていれば「こうなりたい、だからこうする」と道を決めやすいだけでなく、変更も少なくなって、就職成功への道をしっかり歩めるようになるのです。

3:言い訳ばかりする

新卒の時にいろいろあって、就職できなかったから仕方なくフリーターになったんだ!

今の生活を維持するためにも、バイトは減らせないから就活に割ける時間が少なくて、だから準備もなかなかできないし……

どうせフリーターだと就職は難しいって思ったらやる気がなかなか出ないんだよね

など、現状に対して言い訳ばかりをしていては就職成功は遠いでしょう。

言い訳をするのは自分に自信がない証でもあります。

また「言い訳グセ」がついてしまうと仕事に就けても、

  • 自分で学ぼうとしなかった、聞こうとしなかったことが原因なのに……
    「失敗したのは先輩がきちんと教えてくれなかったから」と人のせいにする
  • 自分が遅刻しておいて……
    「まだこの仕事の生活に慣れていないから仕方ない」と言い訳する

このような考えで、成長の機会を失っていってしまう可能性も……!

言い訳グセは今のうちに直し、自分をしっかり見つめ直して前向きに物事を進められるようにしていくことで、就職成功も近くなっていきます。

言い訳しそうになったら、「では自分のどこが悪かったのか。何を直してどうすればいいのか」という前向きな方向に考えられるように意識していくようにしましょう。

4:ブランクが長い

フリーターからでも就職は可能ですが、ブランクが長すぎると就職は成功しづらくなっていってしまいます

おすすめは、20代のうちにフリーターから脱しておくこと。

若ければ若いほど、これからに期待してもらいやすいのでフリーターからでも就職しやすくなります。

ブランクが長くならないよう、早め早めに手を打つようにしましょう。

就職を成功させたいフリーターが最低限やっておきたい下準備とは

就職を成功させる人の特徴就職を遠ざける人の特徴

それぞれを把握したら次に取り組みたいのが下準備です。

就職成功のための下準備の中でもここでは、最低限やっておきたいこと3つをご紹介します。

就活の下準備で最低限やっておきたいこと3選
  1. 自己分析
  2. 書類対策
  3. 面接対策

自己分析

就活対策では必ず目にするのが自己分析です。

新卒時の就職活動でも必ず行うよういわれる項目ですが、フリーターからの就職時でも重要な準備となります。

なぜなら、就職を成功させる人の特徴4つ全ての基礎となるのが自己分析だからです。

また、自己分析ができていると、就職を遠ざける人の特徴から抜け出せるようにもなります。

自分を見つめ直す作業として必ず取り組むようにしましょう。

書類対策

就職の書類対策のメインは履歴書作成。

フリーターの場合、空白期間と呼ばれる最終学歴と就職までの間をきちんと書けるかどうかがカギとなってきますが、空白期間は、マイナス評価につながるともいわれています。

うまくごまかして空白期間を短くしちゃえばいんじゃない?

嘘の記述をするのはもちろんNG!

そもそもフリーターである時点で空白期間があることは企業側はわかっています

うっ……じゃあどうやって書いたらいいの?

でもどうやって書いたらいいか、自分ではわからないこともありますよね。

そんな時には、

  • ネットで書き方を調べる
  • 就活支援サービスなどを利用してプロにチェックしてもらう

などで、準備を進めるのがおすすめです。

見よう見まねでわからないまま作業を進めず、ひとつひとつ確実に準備できるようにしましょう!

面接対策

就職を成功させるために欠かせないのが面接対策です。

人前で話すのって結構得意だから大丈夫だと思ってるんだけど……

自分はコミュニケーション能力が高いと思っている人も、きちんと対策しておく必要があります。

就職の面接では、いくつか典型的な質問例があり、フリーターの場合には必ずといっていいほど聞かれるのが「なぜフリーターをしていたの?」という質問

ぐっ……! それを聞かれるとつらい!

面接では、「そこは聞いてほしくなかった」ということを突っ込まれる可能性も高いです。

そんな時に準備をしっかりしていないと、答えに詰まってしまって、就職成功を遠ざけてしまう結果に……!

そうしたら、やっぱり誰かに助けてもらうのがいいのかな?

面接対策は、書類対策以上に人の手を必要とする作業

家族や友人にお願いできればそれもひとつの手ですが、プロの手に頼る方法も検討してみましょう。

具体的な下準備の進め方はこちらの記事でもまとめています。

詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

フリーター流!就活の進め方についての記事はコチラ

フリーターから正社員へ!就職成功事例

UZUZでは、私たちのサービスを利用してフリーターから正社員への就職を成功させた人の事例をまとめてご紹介しています。

様々な事例をご紹介していますが、中でも28歳フリーターという崖っぷちからの就職を成功させたOさんの話は、参考になるだけでなく勇気ももらえるステキな例。

Oさんの就職体験談(抜粋)

高校卒業後、1年は進学もアルバイトもせずに遊んでいたOさんですが、一念発起して創業後2年目で難関私立大学に合格。

しかし、サークルやアルバイトに精を出して謳歌していた学生生活では、必修の単位を落として留年し、大学には5年通ったとか。

新卒時の就活では内定がもらえず、既卒となってフリーター生活を送っていました。

その後、フリーターとして働いていたアルバイト先でマネージャー業務までを担い、真剣に仕事をしていたOさん。

フリーターから脱却するための就職活動では「圧倒的な技術力を身につけたい」という想いを胸にITエンジニア職を目指し、最終的に見事内定を勝ち取っています。

高卒後2年のブランク、大学時代は留年、大学卒業後も2年以上のブランクという稀に見る逆境を乗り越えたOさんの事例は、「努力は報われるんだ」と思わせてくれるものですよね。

そんなOさんの就活についてまとめた記事はこちらです。

その他にもUZUZを利用してフリーターから正社員への就職を成功させた方の事例はたくさんあります。

気になる記事を読んで、「自分はどうしていけばいいかな?」と考えるきっかけにしてみませんか?

まとめ

フリーターからの就職で成功する人の4つの特徴

就職を遠ざけてしまう人の4つの特徴

それぞれチェックしてみて、自分に当てはまるものはありましたか?

成功する特徴が当てはまった方は、次のステップ就職活動の下準備へと進みましょう。

就職を遠ざけてしまう人の特徴に当てはまったなら、成功する人の特徴に変えられるよう考えを改めるきっかけとなったらうれしいです。

就活は自分との闘いでもありますが、すべて一人で頑張ろうとする必要はありません。

  • うまくいかないな……
  • 自分の力だけでは不安だな……

そんなときには私たちのようなプロの手を頼ってみてください。

一緒に就職成功という目標を目指して走っていきましょう!

UZUZってなんなの??
すっきりしている男性

「第二の就活」を運営するUZUZは、
20代に特化した就職/転職エージェントです。

創業から7年がたち、これまでサポートしてきた方は、約6万人!

もちろん、ただサポートしているだけではありません。

UZUZの実績紹介

  • ESなどの"書類通過率80%"越え
  • 面接からの"内定率85%"越え
  • 入社後1年間の"定着率90%"越え

以上のように業界内でも特に高い実績が残せている自負があります!

下のボタンより、詳しいサービス説明を見ることができるようしました。

私たちと一緒に内定を勝ち取りませんか?

おすすめの記事