フリーターからの就職は簡単?!正社員を目指すなら20代のうちがおすすめ

「フリーターが就職するのは難しそう……」

そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。

確かに、フリーターから正社員を目指すのは簡単ではなさそうに見えますよね。

でも実は「20代での就職」ならフリーターであってもさほど難しくないんです。

その理由をここでは詳しく解説していきます。

5分ほどでサラッと読めて、フリーターの就職を簡単に実現するコツも分かるので、ぜひ読んでみてください。

フリーターからでも就職は簡単?

フリーターから正社員に就職するのは簡単だと思っている椅子に座った男性
20代の方であればフリーターでも就職は比較的簡単だといえます。

その理由はおもに次の3つです。

  • 色が付いていない人材は魅力的
  • 欲しいときに採用できるフリーターは重宝される
  • まだ若く、成長するポテンシャルが期待できる

それぞれ詳しくチェックしてみましょう。

色が付いていない人材は魅力的

まだ特定の会社の“色”に染まっていない人材は、魅力的に映るケースがあります。

もちろん経験豊富で、入社してすぐに成果を出せるような即戦力人材が好まれることも多いです。

ただ、自社の文化を重視する企業や、しっかりした教育・研修によって戦力となる社員を育成しているような企業などでは、なまじ外部の慣習に長く浸った経験者よりも、まだ何にも染まっていない人材を重宝するケースもあります。

就職経験がなかったり、就職していても短期間で離職していたりする既卒フリーターは、まさにこの条件を満たしているといえますね。

欲しいときに採用できるフリーターは重宝される

新卒の場合、大学や大学院を卒業する3月を待っての入社となるため、基本的に4月入社と決まっています。

逆にいえば、4月を逃すと1年後まで入社する人材を確保するのが難しいのが新卒なんです。

とはいえ、企業を取り巻く環境は日々ものすごいスピードで変化しています。

1年を待たずに人材を補強しなければならないタイミングも少なからずあります。

その際に、時期を問わず柔軟に採用できるフリーターの存在は、企業としては非常に助かるのです。

まだ若く、成長するポテンシャルが期待できる

20代のフリーターであれば、気力・体力とも30代以上の方と比べて充実しているとされるケースも多くあります。

また、先ほども挙げたように「色」がついていないため、先入観なしに自社のビジネスや目の前の仕事に取り組むことも期待できます。

そうした人材は柔軟性があって変化にも強く、一気に成長して会社に貢献してくれる可能性があるとして、重宝されることがあるのです。

フリーターから”簡単”に就職を目指す方法1「自分を見つめ直し、目的をもって就活をする」

自分を見つめ直すために座禅を組んでいる女性
ここから、フリーターが簡単に就職を実現する具体的な方法をご紹介していきます。

まずは、「自分を見つめ直し、目的をもって就活に臨む」ということです。

これまでを振り返る

自分を見つめ直すというのは、要するに自己分析の作業ですね。

これまでの自分としっかり向き合い、自身の強みを確認したり、フリーターの道を選んだ経緯などを振り返っておきましょう。

振り返りの目的はあくまで“自分自身を深く理解する”こと。

「あのとき、どんなことを感じたのか?」「何を軸にして判断したのか?」といった自問自答を重ねていくことが大切です。

過去からの学びや自分の強みをどう生かすかを言語化する

自己分析を経て、自身の特性を把握します。

また、過去の経験や判断を振り返ることで教訓も得られると思います。

そうした学びを、「今後どのように生かしていくのか」「応募企業でどんな風に生かせそうか」などを言語化していきます。

フリーターの面接の場合、「なぜ就職せずフリーターを選んだのか?」という質問をかなりの確率で投げかけられます。

その際、面接官が納得できる説明が求められるため、まず自分自身にとって違和感なく語れるようにしておく必要があるんですね。

目的を明確にする

「何のために就職するのか?」という目的をはっきりと認識しておくことも重要です。

これは面接官への説明という要素ももちろんありますが、何より自分自身が就活をしっかりと行っていくために必要な思考の作業といえます。

就活は平均1~3ヶ月ほどかかる活動であり、気力・体力を要するハードな取り組みです。

仮にサクッと就職できるとしても、自己分析をし、企業にエントリーし、書類を書いて面接に行く日々に、気力も体力も消耗してしまうこともあると思います。

それでも負けずに続けていくためには、強い意志が必要になりますから、明確な目的・ゴールを自分の中に持っておくことが大切なのです。

フリーターから”簡単”に就職を目指す方法2「就活支援サービスを利用する」

就職支援サービスのカウンセラーと握手するフリーターの男性
簡単に就職を目指すなら、頼れるプロの力を借りるのが近道です。

ここでは、フリーターの就活サポートに強みを持つエージェントをピックアップしてみました。

JAIC(ジェイック)

JAICは、既卒・フリーターに特化した就職エージェントです。

14,000名を超える就職サポートの実績があり、入社後の定着率も94%超を誇るなど、質の高いサービスには定評があります。

7日間の無料就職支援講座を提供していて、一般的なビジネスマナーをはじめ、書類の書き方や面接のレクチャーなど、これから就活に臨むフリーターに嬉しいコンテンツが満載です。

ハタラクティブ

20代フリーター・既卒の正社員就職をサポートするハタラクティブは、実に60,000人を超える方々の就職支援を行ってきたそうです。

ハタラクティブでは、自分の特性や向いている仕事が分かる「自己発見カウンセリング」を受けることができます。

「やりたいことが分からない……」と自己分析に苦戦している方には、おすすめといえます。

第二新卒AGENTneo

第二新卒AGENTneoは、既卒・フリーターに特化した就職エージェントです。

紹介する企業を厳選している点が特徴で、第二新卒AGENTneoのスタッフが実際に訪問して職場の雰囲気や環境をチェックした企業のみを紹介しています。

UZUZ

UZUZも、既卒・フリーターに特化したサポートを行っている就職エージェントです。

「他社の10倍時間をかける」をモットーに掲げているように、どこよりも丁寧で充実した個別サポートを心がけているエージェントになります。

自身が既卒・フリーター経験者であるプロのキャリアカウンセラーが、親身になって向き合ってくれる点は利用者から高い評価を得ています。

就職活動に何らか不安のある方は、いちど気軽に相談してみるといいかもしれませんよ。

UZUZへ相談!簡単30秒登録

フリーターから”簡単”に就職を目指す方法3「素直になり真剣に取り組む」

就職するために真剣に就活をしているフリーターの男性
フリーターから就職を目指すためには、「どうせ自分なんてフリーターだし……」とマイナスの姿勢ではなく、素直に、愚直に励むことが大切です。

なぜ素直さが大切か?

先ほども触れたように、フリーターの採用を検討する企業には「特定の色に染まっていない人材が欲しい」という思いが少なからずあります。

これは裏を返せば「自社の知識やノウハウを素早く吸収できる人材」を求めているともいえます。

物事をスムーズに吸収するためには「素直さ」は必須。

素直な姿勢で取り組むことは非常に重要なんですね。

真剣に取り組むべき理由は?

中には「親に言われて仕方なく」とか「本当は就職したくないけど、生活費を稼ぐ必要があるから」といった消極的な理由で就活に取り組む方もいるでしょう。

はっきりいってしまえば、そうしたスタンスでは、いくら20代であっても内定を勝ち取るのは難しいです。

「20代のフリーターでも簡単に就職できる」ことを解説していますが、それはあくまで「一般にイメージされるよりも簡単」という意味になります。

「フリーターが新卒や中途人材よりも有利」というわけではありませんので、「絶対に内定を獲得する!」という真剣な気持ちを持って臨むことは最低限の条件ともいえます。

ポテンシャル人材としての期待

20代フリーターには「若さ」という武器があります。

若いがゆえの可能性を秘めたポテンシャルの高い人材として、20代のフリーターは大きな期待を寄せられていることも間違いないでしょう。

フリーターからの就職を簡単にするには20代のうちの行動がカギ

フリーターから正社員への就職を決めた20代の男女が笑顔で笑っている様子
フリーターの就職を簡単に実現するためには、とにかく早く、20代の間に動くことが重要です。

というのも、20代の就職活動では「未経験採用枠」を狙えるからです。

未経験採用枠とは、ポテンシャルに期待した採用に近い考えなのですが、特定の領域で仕事経験がなくても、やる気と可能性に期待して採用しようという特別枠のことです。

要するに「経験のなさは若さでカバーします!」という人材のための枠というわけですね。

フリーターには何とも嬉しい採用枠ですが、ここで注意したいのは「応募対象は30歳まで」となっているのが一般的という点です。

せっかくの未経験枠ですから、20代のうちに素早く行動を起こしてチャンスをつかんでいきましょう。

まとめ:フリーター就活の成功は「若いうちに」「プロの手を借りて」がおすすめ

フリーターが就活を成功させて朝日を見ている様子
フリーターでも、比較的簡単に就職できることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

就職活動はやはり若いほうが有利です。

とくにポテンシャル人材として企業からの期待が高く、しかも未経験枠を狙える20代で早めに動くことが重要ですね。

また、いくら若いといっても、ひとりで手探りで進めていては苦戦してしまうかもしれません。

そこでプロの転職エージェントを頼ってみることもぜひ検討してみましょう。

UZUZってなんなの??
すっきりしている男性

「第二の就活」を運営するUZUZは、
20代に特化した就職/転職エージェントです。

創業から7年がたち、これまでサポートしてきた方は、約6万人!

もちろん、ただサポートしているだけではありません。

UZUZの実績紹介

  • ESなどの"書類通過率80%"越え
  • 面接からの"内定率85%"越え
  • 入社後1年間の"定着率90%"越え

以上のように業界内でも特に高い実績が残せている自負があります!

下のボタンより、詳しいサービス説明を見ることができるようしました。

私たちと一緒に内定を勝ち取りませんか?

おすすめの記事