「そろそろ正社員になろうかな……」そう考えているフリーターも多いのではないでしょうか。

「いいかげんに就職しなよ」「いつまでフリーターを続けているんだ」などと周りに言われて、「フリーターじゃマズイかな」と思い始めているかもしれませんね。

では、どうすればフリーターでも就職できるのでしょうか。

「正社員になるのは難しそう」「就職活動と言われてもどうすれば良いのかわからない」と、悩んでしまう人もいることでしょう。

そこで今回は、フリーターが正社員になるために“就活成功者が押さえている5つのコツ”をお伝えします。

【どうすればいい?フリーターからの就職成功のコツ1】過去を振り返り自省する

フリーターが過去を振り返っている様子
まず最初に、大切なことをお伝えします。

フリーターから正社員になりたいなら、言い訳することをやめましょう。

フリーターになったことを人のせいにしたり、社会のせいにしても何も意味がありません。

また、「どうせ自分なんか」と自分を卑下しても、前に進むことはできません。

フリーターから正社員になるために大事なことは、「過去を振り返り自省すること」です。

過去を振り返ることが、自己分析の第一歩になり自分自身の人生を見つめ直すことにもつながります。

何から始めて良いかわからないという人は、「過去を振り返り自省する」、まずはここから始めてみてください。

【どうすればいい?フリーターからの就職成功のコツ2】自己分析をしよう

フリーターが自己分析をしている様子
「就職活動で大事なのは自己分析」という言葉を、あなたも聞いたことがありませんか?

就活で重要なことは、自己分析を“しっかり”行うことです。

「自己分析なんてめんどくさい」と自己分析をしなかったり、手を抜いて分析してしまったりすると正社員への道が遠くなってしまいます。

自己分析は、フリーターから正社員になるためのカギともいえる大切なものです。

フリーターが自己分析をするべき理由

自己分析は、「自分の強み」と「自分にどんな仕事が向いているか」を知るために行います。

「自分の強み」が分かれば、履歴書や面接でも、自分の何をアピールすれば良いかがわかりますよね。

また、「自分にどんな仕事が向いているか」が分かれば、「自分に合っている社風」や「やりがいを持って働ける仕事」が分かるでしょう。

自己分析を行えば、求人応募先を選ぶときにも迷わずに求人情報探しが出来るようになります。

自己分析は手を抜かないことが大切

「自己分析って本当に必要なの?適当でも良いんじゃないの?」と思っている人もいるかもしれませんね。

しかし、自己分析に手を抜いてしまうと、「応募動機」や「自己PR」にも大きな差が出てきてしまいます。

しっかりと自己分析をして考えられたものは、企業の採用担当者に効果的に伝わります。

なぜなら、「自分を客観的に見えているか」「企業研究をちゃんと行えているか」ということを、採用担当者はしっかりと見ているからです。

自己分析に手を抜かないことで、採用担当者に大きくアピールできるということを覚えておきましょう。

自己分析の方法は?

では、自己分析はどのように行なっていけば良いのでしょうか。

簡単なのは、「ノートに書き出す方法」です。

まずは、以下の3つの事柄を記述しましょう。

  • 生まれてから今までの自分の歴史
  • 人生で印象に残っているエピソード
  • 将来なりたい自分の未来像

これらをできるだけ多く書き出し「自分の強み」「どんな仕事が向いているか」を、客観的に分析してみてください。

自分の歴史や印象に残っているエピソードから導き出した「自分の強み」は、採用担当者に説得力を持って伝わるはずです。

また、自分自身を振り返り「自分が一番力を入れてきたものは何なのか」「大切にしているものは何なのか」を考えてみましょう。

自分の価値観を見直すことで「どんな仕事が向いているか」ということのヒントになるかもしれません。

【どうすればいい?フリーターからの就職成功のコツ3】“大手”にこだわるのをやめよう

大手にこだわって就職先の見つからないフリーター
フリーターから正社員になる際に「大企業に入社したい」と思う人がいるのは当然のことです。

しかし、大手の企業にこだわりすぎると就職活動が失敗してしまう恐れがあります。

大手企業の中途採用では「経験」のほか人気なので応募者が多く、ゆえに綺麗な経歴の人と比べられてしまい、書類選考の時点でお見送りになりやすい傾向にあります。

もし大手企業にこだわるなら、最初はベンチャー企業や中小企業で経験を積み大手に転職するという方法もあるでしょう。

まずは、大手に固執するのではなく高望みせず就職活動をすることを意識してください。

だからといって卑屈になる必要はありません。

今持っている自分自身のスキルや希望を冷静に判断することが必要です。

「ポテンシャル重視で採用してくれる」「人材を大切にして育ててくれる」、そんな企業への就職を目指しましょう。

【どうすればいい?フリーターからの就職成功のコツ4】就活への意欲を高めよう

就活への意欲を高めようと頑張るフリーター
フリーターから正社員になるためには、「本気で就活」をする必要があります。

つまり、「就活への意欲」が高まっていないと就職することが難しいということです。

なんとなく惰性で就活したり中途半端に就活したつもりになっていても、フリーターから抜け出すことはできません。

就職活動はきちんと対策を練って行うようにしましょう。

面接対策や企業研究をしっかりと行うことで、就活をするための”やる気”を持つことができるはずです。

今までフリーターをしていた自分を恥じることはありません。

気に病まないようにしましょう。

ただし、新卒の時とは違ってフリーターの就職が「不利」なのは間違いありません。

このような現実を受け止めて、しっかりと就活の対策を行うようにしましょう。

そうはいっても就活の対策って自分ひとりではできなかったり難しかったりしますよね。

そんな時は、就活サポートのサービスを利用しましょう。

就活サポートとは、就職活動全般についてプロからアドバイスやサポートを受けることができるサービスです。

たとえばUZUZのウズキャリのように、フリーター向けの就職サポートをおこなっている就職エージェントもあります。

専任のキャリアカウンセラーが担当として付き、就活を個別にサポートしてくれますよ。

無料でサポートを受けることができるので、まずは相談みてはいかがでしょうか。

【どうすればいい?フリーターからの就職成功のコツ5】素直になろう

素直になることを意識しているフリーター
フリーターが正社員に就職するためには「素直さ」が必要です。

あなたは「素直な人」と「わがままな人」、どちらと一緒に仕事がしたいですか?

もちろん「素直な人」だと思います。

それはフリーターを採用する企業にとっても同じこと。

フリーターは正社員として働いた職歴がないため、企業は「人物重視」で選考をおこなっています。

企業は「経験は後から身に付く」と考えており、「協調性があってこれから成長していける人かどうか」をみているのです。

仕事をする際はチームワークが必要となるシーンも多く、良好な人間関係を築ける人でないと円滑に仕事をしていくことができません。

自分が働いている会社だけでなく他の会社の人と人間関係をつくるうえでも、重要になるのが「素直さ」なのです。

では、具体的に「素直さ」とはどのようなものなのでしょうか?

シンプルに言うと、「人の意見を素直に聞くことができる」という能力のことです。

あなたが新人として入社したとしても、上司や先輩の意見を全く聞かずに自分の考えだけで仕事をしていたら、チームワークが成り立ちませんよね。

企業は、そんな自分勝手な人を入社させたいとは思っていません。

素直に意見を聞いてチームワークを構築できる人を求めています。

あなたはまだ新人なのですから、経験豊富な先輩や上司からたくさんの良いアドバイスを受けることが成長するために必要になります。

しかし、自分のやり方を曲げなかったり「自分の方がうまくできる」と思って他人の意見を素直に受け入れなかったりすると、成長できないばかりか「生意気だ」と思われて孤立してしまうでしょう。

素直に人の意見を聞き入れることができる人は、成長が早くどんどん活躍していきます。

このように、企業は「素直な人」を求めているのです。

フリーターから正社員になるためには、「素直さ」がとても重要になるということを覚えておきましょう。

まとめ

素直になり就職先を決めたフリーターがハイタッチしている様子
いかがでしたか?

フリーターから正社員に就職するための5つのコツをお伝えしました。この5つのコツを押さえておくと、これまで自分流でおこなっていた就活よりも、就職成功の確率が上がるはずです。

  1. 「過去を振り返り自省する」ことで、これまでの自分を受け入れ、言い訳することなく就職活動をおこなっていくことができます。
  2. 「自己分析をする」ことで、自分の強みや興味のあることを知り、自信をもって自己PRをおこなえるようになります。
  3. 「“大手”にこだわるのをやめる」ことで、視野が広くなり、思ってもみなかった可能性を開くことができるかもしれません。
  4. 「就活への意欲を高める」ことで、フリーターという不利な状況でも心を強くもって就職活動をしてくことができるでしょう。
  5. 「素直になる」ことで、企業から求められる人材になり、就職成功に大きく近づきます。

このように、5つのコツを押さえておくことは、あなたが就活を進めていく上で、大きな力になってくれるでしょう。

そうはいっても、フリーターの就活では「本当に自分でも就職できるのかな……」「就職活動って難しそう……」と自信を失ってしまいがちですよね。

しかし、フリーターでも就職することは十分に可能です。

実際に、フリーターから正社員に就職できた先輩たちが何人もいるのですから。

あなたは今、「就活に必要な5つのコツは分かったけど、今何をすべきなの?」と迷っていませんか?

そんな気持ちになっているなら、まずは、就職エージェントに相談してみましょう。

就職エージェントは、これまでフリーターを何人も正社員へ導いてきた「就活のプロ」です。

プロ目線であなたの悩みや不安を解決してくれるので、安心して就職活動に取り組むことができますよ。

UZUZでも「完全無料」で就職サポートを行っています。

あなたの悩みに寄り添った就活サポートを行っているので、いつでも気軽に相談してみてください。

UZUZってなんなの??
すっきりしている男性

「第二の就活」を運営するUZUZは、
20代に特化した就職/転職エージェントです。

創業から7年がたち、これまでサポートしてきた方は、約6万人!

もちろん、ただサポートしているだけではありません。

UZUZの実績紹介
  • ESなどの"書類通過率80%"越え
  • 面接からの"内定率85%"越え
  • 入社後1年間の"定着率90%"越え

以上のように業界内でも特に高い実績が残せている自負があります!

下のボタンより、詳しいサービス説明を見ることができるようしました。

私たちと一緒に内定を勝ち取りませんか?

おすすめの記事