フリーターのまま25歳を迎え、そろそろ定職につきたいと考えている方の中には、今この瞬間も「このままでは就職口がないんじゃないか」と不安に思っている方もいるのでは?

新卒至上主義の日本では、25歳までフリーターであるということに対してポジティブな印象を持つ人は多くないでしょう。

フリーターという肩書きでの就職活動に、

  • 履歴書で落ちてしまうだろう
  • 面接で経歴をうまく説明できる自信がない

とやみくもに不安になってしまう気持ちはおおいに理解ができるものです。

ただ、自分の経歴に自信が持てず就職活動そのものを諦めようと考えているなら、ちょっとお待ちを!

25歳で正社員経験がなくても、無事に就職できた方はちゃんといます!

今回の記事では、具体的な成功例をあげながら正社員就職成功への糸口を探っていこうと思います。

実際に就職できた方たちがどのような状況で、どのように就職活動を乗り越えたか、自分自身の状況を顧みながら分析していきましょう!

【就職成功事例1】2度の中退歴のある25歳既卒フリーター

正社員として働き始めた2度の中隊歴のある25歳既卒フリーターの女性
Sさんは高校を中退したのち高専に入り、さらに大学へ編入。

しかし、こちらも中退という2度の中退歴を持つ方でした。

中退後は実家に戻り、アルバイトをスタート。

やりがいはあったものの、25歳となり安定した正社員への就職を目指して初めての就職活動を開始します。

Sさんの高校中退のきっかけは、学業と部活動の両立ができなくなったこと。

2回目の大学中退は、興味のない分野の課題提出についていけなくなったことがきっかけでした。

何とか授業についていこうと努力はしたものの、結果うまく単位をとれなかったSさん。

当時の甘さは否めません。

とはいえ、Sさんは高専に入学して学び始めた電子・電気回路についての専門的な分野の勉強には非常に面白みを感じていたそうです。

高専から大学への編入も、より深く学びたいと自身で選択して決めたことでした。

好きな学問を修めたかったはずなのに、自らの甘さが足を引っ張ってしまったという事実を抱えてUZUZに相談をしてきた当時のSさん。

自信がなく、

好きな分野で就業できたら嬉しいけれど、既卒・未経験という自分が挑戦できるのか?

と、就職活動自体に後ろ向きになってしまっていました。

「就職を通して自分を変えたい」という想いはあるものの、具体的にどうしたらいいのか分からない……。

キャリアカウンセラーとの相談を通してSさんがたどり着いたのは、

憧れだけで就業を目指すことはやめて、しっかりと将来像を定めて進路を選ぶ

というマインドを手に入れることでした。

つまり、就職した後の現実もきちんと見て就職活動をするということ。

就職した先でうまくいかないことがあっても、投げ出さない努力をし続けることが、Sさん自身の自信にも繋がります。

Skypeでの面接対策を繰り返し行うことで、どんどんSさんの将来像ははっきりとしていきました。

結果Sさんは、未経験から挑戦できる機械エンジニア職への就職を手にすることができました。

第一希望だった企業の内定獲得はあくまでもスタート。

自身がそこからどのようにエンジニアとして成長していけるかを求めた結果でした。

【就職成功事例2】25歳既卒フリーターからの就職成功者に学ぶ

就職に成功し喜ぶ25歳既卒フリーターの男性
Aさんは大学院を修了後、司法試験合格を目指してフリーターをしながら勉強を続けていました。

しかしながら試験には合格できず、25歳で一般企業に就職することに。

不動産管理会社に入社後は、5年の間に2回の転職を経験しました。

何となく難しそうなイメージがある25歳からの正社員就職を成功させ、さらに条件の良い企業への転職を成功させたのです。

一体Aさんはどのように就職活動を成功させてきたのでしょうか。

その秘訣は二つあります。

一つ目は、自分を客観視するということ。

「今の自分や会社がどういったものなのか」や「何ができて何ができないのか」をありのまま把握するというのは意外と難しいことでもあります。

もう一つは、自然体であることです。

就職面接を受けていると、どうしても緊張してしまったり、自分を大きく見せようとしたりしがち。

でもAさんは、できないことや苦手なことは正直に伝えるようにしていました。

それを理由に面接で落とされてしまうことももちろんありましたが、その人間性を買ってくれる企業もあったそう。

入社後の人間関係の違和感や発言の不自由さがあることがとにかく嫌だと考えていたAさんは、正直で自然体であることが大切だといいます。

  • 自分自身を客観視することと
  • 自然体で就職活動に挑むこと

それができればその時の自分に適した職も自然と見えてくるというもの。

さらに入社後の自分のキャリアまで考えると、焦らずありのままであることが重要です。

第二新卒であれば尚更、丁寧にキャリアプランを描きたいものです。

25歳フリーターが就職に成功するために必要なこと

25歳フリーターが就職に成功するために手を差し伸べている様子
今回は、25歳までフリーターだった2人の実例を挙げながら正社員就職への成功の秘訣を探ってきました。

2人に共通していたことは、

  • 自分自身にとって適切なキャリアプランを見定めていた
  • 第二新卒ならではの面接対策が行えていた

という2つ。

秘訣を言葉にするのは簡単だけれど、実際一人で進めていくのは難しいと思う方もいることでしょう。

適切な対策を練るのに不安があるようなら、誰かに相談するのも選択肢の一つです。

相談先を探しているなら、例えば就活のプロから就活のサポートを受けることができる就職エージェント・UZUZを利用する方法もおすすめです。

UZUZはフリーターや既卒、第二新卒、ニートなど、20代の就職に特化した就職エージェント。

初回約2時間におよぶキャリアカウンセリングや、オーダーメイドの面接対策、就職に向けた各種講座や研修、ブラック企業を徹底排除した求人のご紹介、入社後のフォローなど、多岐にわたるサービスで20代の就活をサポートしています。

サービスは全て無料でご利用いただけますので、就職のことでお悩みならまずはUZUZまでお気軽にご相談ください!

UZUZってなんなの??
すっきりしている男性

「第二の就活」を運営するUZUZは、
20代に特化した就職/転職エージェントです。

創業から7年がたち、これまでサポートしてきた方は、約6万人!

もちろん、ただサポートしているだけではありません。

UZUZの実績紹介
  • ESなどの"書類通過率80%"越え
  • 面接からの"内定率85%"越え
  • 入社後1年間の"定着率90%"越え

以上のように業界内でも特に高い実績が残せている自負があります!

下のボタンより、詳しいサービス説明を見ることができるようしました。

私たちと一緒に内定を勝ち取りませんか?

おすすめの記事