フリーターの現実とは?正社員に就職するなら早いうちが有利!

「このままフリーターを続けて大丈夫なのかな……」

このようにフリーター生活に不安を感じている人も多いはず。

実際に私がフリーターをしていた頃は、「就職しなくちゃダメだよな……」という不安感が常につきまとっていました。

フリーター生活を続けている限り、不安な状態から抜け出すことは出来ないんですよね。

この記事では、そんなフリーターに待ち受けている現実を包み隠さずお伝えします。

まずは結論からお伝えしましょう。

20代のうちに正社員に就職しないと、厳しい現実が待ち受けてます。

焦っても仕方ありませんが、きっとあなたも「いつまでもフリーターをやっているわけにはいかない」と考えているはず。

この記事をきっかけに、将来のことを真剣に考えていただければと思います。

就職しないでフリーター生活を続けた末に待ち受ける現実とは?

フリーターの将来に待ち受けている現実に悲しむ女性
まず大前提として、フリーターと正社員を比べると、フリーターは損な条件で働き続けなくてはいけません。

その“フリーター生活を続けた際に待ち受ける損な条件”について、詳しくお伝えしていきます。

生涯年収が低い

フリーターは生涯年収が低いです。正社員と比べると約3倍以上もの差があるといわれています。

独立行政法人労働政策・研修機構の「ユースフル労働統計」によると、正社員で働いている人の生涯年収の平均は以下のとおりです。

学校卒業後フルタイムの正社員を続けた場合の60歳までの生涯賃金(退職金を含めない)は、男性は中学卒1億9千万円、高校卒2億1千万円、高専・短大卒2億1千万円、大学・大学院卒2億7千万円、女性は中学卒1億4千万円、高校卒1億5千万円、高専・短大卒1億8千万円、大学・大学院卒2億2千万円となる。

一方で、フリーターの生涯年収は約6,000万円~9,000万円が相場です。

では、なぜフリーターと正社員で就職した場合ではこんなにも生涯年収に差があるのでしょうか。

理由は明白。

正社員の場合、昇給やボーナスがあるのでフリーターよりも生涯年収が高くなるんです。

また、正社員は退職金もある会社が多いので、老後の安心感も違いますよね。

更に退職後の年金にも大きな差があります。

正社員の場合は、会社が保険に加入しているため厚生年金を受け取ることが出来ますが、フリーターは社会保険に加入せずに働いている人も多いのが現実。

たとえ国民年金に加入していたとしても、国民年金平均受給額は月額5万5千円程度と低いものになります。

一方正社員が加入する厚生年金は、月額14万8千円程度なんです。

【参考:厚生労働省「平成28年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」より】

正直いってフリーターの国民年金だけでは、老後の生活を十分に過ごしていくことが難しいでしょう。

あなたが「フリーターをしていて不安だ」と少しでも感じるなら、早めに正社員を目指すべきです。

年齢を重ねるごとに仕事がなくなる

20代前半くらいの若い内は、フリーターでもそこまで危機感を感じることがないかもしれませんね。

しかし、就職せずにフリーターを続けていると「年齢を重ねるごとに仕事がなくなる」という現実がやってくるのです。

なぜなら、20代であればポテンシャル重視で採用されるチャンスがありますが、30代になると「スキル」を求められるから。

30代までフリーターをしていた人材を、多くの企業は敬遠する傾向にあります。

更には、年齢が上がるほど、フリーターとしてもアルバイト先が見つかりにくくなってしまいます。

アルバイト先も“誰でも出来るスキルの必要ない仕事”ばかりになり、職場でも冷たい目で見られたり肉体的にきつい仕事を安い時給で続けなければいけません。

……これって、かなり辛い現実だと思いませんか?

だからこそ、あなたは20代のうちに正社員を目指すべきなのです。

福利厚生にも大きな差がある

フリーターと正社員では、福利厚生にも大きな差があります。

そもそも福利厚生というのは、給料以外で従業員に付与される報酬のことです。

正社員の場合は、福利厚生として「社宅」や「家賃補助」、子供が出来た時の「出産費用」や「育児休暇のような子育て制度」などがあります。
※会社によって福利厚生の内容は違います。

フリーターはこのような福利厚生を受けることが出来ません。

正社員とフリーターの待遇を比べると、圧倒的にフリーターが不利なのです。

福利厚生の充実は、働く意欲にもつながってきます。

将来的なことを考えれば、福利厚生の整った正社員になることで充実した社会人生活を送ることが出来ますよ。

結婚することが出来ない(難しい)

フリーターは収入が低く安定していません。

フリーターのままで結婚することは、非常に難しいことだといえるでしょう。

特に男性の場合、結婚するのであれば家族を養っていくことが求められます。

「お金がなくても愛の力で乗り越えられる」
「共働きをすればなんとかなるだろう」

……このように安易に考えていませんか?

女性は結婚の条件として、安定を求める傾向にあります。

そのため、男性フリーターは“恋愛対象外”という女性も多いでしょう。

また、ご両親に結婚の挨拶に行ったとしても、フリーターでは反対される可能性が高いです。

自分の子供にわざわざ苦労する可能性の高い道を歩ませたい親なんていませんよね。

将来的に結婚を考えているなら、正社員になるべきでしょう。

フリーターのまま幸せな結婚生活を送れる人は、ものすごく限られているのです。

正社員になって安定した収入基盤を確保すれば、結婚相手からも相手の両親からも信用を得られるはずです。

社会的信用がない

フリーターは「社会的信用」がありませんから、ローンを組むことが出来ません。

収入が安定していないので、賃貸契約も断られる場合だってあるんです。

一方正社員であれば、社会的な信用が格段に上がります。

あなたがマイホームを購入しようと考えた時にも、銀行からの融資を難なく取り付けることが出来るでしょう。

他にも、

  • 自動車ローン
  • 教育ローン
  • クレジットカードの審査

など、さまざまなところで「正社員の社会的信用」が利用されます。

正社員は安定した収入を得ているため、社会的な信用が高く生きるうえで安定的な基盤が整うのです。

正社員になって社会的信用を上げることは、自信を持つことにもつながります。

若い内はフリーターでもメリットがある?

脱フリーター!就職に向けて頑張る若者
若い内は、フリーターをしていてもデメリットを感じることは少ないかもしれませんね。

フリーターはシフト制で働いていることが多いため、労働時間を自分で調整することが出来ます。

ですから、「時間を調整して自由に働くことが出来る」というメリットもあるわけです。

あなたに将来の夢があったり、やりたいことがあるならフリーターという働き方をすることで、自由な時間を確保することが出来るでしょう。

また、若い内は周りにもフリーター仲間が多く楽しいフリーター生活を送ることが出来るかもしれません。

しかし、そのままズルズルとフリーター生活を続けていると、フリーターから脱出出来なくなる現実が待ち受けているのです。

なぜなら、20代のうちは正社員に就職出来るチャンスがありますが、フリーターのまま30代になってしまうと正社員への就職がとても厳しいものになるからです。

あなたが、「このままフリーターを続けていて良いのかな?」と少しでも不安に思っているなら、正社員になるための就職活動をスタートさせましょう!

現実は十分知った。フリーターが正社員に就職したメリットを教えて!

フリーターから正社員として就職に成功された女性

フリーターから正社員に就職した場合のメリットはたくさんあります。

あなたが少しでも正社員に就職することに興味を持っているなら、以下のメリットをチェックしてみてください。

生涯年収が上がる

フリーターと正社員では、収入の安定度が違います。いうまでもなく、正社員の方がはるかに安定しています。

フリーターは時給で働いていますが、正社員の場合は基本給が決められています。

体調不良で仕事を休まなくてはいけない状況でも、有給があるので収入が下がる心配がありません。

フリーターから正社員になった人で、「ボーナスがもらえるようになった」「給料が上がった」と喜んでいる人がたくさんいますよ。

結婚することが出来る

正社員であれば、結婚することになっても安定した収入があるので不安が少ないでしょう。

最近では、「結婚したいけどお金がないから結婚出来ない」というフリーターも増えてきているんです。

あなたが女性フリーターなら、経済力のある男性と結婚する方法もあるかもしれません。

しかし、男性フリーターの場合は、フリーターというだけで女性にとって恋愛対象外になることも多いんです。

もし結婚したいなら、正社員になることが一番堅実な方法だといえるでしょう。

あなた自身も、正社員になることで将来のことを真剣に考えることが出来るようになります。

世間からの目も好意的なものになり、フリーターでいることの不安や焦りも払拭されるはずですよ。

社会的信用が出来る

正社員になることで「社会的信用」を得ることが出来ます。

将来的に「家庭を持ちたい」と考えているなら、社会的信用はとても大事になってくるでしょう。

ライフイベントとして、車やマイホームを購入したり子供のために教育ローンが必要になることもあると思います。

そのような時に「社会的信用」がないと、ローンを組むことが出来ません。

正社員なら、収入が安定しているため「社会的信用」が高いです。

将来のことを考えれば、「社会的な信用」が高い正社員になることは大きなメリットがあります。

自信がつく

フリーターから正社員になることのメリットとして「自信がつく」ということが挙げられます。

フリーターは世間的な評価も低く、劣等感を抱きがち。

親や親戚が集まるような場所で、惨めな気持ちになってしまうこともあるのではないでしょうか。

正社員になれば、世間体が良くなります。

堂々と「きちんと働いているよ」と言うことが出来るのです。

フリーターを長く続けてしまうと、年齢にふさわしい仕事をしていくことが出来ません。

同年代の正社員に就職した仲間とは、どんどん「社会人経験」の差が開いていきます。

フリーターの不安や劣等感は、正社員になることで解消することが出来るのです。

フリーターを辞めて就職する現実的な方法とは?

フリーターから正社員になる現実的な方法について話し合う男女
この記事を読んでいる方は、「フリーターから正社員になることは簡単じゃないし、無理だよ」と感じているかもしれませんね。

もちろん、簡単だとは言えません。

それでも思い切って決断し、若い内に就職活動を開始することが大切なんです。
そんな不安を抱えたフリーターにおすすめな現実的な就職方法は、就職エージェントに相談することです。

就職エージェントは、求職者を求めている企業とあなたをつなげてくれる橋渡しの役目をしてくれます。

就職エージェントのUZUZなら、

  • 優良企業の正社員になるチャンスが生まれる
  • 応募書類の添削を受けられる
  • 面接に関する適切なアドバイスが受けられる
  • ただ就職するだけでなく、自分のキャリアプランについて考えられる

上記すべてを無料で受けることが出来ます。

「一人ぼっちの就職活動」は不安ですが、UZUZのキャリアカウンセラーと二人三脚で行う就職活動はとても心強いですよ!

UZUZってなんなの??
すっきりしている男性

「第二の就活」を運営するUZUZは、
20代に特化した就職/転職エージェントです。

創業から7年がたち、これまでサポートしてきた方は、約6万人!

もちろん、ただサポートしているだけではありません。

UZUZの実績紹介

  • ESなどの"書類通過率80%"越え
  • 面接からの"内定率85%"越え
  • 入社後1年間の"定着率90%"越え

以上のように業界内でも特に高い実績が残せている自負があります!

下のボタンより、詳しいサービス説明を見ることができるようしました。

私たちと一緒に内定を勝ち取りませんか?

おすすめの記事