20代の第二新卒・既卒・フリーター向け就職/転職サイト

アフターコロナの就職/転職はお任せあれ!
テレビ通話・お電話でのキャリア相談を実施しています

転職のプロが教える!第二新卒の自己PRの考え方・作り方と注意点

第二新卒の自己PRの作り方
この記事は、人材紹介会社社長の岡本が監修しました。
岡本のプロフィールはコチラ

うわぁ~!もうだめだぁ~!!

ど、どうしました!?

面接の時に話す自己PRを考えてるんだけど、何も思い浮かばないんだよぉ~。PRすることなんて僕には何もないよぉ……。

面接の際、かなりの高確率で投げかけられる「自己PRをお願いします」という言葉。

中には「そんなの楽勝だぜ!」という人もいるでしょう。

しかし、多くの人は「アピールすることがない」「話を盛りすぎてるって思われそう」など、なかなかすんなりと思い浮かばないのではないでしょうか。

特に第二新卒の場合は、短期離職をしているという後ろめたさのようなものもあり、なかなか堂々と自己PRするのは難しいですよね。

そこで今回は、第二新卒の面接にスポットを当て、自己PRの作り方はもちろん、面接官がチェックしているポイントなどもご紹介していきたいと思います!

さらに今回は自己PRを考える際に使えるテンプレートもご用意しています。
ぜひテンプレートも活用しながら自分だけの自己PRを作ってみてくださいね!

テンプレートとか助かるわ~!

この記事のまとめ

  • 第二新卒の自己PRでは「経験をこれからどう生かすか」が見られている
  • 自己PRを考える際は、まずは「結果」から考える
  • 面接官を惹き付けるため、エピソードにはストーリー性を持たせる

第二新卒向け転職エージェントなら「ウズキャリ」の検討も是非!

ウズキャリのおすすめPOINT

  • ニート・フリーター・既卒・第二新卒などの20代に特化
  • 経歴書の書き方や自己PRの考え方まで完全無料で伝授
  • 就職内定率は86%!入社後定着率は96.8%!

面接官は第二新卒の自己PRで何をチェックしているのか?

そもそも自己PRって何のためにするの?履歴書だけでだいたいわかんない??

そんなことはありませんよ!面接官は自己PRで応募者のもっと深い部分も見ているんです!

自己PRを考えようとした際に、「華々しい経歴」や「誰にも負けない強味」をアピールしなければ!と考える人は多いかと思いますが、実はそんな必要はありません。

面接官が自己PRで知りたいのは、主に次のような点です。

  • これまでどんなことがあって、それをどうやって乗り越えてきたか
  • 入社後、問題にぶつかった時、問題を乗り越えられる力を持っているか
  • 基本的なものの考え方が自社の社風に合っているか

もし前職で何か華々しい経歴を残せていたなら、それをアピールするに越したことはありません。

しかし、第二新卒の場合は短期離職者が多いため、そのような経歴を残せていないことがほとんどでしょう。

そのため、実は面接官も第二新卒に対して華々しい経歴などは求めておらず、ポテンシャルや熱意、つまり「これからのこと」に注目していることがほとんどです。

大切なことは「どのように伝えるか」ということ。

自己PRでは、それが例えほんの些細なことでも、伝え方次第であなたの「深い部分」を知ってもらえるチャンスに変わるのです。

第二新卒の自己PRの作り方と伝え方

強力なエピソードがなくても、伝え方を考えればいいならなんとかなるかも!

そうなんです。話す順番を整えるだけでも自己PRはぐっと良くなりますよ!

漫才、コント、落語、ドラマなど、私たちの日々の生活の中にも、話の最後に「なるほど、そういうことか!」と思ったり、「最後にうまいことまとまったな~」と感じることがありますよね。

自己PRもそれと同じで、何からどう伝えるかという構成を整えるだけで、相手の心に残る話に変えることができます。

ということで、ここからは早速、自己PRの作り方についてお伝えしていきたいと思います。

まずは骨組みとなる「話す順番」をお伝えし、次に、それぞれの項目の考え方や作り方について詳しく解説していきます。

自己PRの伝え方・話す順番

まず、意外かもしれませんが、自己PRの内容を考える前に、話す順番をおさえておきましょう。

自己PRの際に話す順番

  1. タイトル
  2. 前置き
  3. 課題(問題)+決意
  4. 具体的な解決策
  5. 結果
  6. タイトルを繰り返す

えっ、早速だけど1の「タイトル」って何?いきなりハードル高いんだけど!

「タイトル」と聞くとなんだか大袈裟に感じてしまうかもしれませんが、要は「私は◯◯な人です」「私の強みは△△です」といったことです。

映画や本のタイトルのようなものではないので安心してください(笑)

次に、2の前置きは、1のタイトルについて説明するにあたって「どんな話をするか」といった概要で、詳細については後ほど解説します。

そして3はエピソードにストーリー性を持たせるための課題(問題)と、それをどうしたいと思ったかという決意についてです。

こちらも後ほど詳しく解説しますが、この課題(問題)があることで面接官に関心を持たせることができます。

4は、読んで字のごとく、3の課題(問題)に対して自分がどのようなことをしてみたのか、そしてその結果どうなったかというのが5になります。

最後はまた締めとして1のタイトルを繰り返して終了です。

おっ、なんだか簡単に作れそうな気がしてきた!

それでは次はそれぞれの項目の考え方や作り方について詳しく解説していきましょう!

STEP1:最初に考えるのは最後の「結果」から

よし、じゃあ1のタイトルから早速作っていくぞ!

ちょっと待った!タイトルは後で考えましょう!

自己PRの際に話す順番は最初にお伝えしたとおりですが、作る順番については1から順でなくても構いません。

なぜなら、最初に「私はどんな人間かな」「私の強みって何かな」と考えるよりも、一連のストーリーを作った後にそれに見合ったタイトルを考える方が楽だからです。

ということで、まずは自分の残した「5.結果」を、次の2つを意識して探してみましょう。

  • 客観的に「すごい」と思われやすそうなこと
  • 数字で表現できること

たしかにこういう結果があると相手には伝わりやすそうだけど、そう言われてもなぁ……。

第二新卒の場合は特に、「前職で結果を出せてないし」「学生時代の話を今さらしても」といった感じで、わかりやすい結果を考えることも難しいと思います。

そのため、どうしても思い浮かばないという場合は、次のような結果はないか思い出してみてください。

  • 電話で話すことが苦手だったが、今では全く苦痛に感じなくなった
  • 前職でお客さんから◯◯と感謝の言葉をもらった
  • 前職の在職中(転職活動中)に◯◯の資格をとった
  • インスタのフォロワー数を◯ヵ月で△人まで増やした
  • オンラインゲームで◯万人中△位になった

おっ、このレベルなら何かしら出てきそう!

今はあくまでも練習。

自己PRを一発で仕上げる必要は全くないので、最近の出来事などを振り返って、「話が膨らみそうなこと」や「仕事に繋げられそうなこと」を探してみてください。

STEP2:具体的な解決策を思い出す

結果を見つけることができたら、次は「4.具体的な解決策」について考えます。

ここでは、「5.結果」のために自分がとった行動を3つほど挙げてみましょう。

気付いたらインスタのフォロワーがいきなり増えた場合とかは、なんて言ったらいいの??

例えば友達に「なんで増えたと思う?」って聞いてみるのもアリですね。

「自分で考えてもなぜ解決したのかわからない」という場合でも、第三者の客観的な視点からだと答えがはっきりする場合もあります。

「やっぱりよくわからなかった」という場合は、一つ前の「5.結果」に戻ってみるのも良いでしょう。

ここでは例として、「5.結果」を「電話で話すことが苦手だったが、今では全く苦痛に感じなくなった」と仮定して、具体的な解決策を3つ挙げてみます。

  1. 電話をとらないことには始まらないので、誰よりも早く電話をとるように心掛けた
  2. 自分から電話をかける時は、あらかじめ話す内容をまとめておいた
  3. 電話で相手に顔が見えなくても笑顔で話すことを意識した

おっ、いいね!こんな感じなら第二新卒でも前職の経験から引っ張ってこれそう!

ここまで出来ればあと少しです!頑張りましょう!!

STEP3:課題と決意を考える

次は「3.課題(問題)+決意」です。

ここは先にお伝えしたとおり、エピソードにストーリー性を持たせるための重要な部分です。

映画やドラマと同じで、物語には課題や問題が合った方が話に深みが出て盛り上がりますし、「それでそれで?」と話を聞く側に関心を持たせることができます。

先ほどの「電話をとるのが苦手」の例の場合であれば、次のような課題と決意が考えられます。

課題:
学生時代はLINEやTwitterでのやりとりが中心で、電話を使うことがほとんどありませんでした。しかし、就職先では電話を使うことが当たり前で、入社当初は電話を取ることも怖く、何をどう話していいのかもわかりませんでした。
決意:
電話応対をきちんとできるようにならなければ、職場の人たちにもお客様にも迷惑をかけることになるので、電話への苦手意識を克服しよう!と決意しました。

先に解決策を考えてたから、ここを考えるのは結構簡単かも!

STEP4.前置きで予告をする

ここまで来るとあともう少し!「2.前置き」を考えましょう!

前置きは、要は「私はこれからこんな話をしますよ」という予告のようなもの。

この前置きを飛ばして詳しい話を始めてしまうと、「なんだなんだ?いきなり語り始めたぞ!?」と面接官を混乱させてしまうことになってしまいます

そのため、前置きを考える場合は、友達に「ちょっとこの間◯◯と△△に行った話なんだけど、聞いてくれる?」と話しかけるようなイメージで、端的に概要を表現してみましょう。

なお、「電話をとるのが苦手」の例であれば、次のような形になります。

私は前職で営業事務として、約2年間、◯◯や電話応対などの業務をしていました。

第二新卒の場合は基本的に短期離職になるため、期間を入れることは難しいかもしれませんが、少しでも長く勤務していたことをここでアピールしておくとプラスの印象を与えることができます。

例えば1年以上など、在職期間が数ヶ月などの超短期離職でなければ、勤務していた期間を入れておくのも良いでしょう。

STEP5:最後はタイトルの繰り返し

最後は、「1.タイトル」と「6.タイトルを繰り返す」についてです。

これまでのエピソードをもとに「私は◯◯な人です」という部分を考えてみましょう。

ポイントはあくまでもエピソードをもとにした「私は◯◯な人です」を考えるのであって、エピソードとは関係ない部分の自分については考えないことです。

人は誰でも色々な側面を持っているため、ここで自分という人間のあらゆる側面をひと言で表そうとする必要はありません。

そして、ここまでご紹介してきた「電話をとるのが苦手」の例であれば、次のようなタイトルが考えられます。

1.私は、自分が苦手と感じたことでも、自ら克服しようと立ち向かっていくことができます。
6.このように、最初は苦痛に感じていることでも、自ら解決方法を考え、克服できるまで取り組み続けられることが私の自己PRです。

なお、ここまでご紹介してきた自己PRの作り方やポイントについてはこちらの動画でも解説していますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

第二新卒の自己PR「作成時」の注意点3つ

テンプレートがあれば自己PRで悩むことはもうなさそう!色々なパターンで考えてみるよ!

そうですね!1種類だけ作って終わりではなく、いくつか考えておいて、応募する会社に合わせて選ぶのもアリですね!

ここまで自己PRの作り方を解説してきましたが、ここからは自己PRを作る際に注意しておきたいポイントをご紹介しておきたいと思います!

1.一つの自己PRに使うエピソードは一つまで

自己PRを作る際にありがちなことが、一つの自己PRに「◯◯と△△と□□を頑張った」というように、いくつもエピソードを盛り込んでしまうことです。

エピソードが豊富にあることは良いですが、一つの自己PRに色々な情報を盛り込んでしまうと、反対に内容がぼやけてしまいがちです。

そのため、基本的に一つの自己PRには一つのエピソードを入れることにして、その中で、「目標を達成するためにAやBやCを行った」といったように、具体的な解決策を濃いめに盛り込むようにしましょう。

2.問題を解決した具体的な話が必要

自己PRの「結果」の部分では、「◯◯といった考え方ができるようになった」といった話を持って来る人が少なくありません。

しかし、この場合は具体的に「◯◯ができるようになった」といったことを示すようにしましょう。

なぜなら、面接官によっては「◯◯といった考え方ができるようになった」だけでは、「考えただけであって、結果は出せてないよね」と捉えられてしまうことがあるからです。

考え方やモノの見方が変わることは決して悪いことではなく、むしろ視野が広がる良いことです。

しかし、自己PRの場面においては、説得力を持たせるために結果がきちんと示せるエピソードを選びましょう。

3.客観的に「いいね」と思ってもらえそうなエピソードを選ぶ

例えば、自分がすごく頑張ったのに結果が出せなかったことと、それほど頑張ったつもりはないのになぜか良い結果が出たという2つのエピソードがあるとします。

自己PRでは、自分が色々と頑張ったエピソードのある前者について語りたくなってしまいますが、もし後者の結果が客観的に見て評価されるのであれば、自己PRには後者を選ぶようにしましょう。

その時、「具体的な解決策」が特に思い浮かばない場合は、先の「4.具体的な解決策」で解説したように、第三者に「どうして良い結果が出せたか」について聞いてみましょう。

自己PRでは結果のインパクトの強さも重視すると良いです!

書類で自己PRを「書く時」の注意点4つ

自己PRは面接だけではなく、エントリーシートなどの書類に記載することも少なくありません。

書類で自己PRを書く場合は次の点を意識してみると相手に伝わりやすい文章になります。

1.なくても伝わる部分は削る

特に文章を普段書き慣れていない人の場合、自己PRを書く時は、最初から綺麗にまとめようとすると時間だけがかかってしまい、最後まで形になりません。

そのような場合は、まずは書きたいことをどんどん書いてしまい、全て書き終わったら読み返して、その言葉がなくても相手に伝わると思う部分は削っていきましょう。

その際、一つの文には一つの内容、一文はなるべく短くすることを意識してみると良いでしょう。

2.数字を入れるなど具体的に表現する

説得力のある文章にするためには、数字などの具体的なデータを入れることが効果的です。

数字で表現できない場合は、実際に言われた言葉や、その時の情景などを詳細に書いてみるのも一つの手です。

また、自分は理解していても、相手には伝わらない言葉もありますので、専門用語やビジネス用語などをわざわざ用いることは避け、誰にでも伝わりやすい言葉を選びましょう。

3.数字は半角に統一するなど、「表記ゆれ」をなくす

数字が全角と半角になっていたり、「出来る/できる」や「◯ヵ月/◯ヶ月」など、同じ意味ではあるものの、二つの表記が混じってしまっている「表記ゆれ」も起こりがちなミスです。

Wordの「検索」や「置換」などの機能を使ったり、何度も文章を読み返してチェックするだけでも「表記ゆれ」は随分解消されます。

4.声に出して読む

読みやすい文章は、声に出して読んだ時も流れるようにスムーズに読むことができます。

自己PRがひととおり書けたら、実際に声に出して読んでみるか、難しい場合は心の中で声に出して読んでみましょう。

また、Wordの「音声読み上げ」などの機能を使って、第三者が読み上げる文章を聞いてみることで誤字や脱字に気付くことも少なくありません。

自己PRやその他のよくある質問

では最後に、自己PRや第二新卒ならではのよくある質問についてお答えしていきたいと思います!

Q1.履歴書で書いた内容と、面接で話す内容は変わっても大丈夫?

結論から言うと、大丈夫です!

ただし、万が一面接で「履歴書に書いてあることと違うけど、何で?」と聞かれた際には、その理由をきちんと伝えられるようにしておく必要はあります。

また、エピソードが違うものになる程度なら許容範囲内ですが、言っていることが180度違うような変え方は避けましょう

また、履歴書に書いてある内容にも質問で深掘りされたら答えられるよう準備しておくことも大切です。

Q2.第二新卒だけど学生時代のエピソードなどを使っても良いの?

入社後数週間や数ヶ月で退職したような超短期離職の場合は、学生時代のエピソードを使っても全く問題ありません。

しかし、第二新卒ですでに入社後2年~3年程度経っている場合は、なるべくその会社の在職中に起こったことをエピソードにすることをおすすめします。

というのも「その会社で何も学ばなかったの?」と思われてしまうこともあるからです。

2~3年在職していれば、社会人としての基本的なマナーなども身に付いている状態なので、むしろビジネスマンだからこその経験を積極的にアピールしていきましょう。

Q3.PRできることが本当にない…

第二新卒の場合は「短期離職してしまったし、自分は駄目だ」と自分に自信を持てなくなっている人も多いでしょう。

そんな時は、友達や家族、知人など、周りの人に相談してみることをおすすめします。

すると、自分では思ってもみなかったようなことを褒められたりすることがあるはずです。

「そんなこと恥ずかしくて周りの人には聞けない……」という人は、転職のプロであるキャリアカウンセラーと話してみるのも一つの手です。

例えば転職エージェントのウズキャリでも、無料でキャリアカウンセリングを受けることが可能です。

キャリアカウンセラーならきっとあなたの魅力を引き出してくれるはずですよ!

Q4.退職理由や志望動機もよくわからない

第二新卒では、これといってはっきりとした理由がなく退職してしまった人や、応募したい企業はあっても、退職理由から志望動機にうまく結び付けられなかったりする人も多いものです。

退職理由や志望動機の考え方についてはこちらの動画で詳しく解説していますので、ぜひチェックしてみてくださいね!
→ひろさんチャンネル「【高評価97.8%完全版】受かる志望動機の作り方を人材社長が徹底解説」

ここまで、第二新卒向けの自己PRの作り方や注意点などについて解説してきました。

とはいえ、「一人で自己PRを考えるのは不安」「本当に何も思い浮かばない、無理!」という人もいると思います。

そんな時はぜひウズキャリのキャリアカウンセラーにご相談ください。

ウズキャリは第二新卒をはじめ、既卒やフリーターなど、20代の就活に特化した転職エージェントです。

しかも、ウズキャリのキャリアカウンセラーは第二新卒出身者が多く在籍しているので、第二新卒ならではのお悩みもしっかりサポートします。

登録は簡単、利用料は全て無料ですので、ぜひお気軽にご相談ください!

第二新卒向け転職エージェントなら「ウズキャリ」の検討も是非!

ウズキャリのおすすめPOINT

  • ニート・フリーター・既卒・第二新卒などの20代に特化
  • 紹介する求人はブラック企業を徹底排除しているので安心
  • 就職内定率は86%!入社後定着率は96.8%!

UZUZってなんなの??

みなさん、はじめまして!「第二の就活」を運営している「UZUZ」といいます。

私たちは20代に特化した就職・転職エージェント

  • 経歴だけで判断しない“あなたの強み”が活かせる求人紹介
  • プロだからわかる就活情報の提供
  • あなただけのオーダメイド面接対策

などなど、モットーは“手厚すぎる就活サポート”です。
内定をゴールにせず「就職後も生き生きと働けること」を大切に年間約15,000人のキャリア相談に乗っています。

おかげさまで創業以来

  • 書類選考通過率87%以上
  • 就職・転職成功率86%以上
  • 入社後の定着率95%以上
UZUZってなんなの??

業界でも高い数字を維持することができています!

もし今あなたが就職や転職に悩みを抱えているならぜひ私たちにお手伝いさせてもらえませんか?

どんなことでも、全力でサポートいたします!

Page Top