20代の第二新卒・既卒・フリーター向け就職/転職サイト

アフターコロナの就職/転職はお任せあれ!
テレビ通話・お電話でのキャリア相談を実施しています

成功?失敗?20代前半の転職で明暗が分かれる理由【プロ解説】

20代前半の転職で明暗が分かれるポイント

なんだか最近仕事のモチベが上がんない……

新卒で入社して数年も経つと、仕事や社会人としての生活にも少し慣れてきて、いわば「中だるみ」の状態になることも。

さらに、新卒で入社後3年以内に離職する人の割合は約3割とも言われており、同期の中には転職をする人も出てくる頃です。

  • 仕事を知れば知るほど自分のイメージと違う気がしてきた
  • とりあえず会社には行ってるけど、正直仕事に面白さを感じない

などの気持ちから、「自分はこのままこの会社で働き続けるべき?」といった悩みを持ち始めるのもこの年齢。

20代前半なら年齢も若いし、“ポテンシャル採用”とかで未経験の職種にも転職しやすいイメージがあるし!

たしかにそうなんですが、「安易に転職をして大失敗!」なんてこともあるので注意は必要ですよ!

そうなんだ。どうしよう、悩む~

気になる20代前半での転職

今がチャンスではあるけれど、転職するからには絶対に成功させたいですよね。

そこで、この記事では、

  • 20代前半の転職事情
  • 20代前半の転職で「成功する人」と「失敗する人」の違い
  • 20代前半での転職を考える時のポイント

などを徹底的に解説していきたいと思います!

まずは20代前半の転職の“強み”を理解しよう

 

アフロマンは、20代前半の強みってなんだと思う?

そりゃあ、やっぱり若さでしょ!伸びしろ的な?

20代前半というと、大卒の場合も高卒の場合も働きはじめてからまだ数年しか経っていない人がほとんどのはずです。

そのため、はっきり言って企業側は、スキルや実績についてはそれほど期待をしていません。

えっ!じゃあ何を見て採用しているの?

20代前半の人たちには次のような魅力を感じているため、積極的に採用しようとする傾向があります。

  • 待遇面などではなく「仕事そのもの」に対する熱意がある
  • 素直で柔軟性や吸収力がある
  • 体力がありフットワークが軽い
  • 社会人経験がある場合、社会人としての基本的なマナーなどが身に付いている

若いってだけでこんなにメリットがたくさんあるんですから、お得ですよね~。

つまり、20代前半での転職を考える場合は、少し社会人経験があるからと「こんな経験や実績がある」「即戦力になる」といったアピールをするよりも、

  • 自分はこの会社で自分のこんな能力を活かしたい
  • 自分は仕事に対してこんな姿勢で向き合いたい

など、「自分はこの企業にハマる!」というアピールをすることの方が大切といえます。

とはいえ、いくら転職に有利な20代前半とはいえ、「企業に合わせて自分のポテンシャルをアピールすれば無敵!」というわけではないので要注意!

な、なんだよ……。若いだけじゃダメなのかよ~

残念ながら、そうなんです。

20代前半であっても、転職に「成功する人」と「失敗する人」には「ある違い」があるんです。

では、次の項目ではその「違い」について詳しく解説していきましょう!

20代前半の転職を成功させる鍵は「転職後の業界・職種」にあり

20代前半なら「本気出せば転職は余裕かな」って思ってたけど、そうでもないんだね

若い方が有利なのは間違いないんですけどね

先ほどもお伝えした通り、企業にとって20代前半の人を採用することにはメリットも多く、ポテンシャル採用をされる可能性も最も高い年代であるといえます。

でも実は、20代前半の転職成功を大きく左右するのは「どんな業界・業種に転職したいか」なんです。

ん?どういうこと??

転職を考える場合は、基本的に次の4つのパターンが考えられますよね。

  1. 同じ業界、違う職種で働きたい
    (例:サービス業界の営業職 → 企画職)
  2. 同じ業界、同じ職種で働きたい
    (例:小売業界の販売職 → 販売職)
  3. 違う業界、同じ職種で働きたい
    (例:不動産業界の営業職 → 保険業界の営業職)
  4. 違う業界、違う職種で働きたい
    (例:建設業界の事務職 → IT業界の開発職)

なるほど!「転職して芸能人になりたい!」なら4だね!

え?あ、はい、まぁそうなりますね、なれるかは別として

このように、

  • 自分は今、どの業界のどんな職種で働いているのか
  • 自分はこれから、どの業界のどんな職種で働きたいのか

という2点によって、転職に「成功しやすい」「失敗しやすい」は違ってきます。

ここからは、上記の1~4のパターンそれぞれの「成功しやすさ」「失敗しやすさ」とその理由について見ていきましょう。

1:20代前半の転職で「同じ業界、違う職種で働きたい」人

220代前半の転職で、同じ業界・違う職種で働きたい人

この業界は好きなんだけど、営業じゃなくて企画とかをやってみたいんだよな~

といったように「同じ業界がいいけど、違う職種で働きたい」という人の場合は、20代前半での転職を考えるのではなく、まずは同じ会社内で部署移動ができないかを上司に相談してみることをおすすめします。

その理由としては、「同じ業界」であるがゆえに、

  • 「横のつながり」が深く、転職後も仕事で関わることがあるなど、自分の情報が筒抜けになることがある
  • 前職での仕事内容がどんなものだったか把握されやすく、「この仕事も中途半端だったのに、うちの仕事ができるの?」などと思われる可能性がある
  • 別の会社で一から挑戦するよりも、同じ会社の方が内情を理解しているので条件が通りやすい

といったことが考えられるからです。

仮に将来転職をすることになっても、同じ会社である程度長く働いて経験を積んでおいた方が転職には有利ですしね!

もちろん、上司に部署移動について相談するのであれば、上司を納得させられるだけの理由や説明をしっかりと準備しておくことも必要です。

その結果、部署異動がどうしても難しいようであれば、本格的に転職を考えてみると良いでしょう。

上司に相談する際は「この会社で働き続けたい気持ちは強いけど……」と強くアピールすると想いが伝わりやすいかもしれませんよ!

2&3:20代前半の転職で「同じ業界、同じ職種で働きたい」「違う業界、同じ職種で働きたい」人

220代前半の転職で、違う業界・同じ職種で働きたい人

俺は販売の仕事がメッチャ好きなんだよ!!でも今の会社はちょっと違うんだよ

このように、「とにかく同じ職種で働き続けたい」という人で、すでに現在の職場で何らかの結果を出しているのであれば、転職先の業界が同じでも違っていても、転職は成功するはずです。

一方、何らかの結果をまだ出していないのなら転職はおすすめしません。

その理由としては、「同じ職種」であるがゆえに、

  • 「好きな職種なら同じ職場で頑張れないの?」と思われる
  • 「なぜ結果を出していないうちから転職しようとしているの?」と思われる
  • 実績がないと自分自身も面接などで自信が持ちにくく、アピールポイントにも欠ける

などのマイナスイメージを与えやすいからです。

まだ今の会社で実績や何らかの結果が残せていないのであれば、

  1. 「売上〇〇円」など、自分に自信が持てるくらいの目標を決める
  2. 目標に向けて、気持ちだけではなく、面接時に具体的に説明ができるような努力をする
  3. 目標を達成してから、もう一度転職について考えてみる

といったステップで、もう少し今の会社で頑張ってみることを考えてみましょう。

経験を積み、結果を出しておけば20代後半であっても転職はスムーズにできます。

また、今は「違う職場で働きたいな」と思っていても、目標を達成した頃には待遇面や周囲の反応などが変わり、今とは違った心境になっているかもしれません。

一時の感情に流されず、トータルでどちらが自分にプラスになるかを考えてみてください!

4:20代前半の転職で「違う業界、違う職種で働きたい」人

220代前半の転職で、違う業界・違う職種で働きたい人

俺が本当にやりたい仕事はこれじゃない!新たなフィールドで出直したい!!

もはや「転職は当たり前」ともいえる今。

社会人となりこれまで関わることのなかったタイプの人に出会ったり、様々な経験を重ねていくうちに「違う業界、違う職で働きたい!」と考える人も決して少なくありません。

もし、全く未経験の業界・職種に転職したいと考えるのであれば、20代前半のなるべく早い段階での転職がおすすめです。

未経験OKの求人数

参考:「20代女性が転職する前に知っておくべきこと」

なぜなら、上記の参考データからもわかるように、「未経験OK」の仕事は年齢を重ねるごとに減少する傾向にあります。

また、20代では主に「ポテンシャル」が重要視されていた転職市場も、30代になってくると「経験値」や「即戦力」が重要視されるようになってくるのです。

慎重に考えて行動することももちろん大切ですが、熟考している間にも時は流れていくので、強力な武器となる「若さ」は今しかありません

「やらぬ後悔よりやる後悔」といいますが、本当に「これだ!」と思う仕事があるのであれば、すぐに転職に向けての準備を始めましょう!

私たちUZUZでも転職のお手伝いができますよ!

20代前半で“なんとなく”転職したい人は、まずは頭の整理から始めよう

仕事選びに悩む20代前半の男女

これといった理由はないけど、このまま今の仕事続けててもパッとしない感じだし、転職しよっかな~

その感じで転職しちゃうと失敗すると思いますよ
  • 周りもどんどん転職してるし、自分も転職しようかな
  • なんとなく今の仕事は自分に合っていない気がする
  • 将来のことを考えると、今のうちに転職しておいた方がいいのかな

など、具体的に転職先の業界や職種は考えていなくても「なんとなく転職しようかな」と考えている人もいるかと思います。

転職するのは決して悪いことではありませんが、転職は人生を左右する大切な節目です。

「自分は転職すべきなのか?」なんとなくモヤモヤと気になっている人は、まずは「自分がどんな働き方をしたいのか」を整理することから始めてみましょう

そこでおすすめしたいのが、自分が仕事に対して最も大切だと考える「条件ベスト3」を決める方法です。

具体的には、

  • 手取りの月収は最低〇〇万円以上
  • 手に職がつけられる仕事
  • 土日が絶対に休み

など、自分にとって「これだけは絶対に外せない」という条件を3つに絞るというもの。

絶対3つじゃなきゃダメ?8個はあるんだけど……

それはちょっと多すぎです。ぶっちゃけ「全ての条件が叶う理想の企業」ってないので、とりあえず3つに絞ってみてください

そうして、「条件ベスト3」を出してみた上で、

  • 上司との交渉を含め、今の会社でその条件を満たすことができないか
  • 条件を満たすことのできる会社はあるのか

を調べてみましょう。

「なんとなく転職しようかな」と考えている人の場合は、今の会社に特別大きな不満があるわけではない人も多いはず。

今転職することが自分にとってプラスになるか、マイナスになるかといったことも客観的に考えやすい状態だと思いますので、是非じっくりと自分の気持ちに向き合ってみてくださいね。

20代前半の転職を成功させるかは、“分析”がカギを握る

20代前半での転職は、“ポテンシャル採用”される可能性が高く、場合によっては第二新卒として応募ができるなどのメリットがあり、さらに、

  • 待遇面などではなく「仕事そのもの」に対する熱意がある
  • 素直で柔軟性や吸収力がある
  • 体力がありフットワークが軽い
  • 社会人経験がある場合、社会人としての基本的なマナーなどが身に付いている

など、企業側にとってもメリットが多いため、転職には有利な年代といえます。

しかし、勢いだけでの転職は失敗する可能性も高く、実際にその転職が「成功しやすいか」「失敗しやすいか」については、以下の表のうち、自分が次の図のどのパターンに当てはまるかによっても結果が違ってきます。

20代前半の転職ジャッジフローチャート
20代前半での転職は、その後のキャリアや自分のライフスタイルにも大きく影響するため、「自分が将来どうなりたいか」「仕事において譲れないものは何か」をしっかり考えることが大切です。

う~ん。そもそも目指す業界や職種も自分に合ってるのかよくわからなくなってきた……

そうですよね、「このまま続けていれば風向きが変わるかも」と思ったり「続けていても時間の無駄になるかも」と思ったり、迷ってしまう気持ち、とっってもわかります!

そんな時は私たちが相談にのりますよ~!

転職について「自分はこう動く」とはっきり決められる自信がない人は、1人で悩まなくても大丈夫!

転職すべきか否かを含め、そんな時はプロの力を借りてみるのもアリですよ。

私たち転職エージェントUZUZでサポートを行うキャリアカウンセラーの多くは「既卒」や「第二新卒」など「就活で苦労した人」たち。

なので、若さ故のモヤモヤした気持ちや不安にも「同じ目線」でサポートすることが可能なんです。

担当のキャリアカウンセラーとLINEで連絡をとったり、WEB面談やWEB面接も可能なので、ぜひお気軽に相談してみてくださいね。

ちなみに、サービスは全て無料。

詳しいサービス内容についてはこちらからチェックしてみてくださいね!

この記事に登場したキャリアカウンセラー

川畑 翔太郎
「第二の就活」を運営する株式会社UZUZの専務取締役。九州大学にて機械航空工学を専攻し、住宅設備メーカーINAX(現:LIXIL)に入社後、キャリアチェンジのためにUZUZの立ち上げに参画。

現在はキャリアカウンセラーだけでなく、ウズウズカレッジ運営や企業ブランディングを担当し、累計1,000名以上の就活サポートを実施している。

川畑にキャリア相談したい方は、こちらから登録をお願いします!

川畑の詳しいプロフィールはこちら

UZUZってなんなの??

みなさん、はじめまして! 「第二の就活」を運営している「UZUZ」といいます。

私たちは20代に特化した就職・転職エージェント

  • 経歴だけで判断しない“あなたの強み”が活かせる求人紹介
  • プロだからわかる就活情報の提供
  • あなただけのオーダメイド面接対策

などなど、モットーは“手厚すぎる就活サポート”です。
内定をゴールにせず「就職後も生き生きと働けること」を大切に年間約15,000人のキャリア相談に乗っています。

おかげさまで創業以来

  • 書類選考通過率87%以上
  • 就職・転職成功率86%以上
  • 入社後の定着率95%以上
UZUZってなんなの??

業界でも高い数字を維持することができています!

もし今あなたが就職や転職に悩みを抱えているならぜひ私たちにお手伝いさせてもらえませんか?

どんなことでも、全力でサポートいたします!

通常ボタン(PC)

通常ボタン(SP)

Page Top