20代の第二新卒・既卒・フリーター向け就職/転職サイト

アフターコロナの就職/転職はお任せあれ!
テレビ通話・お電話でのキャリア相談を実施しています

【ぶっちゃけインタビュー】脱・ブラック企業した男の転職活動&転職後のリアル

転職活動と転職後の“ぶっちゃけ話” “ブラック企業”の経験も財産だ。

UZUZの就活サポートを経て就職・転職し、今は企業の第一線で活躍している“UZUZ卒業生”に「今だから言える就活・仕事の話」を語っていただくこのコーナー。

今回は「Avintonジャパン株式会社」で働く野口耕平さんに来てもらいました!

当時野口さんのキャリアカウンセリングを担当したUZUZ会長・今村と、野口さんの「転職活動」や「仕事」の“本音”に迫ったよ!

インタビュー内容をピックアップ!

  • 野口さんは1社目を半年で短期離職し、2社目でトップ営業マンにまで上り詰めた男性
  • 転職活動で難しかったことは「自分の気持ちを客観視する」こと
  • 入社後は「何事も経験」精神で、営業にも人事にも挑戦!
  • 転職活動を成功させる秘訣は、ズバリ「妥協しない」こと

プロフィール

UZUZ卒業生

明るい表情で笑う野口

野口 耕平さん

東京都生まれ。帝京平成大学現代ライフ学部卒業。

新卒で大手営業会社に入社するも、半年で退職。

その後UZUZで就職活動を行い、Avinton(アヴィントン)ジャパン株式会社に転職。

SES営業と並行して、システム開発営業や新卒採用立ち上げに携わり、現在は営業チームのリーダーも務めている。

AvintonジャパンのHPはこちら

キャリアカウンセラー

顔に手を当てて笑う今村

今村 邦之

鹿児島県生まれ。米国アラバマ州立大学ハンツビル校を3年半で卒業。

ベンチャー企業に入社するも、連日深夜にまで及ぶ労働環境から体調を崩し9ヶ月で退職。

その後転職に苦労した経験から、第二新卒・既卒の就活をサポートしたいと思うようになり、UZUZを設立。2018年8月より社長から会長に就任。

今村の詳しいプロフィールはこちら

やっと内定が出た会社はまさかの“ブラック企業”

それじゃあ早速話を聞いていくぞ〜!

野口さんが新卒で前職に入社したのはどうして?

僕が新卒で入社したのは、大手営業代理店でした。

「営業で成果出したら出した分だけインセンティブ(報酬)もらえるよ」みたいな感じだったので、当時はすごくキラキラして見えたんですよね。

それに、心のどこかで内定をもらえたことへの安心感もありました。

安心感というと?

実はなかなか内定が出なかったんですよ。

1社目に受けた中古車販売の会社からはすぐに内定をもらえたものの……

勤務地遠いし、とりあえず面接練習のために受けた企業だったので辞退したんです。

そしたら、そこから全然決まらなくて(笑)。

スポーツメーカーとか商社とか色々受けましたが、全部ダメでした。

そんな時に前職の会社から内定が出たんです。

行きたくないわけでもなかったし、これ以上ずるずる就活続けたくなかったし「ここだ!」とそのまま入社しましたね。

リアルだね!

高い志でなんちゃら~よりやばい、もうここにしよう!みたいな感じが(笑)。

この営業代理店では、具体的にどんな仕事をしていたの?

BtoB(対法人向け)営業です。

業界ごとのホームページ制作とかをやっていました。

僕がいた部署はエステのような美容系を扱っていて、ホットペッパービューティーみたいな予約管理システムが商材だったんです。

営業、実際にやってみてどうだった?

営業自体がきつかったのか、あの環境がきつかったのか難しいところなんですが……。

環境はキツかったです。

精神面のプレッシャーがすごくて、言葉を選ばずに言うと“ブラック”でした。

ええ!? どんな環境だったの!?

僕がいた営業会社は、数字の追い方がむちゃくちゃ厳しくて

テレアポをはじめたら「新卒だから」とか一切関係なく、もう“プロ”として数字を追わされるんです。

数字が出なければ、新卒だろうとマネージャーだろうと「存在価値はない」みたいな扱いを受けます(笑)

当然、順位も貼り出されますし。

これ、営業が強い会社のあるあるだよね。

しかも、自分が話したことに「なんで?」「どうして?」って何回も聞かれる“なんで攻撃”もあって、

これが結構キツい(笑)。

1〜2回目までは答えられても、3回目とかになるともう……(笑)。

正直「それが分かってたら数字出てるのに……」って思ってました(笑)。
落ち込んでいる男性

精神的にハードな会社だったんだ……

この会社を半年で退職しようと思った一番のきっかけは?

環境を脱したいというのもあったんですけど、モチベーションを保てなかったのが大きいですね。

当時自分のモチベーションに大きく影響していたのは、“同期”だったんですが……。

“よきライバル”だった仲間たちが、辞めたり別部署に異動したりして2〜3ヶ月でいなくなっちゃったんです。

そ、そんな短期間で!?

そうなんです。

僕は同期がここまでやってるんだから、自分も頑張らないと!という気持ちが強かったので、だいぶ堪えましたね……。

しかも同期がいなくなってからなぜか、よりノルマが厳しい販売部隊の配属になったんです。

「新卒でもプロ扱いされる」とは言いましたけど、正直1店舗の成約を取るのですらキツい状況。

これよりさらに高い目標を持たされる販売部隊なんて無理だ……と思い、退職を決断しました。

転職活動では「自分の気持ちを客観視すること」に大苦戦!?

UZUZには、紹介で来てくれたよね。

はい。

僕より先に辞めていた同期にUZUZを紹介してもらい、相談させてもらった感じです。

UZUZのキャリアカウンセリングを受けた時の率直な感想は?

メインでカウンセリングを担当してくれた今村さんは、同じような境遇の方でしたし、共感してくれるので話しやすかったです!

同期に紹介してもらったというのも合わさって、第一印象の時点で安心感がありました。

確かに僕が1社目で経験したことと、野口さんが1社目で経験したことは似てるね(笑)。

Who is 今村 邦之?

“キャリアカウンセラー”から見て、野口さんはどんな方だった?

仕事に対して前向きで、「成果出していくぞ!」みたいなストイックさがある方でしたね。

ただ、これは野口さんだからというわけではなく、短期離職した方の多くに当てはまるんですが……。

面接対策をする中で回答を深掘りしていくと、どうしても“前職への不満”が見え隠れしちゃうんです。

不満があって短期間で辞めてるので、当然なんですけどね(笑)!

ただ面接では伝え方を工夫しないといけないので、不平不満ではなく自分はポテンシャルが高いんだ!という部分を伝えられるよう何回も面接対策しました。

その他、野口さんにはどんなアドバイスをしたの?

自分の気持ちをどれだけ客観視できるかが大事と伝えました。

面接って“今の自分”を起点にして話すと、余計な感情や思考が入って失敗することが多いんです。

でも“よそ”から俯瞰して自分を説明できるようになると、心の揺らぎが消えて面接の通過率は上がります。

話す今村と笑う野口

当時はそれがすっごい難しかったですけどね(笑)。

あははは(笑)!

そうだよね。まだ22歳だったし、頭では分かっていてもなかなか難しいよね。

でも「前職で扱った商材は◯◯で、こういう営業をやって……」って“それっぽく”話しても、短期離職をしている場合企業にはなかなか響かない

むしろ下手したらあなた経験浅いし、そんなに分かってないよね?くらいに思われちゃうこともある。

だから自分ができた範囲はここまでで、これとこれはできませんでしたと気持ちよく言い切ってしまったほうが、企業からのウケはいいんです。

変に綺麗なことを話すより、思い切ってさらけ出したほうがいいってことか!

野口さん自身は自分の転職活動ってぶっちゃけ苦戦したなと思う?

現職のAvintonジャパンに入社するまで、覚えてるだけで20社は受けて落ちました。

とはいえ、そこまで苦ではなかったです。

もちろん苦戦したなって気持ちはありますけど、新卒の時もたくさん落ちたし、そもそも第二新卒はそんな簡単に決まらないだろうなと思ってたので。

面接がうまくいかないとなかなか結果を受け止められない人も多いけど、野口さんは切り替えがものすごく早かった

落ちたことを伝えても「あ~そうすっか! じゃあ次いきましょう!!」みたいな感じ(笑)。

だって、自分より社会人経験の長い方がそう判断しているわけですし、それをどうこう言っても変わらないじゃないですか(笑)。

それに僕元々、つらいことは寝たら忘れる性格なんです。

その瞬間は落ち込んだとしても、睡眠である程度解決できます(笑)。

野口さんの元々の性格が、転職活動でも活きたんだね!

まあでも、なかなか内定出ないな〜! とは感じてました(笑)。

前職を辞めたのは10月で、内定が出たのは12月。

転職活動期間自体は2〜3ヶ月くらいでしたが、なかなか内定が出ないから、1回大手エージェントのキャリアカウンセリングを受けに行きましたもん(笑)

そうだったんだ(笑)!

でも他社も絶対使ったほうがいいと思う!

僕、当時の条件が「社長との距離が近い会社」と「“売って終わり”にならない会社」だったんですが……。

いざ行ってみたら、自分に響く求人が全然なくて(笑)

えっ!? どういうこと!?

前職は会社の規模が大きく、そもそも社長と一緒に働けるような環境ではありませんでした。

営業に関しても、どれだけ頑張って成約を取っても自分の仕事は“販売”まで。

顧客のフォローやサポートは、違う部署に引き継いじゃうんです。

それが嫌で、前職と真逆の環境・条件を希望したんですが……。

その時紹介してもらった求人は例えば前職のような大手企業とか、自分の条件とはちょっと違う会社が多くて。

結局すぐさまUZUZに戻りました(笑)

スーツ姿で話す野口

転職活動中「もっとこうしておけばよかった」と思うことって何かあった?

資格を取得しておけばよかったなと思いますね。

実用的なところでいうと、MOS(Microsoft Office Specialist)のExcelとか。

どのポジションでも役立ちますし、営業の数値管理でも切っても切り離せないツールです。

そういう意味でも、Excelの資格取得は取っておいて損はなかったな〜と。

「この人の元で働きたい」そう思って飛び込んだ2社目

まず、野口さんにAvintonジャパン(野口さんが現在働く会社)を紹介したのはどうして?

野口さんが次に働く会社は離職率低く、これから伸びそうな会社がいいなと思っていました。

すでに成長しきっている会社だと、例えどんなに人柄が良くても、短期離職と営業経験の少なさの部分がネックになってしまうと思ったんです。

その点Avintonジャパンは、経歴よりポテンシャルを重視する会社でした。

しかも伸びしろが大きく、社員の離職率も低い。

社長である中瀬さんもとても魅力的な方だったので、野口さんにぴったりの企業だと感じたんです。

Avintonジャパンってどんな会社?

機械学習技術やデータ分析サービスなどを駆使して、世界中のクライアントに技術を提供しているITコンサルティング企業

IT技術者の人材紹介・人材派遣なども行っている。

スーパーハイレベルな外国人技術者を多く採用し会社を大きくする

そんなプランを掲げる業界内でも注目の企業!

AvintonジャパンのHPはこちら

じゃあ、野口さんがAvintonジャパンを選んだ決め手は?

純粋に、社長の中瀬さんと一緒に働きたいと思ったのが一番大きかったですね。

当時僕は「2回目の転職だし、またすぐに辞めるのは避けたいな……」と思っていまして。

なので面接では、自分が気になっていることを色々質問させてもらったんですが、中瀬さんは全てを包み隠さず教えてくれたんです。

加えて、今のAvintonに足りていないことや課題、これからやっていかなきゃいけないことも赤裸々に話してくれました。

この時中瀬さんのもとだったらやっていけると思ったんです。

入社してから現在まではどんな仕事をしているの?

基本はずっと営業をやっています。

現在は実質5人くらい営業がいるんですが、一応そのトップです。一応……(笑)。

トップ!? めちゃくちゃすごいじゃないですか!!

社員数でいったら、Avintonさんってめちゃくちゃ大きくなりましたよね!?

現在の社員数は190名くらいですかね?

そのうち90人くらいは、とある大規模プロジェクトのために期限付きで採用している外国人の方なので、実際は100名くらいですが!

でも僕が入社した当時は20名前後だったので、すごく大きくなりましたね(笑)

そんな会社でトップ営業マンをやってる野口さん……かっこいい〜!

実は最初、営業をやりつつ人事も担当してました。

Avintonっていわゆる“SES”と言われるエンジニアの派遣事業もやっているんですが……。

僕、入社前に課題として提出したレポートに「今は経験者採用が難しいから、新卒採用や女性特化の採用活動をやってみるのはどうか」と提案したんですよ。

そしたらそれを読んだ中瀬さんに、入社後これまでうちは新卒採用をやってこなかったから、野口さんやってみてよと言われまして(笑)。

すごい! 大抜擢だ!

そこからは営業と新卒採用の立ち上げを兼任していました。

説明会の企画・開催、面接時どのような項目を見ていくかの擦り合わせ、適性検査の内容確認などなど……。

中瀬さんと話し合いながら進めた思い出があります。

裁量めちゃくちゃあるな〜!

「こういう理由でこういうことをやってみたい」と言ったら、やらせてもらえる環境なんです(笑)。

楽しげに会話する野口と今村

それからずっと人事と営業をやっているの?

いや、採用担当の方が入社してからは営業専任です。

人材を扱う営業なので対お客さんの打ち合わせもやりますが、エンジニアの方に“キャリアカウンセリング”のようなこともやるんですよ。

今後何をやりたいか話し合ったり、キャリアに関してアドバイスしたり、プロジェクトの紹介をしたり……。

本人と直接話して、一緒にキャリアプランを考えるんです。

UZUZさんみたいですよね(笑)。

本当だ! UZUZでやってる「キャリア相談」と似てる!

あ、ちなみに途中からは、人材営業のほかに受託開発の営業にも携わるようになりました。

お客さんから上がってくる「こんなアプリケーションやシステムが欲しい」という要望を、Avintonの社内で請け負うんです。

去年は人材営業と受託開発の営業を半々くらいの割合で担当しましたね。

へえ〜すごい。本当に色々やってるんだね!

あと、去年は営業ポジションのリーダーにも立候補しました。

人材営業部門の数値管理と戦略立てを担当しています。

以前のAvintonは個人個人で営業数字を管理していたため、“営業チームの全体像”までは把握できておらず……。

でも誰がどのくらい数字を追っているのか全体で分かれば、戦略も立てられるし会社の目標達成にも近づくと思ったので、「やってみます」と声を上げさせてもらいました。

自分から手を挙げるってなかなかできないことだよね。

何事も経験。失敗したら失敗しただしな!と思ったんです。

中瀬さんにも「うまくいかなかったらすみません。でも失敗しないために、こういうふうにやります!」っていうのはあらかじめ伝えていましたしね。

今村と野口の対談

Avintonジャパンに入社してから色々な業務に挑戦している野口さんだけど、入社する前と後で“ギャップ”を感じたことはあった?

ギャップ……とは違うかもしれませんが、入社して2週目から早速営業を任されたのはある意味衝撃でした(笑)。

1週目は中瀬さんの営業に同行して全部教えてもらったんです。

でも2週目になったら「じゃあ野口さんやってみようか。行ってらっしゃい!」みたいな感じで(笑)。

このやり方、正直合わない人には合わないんですよね。

「もっと教えて欲しい」と考えた結果、短期で辞めてしまう人も多い。

野口さんはマイナスに捉えなかったの?

せっかく転職したし、しかもまだ入社1週間だし、まずはやってみるかという気持ちが大きかったです。

それに僕の場合、確かにびっくりはしましたが「いいの? こんなにやらせてくれるの?」っていう“良い意味のギャップ”だったので、やりがいはありました。

しかも自分はこのやり方が性に合ってたみたいで、結果新卒採用なんかも任せてくれたので、良いスピード感で成長できましたね!

良い考え方だね! 野口さんみたいな人、UZUZでも採用したいなあ(笑)。

野口さんのポジティブさは見習いたい! ぶっちゃけ「仕事辞めたい」と思ったことはないの?

辞めたいと思ったことはここ1〜2年で何回かありますよ!

入社してから安定的に数字が出せるようになったものの、ふと我に返った時にルーティン化してきているなと思ったことがあって。

「営業で成果を出す喜び」が少なくなってきたんです。

営業で成果を出す喜びが少なく……!? どういうこと!?

最初の頃は成約できたら会社も「すごいね! おめでとう!」みたいな感じだったんですが、最近では「野口さんは数字出てるのが当たり前だよね」みたいな雰囲気で(笑)。

もちろん信頼してもらっているということなので、ありがたいんです!

ただ「成約取れたぞ! やったぞ!」という気持ちが薄れてきたのも事実で。

だからふとやばい……環境変えたほうがいいのかなと思ったことはあります。

なるほど……やっぱり野口さんも「辞めたい」って思うことはあるんだね……。

でも野口さん、今は「役員」を任されてるとか……!?

いやいや、これはとあるイベントで役職が必要になった時に成り行きで決まっただけなので、理由は全くないんですよ(笑)!

“一応”レベルです(笑)。

“一応”でもすごいよ! それに地位が人を作ることもあるし。

僕も“会長”という役職のおかげで他社の社長と話ができたり、「会長だからすごそう」っていうある種の“先入観”で良いお話をいただけたりします。

こういう“錯覚資産”ってビジネスの場でかなり使えるし、ぶっちゃけ能力は後付けでもいいと思うんですよね。

野口さんは謙遜してるけど、200人規模の会社の役員だよ(笑)!?

貴重な武器だし、隠さず胸張ってください!

確かに「200人規模の会社の役員」って響きがすごい!

座って談笑する野口と今村

ちなみにちょっと聞いてみたいんだけど、もし“今の野口さん”に求人の紹介や転職のアドバイスをするなら、なんて伝える?

ちゃんとヒアリングしていないので、現時点での仮説にはなるけど……。

仮に野口さんの転職理由を「業務のルーティン化からくる“飽き”」だとするなら、それはすごくポジティブな転職理由

それを踏まえた上で、例えば新しい技術を開発しているIT系企業とか、昨対比で50%利益が増えているような成長企業を紹介しますね。

僕、野口さんは「もっとチャレンジしてもっとでっかい魚を捕まえるぞ!」みたいな、どんどん上を目指せるキャリアが一番良いと思うんです。

だからこそ適当な大企業の適当な営業職に転職っていうのは、またゼロからのスタートになるし絶対にやって欲しくない(笑)。

同年代に比べて使える武器も多く、良い波に乗っている今、“安心”や“安パイ”ではなく“挑戦”を選んで欲しいですね。

今村さんが言っていること、僕の考えと一緒です!

20代はとにかくやりたいことにチャレンジしたいし、そのために環境を変えたいと思うから、転職先として大手は一切考えていません。

そうですね……初期のAvintonのように、立ち上げから携われる今後伸びそうなベンチャー企業が良いですね!

そうやって成長したのち、30代からは管理職部門で本格的にスキルアップしたいです。

転職するなら「妥協しない」こと

転職活動や仕事って何かと悩みがつきものだけど、野口さんの“モチベーション”を保つ秘訣は?

僕個人のモチベーションの保ち方は、オンオフをしっかり切り替えることです。平日は全力で働いて、休日は仕事のことを一切考えません(笑)。

あとは、仲間と会って話すことですかね。

僕をUZUZに紹介してくれた前職の同期とは毎週のように飲んでますし、BBQや鍋パ、旅行なんかもよく行きます(笑)。

毎週! めちゃくちゃ仲良い(笑)。

そうなんですよ(笑)。

僕、例えば仕事の愚痴をこぼした時に、同調よりも「でもさ、それって……」のようにプラスの議論ができるとモチベーションが上がるんです。

前職の同期とはそれができるので、よくお互いの仕事について「こういう風にできたらいいよね!」ってディスカッションしてます。

そんな風に真面目な話をしつつ、同時にくだらない話もできるのは、自分のモチベーション維持には欠かせないですね!

笑顔で話す野口

野口さん流「転職活動をうまく進めるコツ」を教えて!

妥協しないことです!

最初にお話しした通り、僕は1社目を妥協して決めた結果失敗したので……。

あと、もし面接で会社のトップと話せる機会があったら、いい機会なので色々質問してみてください。

社長が思っていることと現場が思っていることってやっぱり微妙に違いますし、「その会社を見極める」という意味では社長に直接話を聞いてしまうのが一番です。

とはいえ面接は人事や部門担当が行うことも多いので、なかなか難しいかもしれませんが……。

実際僕も社長と面接できたのはAvintonだけでしたし(笑)。

でもだからこそ、もし社長面接のチャンスがあったら、思っていることはなんでも聞いてみたほうがいいと思います!

では最後に、これから転職を考えている人・現在転職活動中の人にメッセージをお願いします!

第二新卒で転職する人って「1社目の会社がキツいから」って理由の人がほとんどだと思います。

だって、キツくなかったらそんなに早く辞めないですよね(笑)。

でもそのキツかった環境を「確かに大変だったけど、あの環境を経験してよかった」と思えるかどうかで、次の転職は変わってくるんじゃないでしょうか。

実際僕もめちゃくちゃキツかったです。

ノルマも大変だったし、怒号やペットボトルが飛んでくる環境だったし……。

でも、営業としての立ち振る舞い・数字の追い方・トークの仕方など、半年間ではありますがだいぶ教えてもらえたので、やっぱりあの環境を経験できて良かったです。

あと、仮に現職でクレームを受けても「あの時のマネージャーより怖い人はいない」って思えているのも、ある意味でありがたいことかもしれません(笑)。

前職の上司が怖すぎてクレームが平気になる感覚、分かる(笑)。

やっぱり前職で学べたこともたくさんあったんだね!

そうなんです! 前職の営業で使っていたトークスクリプト(台本のようなもの)、確かに今でもめちゃくちゃ使えるんですよ!

前職の同期も未だに持ってるって言ってました(笑)。

こういうのは“財産”だなと思いますね。

うんうん、全ては“財産”。まさにその通りだね!

はい!

だから「あの会社はキツかったから忘れよう」としている人はもったいないし、そういう思考になってしまうと、次の会社でもなかなか成功しないんじゃないかな……と思います。

それに、キツいってことはその分得るものも大きいんですよね!

僕も当時は分からなかったけど、ふと振り返った時に「あの時マネージャーが言ってたのってこういう意味か!」と気付くことがあります。

過去のそういった“気付き”や“経験”を改めて今の自分・会社に落とし込めたら、すごく良いんじゃないでしょうか!

黒板を背にして並ぶ男性二人

野口さん、赤裸々に話してくれて本当にありがとうございました!

これから益々活躍しちゃうんだろうな〜!

「短期離職」でも転職は、できる。

「石の上にも3年」という言葉があるように、以前は「3年は働かないと転職が難しい」と言われてきました。

しかしそんな話はすでに過去。今や3年働かなくても転職は当たり前の時代です!

そしてたとえ短期離職だったとしても、あなた自身の意志と適切な転職活動で、あなたが活躍できる会社に入ることはできます!

UZUZでは、あなたの“入社後”を考えたキャリア相談や求人紹介を実施中。

キャリア相談の内容は、ここからチェックしてみてくださいね!

UZUZってなんなの??

みなさん、はじめまして! 「第二の就活」を運営している「UZUZ」といいます。

私たちは20代に特化した就職・転職エージェント

  • 経歴だけで判断しない“あなたの強み”が活かせる求人紹介
  • プロだからわかる就活情報の提供
  • あなただけのオーダメイド面接対策

などなど、モットーは“手厚すぎる就活サポート”です。
内定をゴールにせず「就職後も生き生きと働けること」を大切に年間約15,000人のキャリア相談に乗っています。

おかげさまで創業以来

  • 書類選考通過率87%以上
  • 就職・転職成功率86%以上
  • 入社後の定着率95%以上
UZUZってなんなの??

業界でも高い数字を維持することができています!

もし今あなたが就職や転職に悩みを抱えているならぜひ私たちにお手伝いさせてもらえませんか?

どんなことでも、全力でサポートいたします!

通常ボタン(PC)

通常ボタン(SP)

Page Top