20代の第二新卒・既卒・フリーター向け就職/転職サイト

アフターコロナの就職/転職はお任せあれ!
テレビ通話・お電話でのキャリア相談を実施しています

20代で転職失敗する人の共通点は?あるあるな失敗談と成功のコツも紹介

20代のよくある転職失敗

20代で転職を考えている、そこのあなた。

今の職場に満足しておらず「転職して、もっと楽しく働きたい」そんな気持ちがあるのではないでしょうか?

しかし、実際にはリスクを理解しないまま転職し、後悔する人も多くいます。

転職のリスクって何?
今の会社に満足してないなら、とりあえず転職活動したらいいんじゃないの?

残念ながら、それでは同じ失敗を繰り返してしまいますよ。

なぜ会社選びに失敗したのか?」その理由をよく考えることが大切です。

すると、あなたが本当に求めている働き方が見えてきて、転職に成功できる可能性も上がります。

転職に失敗したくない」と思う20代の人は、ぜひ本記事を読み進めてください。

20代の転職なら「ウズキャリ」がおすすめ!

ウズキャリのおすすめPOINT

  • 紹介する求人はブラック企業を徹底排除しているので安心
  • 書類・面接対策、キャリアアドバイスなどのサポートが完全無料
  • 他社の10倍時間かける丁寧なカウンセリングが特徴

20代の転職失敗あるある「失敗談」を元に解説

20代の転職でありがちな失敗談」は、以下の4つです。

  1. 勢いで退職したが、就職先が見つからなかった
  2. やりたいことをよく考えず、条件だけで転職してしまった
  3. 実力を試したくベンチャー企業に転職したが、大手企業の方がよかった
  4. 思っていた会社の雰囲気と違った

どれもよく聞く失敗談だね。

以下に失敗談の詳細と、なぜ転職に失敗してしまったのかを解説していきます。

失敗から教訓を得て、同じ失敗を繰り返さないようにしましょう!

勢いで退職したのは良いものの、就職先が見つからない

転職失敗体験談

同期もどんどん辞めていくブラック企業に就職。
同期も辞めていくので、本当に早く辞めたくて、同期のその流れに沿って、退職届を提出。
次の会社は決まってなかったけど、決まるだろうと思って退職したけど、一向に就職先が決まらずフリーターになってしまった。

「就職先が決まらないかもしれない」とは考えなかったのか…。

勢いだけで辞めると、次の面接で「なぜ前の会社を辞めたのか?」を聞かれた時に、相手が納得する理由が答えられないので、転職が難航しやすいです。

勤めている会社が「ブラック企業」だと感じた時に、転職を考える人は多いです。

周りの人がどんどん辞めていく場合は、なおさら「早く転職しなきゃ!」と感じるのでしょう。

でもさ、ブラック企業かどうかなんて、僕らが判断できるの?

ブラック企業を避けるための方法はありますよ。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

いずれにせよ、1度フリーターになってしまうと、再就職がしづらくなります。

転職先が決まる前に退職するのは、慎重に判断しましょう。

条件で選んだけどやっぱりやりたい仕事をしたい

転職失敗体験談

周りは大手でボーナスなどをもらってるのが羨ましくて、前職の年収が低くて、年収を上げるために年収が上がりやすい「営業」に転職。
確かに年収は上がったけど、よくよく考えてみたら営業をやりたいわけではなかった。
本当はやりたいことがあったけど直近の年収で選んでしまった。

条件だけで転職先を選ぶ人も、結局のところ後悔する可能性が高いです。

営業がやりたいわけでもないのに、営業職をやるのはしんどいもんね。

条件を重視するのも1つの選択肢だとは思いますが、同時に「自分の好きなことや適性」などの自己分析も必要ですね。

自己分析のワークはたくさんありますし、1人でどうやったらいいか分からない人は、転職エージェントに相談してみましょう。

弊社UZUZも転職エージェントとして、プロのキャリアアドバイザーが「あなたの本当にやりたいこと」を見つけるお手伝いをさせていただきます。

大手からベンチャーへの転職で、前職をやめたことを後悔…

転職失敗体験談

大企業で営業をしていたが、大手のネームバリューで成果を出せても嬉しくない。自分の本当の力を試してみたくてベンチャーに転職。
大手の時の福利厚生がベンチャー企業にないし、大手ほど給料も上がらなくて当時の同期とも差が広がり後悔をしている。

大手企業とベンチャー企業では、条件・適性・得られるものが全くと言っていいほど異なります。

自分はどっちで働くのがいいのかを分かっていないと、後悔することになりそうだね。

そうですね。参考までに、それぞれのメリットデメリットをまとめました。
大手企業ベンチャー企業
メリット
・給料が高め
・福利厚生も充実している
・研修等が充実している
・社会的信用が大きい
・失業するリスクが低い
・昇進や昇給のスピードが早い
・個人としての力がつきやすい
・経営者に意見を言いやすい
デメリット
・昇進や昇給は、基本的に年功序列
・決められたルールに従う必要がある
・自己成長はしづらい
・望まない転勤もありえる
・給料が低め
・福利厚生は期待できない
・社会的信用が小さい
・失業する可能性も十分ある

転職を失敗したくない」と考えている人は、自分がどちらで働くのがいいかを考えてみましょう。

入社してみたら思ってた会社の雰囲気と違った

転職失敗体験談1

内定がもらえたので、他の会社もあまりみずに内定承諾。
入社してみたら、思ってた雰囲気と違い、働きづらさを感じている。
会社の雰囲気や働きやすさなどをもう少し調べてから受ければよかったし、他の会社とも比較検討をすればよかった。

転職失敗体験談2

一見雰囲気が良さそうな会社に入社したら、実はブラック企業だった。
また転職活動をする羽目になっている。

「内定がもらえたから転職した」という人も、入社後にギャップを感じて後悔することが多いです。

そりゃそうでしょ。企業をよく調べずに転職する人なんているの?

それが、思うように転職先が決まらないと「もうここでいいか」と、企業をよく調べないまま、転職先を決めてしまう人もいますよ。

たしかに。次の内定がいつ出るかも分からないし、そうなるのも分かるな…

企業選びのポイントは、以下の6点を見て「自分が望むものか」を考えるのがおすすめです。

  • 企業理念や社風
  • 仕事内容
  • 安定性
  • 将来性
  • 社会貢献度
  • 待遇

次の見出しでは「転職に失敗する人の特徴や共通点」についてまとめていますので、合わせて参考にしてください。

20代で転職失敗する人の特徴や共通点

転職の失敗談を聞くと恐ろしい……。

そうですね。
しかし、転職に失敗する人には特徴や共通点もあるので、これらを理解しておけば、失敗を回避できますよ。

20代で転職に失敗している人は、以下4つの特徴があります。

  1. 転職活動に計画性がない
  2. 今の会社を「辞めたい」の一心で転職する
  3. 「自分が何をしたいのか」「将来どうなりたいのか」を考えずに転職してしまう
  4. 次の会社に求める「本当に必要な条件」を選べていない

以下、それぞれの解説をしていきます。

転職活動に計画性が無い

計画性がないまま転職活動を始める人は、転職先がスムーズに決まらず、最終的にフリーターになる可能性が高いです。

さらに、フリーター経験は職歴としてカウントされないので、フリーター歴が長いと、どんどん転職が難しくなっていきます。

計画性のない行動」を具体的にいうと、以下の2つが該当します。

  1. 退職する時期を考えない
  2. 転職活動に十分な時間を割かず、曖昧なまま次の会社を決めてしまう

転職活動には「成功しやすい時期」と「厳しい時期」があり、求人の少ない時期に転職活動をすると、なかなか転職先が決まりません。

新年度が始まる3〜4月、下半期に入る9〜10月に「人材を確保したい」と考える企業は多いです。

つまり、その少し前の「1〜2月」もしくは「7〜8月」に転職活動を始めるのがおすすめです。

また、転職活動は求人探し・応募書類の作成・面接などやることが多く、これらの作業を面倒と思い、転職活動に十分な時間を割かない人がいます。

こういった人は、いつになっても内定がもらえなかったり、なんとなく転職先を決めて、後悔することになりがちなので注意しましょう。

今の会社を「辞めたい」の一心で転職する

辞めたい」という気持ちが強くて転職する場合は、少し注意が必要です。

そういう人ほど、先ほどもお伝えしているような「勢いだけで退職してしまう」という事態になりがちだからです。

さらに、退職理由がネガティブになりがちなため、転職活動も少し大変になるでしょう。

面接では必ずといっていいほど「なぜ前の会社を辞めたのか」と聞かれます。

ただ「自分に合わなかったから」と答えるのでは、決して魅力的には見えず、採用されません。

今の会社に不満があって転職したい場合は、1度以下のことをよく考えてみましょう。

  • 客観的に見て、本当にダメな会社なのか?
  • 辞めたい理由は、自分の努力で改善できないのか?

本当は良い会社かもしれないのに、思い込みで辞めてしまったら、もったいないですよね。

また、辞めたい理由をよく考えてみると「そこまで悪くないかも」や「自分次第で改善できることだった」のように思うかもしれません。

自分が何をしたいのか、将来どうなりたいのかを考えずに転職してしまう

  • 自分がしたいこと
  • 将来なりたい姿

これらが明確になっていないまま、転職活動を始めるのはおすすめできません。

なぜなら「自分の思っていた会社じゃなかった」と、後から不満を抱きやすいためです。

こういう人は、結局自分に合った会社を選べていないことが多いでしょう。

結局、また不満を持ったり、結婚などライフステージの変化によって、転職する羽目になります。

こうなると「スキルも身につかないまま、転職回数だけが多くなる」という、負のサイクルに入ってしまうので、注意しましょう。

それに、自分のやりたいことや将来なりたい姿が明確でないと、面接でも志望動機が薄くなりがちです。

採用担当者にも熱量を感じてもらえないため、当然、採用される確率も下がります。

次の会社に求める本当に必要な条件を選べていない

次の会社に求める「本当に必要な条件」が明確になっていないと、結局また不満が出て、転職したくなります。

そのため、上記で紹介した「自分がしたいこと」と「将来なりたい姿」が決まったら、条件も吟味しましょう。

しかし、条件に関しては、理想を言い出したらキリがありません。

そこで、自分なりの優先順位を付けるようにしましょう。

  • 雇用形態
  • 仕事内容
  • 働き方
  • 収入
  • 職場環境
  • 労働時間
  • 福利厚生
  • 会社の経営方針

条件にはこれらの項目があると思いますが、1度あなたなりの「譲れないポイント」と「妥協できるポイント」を整理してみましょう。

具体的には、以下のように考えます。

  • 「残業時間が多くてもいいが、その分高い給料が欲しい」
  • 「正社員でなくてもいいが、転勤はしたくない」

条件が100点満点の企業は、存在しません。

実際、絶対に譲れない条件ベスト3を満たすだけでも、満足度の高い転職ができるでしょう。

20代の転職を成功させるためのコツ

20代の転職を成功させるには、まず自己分析をしっかり行い、自分をよく理解してから、転職活動をするのが理想ですね。

自己分析が大事なのは分かったけど、他はどんなことに気をつければいいの?

自己分析の後にした方がいいのは、以下5つのことです!

  1. 次の会社が決まるまで、絶対に退職しない
  2. たくさんの会社や仕事を知る
  3. キャリアプランを逆算して会社を選ぶ
  4. 退職理由を伝える際は、とにかくポジティブな内容にする
  5. 転職エージェントを有効活用する

それぞれの詳しい解説をしていきます。

次の会社が決まるまで絶対に退職しない

これは何度もお伝えしてしまっている内容ですが「次の会社が決まるまで、退職しない」ことをおすすめします。

なぜなら、転職先を決めてから退職する方がメリットが多いからです。

具体的には、以下のメリットがあります。

  • 落ち着いて自分のペースで転職活動ができる
  • 収入の途絶える期間がない(短い)
  • 転職先が決まっているので、退職を引き止められない
  • 計画的な引っ越しができる

特に「落ち着いて、自分に合った企業選びができる」ことが、何よりの強みといえるでしょう。

反対に、退職してから転職活動を始めた場合、思うように次の転職先が決まらないと、だんだん「多少妥協しても、早く就職したい」という焦りが出ます。

こうした焦りの気持ちで転職活動をすると、良い結果につながらないことがほとんどです。

それに、よっぽどブラック企業で長時間労働をしている人でない限り、仕事をしながらでも転職活動はできます。

仕事と転職活動の同時進行は少し大変かもしれませんが、本当に転職する意思があるなら、自然と行動に移せるでしょう。

たくさんの会社や仕事を知ること

転職を成功させたいなら、たくさんの会社や仕事を知ることも大切です。

少し考えてみてほしいのですが、あなたも「小学生の時」と「今」では、今の方が自分に合う仕事を選べると思いませんか?

それは、あなたの知っている仕事の幅が広がったからです。

職業を10しか知らない人と、100知っている人では、後者の方が良い選択ができそうですよね。

このように、たくさんの業種・職種・会社を調べることで、新たな発見がたくさんあることでしょう。

宝探しをするくらいの前向きな気持ちで、いろんな情報を調べてみてください。

ひょっとしたら、あなたがまだ知らない仕事の中に「本当にやりがいを感じる仕事」が隠れているかもしれませんよ。

キャリアプランを逆算して会社を選ぶ

転職において「キャリアプランを逆算して会社を選ぶこと」も大切です。

キャリアプランとは「自分が今後どのような経歴を積み上げたいか」によって決める行動計画を指します。

例えば「将来、システムエンジニアとして活躍したい」となれば「実務を通じてプログラミングスキルが身につく会社」に就職することが必要でしょう。

これは、システムエンジニアの多くが、持っているスキルによって仕事内容や給料が決まるからです。

仮にプログラミングスキルは独学で勉強できても、希少価値の高い人材になるには、実務を通じた経験が必要となります。

「では、実務でスキルアップできる企業はどこか?」という視点で、企業選びをしていくのが、転職を成功させるポイントです。

キャリアプランが明確になっている人ほど、会社選びがスムーズかつ志望動機も明確であるため、転職を成功させやすいといえます。

退職理由を伝える際はとにかくポジティブに

転職の際、面接で必ずと言っていいほど聞かれるのが「前職の退職理由」です。

ここで注意したいのは「ブラック企業だったから辞めた」のようなネガティブな理由だったとしても、面接の際は、ポジティブな言葉に変換して伝えるということ。

なぜなら、ネガティブな理由をそのまま伝えても、採用担当者からすると、魅力的には映らないからです。

  • 物事の長所を見れない人なのかな?
  • 転職しても、不満ばかり言ってそう…

このように、決して良い印象は持たれません。

例えば、社内の人間関係が嫌で辞めた場合は、以下のように変換します。

「前職では、チームで大きなプロジェクトを達成する経験があまり得られませんでした。私は、チームワークを活かして結果を出せる人材になりたいと思い、転職を決意しました。」

他にも、サービス残業が多いのが嫌で退職した場合は、こう変換します。

「前職は、”仕事が終わらなければ残業すればいい”という考えの社風でした。私は効率化できる業務がないか見直し、仕組みで残業を減らせる職場で働きたいと思っています。」

転職エージェントに相談もあり

ここまで説明してきたことは、どれも自分1人で考えるのは大変です。

特に「たくさんの会社や仕事を知る」や「キャリアプランを考える」ことは、自力でやると膨大な時間がかかってしまいます。

そこで、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

転職エージェントとは「転職したい人の相談に乗り、適切な企業への転職をサポートするサービス」です。

転職支援の専門家がサポートするので「転職者・企業共に満足しやすい仕組み」となっています。

しかも、転職者は転職エージェントのサービスを無料で利用できます。

無料の理由は、転職が決まった際に「企業から転職エージェントに報酬が支払われる」という仕組みだからです。

そのため、利用者が気軽に利用できて、複数社に登録もしやすい点も、大きな強みです。

最後に以下の見出しで、20代におすすめの転職エージェントを3社紹介します。

20代におすすめの転職エージェント

転職エージェントを活用するといっても、たくさんのサービスがあるよね。
どうやって選んだらいいのかな?

20代の転職者におすすめできるサービスは、以下の3つです!
  1. ウズキャリ(第二新卒に特化)
  2. リクルートエージェント(求人数が圧倒的に多い)
  3. マイナビ女性の転職(20代女性向け)

以下、それぞれのサービスの特徴を詳しく解説していきます!

20代前半・第二新卒に特化「ウズキャリ」

おすすめポイント

  • 「第二新卒」の転職に強い!
  • 紹介する求人は「ブラック企業を徹底排除している」ので安心
  • 書類や面接対策、キャリアアドバイスなどのサポートが完全無料

ウズキャリでは、第二新卒・既卒・フリーターの方を中心に転職支援を行っており、第二新卒の採用市場を完全に熟知しています。

そのため、多くの20代にとって、相性の良い転職エージェントといえるでしょう。

また「個別サポート時間の長さ」もウズキャリの大きな強みです。

就活対策が数時間で終わってしまうエージェントもある中で、ウズキャリでは「平均24時間」と圧倒的な時間をかけて、あなたに必要な個別サポートを提供しています。

「転職したいが、何をしたらいいか分からない」という方は、ぜひ気軽にご相談ください。

圧倒的求人数の「リクルートエージェント」

おすすめポイント

  • 40年以上の歴史を誇る「信頼と実績が豊富」なエージェント
  • 圧倒的な保有求人数・非公開求人数を持っている
  • 全業種・全職種を取り揃えている

リクルートエージェントは、とにかく求人数が多く、全業種・全職種に対応できます。

さらに、土日も転職相談を受け付けており、働きながらの転職活動もしやすいです。

そのため「まだやりたいことが分からない」「転職するかどうかも迷っている」という人でも、気軽に利用できます。

また、全国16か所に拠点があるので「地元で働きたい」など、希望勤務地に対して融通が利きやすい点も強みです。

20代女性におすすめ「マイナビ女性の転職」


マイナビ女性のLPキャプチャ

おすすめポイント

  • 「女性の働きやすさ」を最優先したエージェント
  • 「第二新卒の女性」は特に相性が良い!
  • 取扱求人数も多い

マイナビ女性の転職エージェントは「キャリアアップ&年収アップを目指す女性を支援する」ことに力を入れています。

出産・子育てを考える人は、キャリアプランについて悩むこともあるでしょう。

そんな女性特有の悩みを理解し、仕事との両立をサポートしています。

20代の女性で「これからもやりがいを感じられて、長く働ける仕事を探したい」という人には、特におすすめの転職エージェントです。

このように、転職エージェントは特徴や強みが異なるので、自分に合った転職エージェントを選ぶことが大切です。

転職エージェントは複数登録しても問題ありませんので、まずは気軽に興味のあるところに登録し、相談してみましょう。

  1. 転職に失敗する人の特徴を理解する
  2. 転職エージェントを上手く活用する

この2つができれば、きっと失敗しない転職活動ができるでしょう。

いかがでしたでしょうか?今回の記事が少しでも転職活動の役に立てば幸いです。

もし転職活動で少しでも不安に感じることがある場合は、是非、丁寧なキャリアカウンセリングをすることを徹底しているウズキャリへご相談をお待ちしております。

20代の転職なら「ウズキャリ」がおすすめ!

ウズキャリのおすすめPOINT

  • 紹介する求人はブラック企業を徹底排除しているので安心
  • 書類・面接対策、キャリアアドバイスなどのサポートが完全無料
  • 他社の10倍時間かける丁寧なカウンセリングが特徴
この記事に登場したキャリアカウンセラー

川畑翔太郎

「第二の就活」を運営する株式会社UZUZの専務取締役。
1986年生まれ、鹿児島県出身。
九州大学にて機械航空工学を専攻後、新卒で住宅設備メーカーINAX(現:LIXIL)に入社し、商品開発や製造に携わる。
キャリアチェンジのためにUZUZの立ち上げに参画。今まで就職・転職をサポートしたのは累計1,500名以上。
現在はキャリアカウンセラーだけでなく、ウズウズカレッジ運営や企業ブランディングを担当している。

UZUZってなんなの??

みなさん、はじめまして!「第二の就活」を運営している「UZUZ」といいます。

私たちは20代に特化した就職・転職エージェント

  • 経歴だけで判断しない“あなたの強み”が活かせる求人紹介
  • プロだからわかる就活情報の提供
  • あなただけのオーダメイド面接対策

などなど、モットーは“手厚すぎる就活サポート”です。
内定をゴールにせず「就職後も生き生きと働けること」を大切に年間約15,000人のキャリア相談に乗っています。

おかげさまで創業以来

  • 書類選考通過率87%以上
  • 就職・転職成功率86%以上
  • 入社後の定着率95%以上
UZUZってなんなの??

業界でも高い数字を維持することができています!

もし今あなたが就職や転職に悩みを抱えているならぜひ私たちにお手伝いさせてもらえませんか?

どんなことでも、全力でサポートいたします!

Page Top