20代の未経験職種の選び方って?

社会人としての生活がスタートしたものの、

  • 他の仕事もしてみたくなった
  • 今の仕事は自分には向いていない気がする
  • 今いる業界に将来性を感じない

などの理由から、未経験の仕事への転職を考える20代は少なくありません。

仕事の吸収も早く、まだまだこれからキャリアが積める20代は、他の世代と比較しても転職する際の選択肢が多く、未経験の仕事へチャレンジすることは十分に可能です。

うん!せっかくの人生、いろんなことにチャレンジしてみたい!

とは言っても、やはり未経験の仕事への転職は勇気がいるもの。

転職経験者たちがどのようにして未経験の仕事に就いたのかは気になるところですよね。

そこで今回は、20代で未経験の仕事に転職した方たちの事例などを参考に、未経験の仕事への転職について深く掘り下げたいと思います!

未経験職への転職は20代のうちがいいって本当?

未経験職への転職ってやっぱり20代のうちにしておくべきなの?ネット上にはそう書かれていることが多いけど

必ずしも20代でなければ、ということはありませんよ!ただ、やはり20代の方が転職には有利だとは思いますね

未経験職への転職について調べていて「20代のうちに!」「30代でも可能?」といったワードが目についた方も多いのではないでしょうか。

実際のところいつ行動に移すべきなのか、転職のベストタイミングについて考えてみましょう。

未経験職への転職は20代のうちがいいと言われる理由

一般的に「未経験職の転職は20代のうちがいい」とされる理由として、主に次のことが挙げられます。

  • 実績よりもポテンシャルで採用されることが多い
  • 先に入社した同年代に追いつきやすい
  • 身動きが取りやすい

多くの企業において、30代はこれまでの実績から管理職に就く人が現れ始め、転職においても即戦力となる人材が求められます。

しかし、一般的に20代は経験を積む時期と考えられおり、採用にあたっても経験や実績ではなく「活躍が期待できるかどうか」というポテンシャルで採用されることの方が多いのです。

また、20代であれば新卒で入社した社員との経験差が少なく、頑張り次第では同年代に追いつくことも可能です。

さらに、日本においては平均初婚年齢が男女ともに30歳前後であるため単身者の割合も高く、転職する人も企業にとっても勤務地などの制約が少ないというメリットがあります。

20代後半より前半の方が良い?

同じ20代でも、やっぱり20代後半より前半の方が未経験職への転職には有利なの?

一般的に、学校を卒業してからおよそ3年以内の人であれば、第二新卒枠を狙える可能性もあることなどから、20代前半の方が未経験職への転職は有利とされる傾向があります。

しかし、企業によっては20代前半であっても転職回数が多いと「また辞めるのでは」とマイナス評価となることがあります

また、異なる業界や他業種であっても、ある程度の社会人経験を積んだ人の方が良い印象を持たれることもあるのです。

前職で身に付けたPCスキルや対人スキルなどは、新しい分野でも生かせるケースは多いので、20代後半だからこそアピールできる経験を生かした転職活動を行うと良いでしょう。

なるほど!強みがあるなら生かさない手はないね!

みんなは何を重視して転職先企業を選んでる?未経験分野には挑戦できそう?

20代なら転職先の選択肢も多そうだね!でもみんな何を重視して転職先を探しているのかな?

未経験者を歓迎している企業は意外と多いものの、転職となると「次こそは長く働きたい!」と慎重に考えてしまうものです。

ここからは、実際に20代の意見を参考に転職先企業について考えてみましょう。

みんなが転職先を選ぶときに基準にしていること

エン・ジャパン株式会社が行った「20代の転職・仕事観 意識調査2019」によると、20代が転職先を選ぶ際に特に重視している点は次の3つでした。

20代が転職する際に重視していることTOP3

  1. 仕事内容(82%)
  2. 勤務地(81%)
  3. 事業内容(76%)

また、同調査によると20代は30代前半の人と比較すると、次のように「裁量の大きさ」や「評価制度」などを重視する割合も高いようです。

裁量の大きさ評価制度社会貢献度給与休日
20代51%43%51%73%69%
30代前半35%30%40%62%58%

これらのデータから推測されるのは、20代では勤務地や待遇面といった生活の軸となる部分も重視はするものの、仕事内容ややりがい、企業が何をしているかといったことを強く意識している点でしょう。

安定しなくてもいい……とまではいかなくても、これから長く働き続けられるモチベーションを転職先にに求めているのかもね!

みんなが感じた企業の採用基準とは?

また、ある調査では、初めて転職活動を行った人が企業の採用基準において、特に「関係がなかった」と感じたのは次の3つだったこともわかっています。

企業の採用条件で関係ないと思った点

  1. 資格の有無
  2. 学歴
  3. 年齢

(参考:株式会社リクルートキャリア/「初めて転職した人」に聞いたアンケート)

ええっ!どれもすごく影響ありそうなのに!

業界や企業によって差はあるものの、中途採用では新卒採用と違って学歴や資格などがそれほど採用に大きな影響は与えないことも珍しくありません。

重要なのは、学校を卒業してから社会人としてどのような経験をしてきたか、仕事に対してどのように取り組んできたかという点なのです。

年齢についても、企業が「欲しい!」と感じる人材であればあまり関係ないといえるでしょう。

いざ未経験分野に!20代のみんなが転職先を決めた理由とは?

中途採用の場合は、選考も内定後も流れが速いって聞くけど……

はい、面接を行ってから1週間程度で合否がわかることも多いですよ!

意思決定までの時間が短くなりそうでなんか不安だなぁ……

新卒採用とは異なり、中途採用では選考期間が非常に短いという特徴があります。

書類選考、面接ともにそれぞれ1週間程度で選考結果が出るケースが多く、採用となった場合には遅くとも2週間以内には入社の意志を伝えるのが一般的です。

転職活動では「転職に失敗したくない」と慎重になる気持ちと「早く新しい仕事に就きたい」という焦る気持ちとの間で揺らぎ、最終段階で悩む人も多いものです。

そこで、実際に転職をした人が転職先を選んだ際の決め手について見てみましょう。

みんなが転職先を決定した理由

株式会社リクルートキャリアが初めて転職活動を行った人にアンケートをとったところ、入社の意思決定に役立ったことの上位3つは次のような結果となったそうです。

入社の意思決定の役立ったことTOP3

  1. 企業から評価内容を聞けたこと
  2. 配属先の上司と仕事の進め方や裁量について話し会えたこと
  3. 将来のキャリアパスが明示されたこと

(参考:株式会社リクルートキャリア/「初めて転職した人」に聞いたアンケート)

この中でも「企業から評価内容を聞けたこと」を理由にした人の割合は圧倒的に多く、企業が自分のことを評価してくれており、なおかつ自分自身も転職先で活躍できることを期待して入社を決定していることがわかります。

さらに、配属先の上司と仕事についての具体的な話ができることや、キャリアパスがはっきりとしている点も、安心して入社の意志が固められたきっかけとなっているようです。

たしかに、納得のいく評価をしてくれたり、入社後のビジョンが見える会社なら入社後のミスマッチも少なそうだよね!

未経験分野への転職を成功させるコツ

転職を成功させるには、企業の自分に対する評価や入社後のビジョンをはっきりと理解しておくことが大切です。

また、未経験分野にチャレンジする場合には、以下のポイントをおさえておくことで、転職の成功率をアップさせることができるでしょう。

転職の成功率をアップさせるコツ
  • その職種で必要な基本的なスキルを身に付ける(例.事務職=PCスキルなど)
  • 自分を受け入れてくれる企業を根気よく探す(例.人柄重視など)
  • 新しい分野でも生かせる自分の強みを見つける(例.ストレス耐性が高い=営業職など)

自分の強みや適性を知る方法については後ほどご紹介します!

20代で未経験職への転職希望!今やるべきことは?

未経験職への転職、俄然やる気がでてきた!よし、退職だ!!

ちょっと待ってください!今の仕事を続けながらでも転職の準備はできますよ!落ち着いてください!

あっ、ハイ……スミマセン……

中途採用では「ある部署に欠員が出た」「プロジェクトのメンバーが急遽必要になった」など、その時にしか出会えない募集もあり、まさに‟ー期一会”となるケースも少なくありません。

そのため、転職活動ではフットワークの軽さも求められますが、例えば新卒で入社後、1年未満など短期間で退職してしまった場合などは、得られるスキルが少なかったり、選考時に「またすぐに辞めるのでは」とマイナス評価になることもあります。

現在の仕事を続けながらでも、転職活動に役立てられることはたくさんありますので、まずはできることから始めてみましょう。

自分の強みを見つけよう

転職活動をする上で、資格や学歴、年齢は実はそれほど影響力を持っていないことが多いとお伝えしました。

とはいえ、企業にとって魅力的な人材でなければ、当然採用はされません

特に20代で未経験職種へチャレンジする場合には、ポテンシャルが重視されるため、資格や学歴ではない、

  • 話を聞くのが上手
  • コツコツと努力するのが得意
  • 勉強が好き
  • いつも笑顔で応対できる

など、生まれ持った資質や才能をうまくアピールすることが重要になってきます。

しかし、こうした自分の強みというのは意外にも自分では気付かないことが多いのも事実。

そこでおすすめしたいのは、第三者に自分の強みや適性を見つけてもらう方法です。

もちろん、家族や友人から話を聞いてみるのもひとつの手ですが、例えば就活のプロである就職エージェントなどでは、 就活向けの強みや適性を見つけることができるため、非常におすすめです。

身内よりも客観的に判断してもらえるし、率直な意見がもらえそう!

みんなも転職活動で強みって意識してるの?

でも、ぶっちゃけみんな自分の強みを意識して就活してるの?

株式会社リクルートキャリアが始めて転職をした人に行ったアンケートによると、転職活動前から自分の強みを意識していた人は94.5%で、ほとんどの人が自分の強みを意識していることがわかります。

えーーー!!みんなすごいな!!

さらに同アンケートでは、75.2%の人が転職活動を通じて自分の強みに気づいたとも答えています。

えっ!?転職活動中に?いつ気づいたのよ!ちょっと教えなさいよ!!

なお、転職活動中に自分の強みに気づいたきっかけとしては次の2つが圧倒的に多くなっています。

転職活動中に自分の強みに気づいたきっかけ

  • これまでの自分の業務経験を振り返って
  • キャリアカウンセラーなど第三者との対話から

(参考:株式会社リクルートキャリア/「初めて転職した人」に聞いたアンケート)

第三者による視点というのは先にお伝えしたとおりですが、これまでの自分の業務経験も自分の強みを知る大きなヒントとなります。

例えば自分がよく任されていた仕事や、他の人より早く片付けられていた仕事、楽しかった仕事、自分に割り振られた担当など、今までの業務をじっくり振り返ってみると良いでしょう。

まとめ

同世代がすでにスタートを切り、活躍している世界へ飛び込んで行くことはとても勇気のいることですし、晴れて未経験職に就くことができても、そこからは切磋琢磨の日々が続きます。

しかし、同時にそれはあなたの可能性を引き出すチャンスでもあり、違う職種を経験しているあなただからこそ見える景色もあるはずです。

繰り返しになりますが、20代の未経験職への転職では、資格や学歴よりもあなたのポテンシャルが成功のカギとなります。

これまで経験してきた業務の振り返りや、第三者による客観的な視点から、あなたの強味を見つけて自信を持って新たな世界へチャレンジしてみましょう!

UZUZでは未経験職への転職はもちろん、20代の就活を全面的にサポートしています。

じっくりと時間をかけて行うキャリアカウンセリングでは、あなた自身も気づいていないアピールポイントを見つけ、さらにあなたの強みが活かせる求人のご紹介も可能です。

未経験職での内定実績も多数ありますので、ぜひ一度私たちにご相談ください!

サービス詳細は、コチラからチェックしてくださいね。

この記事に登場したキャリアカウンセラー

林 綾馬
過去に「ベンチャー企業での飛び込み営業」「外資系ITメーカーでのパートナーセールス」を経験。

現在は、ITの専門知識と営業経験を生かしたキャリアカウンセラーを実施している。

UZUZのムードメーカー的存在で、相談のしやすさ・話しやすさはピカイチ。

林にキャリア相談したい方は、こちらから登録をお願いします!

林の詳しいプロフィールはこちら

UZUZってなんなの??
すっきりしている男性

「第二の就活」を運営するUZUZは、
20代に特化した就職/転職エージェントです。

創業から7年がたち、これまでサポートしてきた方は、約6万人!

もちろん、ただサポートしているだけではありません。

UZUZの実績紹介
  • ESなどの"書類通過率80%"越え
  • 面接からの"内定率85%"越え
  • 入社後1年間の"定着率90%"越え

以上のように業界内でも特に高い実績が残せている自負があります!

下のボタンより、詳しいサービス説明を見ることができるようしました。

私たちと一緒に内定を勝ち取りませんか?

おすすめの記事