20代の第二新卒・既卒・フリーター向け就職/転職サイト

アフターコロナの就職/転職はお任せあれ!
テレビ通話・お電話でのキャリア相談を実施しています

20代が未経験職種に転職のベストタイミング!注意点や成功のコツも紹介

20代で未経験職種への転職がしたい女性

社会人としての生活がスタートしたものの、

  • 他の仕事もしてみたくなった
  • 今の仕事は自分には向いていない気がする
  • 今いる業界に将来性を感じない

などの理由から、未経験の仕事への転職を考える20代は少なくありません。

仕事の吸収も早く、まだまだこれからキャリアが積める20代は、他の世代と比較しても転職する際の選択肢が多く、未経験の仕事へチャレンジすることは十分に可能です。

うん!せっかくの人生、いろんなことにチャレンジしてみたい!

とは言っても、やはり未経験の仕事への転職は勇気がいるもの。

そこで今回は、未経験の仕事への転職について深く掘り下げたいと思います!

20代の未経験転職なら「ウズキャリ」がおすすめ!

ウズキャリのおすすめPOINT

  • 紹介する求人はブラック企業を徹底排除しているので安心
  • 書類・面接対策、キャリアアドバイスなどのサポートが完全無料
  • 他社の10倍時間かける丁寧なカウンセリングが特徴

未経験への転職は20代のうちが良い理由

落ち込んでいる男性

未経験職への転職ってやっぱり20代のうちにしておくべきなの?ネット上にはそう書かれていることが多いけど

必ずしも20代でなければ、ということはありませんよ!ただ、やはり20代の方が転職には有利だとは思いますね

未経験職への転職について調べていて「20代のうちに!」「30代でも可能?」といった言葉が目についた方も多いのではないでしょうか。

一般的に「未経験職の転職は20代のうちがいい」とされる理由として、主に次のことが挙げられます。

  • 実績よりもポテンシャルで採用されることが多い
  • 先に入社した同年代に追いつきやすい
  • 身動きが取りやすい

多くの企業において、30代はこれまでの実績から管理職に就く人が現れ始め、転職においても即戦力となる人材が求められます。

しかし、一般的に20代は経験を積む時期と考えられおり、採用にあたっても経験や実績ではなく「活躍が期待できるかどうか」というポテンシャルで採用されることの方が多いのです。

また、20代であれば新卒で入社した社員との経験差が少なく、頑張り次第では同年代に追いつくことも可能です。

さらに、日本においては平均初婚年齢が男女ともに30歳前後であるため単身者の割合も高く、転職する人も企業にとっても勤務地などの制約が少ないというメリットがあります。

20代で未経験職種へ転職するときの注意点3つ

じゃあやっぱり転職するなら20代の方が良さそうだね!よし、ガンガン行くぞ!!

ちょっと待ってください!とはいえ「20代なら無敵」というわけではないので、注意すべきポイントはしっかりとおさえておかなければいけません!

先にお伝えしたとおり、即戦力が求められがちな30代以降と比較すると、場合によっては第二新卒枠を狙える20代の方が、就活をするのにはベストタイミングといえます。

とはいえ、次のような注意点もありますので、やみくもに就活を進めるのではなく、戦略的に就活を進めていくことをおすすめします。

1.できるだけ結果を残しておく

例えば20代で未経験の業界や職種への転職を目指す場合でも、「未経験だから何も実績がないのはしょうがない!」などと考えるのはやめましょう。

最初にお伝えしたとおり、20代はポテンシャルで採用されることが多いもの。

そのため、仮に転職を目指す企業がこれまでとは全く違う業界・職種であっても「この人は前職ではここを頑張っていたんだ」と知ってもらうことが大切です。

さらに、20代でもとくに20代前半の場合は短期離職であることが多いため、「またすぐに辞めるのでは?」というイメージがどうしてもつきまとってしまいます。

理想としては、前職を退職する前に些細なことでも構わないので何か結果を残しておくことです。

売上を◯%アップさせた」といった数値化できるものでなくても、「最初は◯◯ができなかったけど△ヶ月かけて◯◯ができるようになった」といったものでも構いません。

とにかく、前職でも自分の職務を全うして退職したということをアピールできるように努めましょう。

2.転職の準備をおろそかにしない

もしあなたが「まだ20代だし、新卒の時と同じように就活すれば大丈夫でしょ!」のように考えているのであれば注意が必要です。

第二新卒枠が使える可能性があるにしても、「まっさらな新卒の20代」と「一度就職したのに辞めた20代」では、企業へ与えるイメージは大きく異なります。

特に、退職理由や転職理由については新卒の時には考えることのなかった項目です。

「これまでのことを踏まえた上でどうしたいのか」という点を、相手が納得できる形で明確にしておかなければなりません。

また、面接の対策においても、一度社会人としての経験もあるため、社会人としての基本的な立ち居振る舞いができるよう落ち着いた態度で臨めるようにしたいところです。

3.同じ20代でも後半になるほど就活は厳しくなる

同じ20代であっても、20代前半と20代後半では就活の難易度も異なってきます。

特に未経験の業界や職種に転職を希望する場合は、20代前半であれば頑張り次第で新卒入社した人に追いつくことも難しくありません。

一方で20代後半の場合は、新卒入社した人とかなり年数の開きがあり追いつくことが容易ではないでしょう。

そのため、未経験者を採用するなら「20代前半が良い」と思っている企業も多いのが現実です。

また、20代後半となると、ベンチャー企業などでは管理職に就く人も出始める時期ですので、20代といえども実績が求められることも少なくありません。

就活を始めるタイミングが遅いと、就活をしている間に30代になってしまい、就活の難易度がグンと高くなる可能性もあります。

20代で転職をしたいと考えるのであれば、できるだけすぐに転職活動をすることをおすすめします。

20代「前半」で未経験職種を受けるときに求められること

実は同じ20代から未経験職種への転職を目指すといっても、20代前半と20代後半では企業側が求めるものは違います。

え!?同じ20代でも違うの??

まずは20代「前半」から紹介していきますね!

20代前半で未経験職種を目指す場合、企業に求められるのは主に次の3点です。

  1. ポテンシャル(伸びしろ)
  2. 社会人としての基本的なマナーやスキル
  3. 前職での経験

冒頭でもお伝えしたとおり、20代前半の場合は企業側も特別なスキルや経験は求めていません。

20代前半の場合、物事に向かう姿勢が積極的であったり、コミュニケーション能力に長けているとわかるような「この人は伸びそう」という印象を企業側に持ってもらえることが大切です。

次に、新卒ではない20代の未経験者を企業が採用するメリットとして、「社会人としてのいろはを教える必要がない」という点が挙げられます。

社会人としての基本的なマナーを新卒に伝えることは、意外とコストがかかっているもの。

一度社会人になっている若手の場合、その基本的マナーの教育コストがかかりません。

新卒とほぼ同じような20代前半の若者を採用しても教育コストがかからない点は企業にとって、メリットにもなります。

また、前の項目でも少し触れましたが、未経験職種への転職であっても、企業は「前職でどんなことを身に付けたのかな」ということに関しては興味があります。

なぜなら、業務内容は全く違っていたとしても、その人の仕事に対する姿勢には共通する部分があるからです。

そのため、応募や面接の際には「未経験職種だから前職のことは関係ない」と割り切ってしまわずに「前職の経験から何か利用できることはないか」を考えましょう。

「資格を取得した」=「何事にも真面目に取り組む印象になる」など、何かしらアピールポイントに繋がるはずですよ。

20代「後半」で未経験職種を受けるときに求められること

では、反対に20代後半から未経験職種を目指す場合、企業は求職者に何を求めているのでしょうか。

ここまでの流れからして、そもそも20代後半っていう時点でハードルが高そうだけど…。

たしかに求められるものは違いますが、逆に言えばそれを持ち合わせていれば採用される可能性も高まるということです!諦めずにいきましょう!

次に、20代「後半」で未経験職種を目指す場合、企業は20代「前半」に求めることに加えて、次の点も重視するようになる傾向があります。

  • きちんとした将来のビジョン
  • 前職で残した成果
  • ポータブルスキル

20代前半の転職であれば、これから成長していくための時間がある上に、一種の「若気の至り」のようなものとして、転職に至った経緯も受け入れてもらいやすいものです。

しかし、20代後半から未経験職種を目指すとなると、企業側も「もっと早くに転職は考えなかったの?」「行き当たりばったりで行動しているのでは?」といった疑問を抱きやすくなります。

そのため、20代後半で未経験職種に転職を考えるのであれば、企業側の不安や疑いを払拭できるだけのきちんとした将来のビジョン・キャリアプランを持っておくことが大切です。

また、20代後半の場合は、未経験職種への転職であっても前職で残した成果は重要視されます。

20代後半の場合、何年間か前職で勤務しているわけですから、何かしら成果が出ていない場合、企業からは「その期間何をしていたんだろう?」と思われてしまいます。

  • 成果がある場合:「どの仕事でも頑張って結果を出してくれるのではないか」
  • 成果がない場合:「うちの会社に入社しても何年たったら成果を出してくれるのかわからない」

このように企業が思ってしまうのは当然のことです。

さらに、全く異なる職種であっても、前職で得たスキルが全く生かせないわけではありません。

例えばコミュニケーション能力や事務処理能力など、未経験職種であっても根底の部分で生かせるスキルは何かしらあるものです。

それらはポータブルスキルと呼ばれ、どんな仕事でも持ち運び可能なスキルのことを指します。

未経験職種で新しく働く場合、ポータブルスキルがあるに越したことはありません。

最低限ポータブルスキルがあるかどうかは、企業も注意して採用をしています。

20代で未経験職種へ転職成功するためのコツ

20代だから転職が必ず上手く行くってわけではなさそうだけど、未経験職種を狙うならやっぱり20代の今がチャンスだよね!

そう!もちろん20代のうちにしか未経験職種を目指せない…なんてことはないですが、未経験職種を狙うなら圧倒的に20代が有利です!

このチャンス絶対に逃したくない!

20代前半の方であれば「これ以上就職で失敗したくない」と思いますし、20代後半の方であれば「絶対に転職を成功させたい」と思うはずです。

世の中には「諦めなければ年齢なんて関係ない」ということもたくさんあるのは事実ですが、こと転職に関しては年齢は大きな影響を与えるものです。

そこで、ここからは20代で未経験職種への転職を成功させるためのコツについてご紹介していきます!

コツをしっかり掴んで、せっかくのチャンスを無駄にしないように頑張りましょう!

コツ1.同じ業界で違う職種に転職する

たとえ未経験者を歓迎している場合であっても、やはり正直なところ少しでも自社の業務に関連する知識やスキルを持つ人を採用したいというのは多くの企業の本音でしょう。

そのため、「今いる業界は好きだけど、違う職種で働きたい」といった気持ちがあるのなら、業界という軸を変えずに転職を検討してみる方法もおすすめです。

同じ業界であれば、全くの未経験とはいえないため就活にも有利ですし、経験やスキルを活かしながら、年収の高い職種へシフトチェンジしやすいというメリットがあります。

何か決定的な理由があり全くの異業種や異業界への転職を目指すのであればやはり20代のうちでもなるべく早く就活を始めた方が良いでしょう。

しかし、例えば転職の理由が「給与をアップさせたい」「将来が不安」など、職種や業種に不満があるわけではないのなら、少し「軸をずらす」ようなイメージで転職を考えてみることをおすすめします。

コツ2.自己分析は徹底的に行う

基本的に20代は他の年代と比較すると未経験であっても転職しやすいのは事実です。

ですが、いくら未経験で転職しやすかったとしても、転職を繰り返せばその後の就活がどんどん不利になっていきます。

そのため、転職を希望するのであれば、自己分析を徹底的に行い「自分は転職によってどうなりたいのか」というなりたい将来像を明確にしてから仕事を選ぶことをおすすめします。

具体的には、転職先に何を求めるのかという優先順位をつけてみるという方法も、就活をスムーズにし、転職後のミスマッチを防ぐためにも有効な手段です。

また、大切なことを忘れてはいけません。

転職は内定をもらうことがゴールではなく、転職後にも楽しく生き生きと働けることではないでしょうか?

「自己分析がちゃんとできるか不安」「次こそは転職に失敗したくない」「次の会社こそ長く働きたい」と言う方は、転職エージェントに相談してみる方法もおすすめです。

コツ3.転職理由をネガティブに言わない

20代で未経験職種に転職する場合、面接などの場面でついつい言ってしまいがちなのが「自分にはあの仕事は合わなかった」「想像していた以上に業界全体がハードな環境だった」といったネガティブな転職理由です。

例えば前職が違法なことをしているなど明らかにブラック企業で、そのことで心身に支障がきたしてしまいそうで退職したような場合は例外ですが、そうでない場合は注意が必要です。

正直なところ、一般的に転職を考えるのにはネガティブな理由がどこかにあるからなわけで、完全にポジティブな理由で転職を考えることは稀です。

そして、転職理由の背景にネガティブな理由があることは採用する側もおおよそは理解しているものです。

ただ、たとえそうであっても、ネガティブな理由のまま相手に伝えることはやめましょう。

企業側が見ているのは「前職の経験(=就職に失敗してしまったこと)をどのように考え、これからの働き方(人生)にどのように活かそうと考えているか」という点です。

就活では基本的に転職理由はポジティブに変換して伝えるものであるということを覚えておきましょう。

20代未経験でも挑戦しやすい職種

20代で未経験職種への転職を目指すっていっても、どんな職種でも頑張れば転職できるっていうわけではないよね!?

そうですね、やはり大企業なんかだと「新卒しか採用しない」というケースもありますし、一概に20代だからOKとは言えないですね!

だったら反対に、20代未経験でも挑戦しやすい職種もあるってこと!?

20代で未経験職種への転職を目指す人の理由はさまざまかと思いますが、中には「できるだけ早く転職を成功させたい」「将来を考えても需要の高い職種に転職したい」と考える人もいるでしょう。

そこで、ここからは20代未経験でも挑戦しやすい職種をご紹介します。

(1)「営業職」

営業職は、もちろんコミュニケーションスキルや人間性は重視されるものの、専門的なスキルというものはあまり求められず、その企業ごとのやり方を覚える形になります。

また、年齢を重ねてスキルをどんどん積み上げていくというよりも、数字を出すこと、実績を残すことが重視されるため、20代かつ未経験からでも挑戦しやすい職種といえます。

20代~30代での営業職の平均年収はおおよそ300万円台半ば~400万円台後半程度で、営業職と一口に言っても、どのような業界の営業職に就くか、インセンティブの割合がどれくらい高いかによっても異なってきます。

営業職というと「何かを売り込む」というイメージが強いかもしれませんが、相手が個人なのか、企業なのかによってもその内容は異なってきます。

相手が個人であれば、その商品を購入することでどのようなメリットが生まれるのかといったことをアピール、販売や契約に繋げることが一般的です。

一方、相手が企業であれば、企業の問題を自社の製品やサービスによってどのように解決できるか、といったことを提案しながら一緒に課題を解決していくようなイメージであるといえるでしょう。

(2)「ITエンジニア職」

ITエンジニア職とは、その名のとおりIT(情報技術)を取り扱う技術者のことをいいます。

ITというと理系のイメージが強いかもしれませんが、実は文系出身のITエンジニアも多く存在しています。

さらに、IT業界全体として常に需要が高い状態が続いており、将来的にも需要があると予想されているため、慢性的な人手不足の状態に陥っています。

そのため、ITに関する基本的な知識は求められるものの、未経験であっても20代であれば挑戦しやすい職種です。

20代~30代でのITエンジニア職の平均年収は300万円台半ば~500万円台後半程度となっており、持っているスキルが活かせるかどうかによっても年収に差が出てくることが多い傾向にあります。

なお、ITエンジニアにはシステムの設計や製造、テストなどを行う「システムエンジニア(SE)」をはじめ、プログラミング作業を行う「プログラマー」、サーバーをメインで扱う「サーバーエンジニア」。

さらに、ネットワークの設計から保守までを行う「ネットワークエンジニア」や、電子機器などのコンピューターの制御を行う「組み込みエンジニア」などの職種があります。

(3)「販売職」

販売職も、営業職と同様にコミュニケーションスキルや人間性が重視される職業のため、20代の未経験者でも比較的活躍しやすい職種です。

また、販売と一口に言ってもどのような製品を扱うかや、ブランドなどによって販売方針や販売方法のやり方も大きく異なるため、企業ごとにマニュアルが確立されていることがほとんどです。

アルバイトなどで販売の経験があれば就活にはより有利に働きますが、そのような経験がなくても、マニュアルに沿って仕事を覚えていくスタイルが基本となりますので、未経験者にはおすすめの職種といえます。

なお、20代~30代での販売職の平均年収は200万円台後半~300万円台半ば程度といわれています。

しかし、自動車販売や百貨店店員など場合は年収は比較的高い傾向にあるため、何を販売するかによっても大きく差が出ることが予想されます。

未経験職種への転職を考えるのであれば、やはり20代のうちに就活をしておくことをおすすめします。

しかし、例えば未経職種であっても同じ業界である場合などは、ある程度前職で実績を積んでおいてから就活をした方が有利に働く場合があります。

いずれにせよ、未経験職種への転職を希望するのであれば、「20代だからどうにかなる」と楽観視せず、ポイントをおさえた戦略的な就活が成功へのカギとなります。

  • 初めての転職活動で不安
  • 自分は本当に転職すべきなのだろうか
  • 未経験職種への転職をしたいが、就活の進め方がわからない

など、20代の転職でお悩みなら是非一度私たち転職エージェントウズキャリまでお気軽にご相談ください!

ウズキャリではキャリアカウンセリングをはじめ、あなたに最もマッチするお仕事の紹介や、就活のサポートなどを行っています。

サービスは全て無料オンラインによるカウンセリングも行っておりますので、気になる方は是非チェックしてみてくださいね!

第二新卒の転職なら「ウズキャリ」の利用がおすすめ!

ウズキャリのおすすめPOINT

  • 紹介する求人はブラック企業を徹底排除しているので安心
  • 書類・面接対策、キャリアアドバイスなどのサポートが完全無料
  • 他社の10倍時間かける丁寧なカウンセリングが特徴

UZUZってなんなの??

みなさん、はじめまして!「第二の就活」を運営している「UZUZ」といいます。

私たちは20代に特化した就職・転職エージェント

  • 経歴だけで判断しない“あなたの強み”が活かせる求人紹介
  • プロだからわかる就活情報の提供
  • あなただけのオーダメイド面接対策

などなど、モットーは“手厚すぎる就活サポート”です。
内定をゴールにせず「就職後も生き生きと働けること」を大切に年間約15,000人のキャリア相談に乗っています。

おかげさまで創業以来

  • 書類選考通過率87%以上
  • 就職・転職成功率86%以上
  • 入社後の定着率95%以上
UZUZってなんなの??

業界でも高い数字を維持することができています!

もし今あなたが就職や転職に悩みを抱えているならぜひ私たちにお手伝いさせてもらえませんか?

どんなことでも、全力でサポートいたします!

Page Top