第二新卒の疑問

 
新卒で入った会社、なんか思ってたのと違う……

 
「1社に3年勤めて一人前」ってよく聞くけど、ちょっと限界。
3年未満での転職は不利?

 
周りに相談しても「もう少し今の会社で頑張ったら、楽しくなるよ」って言われるけど、違和感……

そんなことを考えながら調べていると「第二新卒 積極採用」「第二新卒 歓迎」のような求人をたくさん見つけて気になった、という方も多いのではないでしょうか。

気にはなるけど、「そもそも第二新卒って何なのか、いまいちわからない」という声もよく聞きます。

そこで! この記事では、

  • 第二新卒と呼ばれる人の定義
  • 転職できる可能性のある職種

などを解説します!

第二新卒とはいつまで?当てはまる年齢は?

 
第二 “新卒”と名付けられているだけあり、特別な知識やスキルがないけど、新卒のように就職し直せるチャンス?

 
就職したことがなくても第二新卒に当てはまる?

 
何歳まで第二新卒のカードが使えるんだろ〜

まずはこんな疑問をお持ちの方に、「第二新卒の定義とは」「何歳までなのか」などをお答えします!

第二新卒の定義

実は第二新卒には、明確な定義がありません。

……が、第二新卒の採用を行っている企業では一般的に「学校を卒業後に1〜3年程度の就業経験があり、転職を検討している人」を意味していることが多いです。

ちなみに、卒業後1〜3年以内でも就業経験がなく初めての就職を希望している人は「既卒」と呼ばれています。

年次は同じでも、「卒業後の就業経験の有無」が第二新卒と既卒の違いと言えるでしょう。

また、厚生労働省が発表した『若年者雇用を取り巻く現状』では第二新卒について以下のように触れています。

それぞれの企業の中で第二新卒の定義がある場合にはその定義によるものとし、特に定義がない場合は、学校(高校、専門学校、短大、高専、大学、大学院)卒業後、おおむね3年以内の者とした(学校卒業後すぐに就職する新卒者は除く。また、職務経験の有無は問わない)
引用元:若年者雇用を取り巻く現状

厚生労働省による第二新卒の定義はより広義で、既卒も含めて卒業後約1〜3年の人を指しているようです。

年齢的にはいつまでが第二新卒?

定義と同様に「第二新卒とは●●歳まで」と厳格な年齢の基準はありません。

ですが、卒業後約3年以内と考えると、

  • 高卒の第二新卒であれば21歳前後
  • 大卒の場合は25歳前後
  • 大学院(修士)卒であれば27歳程度

が範囲とされるでしょう。

また企業によっては学歴に関係なく、

  • 25歳以下まで
  • 30歳未満であればOK

のように年齢制限をかけている場合もあります。

 
意外とあいまいな基準なんだね!

第二新卒を生かして転職するベストな年齢

ここ数年、人材不足が謳われている影響もあり、積極的に第二新卒での転職者を受け入れる企業も増えています。

 
なんで第二新卒を採用するんだろう?

確かに気になりますよね。

企業が第二新卒を採用するメリットは、下記2つです。

  1. 就業経験があるため社会人としての基本的なビジネスマナーを持っているから
  2. 高い柔軟性を備えているから

それぞれ詳しく見ていきましょう。

メリット1:基本的なビジネスマナーを持っているから

一つは、就業経験があるため社会人としての基本的なマナーや、ビジネス感覚を持っていると期待されるから。

新卒入社者に一から教育するよりも手間・コストが抑えられ、早いうちに活躍する人材であることが望めるためです。

 
新卒で入社した時は、「名刺の渡し方」「おじぎの仕方」から、「飲み会でのマナー」なんてものまで叩き込まれたもんな〜

高い柔軟性を備えているから

二つ目に、高い柔軟性です。

 
ん? 柔軟性ってどういうこと?

たとえば新卒から5年以上、一社で働いてきた中途の転職者と比較するとわかりやすいです。

5年以上1社で働いてきた転職者は、

  • 前職の業界特有ルール
  • 仕事のやり方
  • 会社独自の文化

これらが染み付いている状態。

反面、経験が3年程度の第二新卒の場合は、転職先での新たな知識などを素早く吸収し、適応やすいと企業が捉えるのです。

 
なるほどね。
それで結局、第二新卒の転職に適した年齢はいつなの?

それはズバリ、勤続2〜3年目です!

理由は次の項目で説明します。

転職にベストな第二新卒は、なぜ勤続2〜3年目なの?

なぜなら新卒1年目で転職しようと思った場合、第二新卒のメリットである「基本的な社会人マナー」「ビジネス感覚」がまだ十分でないと判断されてしまうことが多いためです。

厳しい意見かもしれませんが、社会人1年目を採用するのであれば、まっさらな新卒を採用する方がメリットがあるという企業もあります。

2~3年目であれば学生気分も抜け、最低限のメールや電話のやりとりもスムーズにできるようになっている人が多いことでしょう。

また2~3年目の場合は、一社目の業界独特の慣習や仕事のスピード感などに染まりすぎておらず、異業界・異業種に移っても成長の伸びしろが大きいと考えられます。

スポンジのように吸収率が高い2~3年目のうちは、キャリアを仕切り直せるまたとないチャンスでもあるのです。

繰り返しになりますが、社会人年数を重ねすぎても仕事のやり方などが凝り固まってしまい、

  • 扱いづらい
  • 新たな環境に慣れて成果を出すまでに時間が掛かる

と企業から思われてしまうケースもあります。

業界や業種のキャリアチェンジを検討している場合は、社会人スキルが備わりつつも柔軟性のある「第二新卒」のタイミングがおすすめです!

第二新卒が転職できる業界や職種はある?公務員も可能?

経験値やスキルではなく、ポテンシャルが期待される第二新卒を比較的広く受け入れている業界や職種もあります。

あくまで一例ですが、以下のような仕事が当てはまります。

  1. IT業界
    …システム営業、SE、プログラマ、インフラエンジニア など
  2. Web業界
    …営業、制作ディレクター など
  3. 人材業界
    …広告営業、キャリアアドバイザー など

若手ならではの柔軟さを活かして、世の中の動きを敏感にキャッチしながら活躍している社員も多いイメージのある業界です。

時代の流れや新しいアイディアをいち早く取り入れ、対応していくことが求められる職種も多いように感じます。

また第二新卒は、民間企業だけでなく公務員への転職にも挑戦できる年齢でもあります。

試験と面接に合格することが条件になりますが、目安としては

  • 国家公務員は上限年齢を30歳まで
  • 地方公務員は上限年齢を29歳まで

としていることが多いです。

※受験する職種や、地方公務員の場合は自治体によって上限年齢が前後することもあります。

この年齢は「大卒一般枠」での受験が可能となり、比較的間口が広い状態で試験を受けることができます。

 
30歳以上は、公務員になれないの?

もちろん、30歳以上で公務員を目指すことは可能です。

この場合は、企業の中途採用枠と同様の「社会人経験者採用枠」で公務員試験を受けることになります。

ですが、この試験って「大卒一般枠」よりもかなりの“高倍率”となり合格の難易度が非常に高いです。

あなたが「公務員を目指したい!」と思っているのであれば、第二新卒の年齢から挑戦することをおすすめします。

第二新卒の定義を知って転職に生かそう!

この記事では、

  • 「第二新卒」の定義や年齢
  • 第二新卒での転職にベストな年齢や職種

についてお伝えしました。

意欲や人柄が重視される新卒時の就活とは違った観点も必要になることがおわかりいただけたでしょうか?

採用する側が第二新卒に求めるポテンシャルやマインドを知ったうえで、第二新卒ならでは就活戦略を立てていきましょう!

ただの新卒とは違う要素をアピールすれば、転職成功に近づけること間違いなしです。

 
第二新卒で転職をしたいけど、ちょっと不安……

そんな方は、どうぞUZUZまでご相談ください。

第二新卒の転職に特化したキャリアカウンセラーが二人三脚でサポートしますよ!

登録・相談はすべて無料です。

UZUZってなんなの??
すっきりしている男性

「第二の就活」を運営するUZUZは、
20代に特化した就職/転職エージェントです。

創業から7年がたち、これまでサポートしてきた方は、約6万人!

もちろん、ただサポートしているだけではありません。

UZUZの実績紹介
  • ESなどの"書類通過率80%"越え
  • 面接からの"内定率85%"越え
  • 入社後1年間の"定着率90%"越え

以上のように業界内でも特に高い実績が残せている自負があります!

下のボタンより、詳しいサービス説明を見ることができるようしました。

私たちと一緒に内定を勝ち取りませんか?

おすすめの記事