第二新卒から公務員になれる?もしくは公務員から民間に就職できる?

やっぱり、民間企業じゃなくって公務員を目指しておけば良かったかな……

このように考えている第二新卒の方へ。

実は、

  • 実は学生時代から公務員か民間企業かで迷っていた
  • 民間企業に就職してみたものの、「やっぱり公務員が良かった」と思っている

という人や、

  • 今は公務員だけど、「民間企業に入ってバリバリ働いてみたい」と思ったことがある

のような「民間→公務員」「公務員→民間」の転職希望者は、意外にも多くいるんです。

はたして、実際に「公務員⇔民間」への転職は可能なのでしょうか?

結論としては、
「民間→公務員」「公務員→民間」のどちらも可能です!

しかし、どちらもそれ相応の努力が必要

そこで今回は、

  • 第二新卒から公務員へ転職する際のポイント
  • 公務員から民間企業へ転職する際のポイント

についてご紹介します。

【第二新卒向け解説】公務員と民間企業の違いって?

そもそも、公務員と民間企業の違いってなんなの?

公務員と民間企業との違いについて、もっとも大きな違いは「誰から給料をもらっているか」という点。

公務員
国や地方公共団体(=私たちの税金)から給料が支払われている

民間企業
勤めている会社から給料が支払われている

そのため、自分自身がどのような目的で仕事をして給料をもらっているのか、根本的な意識が両者では違ってくるのです。

それでは公務員と民間についてさらに詳しくみていきましょう。

公務員

公務員は、特定の利益目的ではなく国民のために働いています。

国または都道府県や、市町村といった“地方公共団体”の公務に従事しています。

公務員は、

  • 大きくは国の機関に所属する「国家公務員」
  • 地方公共団体に所属する「地方公務員」

に分けられます。

民間

民間企業は、公的機関に属せず営利目的のために働きます。

公務員は税金が基になっているのに対し、民間では会社の利益や銀行からの融資、株式などを基に活動しています。

【第二新卒の転職】民間から公務員へキャリアチェンジしたい人へ

民間企業に就職したけれど、やっぱり公務員になりたい〜〜〜!

このように「民間企業に就職したけれど、やっぱり公務員になりたい」と考える人は少なくありません。

公務員への転職を考えた際、まず乗り越えないといけないのが「公務員試験」。

当たり前ですが試験に通過しなければ公務員にはなれません。

もし真剣にキャリアチェンジを検討している人は、民間に勤務しながら試験勉強ができるのかについてもよく考えた方がいいでしょう。

また、国家公務員・地方公務員共に職種によって

  • 申込期間
  • 試験の日程
  • 試験内容

も違います。

複数の職種を併願可能な場合もありますので、よく確認しましょう。

注意点としては、公務員の職種によっては年齢制限や学歴制限があるので、募集要項は必ず最新のものを確認するということ。

初歩的な確認漏れで試験の機会を失わないように、しっかり確認しましょう。

初歩的ミス、めっちゃやっちゃいそう。気をつけねば!

公務員になりたい理由ベスト3

民間企業で働いていた人が公務員になりたい理由は、おおむね以下の3つにあてはまります。

民間企業を辞めて公務員になりたい理由TOP3
第1位……生活を安定させたい/ワークライフバランスをとりたい
第2位……実家(地元)に戻りたい
第3位……会社(民間企業)のノルマがキツイ

実は、公務員への転職組には意外にも大企業や有名企業出身者が多くいます。

こうした人々に「なぜ公務員に転職したのか?」と話を伺ってみると、ある共通点が……。

それは「ワークライフバランスをとりたかった」という声です。

せっかく多くの面接をくぐり抜け憧れの民間企業に入社したものの、連日の残業で疲れ果ててしまうのです。

働きづめの生活を続けるうちに、人生を考え直したという声が多く聞かれました。

その他では、

  • 「地元の親の面倒を見る」という理由で故郷の自治体の公務員になる人
  • 「毎月課せられるノルマの消化がしんどくなり精神的に疲れたので公務員になった」

というケースです。

転職希望者にとって公務員は、

  • 給料は高額ではないけれど十分生活できるレベル
  • 福利厚生も手厚く、残業もそこまで多くない

というイメージを抱かれています。

このため公務員になりたいという希望になるようです。

公務員に向いている人は?

それでは、公務員に向いている人とはどんなタイプでしょうか?

一言で言えば、ズバリ「地味な仕事でもコツコツできる人」です。

民間では当たり前になっている

  • 仕事のスピード感
  • 合理性
  • スケール感
  • 仕事上接する刺激のある人々

なども、公務員になることで一気に世界が変わります。

公務員になると市民を相手にする仕事が中心になり、社会全体や市民生活を支える側になります。

こうした点からも、奉仕精神のある人が向いているでしょう。

その他には、

  • コミュニケーション力のある人
  • 協調性のある人
  • 空気が読める人
  • 責任感がある人

なども公務員の適性として挙げられています。

民間から公務員へキャリアチェンジできる人の特徴

民間企業から転職して公務員になるためには、公務員試験を経験します。

ほとんどの試験では面接も課せられています。

面接ではどういった面が見られているかというと、

  • ガツガツしすぎていないか
  • スタンドプレー好きではないか
  • コミュニケーション力があるか

など人柄をみているといえるでしょう。

公務員は前述した通り、国や地域のために働くことになるので、親身に明るく対応できるような人材が求められるのです。

民間から公務員へキャリアチェンジしたい人がすべきこと

何としても、公務員を目指したい!

そんな人は、早速公務員になるための準備を進めていきましょう。

これまでの解説を経て、おすすめの方法を下記の順序です。

公務員になるためのステップ
  1. 自分が公務員に向いているタイプなのかよく考える
  2. なりたい公務員の職種を決める
  3. 自分が応募資格があるのか確認する
  4. 試験に向けて勉強する

自分に向いている仕事に就くために、努力を重ねていきましょう!

【第二新卒の転職】公務員から民間へキャリアチェンジしたい人へ

頑張って公務員になったものの、やっぱり民間企業の方が向いていたのかもしれない……

そんな人に向けて、公務員から民間企業へのキャリアチェンジについてお伝えします。

実は、「公務員が民間へ転職する」というのは「民間から公務員への転職」よりもややハードルが高くなってきます。

理由としては、

  • 公務員は生産性が低い仕事をしている
  • ビジネスマナーがなってなさそう

というマイナスイメージをもたれやすい点があるから。

第二新卒として扱うにしても、どこまで戦力になるのか未知数でもあります。

つまり、今後公務員から民間へ転職を真剣に考える場合は、それなりの準備が必要となってくるのです。

ぐぐぐ……そうなのね……

民間に就きたい理由ベスト3

民間企業に就職したい理由の上位3位は以下のとおりです。

公務員から民間企業に就職したい理由TOP3
第1位……ビジネスで活躍したい
第2位……もっと収入を増やしたい
第3位……定期的な人事異動をしたくない

転職希望者の声を聞くと、

  • 公務員になったものの、思っていた仕事と違っていた
  • もっとチャレンジできる仕事をして力をつけたい

という声はよく聞かれます。

仕事へのやりがいを求めて、もう一度自分を奮い立たせてビジネスで活躍したいという人が多いようです。

また、

  • 公務員の給料にそれなりに満足していても、一般企業に就職した友人の給料を聞いて愕然としたことがきっかけ
  • 「定期的な人事異動」にストレスを感じ、一つの部署でずっと働き続けたいので転職したい

という人もいます。

企業が求めている人材とは?

では、企業側が求める公務員出身の人材とは一体どういう人でしょうか?

それは、仕事に対する能動的な姿勢

民間では、公務員とは違って利益を追求することが求められます。

公務員時代は国民が義務として税金を納めてくれましたが、民間では自分たちがお金を稼いでこなければならないのです。

だからこそ「仕事に対する能動的な姿勢」が必要になってくるんですね。

仕事の出来・不出来にかかわらず給料がもらえる公務員とは違い、民間では会社の発展につながる行動をとることが求められます。

そのためには、受け身で仕事をしそうな雰囲気の人は採用が縁遠い傾向があります。

民間企業では、新たな世界に挑戦する前向きさや力強いやる気が求められているのです。

公務員から民間へキャリアチェンジできる人の特徴

公務員から民間へのキャリアチェンジを成功させている人には、共通する特徴があります。

それは、

  • 能動的な姿勢
  • 民間に入りたい目的が明確な人
  • 他者に負けないような競争心がある人
  • 自分の失敗を素直に話せる人

などなど……。

さらに言えば、「最低限のビジネスマナー」や「社会人としての常識も必要不可欠」となってきます。

意外と重要なのは、その企業や商品、業務のことを勉強してきたという事実です。

いくら「御社が好きです」と口で言っても絵に描いた餅。

その会社では、

  • 何を扱っていて
  • どのような業務を行っているのか
  • 強みや弱みはどこか

など自分なりにリサーチしていくことが大切です。

自分のやる気と行動力を示している人が、キャリアチェンジを成功させているようです。

公務員から民間企業へキャリアチェンジしたい人がすべきこと

やっぱり自分は、民間企業に転職したい!

そんな人は、早速転職する準備を進めましょう。

民間企業に就職するためのステップ
  1. 民間企業に向いているタイプなのかよく考える
  2. どんな職種で働きたいのか、自分の「就職の軸」を考える
  3. 希望にあった求人を探し、応募する

公務員から民間への転職方法については、下記ページでも詳しくまとめています。

公務員から民間への転職は難しい?第二新卒が就活で気をつけるべきポイント

民間企業に転職するって決意したものの、正直転職のやり方がサッパリわからない……

そんな人は、入社後定着率が脅威の95%であるUZUZにご相談ください

はじめての民間企業にふさわしい企業への就職を目指し、二人三脚でサポートいたします。

第二新卒なら「公務員から民間」も「民間から公務員」も可能!

冒頭にもお伝えした通り、結論としては第二新卒のみなさんであれば「民間→公務員」「公務員→民間」のいずれのキャリアチェンジも十分可能です。

ただしこれまでにご説明したとおり、公務員と民間とでは振り幅も大きいため、十分なリサーチをした上で決断した方がいいでしょう。

いざ転職を決断したら、公務員試験対策もさることながら第二新卒に強い転職支援業者を利用するのが得策です。

専門家から正しい情報を得て、自分に合う企業探しの行動に移しましょう。

あなたに合う職場は必ず見つかりますよ!

UZUZってなんなの??
すっきりしている男性

「第二の就活」を運営するUZUZは、
20代に特化した就職/転職エージェントです。

創業から7年がたち、これまでサポートしてきた方は、約6万人!

もちろん、ただサポートしているだけではありません。

UZUZの実績紹介

  • ESなどの"書類通過率80%"越え
  • 面接からの"内定率85%"越え
  • 入社後1年間の"定着率90%"越え

以上のように業界内でも特に高い実績が残せている自負があります!

下のボタンより、詳しいサービス説明を見ることができるようしました。

私たちと一緒に内定を勝ち取りませんか?

おすすめの記事