未経験でネットワークエンジニア(インフラエンジニア )を目指す方必見!Slerとアウトソーシングについて

未経験からネットワークエンジニア(インフラエンジニア)を目指す皆さん、「SIer」と「アウトソーシング」という言葉をご存知ですか?

今回は主に以下の内容について、図を用いてまとめています。

  • IT業界の階層構造(IT業界での働き方)
  • 「SIer」とは?
  • 「アウトソーシング」とは?

システム開発のプロジェクトに関わる会社には、発注元である「ユーザー企業」、発注先である「開発企業」、開発会社の下請けとして開発とテストを担当する「協力会社」などがあります。それぞれがどのような流れで仕事をしているのか理解しておきましょう!

▼ネットワークエンジニア(インフラエンジニア)の仕事内容について知りたい方はこちら!
インフラエンジニア(ネットワークエンジニア)の業務内容とは?|既卒のための業界解説

IT業界の階層構造について理解しましょう

IT業界の階層構造について
未経験からネットワークエンジニア(インフラエンジニア)を目指すのであれば、どのように仕事が発生していくかを理解することが大切です。

まずは、「新しくシステムが作られる場合」を想定してどのような形で仕事が発生するのかを解説していきます。

1.まずは社内で検討する

お客様が何かしらのシステム構築を検討した場合、まずは社内でどうするかの検討を行います。もちろん自社にも社内SEという技術者がいるのですが、社内の様々な事案に関わっているので新しいシステムを構築する仕事をする時間がありません。そのため、基本的には誰かに相談することになるのです。

社内SEはどんな仕事をしているの?

社内SEは、自社の情報システムを企画したり安定的なシステム運用を担当したりします。たとえば業務改善のためにERP(パッケージのソフトウェア)を導入したり、営業支援を行うために新たなシステムを企画したりと、自社の業務がスムーズに進むように整備を担当する役割を担っているのです。また、時には各部署の担当者と協力してシステムの要件をまとめる作業も行います。

2.SIerに相談する

忙しい社内SEは、まずSIerに相談します。そして、SIerは社内SEとどのようなシステムを構築するかを検討し、全体像の構成をします。ただ、先ほどお伝えした通り、SIerのみで全てのプロジェクトを回せるわけではありません。社内でも数多くの案件を並行で稼働させており、SIerの技術者だけでその案件の全てを回すことは難しいです。

3.SIerがアウトソーシングする

そこで、SIerがシステムを構築する際には、SIerの技術者以外で今回の要件に見合った技術者に協力を依頼します。そのことを、アウトソーシング(外注)といいます。SIerから一次請け企業にアウトソースし、一次請け企業が二次請け企業にアウトソース、そして三次請け企業へという流れで構築業務を実施するということが行われています。

もう一つアウトソースを行う理由としては、自社で採用するリスクがあるという点です。アウトソースを行わずに必要な社員を自社で雇用すれば良いのではないかと考える方もいるとは思いますが、なによりその案件が終了した後に、その雇用した社員をどうするかというリスクが発生するのです。

様々な案件が発生する中でその一つひとつに対応した従業員を雇用し続けるのでは、一つのプロジェクトが終わった時に「次に配属する先がなくなってしまった」という事態が発生してしまうリスクがあります。ですので、自社で雇用を行うことなく、アウトーソーシング系の企業に必要な技術者の協力を依頼するという業界構造ができあがっているのです。

このように、SIerを頂点として業界のそれぞれのプレイヤーが協力して一つのシステムを作り上げていきます。私たちが利用しているシステムには、さまざまな企業のエンジニアが力を出し合ってくれています。

さらに詳しく案件の仕組みを知りたい方は、下記のページをご覧ください!
SE(システムエンジニア)の業務内容と仕事の流れ(IT業界Vol.1)

SIerとは?

SIreの男性が握手している様子
そもそもSIerはどのような仕事をしているのでしょうか。

SIerとは「システムインテグレーター」の略になります。「SI事業者」ともいいますが、システムを構築するうえでの全ての役割を担う企業のことをいいます。先ほど話したシステム化企画を主として行う集団です。大手のSIerは社員数が数千人〜数万人規模で、ありとあらゆるシステムの構築を請け負っており、企業規模が小さくなると金融系に強かったり、製造に強かったりとそれぞれの強みを持ったSIerが多いです。

SIerには、コンサルタントからプログラマーまで様々な人が存在しています。そして、コンサルタントは案件を依頼したお客様との打ち合わせが頻繁にあり、プログラマーは企業様のシステムを作り上げていくリーダーの役割を担っています。このようにしてシステムが出来上がっていき、代表的なSIerの例としては、NEC、日立、NTTデータ、などが挙げられます。

アウトソーシングとは?

仕事をアウトソーシングしている男性
アウトソーシングという言葉は「技術者派遣」ともいわれるのですが、「派遣」には「登録型派遣」と「常用型派遣」の2種類があります。
「派遣」は「登録型派遣」が派遣労働者の約9割を占めています。派遣会社に登録し、紹介された職場で働きます。契約期間の終了まで雇用契約を結ぶという就業形態です。

「常用型派遣」とは、派遣会社が雇用する正社員または契約社員をクライアント先へ派遣する制度です。ITエンジニアは専門知識を必要とするため、常用型派遣で働く人がたくさんいます。

これは一つのプロジェクトでの契約が終了しても、次の契約が開始するまでの期間も派遣会社との雇用は継続。給与も支払われます。このような「派遣」なのに「正社員」という働き方は意外と知られていません。

リーマンショック以降に「派遣切り」という言葉がはやり、「派遣」という言葉にはあまり良いイメージを持たれていませんでした。

ただ、IT業界ではプロジェクト単位で組織が動くため、期間限定の「派遣」という就業形態は便利ですし、近年はIT投資をしたい企業が増えているため、ITエンジニアの需要は高まっています。それにともなってIT系の派遣時給も過去最高を記録していますので、今後もこのアウトソーシングの需要は伸びていくと考えます。

実は、アウトソーシング市場全体の4割をITアウトソーシングが占めているのです。それほど需要の高い仕事ということですね。更に詳しく見てみると、伸び率は低下していますが堅調に伸びており2019年度には3兆9,985億円に達するといわれています。今後はアウトソーシング全体の市場規模も増加していくでしょう。

参考元:株式会社矢野経済研究所「ITアウトソーシングサービス市場に関する調査を実施(2016年)」

アウトソーシングとして働くということは、様々なお客様先に行くことになります。そのため、技術力は当然としてそれ以上に優れた対人能力が求められます。だからこそ、アウトソーシングを行っている企業では社員育成に力を入れており、自社の社員に対して充実の研修を実施し幅広い業務に携われるような育成計画を立てています。このような動きの中で、現在ではアウトソーシング業界は確実に評価を上げてIT業界に必要不可欠な存在となっています。

IT未経験からSIerになりたい方へ

スキルアップを目指す男性
ここまで読むと「最初からSIerとして働きたい!」と思う方は多くいることでしょう。

SIerは魅力的に思えるかもしれませんが、IT未経験から挑戦するにはやはり厳しい環境です。なぜなら、スキルが要求されるからです。

SIerは、システム設計全体を管理するディレクターです。ディレクターは自身の技術力と経験を生かし、チーム全体を誘導し、お客様の求めるシステムを設計することが役割です。つまり、システム開発において全体を見渡し、どれだけの人材や機材が必要かを判断し、周りと連携をとって仕事を回せるだけの実力がなければいけません。

そのため、SIerになるにはそのスキルを持った技術者が必要になってきます。業界全体でエンジニア不足と言われていますが、それでも監督に職種未経験の人間を採用して育成しようという考えはほとんどありません。可能な限り即戦力を採用し、すぐに現場を回していって欲しいと思っています。そのため、未経験のままではSIerになることは非常に困難です。

SIerになるためには?

SIerになるためには、数多くの現場を経験しさまざまなお客様とのコミュニケーションを経てスキルを身につける事が重要です。

今現在スキルゼロの状態だとしても問題はありません。焦らずに正しい順路を経て、技術スキルを上げていきましょう。コツコツと努力をしていき将来的に高いスキルを身に付けていけば、ハイレベルな現場で働いていくことができます。そのための一つの選択肢として、未経験可能なアウトソーシングの企業で自身のスキルを上げていくという選択肢が考えられます。

例えば、アウトソーシングであれば、ある1年は大手通信キャリアで経験、その後はゲームメーカーで2年、その後ポータルサイトの運用で1年と、様々な現場で異なる経験を培うことができるのです。そのため、色々な現場で培った経験が自分の肥やしになります。

だからこそ秀逸な提案を行うことができるようになりますし、他のエンジニアとは異なる一目置かれた存在になることができます。このように数多くの現場を経験することで技術力が認められ、SIerから直接引き抜きなどが起きたりします。実際に私も、努力を重ねてSIerにいくチャンスを得たエンジニアの方にお会いしたことがあります。

ここで、文系出身のある男性の話をしましょう。完全未経験・エンジニア経験一切なしで入社した彼は、ネットワークエンジニアになり努力を重ねてさまざまな資格を取得しました。そして、現場でも積極的に周りのチームの方と話し合い、その姿勢が認められ大手のSIerから声をかけられるまでになったそうです。しかし、彼は現状そのオファーを断りました。一体なぜなのでしょうか。

「自分のスキルを磨けばさらに上に行けるし、別のチャンスを見出せるかもしれないから」だそうです。彼は現在26歳で、今自分のキャリアを決め切ってしまうのではなく、アウトソーシングの世界でもっとさまざまな現場に行き、その後改めて自分のキャリアを考えることを選んでいます。

VSN社員インタビュー|未経験ITエンジニアが目指す、理想のプロフェッショナル像

結局、IT未経験者はどのエンジニアを選択するべきなの?

どの仕事を選ぶか迷っている男性
「未経験からエンジニアを目指したい!」そう思った際には、どのエンジニアを選べば良いのでしょうか。

IT業界は急成長中なので、需要は非常に多くあります。開発エンジニア、インフラエンジニアともに間違いなく需要は増えているのですが、自身にとって最良の環境を見つけることが大切です。

実際、IT業界未経験者の場合は選択肢の幅が狭くなります。というのも、未経験からエンジニアを採用する企業はやはり少ないからです。エンジニアを採用したいと考えている企業であっても、即戦力を求める企業が多く、開発エンジニアなどは未経験採用を行っていない場合が非常に多くあります。

求人票に未経験可能と書いてあっても、その言葉の裏には「大学時代に情報学部を卒業し、授業で開発経験を積んだ未就業者」「趣味でプログラミングを行っていて、ゲームアプリなどを作ったことのあるエンジニア就業経験なしの方」など、開発言語を理解しているレベルのエンジニアを求めている場合が大半です。これは私自身がIT業界の未経験者採用をしている企業100社以上に直接話を聞いてきた中で感じたことです。

では、未経験からエンジニアにはなれないのか。もちろん、そんなことはありません。未経験者の場合には、少しずつステップアップしていきながら一流のエンジニアを目指せる『インフラエンジニア(ネットワークエンジニア・サーバーエンジニア)』をおすすめしています。

というのも、完全未経験からでも挑戦できますし、文系理系の差はほとんどありません。ネットワークエンジニアを採用している企業は、未経験からでも市場価値の高いエンジニアになれる充実した研修制度を整えています。そのため、未経験からエンジニアを目指している方でネットワークエンジニアになる方が多いのが実情です。

ネットワークエンジニア(インフラエンジニア)は誰でもなれるんじゃない?

ネットワークエンジニアを目指す男性
「未経験からエンジニアになれる」と聞くと「ネットワークエンジニア(インフラエンジニア)は誰でも受かるただの大量採用なのではないか」と思うかもしれません。

ですが、実際にはそんなことは一切ありません。ネットワークエンジニア(インフラエンジニア)を採用している企業は、需要の増加に伴って採用枠を拡大していますが、それ以上に人選にも力を入れています。

なぜなら、情報化社会が進むにつれて求められるエンジニアのレベルが上がり、「コミュニケーション力の高いエンジニア」「応用力のあるエンジニア」を求められているからです。人員が充足して市場が安定してくれば、今後の採用は経験者採用に切り替わってしまう恐れもあります。つまり、未経験からネットワークエンジニア(インフラエンジニア)になるなら今がチャンス!といえます。

未経験からのインフラエンジニア(ネットワークエンジニア・サーバーエンジニア)に興味がある方は一度『UZUZ』にお話を聞きに来てはいかがでしょうか?カウンセラーが丁寧にご説明します。
→【UZUZに相談してみる】←

【このまとめ記事を読めば、ネットワークエンジニア(インフラエンジニア)への道が開けるかも…!?】
▼元エンジニアが語る!未経験者がネットワークエンジニア(インフラエンジニア)に就職するための方法とは?

  • uzuz_kuni_03
    【ニート/フリーターの就職はオレに任せろ】ニートの星!今村社長が語る【就活ノウハウ編】
  • アウトソーシングについて考える男性
    未経験でネットワークエンジニア(インフラエンジニア )を目指す方必見!Slerとアウトソーシングについて
  • dainishinostu_image13
    第二新卒の転職で失敗しないノウハウを本気で考えた結果……
  • consultant_business
    現役コンサルタントに聞く!未経験から活躍できる「5つの適性」とは?【業界研究vol.2】
  • 会議で周りの人々に説明をする男性
    20代の仕事の選び方① 〜営業職編〜
  • 手を重ねて一致団結する男女
    20代の仕事の選び方② 〜販売職、事務職、技術職編〜
おすすめの記事