「新卒 仕事 辞めたい」で検索するあなたに伝えたい就活の全て

新卒だけど、正直もう仕事辞めたい……

こういった相談は、新卒の方からとてもたくさんもらいます。

今この記事を読んでいるあなたも、こんな悩みを抱えているんじゃないでしょうか?

大変な思いをして就職活動を行い、自らが希望した会社に入社。

(中にはそうではない人もいると思いますが)

なのになぜ

仕事を辞めたい
退職したい

そう感じてしまうのでしょう?

今回は

新卒だけど仕事を辞めたい

そう思うあなたにこの記事を贈りたいと思います。

この記事で分かること
  • 新卒が「仕事を辞めたい」と感じる原因
  • 仕事を辞めるべきでない人の判断基準
  • 実際に仕事を辞めた後に発生するであろうデメリット
  • 新卒で仕事を辞めた人の体験談

新卒社員が「仕事を辞めたい」と感じる理由

それではまず「仕事を辞めたい」と感じる代表的な理由を解説していきます。

実はほとんどの人が、同じような理由で退職していることがわかりました。

新卒が仕事を辞めたい理由1:人間関係

仕事を辞める最も大きな原因は、人間関係です。

転職サイト「リクナビNEXT」が発表した前職を辞めた理由をヒアリングしたアンケートによると……

仕事を辞めたい理由の36%が「人間関係」でした。

とくに上司との折り合いが悪くなると、毎日の仕事が憂鬱になってしまいますよね。

とはいえ残念ながら、就職活動をしている間に自分の上司がどのような人かを知る機会はほとんどありません。

「何をするかよりも、誰と働くかの方が大事」という声はよく聞きますよね。

やっぱり人間関係は大事!

参考元:リクナビNEXT「退職理由のホンネ」

新卒が仕事を辞めたい理由2:拘束時間

入社前に聞いていた労働時間と、実際に働いてみたときの時間が大きく異なっている。

こんな時多くの新卒は「仕事を辞めたい」と感じるようです。

連日のサービス残業や休日出勤を強いる会社ならば、そのような気持ちになっても仕方がないでしょう。

実際これらの経験をする人は多いです。

上記のリクナビNEXTのアンケートによると、14%が拘束時間への不満を理由に退職しています。

新卒が仕事を辞めたい理由3:給与面

給料への不満」も主な退職理由です。

同アンケートによると、12%の人がこれを理由に退職を希望。

さすがに給料面に関しては事前に説明されているんじゃないの?

もちろんその通り! ですが……

新卒社員の場合、給料の額面と手取りの差に驚いてしまう人も少なくないのです。

税金や保険を差し引かれることを漠然としか考えていないと、思ったより給料が安いと感じてしまいます。

新卒で入社する前に、きちんと手取りはいくらなのか確認できれば一番良いですね。

そうすれば給与面が原因で「辞めたい」と感じることは防げます。

新卒が仕事を辞めたい理由4:仕事内容

新卒で入社した人からこんな意見も聞きます。

仕事内容が思っていたのと違った
仕事が面白くなかった

入社前の会社のイメージと実際の労働内容が大きく違うケースですね。

こういうケースも多く

「仕事にやりがいを感じない」

そう考えて仕事を辞めたくなる新卒も見られるです。

新卒が仕事を辞めたい理由5:社風

その企業の「社風」そのものが合わなかったという意見も見られます。

特に体育会系の社風に抵抗を示す人は多いですね。

体育会系の社風が悪いというわけではありませんが、合う・合わないがはっきりとわかれそうです。

しかし「当社は体育会系です」と、わざわざ説明してくれる会社はありません。

入ってみて「どうしても社風が合わない」と感じるのであれば、同じ業界ではなく別業界への転職を考える方が賢明かもしれません。

仕事を辞めたい新卒の分かれ道。転職すべきではない人の判断基準

ここからは転職すべきではない人はどういう人なのか、判断するポイントを説明していきます。

「仕事を辞めたい」

この気持ちのままに会社を辞めてしまうと、中にはその後の転職活動に苦戦してしまう人もいます。

苦戦するのは嫌だ…!
転職しないほうがいい人ってどんな人なの!?

早速次から解説していきますね!

転職すべきでない人の判断基準1:お金がない人

現実的な問題として、仕事を辞めた後にすぐに次の職が決まる保証はどこにもありません。

そのため手元にお金がない場合は、それは辞めるべきではないでしょう。

失業保険をもらいながら転職活動をすることは可能です。

でも、就職先を見つけるまでに時間がかかる場合もあります。

失業保険のみで生活費を賄っていくのはあまりおすすめしません。

現職を辞めるときには、最低でも今の給料の約2カ月分に相当する貯金が必要です。

転職活動は、意外とお金も時間もかかるもの。

衝動的に仕事を辞めることだけは避けましょう。

転職すべきでない人の判断基準2:人間関係だけが嫌な人

「新卒社員が『仕事を辞めたい』と感じる理由」にも挙げたように、『人間関係』は仕事をする上で重要な要素です。

できれば円満に業務に取り組みたいですよね。

でも、中には「苦手だな」と感じる人に出くわしてしまうこともあります。

例えばあなたが新卒で、まだ仕事に慣れていないとします。

そんな状態かつ人間関係のことで頭を悩ませてしまった場合

きっとより強く

「仕事を辞めたい」

そう感じてしまいますよね。

ですが仕事は大勢の人と関わるもの。

どうしても自分と馬が合わない人もいます。

「苦手な人もいるけれどそういうものだ」

時にはそういった“割り切る気持ち”を持つことも大切です。

業務に慣れないうちはなかなか余裕を持つことができません。

なのでストレスも溜まりやすいと思います。

でも、時間が経てばゆとりを持って考えられるようになるケースは多いです。

さらには部署異動等によって解決する場合もあります。

一時の感情で「辞める・辞めない」を決めるのはちょっともったいないかもしれません。

まずは仕事に慣れるまで続けてみてはいかがでしょうか?

まずは落ち着いて考えてみることが大切なんだね!

転職すべきでない人3:ビジョンが決まっていない人

会社を辞める前に考えて欲しいこと。

あなたは「これからのビジョン」が決まっていますか?

「仕事が嫌だから辞めたい」

そうではなく

やりたい仕事がほかにあるから辞めたい

そう思うのであれば、転職活動が成功する確率は高いです。

しかし新卒の段階から

「他にやりたい仕事がある」

そう思うケースってあまりありませんよね。

ちょっと厳しい言い方になってしまうかもしれません。

多くの場合「ほかにやりたい仕事がある」と言うのは建前。

大体は「今の仕事から逃げたい」というケースがほとんどなのです。

その点について自分をごまかしてしまうと、同じことを繰り返すだけになってしまいます。

悪循環を避けるため、自分と正直に向き合うことをおすすめします。

ただ「自分一人だけでは判断が難しい」という場合もありますよね。

そんな時は客観的なアドバイスをくれるサービスに相談してみてはいかがでしょうか?

「仕事を辞めたい!」と思った時に考えてほしい“新卒で仕事を辞めた後に発生するデメリット”

ここからは「もしあなたが実際に仕事を辞めた場合」のお話です!

いきなり仕事を辞めてしまうのではなく、まずは

短期離職することで生まれるデメリット

これを押さえていきましょう!

デメリット……気になる!

デメリット1:経歴に傷がつく

“新卒で仕事を辞める”ということは、すなわち“短期離職をする”ということです。

ここ最近は3年以内での転職が増え、終身雇用制度が崩れてきています。

でも企業の中には

最低でも1年以上の職歴がある人を雇いたい

そう考えるところも少なくないのです。

また選考を受ける際には、必ず履歴書に職歴を記載しますよね。

短期離職をしてしまうと、履歴書の時点、すなわち書類選考の段階でお見送りになってしまうケースも多いのです。

もちろん書類だけで求職者の人となり全てが分かるとは思いません!

でも、判断材料のひとつにはなります。

企業も採用にはお金をかけています。

できれば長く働いてもらいたいと思うもの。

なので、同じような経歴・人柄の第二新卒から応募があり、判断基準が“短期離職をしたか否か”だった場合……

リスクを避けるためにも“短期離職をしていない人”が選ばれるケースは大いにあります。

デメリット2:『新卒枠』で就活しても『中途採用枠』で就活しても不利になる可能性がある

新卒で仕事を辞めた方は第二新卒、すなわち中途扱いになります。

新卒で仕事を辞め短期離職になったからといって就職できないことはありません。

でも、不利になってしまうのは事実です。

中途採用を行う企業の多くは新卒で入った会社をすぐに辞めた方よりも、他の企業でキャリアを積んだ人を選びます

これは上記にもあるように、企業側が短期離職のリスクを少しでも避けるために起こること。

ですので、ある程度は仕方のないこととして捉えるしかありません。

できれば新卒枠で就活したいんだけど……

こう思う方もとても多くいます。

でも、正直これはあまりおすすめできません。

どうして?
「卒業後3年以内」は新卒枠で応募できるんだよね!?

もちろんそういった企業もあります!

でもあくまでも

卒業後3年以内でも応募可能なだけ」です。

残念ですが、必ずしも受かるとは限りません。

さらに、経歴が綺麗な新卒に混じって短期離職者が選考を受けた場合を想像してみてください。

あなたが面接官だったら「経歴が綺麗な新卒」と「経歴に傷がある第二新卒」

どちらを採用したいと思いますか?

経歴が綺麗な新卒かも……

もちろん経歴に傷があるからダメ、というわけではありません!

経歴の懸念点を払拭できるような強みがあれば、十分戦えます!

でも、やっぱり新卒と並んでしまうと不利になってしまうのは事実なのです。

中途枠にしろ新卒枠にしろ不利になってしまう部分はあります。

「どうしても新卒枠であの企業に応募したい!」

そういう明確な理由がないのであれば……

第二新卒の募集を行っている企業(中途採用を行っている企業)を狙って就活するのがおすすめです!

「辞めたい」という気持ちのままに退職した結果…新卒で入った企業を短期離職したUさん

さて、ここで実際に短期離職された方のお話をひとつ紹介しましょう!

新卒で入社した企業を1ヶ月半で退職されたUさん(23歳・男性)のお話です。

Uさんは新卒で情報サービスを扱う企業に入社し、営業職として働き始めました。

テレアポでの顧客獲得が主な仕事で、Uさんも電話をかけ続ける日々を送ります。

テレアポは断られることも多い営業手法。

なので苦手に感じる方もいます。

でもUさんはめげることなく業務に取り組み、メキメキと成績を上げるように。

周りからも期待され「さあこれから!」という時に、Uさんはなんと退職の道を選びます。

「仕事の幅が狭いと感じた」ことが理由でした。

確かにUさんが行っていたメイン業務は電話でのアポイント獲得。

その後の商談には参加できなかったので、上記のように感じてしまうのも無理はないかもしれません。

ですがどのような理由であれ、1ヶ月半での退職は企業にかなりのマイナスイメージを与えてしまいます。

Uさんは明るくガッツがあることに加え、営業として改めてチャレンジする覚悟を持っていました。

通常であればすんなり次の企業が決まるであろう方です。

でも、短期離職が原因で書類選考でのお見送りが続いてしまいます

やっと面接に参加できてもなかなか結果が出ず、正直苦戦を強いられました。

その後努力を重ね、なんとか内定を獲得したUさんでしたが……

のちにこのように語っていました。

短期離職したAさんの感想
正直短期離職がこんなに不利になるとは思っておらず、『1ヶ月半で辞めてもすぐ決まるだろう』と高を括っていました。

新卒で入社した会社を辞めた理由も、今考えれば甘かったなと思います。

入社して1ヶ月ちょっとしか経っていないのに、『仕事の幅が狭い』なんて判断できるわけないんですよね

今はこうして自分が望む企業に入社できました。

が、これは運とタイミングがよかっただけです。

新卒で入社した会社でも、もっと頑張って成果を出せば新たな道に進めたかもしれない。

一時の「辞めたい」という感情でその可能性を捨ててしまったのは、もったいなかったと思います。

新卒でも仕事を辞めたほうがいいケース

ここまで、新卒での短期離職は不利になるということを説明してきました。

ただ中には、新卒でも仕事を辞めたほうがいい場合もあります。

判断するポイントはズバリこちら。

“誰が見ても「それは仕事を辞めてしまっても仕方ない」と感じるかどうか”です。

下記に具体的なケースを4つご紹介しています。

チェックしてみてください!

退職すべき具体例1:パワハラ(暴力)が横行している

ひとつめはパワハラやセクハラがあるケースです。

正直パワハラやセクハラは本人の感じ方による部分が大きく、判断が難しいのですが……

暴力行為が日常的に行われている場合は辞めることをおすすめします。

私たちUZUZがサポートした方の中にも

ミスをした時上司から殴られた
日常的に暴言を吐かれ、しばしば手をあげられることもあった

こういった理由で、新卒で入った企業を短期離職した方がいました。

このような方々は無事に転職を成功させていました。

正直、暴力行為は犯罪です。

なので、事態が悪化する前に転職活動を始めたほうがいいかもしれません!

退職すべき具体例2:会社が法律に触れるような行為をしている

虚偽の書類を作成する、詐欺行為を働くなど、会社が明らかな法律違反を犯しているケース。

この場合も辞めたほうがいいでしょう。

数としてはそう多くありません。

でも、過去UZUZにいらした方の中にも、会社が法律に触れる行為を働いていたため退職した方はいました。

これは妥当な退職理由に当たります。

次への転職準備に入っても問題ありません!

退職すべき具体例3:労働時間が異常に長い

こちらも判断に迷う部分ではあります。

ただ、法外な労働時間を強いている企業は辞めることをおすすめします!

残業時間の上限規制が少し前に話題になったのは知っていますか?

法律で規制がかかるとはいえ、残業が『100時間』を超えてくると「労働時間が長い」と判断されるケースが多いです。

長時間の労働は、身体だけでなく心にも悪影響を及ぼします。

うつ病などを発症してしまうと、次の仕事を見つけることはおろか社会復帰そのものに長い時間がかかります。

「暴力が横行している」
「会社が法に触れる行為をしている」

よりは多少理由付けが弱いのは事実ですが……

手遅れになってしまうくらいなら仕事を辞めてしまったほうがいいでしょう。

退職すべき具体例4:会社が倒産してしまった

“仕事を辞めたほうがいい”という観点からは少しそれますが……

勤めていた会社が倒産し、短期離職になってしまったケース

これは短期離職の理由としては全く問題ありません

会社の倒産はあなたの力ではどうしようもできませんよね。

企業も当然そのことを分かっています。

なので、面接の際に突っ込んで聞かれることもそう多くありません。

ちなみにですが……

面接のポイントはどんな状況でも『他責』にしないこと。

企業は倒産してしまいましたが、入社前に企業の財政状況を詳しく確認できなかった自分にも非があります

このように伝えると、面接官に対して良い印象を与えることができますよ!

他責にしないで面接を受けることがポイントなんだね!

退職理由の伝え方は、私たちプロもアドバイスできます。

「企業に納得してもらえる退職理由を考えたい」

そう思った時はUZUZに相談してみてくださいね!

新卒で「仕事を辞めたい」と思ったら、まずは立ち止まって考えてみる!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

新卒で働き始めたあなたは、新しい環境や初めての仕事でストレスが溜まってしまうと思います。

でも、一時の感情だけで行動し

辞めなきゃよかった
こんなはずじゃなかった

そう後悔しまっては、やっぱりもったいないなと思います。

そんなときは少し立ち止まり、まずは自分の状況を整理してみることから始めてみてください。

「仕事を辞めるべきか否か」

それが判断できないときは、プロに頼ってみるのもおすすめですよ!

UZUZでは完全無料で就活のサポートを行っています!

もし1人で悩んでいるのあれば、ぜひ相談してみてくださいね!

UZUZがどんな求人もってるか興味ない??
UZUZの公開求人はコチラ

第2の就活を運営するUZUZは、20代に特化した就職/転職エージェントです。
公開できる求人情報は少ないものの、一覧ページを用意しました。

どの求人情報も登録不要で見ることができます。
「UZUZにはどのような求人があるか?」簡単にチェックしてみませんか?

おすすめの記事