地方・地元での就職ノウハウ

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

現在「Uターン」「Iターン」「Jターン」が注目を集めています。いずれも地方で働くことを意味する言葉です。“地方ならでは”のメリットから地方で働く道を選択する人が増えていますが、デメリットが存在するのも事実です。

今回は「Uターン」「Iターン」「Jターン」のメリット・デメリットをご紹介します。それぞれをしっかりと理解して、後悔しない就職活動を行いましょう。

ちなみにUZUZではターン就職のあれこれや地方就職の情報を随時公開しています。各都道府県の就職データも掲載しているので、地方での就活を考えている方はぜひチェックしてみてください。

▼詳しくはこちらから!
地方での就職・転職情報が知りたいなら!UZUZ(ウズウズ)の「ウズキャリ」がおすすめ!

Uターン就職・転職


Uターンとは、生まれ育った地方から都会に行き再び地元に戻ってくることです。Uターンは「Uターン就職」と「Uターン転職」の2パターンがあります。

Uターン就職とは、地元を出て都会へ進学し、卒業後に地元で就職することです。例えば、地方で生まれ育った人が東京都の大学へ進学し、その後地元に戻って就職することをいいます。それに対してUターン転職は、地元を出て都会に進学・就職し、転職を機に地元に戻ることを指します。

一度は都会に出るものの「やはり地元で働きたい」という思いがあり、Uターンを選択する人が増えています。Uターン就職とUターン転職の違いは、「新卒として地元に戻るか」「一度社会を経験して、転職を機に地元に戻るか」です。

Uターン就職・転職のメリット

Uターンには、以下のようなメリットがあります。

家族の近くで暮らせる

家族の住む地元で就職することは、家族の近くで生活できるということでもあります。実家で暮らすにしても地元で一人暮らしをするにしても、これまで以上に家族に会いやすくなるでしょう。

そのため「いつでも会える」という安心感を得ることができ、わざわざ帰省する必要もなくなります。

生活費を抑えられる

地元で就職して実家で暮らす場合、家賃や光熱費など生活にかかるお金を抑えることが可能です。一人暮らしをするよりも金額が抑えられるため、貯金や趣味への投資もしやすくなります。

地元の発展に貢献できる

地元の企業に就職することで、地元の発展に貢献することができます。都心を離れ地元に帰る人の中には「生まれ育った地元に思い入れがあり成長を支援したい」と考えてUターンを選ぶ人もいます。

Uターン就職・転職のデメリット

一方Uターン就職には、以下のようなデメリットも挙げられます。

希望する求人がない可能性がある

「家族と一緒に暮らしたい」「地元に貢献したい」とUターンを選択したものの、地方は企業数が少ないため、希望する求人が見つからない可能性があります。そのためUターンする前には、就職ナビサイトを見たりハローワークなどに相談して下調べを行いましょう。

Iターン就職・転職


Iターンとは、都会で生まれ育った人が最終的に地方で働くことです。Iターンにも「Iターン就職」と「Iターン転職」の2パターンがあります。

Iターン就職とは、都会で生まれ育って進学までした人が地方で就職することです。東京都出身の人がそのまま東京都の大学へ進学し、卒業後に地方で就職するのがIターン就職にあたります。

一方Iターン転職とは、都会出身の人がそのまま都会で進学・就職し、転職を機に地方へ移住することです。東京都で生まれ育った人がそのまま進学・就職し、その後地方に転職するのがIターン転職にあたります。

Iターン就職とIターン転職に共通するのは、今まで経験したことない地方での暮らしをすることです。

Iターン就職・転職のメリット

都会から地方へと移住するIターンには、以下のようなメリットがあります。

自然豊かな地方で落ち着いて暮らせる

にぎやかな都会で暮らしてきた人の中には、自然が多い地方に魅力を感じる人もいます。ビルや人が多い都会とは違って、地方では落ち着いた生活ができるでしょう。

都会の通勤ラッシュから逃れられる

都会の通勤ラッシュ時の電車はほぼ満員ですが、地方は都会よりも人が少ないため、通勤ラッシュの時間帯でも落ち着いて出勤できます。

デメリット

一方Iターンには、以下のようなメリットもあります。

娯楽施設が少ない

人口が多い都会は娯楽施設が充実していますが、地方は少ない傾向にあります。加えて地域によっては、スーパーやコンビニエンスストアが徒歩圏内にない場合もあります。

そのため「娯楽施設や商業施設が少ない環境に適応できるのか」を考えてみる必要があります。

自動車を購入する必要がある

電車やバスなどの交通インフラが整っておらず移動手段が少ない地方では、自動車が必要になる場合があります。自動車を購入するとなると、自動車の本体代に加え保険料や税金、ガソリン代も必要になってくるため、生活が苦しくなる恐れがあります。

Jターン就職・転職


Jターンとは、地方で生まれ育った人が都会へ行き地元以外の地方に就職することです。Jターンにも「Jターン就職」と「Jターン転職」の2パターンがあります。

Jターン就職とは地方で生まれ育った人が都会へ進学し、卒業後に地元とは違う地方へ就職することです。一方Jターン転職とは、地方出身の人が都会に進学・就職し、地元とは別の地方に転職することです。

全く知らない地方の企業に就職する人もいますが、地元から近い地方都市の企業に就職する場合が多いでしょう。例えば、福島県出身の人が東京都の大学を卒業後、宮城県仙台市の企業に就職することは「Jターン就職」です。

Jターン就職・転職のメリット

生まれ育った地域とは異なる場所で働くJターン就職には、以下のようなメリットがあります。

憧れの地方で暮らせる

「いつかはあの地方で暮らしたい」という憧れを持っている場合、Jターンが選ばれやすくなります。憧れの地方で暮らす欲求を満たせるのがメリットです。

生活費を抑えられる

都会よりも地方の方が家賃が安い傾向があります。そのため都会で一人暮らしをするよりも、地方で暮らした方が生活にかかる固定費を抑えられます。

Jターン就職・転職のデメリット

Jターン就職には、以下のようなデメリットも存在します。

その地方のルールに従わなければいけない

地方によっては、その土地独自の風習がある場合があります。全く知らない地方でも、その土地で暮らす以上は風習に従わなければいけません。慣れるまでは戸惑うことも多くなるでしょう。

収入が少なくなる

都会の企業よりも地方の企業のほうが収入は低い傾向にあります。家賃は都会と比べて安価ですが毎月の収入は下がってしまうため、地方へ移住する前に「その土地で生活できるだけの経済力があるか」を確認する必要があるでしょう。

まとめ:それぞれのメリット・デメリットを知った上で就職する


「Uターン」「Iターン」「Jターン」にはそれぞれメリットとデメリットがありました。自然が多く落ち着いて暮らせる地方は魅力的ですが、その分移動手段が少なかったり、娯楽施設が少なかったりなどのデメリットも存在します。

双方をよく理解した上で、地方に移住する前に「その土地で生活していけるのか」を一度考えてみてはいかがでしょうか。

地方/地元での就活ノウハウを知りたい方

UZUZでは地方・地元での就活に関するノウハウを幅広く紹介しています。Uターン就職・転職のノウハウや地方で働くメリットやデメリット、地方で魅力的な仕事を見つける方法など発信している情報は様々。各都道府県の就職データも公開しているので是非チェックしてみてください!

▼詳しくはこちらから!
地方での就職・転職情報が知りたいなら!UZUZ(ウズウズ)の「ウズキャリ」がおすすめ!

また、地方を出て都心部で働きたい方にはUZUZの無料セミナーや就職説明会がおすすめです。無料で定期開催していますので、こちらも要チェック!

▼詳しくはこちからから!
都心での就活ならUZUZ(ウズウズ)におまかせ!内定率は驚異の83%!

動画で就活ノウハウを学びたい、悩みを解決したい方

第二新卒・既卒・フリーター向けに就活ノウハウをレクチャーする動画『UZUZチャンネル』を配信しています。毎週、現役のキャリアカウンセラーがユーザーから寄せられる就活のお悩みにリアルタイムで答えるライブ配信も実施中!気に入ったらチャンネル登録してみてください!

▼公式YouTubeはこちら
UZUZチャンネル(YouTubeチャンネル)

ウズキャリの情報をもっと知りたい方

おかげさまで登録者数増加中!下記SNSをフォローすれば、ウズキャリの情報を定期的に受け取ることができます。

▼公式Facebookはこちら
Facebook

▼公式Twitterはこちら
Twitter

▼公式LINE@はこちら
LINE@

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

この記事を書いた人

ウズキャリ編集部
ウズキャリ編集部

第二新卒・既卒・フリーターなどの20代向けの就職/転職サイト「ウズキャリ(UZUZ CAREER CENTER)」では、個別での就活サポートを実施しています。新卒就活とは違う第二新卒や既卒・フリーター向けの就活ノウハウを伝えすることで、20日以内での内定獲得と95%以上の入社後定着を実現しています。在籍するキャリアカウンセラーは「元第二新卒」「元既卒・フリーター」なので、同じ目線でのサポートが提供できる点も特徴です。