地方・地元での就職ノウハウ

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

Uターン/Iターン/Jターンの就職や転職を考える人は増えており、地方では就職説明会も開催されています。これは東京への一極集中を防ぐため、地方へ就職・転職を促すよう国も取り組んでいることが理由にあげられます。

この記事ではU/I/Jターンとは何か、それぞれどのような注意点があるのか紹介しています。また、U/I/Jターンを支援しているサイトや説明会、実際にU/I/Jターンを行った方の体験談もまとめていますので、参考にしてみてください。

Uターン


まずUターンの意味と、就職・転職をする際の注意点について説明していきます。

Uターン就職・転職とは

地方で生まれ育った人が都会へ進学し、卒業後に地元で就職することを「Uターン就職(転職)」といいます。たとえば北海道で生まれ育った人が東京の大学に進学し、卒業後に北海道に戻って就職する場合はUターン就職に当てはまります。

Uターン就職・転職の2つの注意点

Uターン就活を行う場合、以下の2点に気をつけましょう。

給与が下がる

地方は物価が安いので、都市部で働いていたころと比べて給料が下がる可能性があります。しかし都市部よりもお金がかからないので、生活の質も下がってしまうわけではありません。不安な方はある程度貯蓄してからUターンしてみてはいかがでしょうか。

仕事が少ない

地方は都市部よりも求人数が多くありません。そのため、自分が希望する職種に就けるとは限りません。場合によっては、未経験の仕事に就かなければいけない可能性もあります。

あらかじめ、求人の有無や就職情報をリサーチしておくと就活がスムーズです。UZUZでは各道府県の就職情報を紹介しているので、地方での就職を考えている方は目を通しておくといいでしょう。

▼詳しくはこちらから!
地方での就職・転職ならUZUZ(ウズウズ)の就職情報がおすすめ!

Iターン


Iターンの説明と、就職・転職の際の注意点をご紹介します。

Iターン就職・転職とは

「Iターン就職」とは、都会で生まれ育った人が地方で就職することを意味します。たとえば東京で生まれ育ち、新潟県で就職する人はIターン就職に当てはまります。

Iターン就職・転職の2つの注意点

都会で育った人がIターン就職をする際、以下の2点に気をつけてください。

なぜその地域を選んだのかを明確にする

都心部からIターンで就職をする際、なぜこの地域で働きたいのかを企業に説明できるようにしましょう。就職希望先がその地域に拠点を構えている企業ならなおさらです。

「ただ地方で暮らしてみたかった」という理由だけでは、説得力がありません。企業側はあなたが長く滞在するとは思えず、採用を躊躇する可能性があります。

移動手段は車が当たり前

都心部では数分おきに電車やバスが来るので、運転免許を持っていなくても移動には困りません。しかし地方の交通網は都心部ほど発達していないので、多くの人が車を移動手段としています。採用条件に「運転免許」が求められることもあるので、免許を持っていない人は事前に取得することをおすすめします。

Jターン


Jターン就職・転職をする人も最近徐々に増えてきています。

Jターン就職・転職とは

地方で生まれ育った人が都会へ進学し、卒業後に地元ではない地方都市で就職することを「Jターン就職」といいます。たとえば秋田県で育ち、東京の大学に進学した後、宮城県の仙台市で就職する人はJターン就職に当てはまります。

Jターン就職・転職の2つの注意点

Jターン就職・転職を検討する際、以下の2点に注意してください。

地方の情報を蓄えておく

Jターン就職はあまり馴染みのない土地で働くことになりますから、その地方ならではの情報を収集しておくことが大切です。希望地域の特色や産業が分かっていれば、企業側もあなたのことを信頼してくれるので、就職活動を有利に進めることができます。

人間関係を新しく構築する必要がある

地元でも住み慣れた土地でもない場所で生活をはじめるJターン就職。当然人間関係も一新されます。新しい交友関係を築くのに時間がかかる人にとっては、少し大変かもしれません。

U/I/Jターンを支援する2つのサービス(サイト&説明会)


U/I/Jターン就職・転職を支援するサイトは増えています。都内に本拠地を置く2つの団体を紹介します。

ふるさと回帰支援センター

東京の有楽町にあるNPO法人「ふるさと回帰支援センター」では、地方への移住や就職に関するセミナーを定期開催中です。全国の850地域と提携し、U/I/Jターンの情報を提供しています。

イベントの主な内容は、地方での就業を考える人を対象とした個別相談付きのセミナーや、実際に移住してその地で働く人をお招きしたトークショーなど。仕事の情報だけではなく、実際に地方で生活する人の生の声を聞くことができます。

実際に相談したい場合は予約をして支援センターへ行きます。専属の相談員がいる地方への移住・就職を検討している方は、住みたい場所や就きたい職種について、その場で具体的に相談ができるでしょう。

ニッポン移住・交流ナビ

一般社団法人 移住・交流推進機構が運営している「ニッポン移住・交流ナビ」は、人口の減少が進む地域の活動を支援する団体です。移住と就職に関する情報の提供に加え、地方自治体と企業とのコラボレーションを推進しています。

またニッポン移住・交流ナビでは、移住した後の就職・転職を考える人に、その地域で町おこしを行う「地域おこし協力隊」の仕事を紹介しています。自治体へ応募し、採用されたら協力隊として働くことが可能です。

地域おこし協力隊には、行事の手伝い・環境整備・地域の魅力発信などさまざまな仕事があります。地元の人たちと多く交流するため、地域おこし協力隊に入ればその土地に馴染むのには時間がかからないでしょう。

参考:「ニッポン移住・交流ナビ」

U/I/Jターンをした人たちの人生


U/I/Jターンをして新たな生活を始めた人たちがいます。どんな経緯を経て地方で働きはじめたのか、事例を見ていきましょう。

Iターンを経て、エンジニアと漁師を兼業

ある男性は以前東京でフリーランスのエンジニアとして働いていました。稼ぎは良いものの給与を使うアテもなく、ただ家賃の高いマンションへの引っ越しを繰り返していました。そんなとき、友人の帰省でともに訪れた岡山県の環境に魅了され、Iターン移住します。

そこでシステムエンジニアとしての生活をはじめ、地元の女性と結婚。離島で暮らしはじめたのを機に島の組合に登録し、漁師の仕事も並行して行うようになりました。現在は2人の子どもに恵まれ、二足のわらじを履いた生活を楽しんでいます。

地元の自然に魅了され、Uターンして起業

埼玉県の秩父市で育ったある女性は大学進学を機に上京し、卒業後は大手家具メーカーで働いていました。しかし組織の中で働くことに物足りなさを感じ、地元へUターンすることを決意。NPO法人「秩父百年の森」に参加し、メープルシロップの生産に携わりはじめました。

メープルの本場であるカナダを視察し、採取した樹液を煮詰めてメープルを作る「シュガーハウス」があることを知ります。これを秩父でも作りたいという想いが湧き、全国初のシュガーハウス「MAPLE BASE」を立ち上げました。

今後は秩父の自然を活かしたエコツアーを企画したいと考えているそうです。

おわりに


U/I/Jターンの就職・転職は、新たな環境でのスタートとなります。そんなときに就職・転職を支援してくれるサイトは、心機一転して新たな人生をはじめる際の情報収集に最適でしょう。今までとは考えられなかった仕事に出会えるかもしれません。

地方/地元での就活ノウハウを知りたい方

UZUZでは地方・地元での就活に関するノウハウを幅広く紹介しています。Uターン就職・転職のノウハウや地方で働くメリットやデメリット、地方で魅力的な仕事を見つける方法など発信している情報は様々。各都道府県の就職データも公開しているので是非チェックしてみてください!

▼詳しくはこちらから!
地方での就職・転職情報が知りたいなら!UZUZ(ウズウズ)の「ウズキャリ」がおすすめ!

また、地方を出て都心部で働きたい方にはUZUZの無料セミナーや就職説明会がおすすめです。無料で定期開催していますので、こちらも要チェック!

▼詳しくはこちらから!
都心での就活ならUZUZ(ウズウズ)におまかせ!内定率は驚異の83%!

動画で就活ノウハウを学びたい、悩みを解決したい方

第二新卒・既卒・フリーター向けに就活ノウハウをレクチャーする動画『UZUZチャンネル』を配信しています。毎週、現役のキャリアカウンセラーがユーザーから寄せられる就活のお悩みにリアルタイムで答えるライブ配信も実施中!気に入ったらチャンネル登録してみてください!

▼公式YouTubeはこちら
UZUZチャンネル(YouTubeチャンネル)

ウズキャリの情報をもっと知りたい方

おかげさまで登録者数増加中!下記SNSをフォローすれば、ウズキャリの情報を定期的に受け取ることができます。

▼公式Facebookはこちら
Facebook

▼公式Twitterはこちら
Twitter

▼公式LINE@はこちら
LINE@

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

この記事を書いた人

UZUZ staff
UZUZ staff

第二新卒・既卒・フリーターなどの20代向けの就職/転職サイト「ウズキャリ(UZUZ CAREER CENTER)」では、個別での就活サポートを実施しています。新卒就活とは違う第二新卒や既卒・フリーター向けの就活ノウハウを伝えすることで、20日以内での内定獲得と95%以上の入社後定着を実現しています。在籍するキャリアカウンセラーは「元第二新卒」「元既卒・フリーター」なので、同じ目線でのサポートが提供できる点も特徴です。