東北エリア

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

山形県での就職を考える際、そのエリアのイメージだけで就業先を決めるのではなく、さまざまな視点から物事を判断した上で就職先を決めることをお勧めします。

こちらでは、山形県の経済状況や人口規模、求人情報などをご紹介します。長期的に暮らせるか、そして自分が希望する職種があるのかを判断する材料にしてください。また地域を代表する企業や、実際に就職を決めた人の体験談も載せるので、就職活動の参考にしていただければと思います。

基本データ

人口 1,123,891人(全国35位)
人口密度 120人/km²(全国42位)
面積 9,323km²(全国9位)
年齢比率 年少人口(15歳未満) 12.1%(平均12.6%)
年齢比率 生産年齢人口(15〜64歳) 56.9%(平均58.4%)
年齢比率 老年人口(65歳以上) 30.6%(平均28.0%)

山形県は9,323km²の面積を持ち、その約72%を森林が占めています。これは、奥羽山脈や出羽山脈などをはじめとする山脈があるためです。また、これらの山脈を源とする最上川が庄内平野やその他の盆地などを形成しています。

人口は全国で第35位の約112万人です。人口の30.6%は65歳以上の老年人口が占めており、全国平均の28.0%に比べ、高齢化が進んでいる様子が伺えます。

参考:山形地方気象台「山形県の気象特性」

経済データ

都道府県GDP(県民総生産) 3.8兆円(全国35位)
企業数 278社(全国25位)
上場企業社数 8社(全国34位)
黒字企業比率 82.8%(平均82.3%)
赤字企業比率 17.2%(平均17.7%)
常時従業者数 63,396人(全国31位)
総資本 1,257,647円(全国35位)
売上高 1,884,995円(全国34位)

山形県のGDPは全国で35位の3.8兆。県内では278社の企業が事業を展開しており、そのうち8社が上場企業です。

山形県の産業で特徴的なのは、エンジンやブレーキ、内外装などを製造する自動車関連産業です。これは約900年前の山形鋳物から続く技術を活かしたもので、東日本有数のものづくりの集積地となっています。

雇用データ

平均年収 346万円(全国41位)(平均454万円)
有効求人倍率 1.09倍(全国17位)

山形県の平均年収は346万円。これは全国平均に比べ108万円低い水準です。一方、求人倍率は全国第17位の1.09倍。特に建築・医療・福祉の職種においては人材不足が深刻な状態にあります。

積極的な人員補充が行われている背景には、団塊の世代の退職などが影響していると見られ、県内では人手不足を背景に正社員の求人が増加しています。正社員として就業する人が増えることで、平均年収の上昇も期待できます。

山形県では「サービスの職業」や「専門的・技術的職業」「生産工程の職業」において、求人数が多くなっています。

「サービスの職業」では求人数が57,721人に対し、求職者が25,463人。「専門的・技術的職業」では41,261人の求人に対し、求職者が23,818人。「生産工程の職業」では39,160人の求人に対し、求職者が35,867人となっており、需要はあるものの、働き手が不足している状況が伺えます。

全国的に人手不足が課題となっている「介護関係の職種」では、21,663人の求人に対し求職者が10,800人と、山形県においてもミスマッチが発生しています。

一方、最も人気がある「一般事務」を希望する人は52,777人と、13,450人の求人数を40,327人上回っており、就業を希望しながらも、職に就けていない人が多いと推測できます。

職業訓練や職業体験などをうまく活用し、人手が不足している職種への就職を目指すと良いでしょう。

参考:RESAS 地域経済分析システム 「求人・求職者 / 分類別グラフ」

代表的な企業トップ3

山形県で代表的な企業トップ3社をご紹介しています。県内でも知名度や事業の影響範囲が広いだけでなく、事業競争力のある企業を選出しているので、就職活動の参考になればと思います。

山形銀行

事業内容

山形銀行は明治29年に創立されました。県内に70カ所、県外に11カ所の拠点を構えています。シンボルマークに、山形銀行とお客さまが手をとりあい、発展して行く姿を図案化した「さくらんぼ」を採用するなど、地域社会への貢献が重要な理念として掲げられています。

採用活動

新入社員はまず営業店に配属され、預金・為替・渉外・融資などの銀行業務全般を担います。教育制度が充実しており、人材は財産であるという考えのもと、「自己啓発支援」や「OJT」、座学を中心とする「Off・JT」の3本柱を軸とした仕組みが設けられています。なお、総合職の初任給は、20万5,000円です。

参考:山形銀行「採用情報|株主・投資家のみなさま」

ミクロン精密

事業内容

1958年に中川精機株式会社山形工場として創業し、1968年に商号を変更、現ミクロン精密株式会社となりました。心なし研削盤や内面研削盤、その周辺機器を取り扱っている企業です。国内の5ヶ所の事業所に加え、アメリカやタイにも営業生産拠点を構えています。

採用活動

ミクロン精密は、定着率が高く平均勤続年数は15年となっています。アメリカでの現地研修が行われたり、資格取得者に特別手当を支給するなど、従業員教育に積極的な企業です。なお、大学卒の初任給は技術・技能職で19万7,000円、事務職で18万7,000円です。

参考:ミクロン精密「求人情報(新規卒業者・中途採用者)」

エヌ・デーソフトウェア

事業内容

エヌ・デーソフトウェアはICTを用い、介護福祉の現場をサポートしている企業です。地域社会への貢献にも積極的で、Jリーグクラブのモンテディオ山形への協賛や、森づくりの活動などに取り組んでいます。

採用活動

営業職や開発職、システム導入後のフォローを行うサポート職の募集があります。高齢化の進行と人手不足により、厳しい状況にある介護の業界をサポートできる魅力的な仕事といえます。地域によって差がありますが、山形県内で勤務する場合の大学卒の初任給は、21万2,400円です。

参考:NDソフトウェア株式会社「採用情報ページ」

ちなみにUZUZでは山形県以外の各都道府県の就職データ、代表的な企業などを公開中です。「より詳細な地方就活のデータが知りたい!」という方は、こちらも合わせてチェックしてみてください。

▼詳しくはこちらから!
地方での就職・転職情報が知りたいなら!UZUZ(ウズウズ)の「ウズキャリ」がおすすめ!

山形県の就職/転職活動まとめ

山形県の就職や転職活動に役立つ情報をまとめました。就職・転職イベントだけでなく、就職・転職の体験談、山形県を対象とした就職・転職活動の支援サービスも合わせてご紹介していますので、参考になればと思います。

山形県の就職/転職活動のイベントまとめ

求職者に向けたイベントが、山形県で定期的に開催されています。面接での受け答えやビジネスマナーなど、独学では学びづらいと思う方はぜひ参加してみてください。

山形県Uターン情報センター

山形県Uターンセンターでは、就職活動に向けて企業研究や自己分析を進められるように、インターンシップや企業訪問ができる企業を紹介するガイダンスを開催しています。

インターンシップ・企業訪問を行う意義や注意事項、山形県の産業の特性や実際に受け入れを行っている企業の紹介など、Uターン就職を考える際に参考となる情報が手に入ります。

東京都内の会場で開催され、普段着での参加を推奨しているため、気軽に足を運びやすいイベントといえるでしょう。

参考:山形県 U ターン情報センター「山形県 U ターン情報センター主催ミニガイダンス インターンシップ・企業訪問受入企業紹介ガイダンス 参加者募集のご案内」

山形県の就職/転職活動の体験談まとめ

山形県で就職/転職活動を行い、無事に内定を獲得した方の体験談をご紹介します。求職者がどのように就活を進めていったのかを見ていきましょう。

体験談その1(26歳・女性)

私の母(50代)の話なので、参考になるかわかりませんが…。先日母が「転職したい、どこかいい場所があれば…」と言っていたので、一緒にハローワークのお仕事情報を見ていました。

求人票に募集年齢が記入されなくなったので50代でもいけるかと思いきや、「募集対象に当てはまりません」と言われてしまい、なかなか希望に沿う案件が見つからずにいました。

事務職希望でしたが求人数がとても少なく、資格を要する職種がほとんどのように感じます。中高年だからこそ経験が物を言うのに、資格だけ持っている人が優遇されるのはなんだか腑に落ちません。結局、良い仕事が見つからず、今も低賃金の仕事を続けています。

体験談その2(22歳・男性)

山形県で有名な地域密着型スーパーの面接時の話です。 私は取得した資格をアピールして面接に臨みましたが、運が悪いことに面接担当者も同じ資格を持っていました。 暗記作業をしてなんとなく取った資格であったため、時間が経つにつれ記憶も薄れて、知識がなくなってしまっていました。

そんな私をみた面接担当者の方は「資格をたくさん持っていることは立派だけれど、大事なのは常に学ぶ姿勢をもっているかどうかである」と話してくれたのです。

私はこれまで、ただただゲーム感覚で資格を取っていただけで、全く活かそうなどと思っていませんでした。 それからは、就職活動においても、なぜこの会社に入りたいのかをよく考えるようになりました。

おわりに

その地域で発達している産業によって、募集職種は変わります。「都会で楽しそうだから」「自然がいっぱいあってゆっくり過ごせそうだから」などの理由だけで住む場所を決めると、希望職種に就けないかもしれません。

納得のいく就職活動にするためにも、経済状況や求人情報を確認した上で就業先を探してみてください。記事を読んで「山形県で就職したい!」と思った方は、まずは上記で紹介したエージェントに問い合わせてみましょう。

地方/地元での就活ノウハウを知りたい方

UZUZでは地方・地元での就活に関するノウハウを幅広く紹介しています。Uターン就職・転職のノウハウや地方で働くメリットやデメリット、地方で魅力的な仕事を見つける方法など発信している情報は様々。各都道府県の就職データも公開しているので是非チェックしてみてください!

▼詳しくはこちらから!
地方での就職・転職情報が知りたいなら!UZUZ(ウズウズ)の「ウズキャリ」がおすすめ!

また、地方を出て都心部で働きたい方にはUZUZの無料セミナーや就職説明会がおすすめです。無料で定期開催していますので、こちらも要チェック!

▼詳しくはこちからから!
都心での就活ならUZUZ(ウズウズ)におまかせ!内定率は驚異の83%!

動画で就活ノウハウを学びたい、悩みを解決したい方

第二新卒・既卒・フリーター向けに就活ノウハウをレクチャーする動画『UZUZチャンネル』を配信しています。毎週、現役のキャリアカウンセラーがユーザーから寄せられる就活のお悩みにリアルタイムで答えるライブ配信も実施中!気に入ったらチャンネル登録してみてください!

▼公式YouTubeはこちら
UZUZチャンネル(YouTubeチャンネル)

ウズキャリの情報をもっと知りたい方

おかげさまで登録者数増加中!下記SNSをフォローすれば、ウズキャリの情報を定期的に受け取ることができます。

▼公式Facebookはこちら
Facebook

▼公式Twitterはこちら
Twitter

▼公式LINE@はこちら
LINE@

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

この記事を書いた人

UZUZ staff
UZUZ staff

第二新卒・既卒・フリーターなどの20代向けの就職/転職サイト「ウズキャリ(UZUZ CAREER CENTER)」では、個別での就活サポートを実施しています。新卒就活とは違う第二新卒や既卒・フリーター向けの就活ノウハウを伝えすることで、20日以内での内定獲得と95%以上の入社後定着を実現しています。在籍するキャリアカウンセラーは「元第二新卒」「元既卒・フリーター」なので、同じ目線でのサポートが提供できる点も特徴です。