東北エリア

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

岩手県での就職を考える際、そのエリアのイメージだけで就業先を決めるのではなく、さまざまな視点から物事を判断した上で就職先を決めることをお勧めします。

こちらでは、岩手県の経済状況や人口規模、求人情報などをご紹介します。長期的に暮らせるか、そして自分が希望する職種があるのかを判断する材料にしてください。また地域を代表する企業や、実際に就職を決めた人の体験談も載せるので、就職活動の参考にしていただければと思います。

基本データ

人口 1,279,594人(全国32位)
人口密度 84人/km²(全国46位)
面積 15,275km²(全国2位)
年齢比率 年少人口(15歳未満) 11.8%(平均12.6%)
年齢比率 生産年齢人口(15〜64歳) 57.4%(平均58.4%)
年齢比率 老年人口(65歳以上) 30.2%(平均28.0%)

岩手県の面積は日本で2番目に大きい15,275km²ですが、人口は約127万人で全国32位となっています。そのため、人口密度が84人/km²と北海道に次いで低いのが特徴です。

年齢比率をみると、15歳未満の年少人口が11.8%、15~64歳の生産年齢人口が57.4%と平均を下回っているのに対し、65歳以上の老年人口は30.2%と平均を2.2%上回っています。日本全体で少子高齢化が課題となっていますが、岩手県は中でも深刻な県といえます。

経済データ

都道府県GDP(県民総生産) 4.5兆円(全国29位)
企業数 227社(全国30位)
上場企業社数 4社(全国39位)
黒字企業比率 81.4%(平均82.3%)
赤字企業比率 18.6%(平均17.7%)
常時従業者数 61,550人(全国32位)
総資本 1,066,007円(全国39位)
売上高 1,768,931円(全国35位)

農業や林業、水産業などが盛んな岩手県のGDPは4.5兆円です。企業数は227社、そのうち上場企業は4社あります。

岩手県の産業は、広大な土地を生かして展開される多彩な農業が魅力です。平成24年の農業産出額は、東北で第2位、全国で第11位となっています。また、『あまちゃん』のロケ地である久慈地域や、世界文化遺産に登録された平泉地域などの観光資源を生かした観光業も積極的に展開し、観光客の誘致拡大を図っています。

参考:岩手県「岩手県の産業」

雇用データ

平均年収 342万円(全国44位)(平均454万円)
有効求人倍率 1.08倍(全国20位)

岩手県の平均年収は342万円で、全国平均の454万円よりも112万円低くなっています。平均年収は低いものの、求人倍率は全国20位の1.08倍です。これは、東日本大震災による復興需要や、企業の生産活動の改善により求人が増加していることと、人口減少による人材不足によるものです。

一般に求人倍率が高まれば、それに伴って年収水準も高くなる傾向があることを考えると、岩手県は就業する人にとってチャンスが多い県といえるでしょう。

岩手県では「一般事務」での就業を希望する求職者が最も多く67,813人、次いで「その他の運搬等の職業」24,116人となっており、「一般事務」の人気が極めて高いことがわかります。しかし、求人数は16,421人にとどまり、需要と供給のバランスが取れていません。

一方、求人数が多い職業は、販売の職業が中心となっており、最も多いのは「商品販売の職業」31,770人、次いで「小売店販売員」30,668人です。どちらも求職者に比べ約14,000人多くなっています。

人手不足が深刻なのは「サービス業」です。求人数が70,173人あるのに対し、求職者数は34,703人。35,470人もの乖離があります。なかでも特に課題が大きいのは「介護サービス」です。先に挙げたとおり、岩手県では少子高齢化が進行しており、今後介護を必要とする高齢者が増加することが予想されます。

参考:RESAS 地域経済分析システム 「求人・求職者 / 分類別グラフ」

代表的な企業トップ3

岩手県で代表的な企業トップ3社をご紹介しています。県内でも知名度や事業の影響範囲が広いだけでなく、事業競争力のある企業を選出しているので、就職活動の参考になればと思います。

岩手銀行

事業内容

岩手銀行は昭和7年に設立し、現在は1,467人の従業員が働いています。銀行業はもちろんのこと、地域創生や震災復興への取り組みにも積極的で、岩手県や県内市町村と「地方創生の連携に関する協定」を結ぶなど、その活動は多岐に渡ります。

採用活動

入行後は、営業店に配属され、業務を担います。大学院・大学卒の初任給は、20万5000円。行内外の研修が活発に行われているのが特徴です。

参考:岩手銀行「新卒採用のご案内〔新卒採用〕」

薬王堂

事業内容

薬王堂は岩手県を中心に、東北5県でバラエティ型コンビニエンス・ドラッグストアを展開している企業です。平成3年に創業し、現在201店舗で1,979人の従業員が働いています。また、調剤併設型店舗や調剤専門薬局も運営しており、地域のかかりつけ薬局としての役割を果たしています。

採用活動

薬王堂で募集している職種は、店舗スタッフと薬剤師です。薬剤師は、処方箋が必要な薬を扱う調剤業務と、処方箋が必要無い一般薬を扱うOTC業務の双方を担当します。

大学卒の店舗スタッフの初任給は19万2,000円。薬剤師の初任給は、薬剤師手当を含む30万6,000円です。新入社員は、OJTを通して店舗のオペレーションを学び、ストアチーフへと成長ステップを進めます。

参考:薬王堂「採用情報」

東北銀行

事業内容

東北銀行は昭和25年に設立され、盛岡市に本店を置く、金融機関です。55カ店、2出張所で629人が働いています。東北銀行が属する「とうぎんグループ」には東北ジェーシービーカードやとうぎん総合リースなど4社があります。

採用活動

東北銀行では、勤務地域を限定しないフリー行員と、勤務地域を限定するエリア行員の採用を行なっています。大学卒の初任給は20万5,000円で、その他に住宅手当や地域手当などの諸手当がつきます。

参考:東北銀行「採用情報」

ちなみにUZUZでは岩手県以外の各都道府県の就職データ、代表的な企業などを公開中です。「より詳細な地方就活のデータが知りたい!」という方は、こちらも合わせてチェックしてみてください。

▼詳しくはこちらから!
地方での就職・転職情報が知りたいなら!UZUZ(ウズウズ)の「ウズキャリ」がおすすめ!

岩手県の就職/転職活動まとめ

岩手県の就職や転職活動に役立つ情報をまとめました。就職・転職イベントだけでなく、就職・転職の体験談、岩手県を対象とした就職・転職活動の支援サービスも合わせてご紹介していますので、参考になればと思います。

岩手県の就職/転職活動のイベントまとめ

求職者に向けたイベントが、岩手県で定期的に開催されています。面接での受け答えやビジネスマナーなど、独学では学びづらいと思う方はぜひ参加してみてください。

ジョブカフェいわて

ジョブカフェいわてでは、職場で使えるビジネスマナーやコミュニケーション能力を育成する場として「社会人力向上セミナー」を開催しています。

基礎からマナーを学びたい新入社員や、ビジネスマナーを再確認したい若手社員に向けた内容になっており、実践的なプログラムを通じて、職場で活かせるスキルを学ぶことができるのが特徴です。

参考:「ジョブカフェ いわて」

岩手県の就職/転職活動の体験談まとめ

岩手県で就職/転職活動を行い、無事に内定を獲得した方の体験談をご紹介します。20代の求職者が、どのように活動を進めていったのかを見ていきましょう。

体験談その1(24歳・男性)

最初、静岡県で派遣社員として働きました。そこで自動車メーカーのトヨタが、岩手に工場を作ると聞き就職活動をはじめました。正社員の募集に向けて勉強をしましたが、結果は不合格。定員に対し2倍~3倍の募集があったようです。

受かった知人に聞くと、上司に働きぶりが認められると、期間社員から正社員になることも可能とのことでした。私も「期間社員から頑張ってみてはどうか」と誘われましたが断りました。アルバイトの接客業に面白みを見つけたからです。

体験談その2(23歳・女性)

私は地元盛岡での就職活動を行いました。大学を出てから何度か転職しているので、ハローワークでの求人検索や説明会に参加する機会が多くありました。

私はWord(ワード)やExcel(エクセル)といったオフィスソフトを活用するのが得意だったので、事務を希望していましたが、事務の倍率はとても高かったです。実務経験者か資格を持っている方でないと、書類選考の段階で落とされてしまうこともしばしばありました。

また、業種では医療や介護、建設系の求人が多くなっているように感じました。企業の方に話を聞いてみたところ「震災復興」のための求人で、「労働時間が長く、労働内容に対して賃金が低いのが現状であり、人手不足が続いている」とのことでした。

しかし、「労働条件の改善が進んでいる」という話もありましたので、私は医療系の方向に進むことを決めました。

おわりに

その地域で発達している産業によって、募集職種は変わります。「都会で楽しそうだから」「自然がいっぱいあってゆっくり過ごせそうだから」などの理由だけで住む場所を決めると、希望職種に就けないかもしれません。

納得のいく就職活動にするためにも、経済状況や求人情報を確認した上で就業先を探してみてください。記事を読んで「岩手県で就職したい!」と思った方は、まずは上記で紹介したエージェントに問い合わせてみましょう。

地方/地元での就活ノウハウを知りたい方

UZUZでは地方・地元での就活に関するノウハウを幅広く紹介しています。Uターン就職・転職のノウハウや地方で働くメリットやデメリット、地方で魅力的な仕事を見つける方法など発信している情報は様々。各都道府県の就職データも公開しているので是非チェックしてみてください!

▼詳しくはこちらから!
地方での就職・転職情報が知りたいなら!UZUZ(ウズウズ)の「ウズキャリ」がおすすめ!

また、地方を出て都心部で働きたい方にはUZUZの無料セミナーや就職説明会がおすすめです。無料で定期開催していますので、こちらも要チェック!

▼詳しくはこちからから!
都心での就活ならUZUZ(ウズウズ)におまかせ!内定率は驚異の83%!

動画で就活ノウハウを学びたい、悩みを解決したい方

第二新卒・既卒・フリーター向けに就活ノウハウをレクチャーする動画『UZUZチャンネル』を配信しています。毎週、現役のキャリアカウンセラーがユーザーから寄せられる就活のお悩みにリアルタイムで答えるライブ配信も実施中!気に入ったらチャンネル登録してみてください!

▼公式YouTubeはこちら
UZUZチャンネル(YouTubeチャンネル)

ウズキャリの情報をもっと知りたい方

おかげさまで登録者数増加中!下記SNSをフォローすれば、ウズキャリの情報を定期的に受け取ることができます。

▼公式Facebookはこちら
Facebook

▼公式Twitterはこちら
Twitter

▼公式LINE@はこちら
LINE@

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

この記事を書いた人

UZUZ staff
UZUZ staff

第二新卒・既卒・フリーターなどの20代向けの就職/転職サイト「ウズキャリ(UZUZ CAREER CENTER)」では、個別での就活サポートを実施しています。新卒就活とは違う第二新卒や既卒・フリーター向けの就活ノウハウを伝えすることで、20日以内での内定獲得と95%以上の入社後定着を実現しています。在籍するキャリアカウンセラーは「元第二新卒」「元既卒・フリーター」なので、同じ目線でのサポートが提供できる点も特徴です。