第二新卒・既卒の内定者の声

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ

2016年に大学を卒業されたYさん(23歳・男性)は、私が以前、転職サポートした方のご紹介でお会いしました。Yさんは、小学生の時からずっと野球をされているスポーツ男子。大学ではダブルダッチを始め、世界大会で入賞されるほどの実績を残していました。

ですがそのダブルダッチに熱を入れすぎて、他のことは眼中になかったYさん。「将来より今が大事だ!」と考えて、とりあえずダブルダッチをやり切ってから今後のことを考えようと思っていました。

卒業後に既卒として就職するも、待ち受けていたのは残業の日々…


ダブルダッチを引退したのが、卒業の1カ月前でした。そこから将来を考え、身体を動かすのが好きだという理由のみで消防員を目指しましたが、安易な考えのために不採用。気づけば大学を卒業してから、6カ月以上が過ぎていました。

「早く働かないといけない!」と思い、Yさんは焦って就職活動をスタート。とりあえず受けた会社から内定をもらい、入社することを決めました。しかし、その決断が大きな問題を引き起こします。Yさんが入社した会社は長時間労働で深夜に帰ることも多く、何かあれば上司から怒鳴られるような環境だったのです。

月に120時間もの残業に加え、休日でも働かなければいけない日々。今後、長期的なキャリア形成が困難だと判断したため、Yさんは3カ月で退職しました。既卒で入社し、短期離職は大きなデメリットになることを理解していましたが、どうしても耐えられなくなったそうです。

初回面談時のYさんは働くことにネガティブな印象を抱いており、前職の経験から労働条件ばかりを気にされていました。もともとコミュニケーションはしっかり取れる方でしたが、どこか自信がありませんでした。

面談では、まずはYさんが将来どのようなキャリアを築いていきたいのかを、明確にするところからスタート。Yさんは前職で長時間労働の会社に入って失敗したことに加え、自身の将来がイメージできておらず、仕事をする意味が不明確でした。そこで今までの経験や考え方をヒアリングし、Yさんが大事にしていることを確認しながら、それに合った会社をご紹介しました。

3ヶ月という短期離職を不利にさせないために、準備万端にして臨む


Yさんと面談をしながら、就職活動の軸を作り上げていきました。

  • 自分のためより周囲のために自身の力を発揮したい
  • スポーツで怪我をした経験から医療に興味がある
  • 色んな方にあって自身の知見を広げたい
  • 自身の成果を数字で明確にしたい

その中で、上記のような点を考えていることが分かり、これらを軸とすると、「医療系の人材サービス会社の営業職」がピッタリ当てはまるのではと思い、私はYさんに提案しました。そこから、会社でどのような成果を残していく必要があるのか、どのようなスキルを身につけていくのかを考えていったのです。

前職の二の舞にならないために、Yさんは職務内容や条件の下調べを怠りませんでした。また、営業マン、そして社会人としてのスキルを身につけてキャリアアップをしたいとも考えていました。

目標を定め、軸をブラさずに就職活動を行った結果、私が紹介した人材会社の営業職として、Yさんは見事内定を獲得!

Yさんは自分のやりたいことが定まっており、この会社で将来どうなっていたいかを見据えていました。それをしっかりと伝えられたことが、何よりの成功要因だと思います。また、決して良くはない経歴が不利にならないように、何を面接で伝えるかをしっかりと考えたことも内定獲得を後押ししたのでしょう。

2度目の就活を成功させた第二新卒Yさんの振り返り


既卒・第二新卒の方々にはこの「何をしたいのか」が非常に重要だと思います。新卒ではない方は、あくまで「ポテンシャル採用」になるので、自身がこれからどうなっていきたいのかを考えることが肝心です。

YさんはUZUZに登録してカウンセリングを受けることで、面接に対する意識が変わったといいます。「今までは、面接官としっかりコミュニケーションを取れれば受かると思っていました。しかしUZUZを通して就職活動をするにあたって、早期退職した理由と、これからどう会社に貢献していきたいかを深く考えるようになった」とのことです。 

内定を獲得後、Yさんから「本当にありがとうございました!私に合った企業をしっかりと選定していただき、自分の魅力の引き出し方を親身に教えてくださったおかげで、無事に就職が決まりました」と言っていただきました。 

Yさん、次の会社ではまずしっかり成果を出して、自身の将来像に近づけるよう頑張ってくださいね!新しいスタート、応援しています。

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ

この記事を書いた人

Yota Sannomiya
Yota Sannomiya

広島県出身で高校卒業後、愛媛大学に進学。元第二新卒。大学時代はNPO法人の理事に就任するなど四国活性化に尽力する。卒業後は人材総合サービス会社に就職し、人材派遣のRA/CAを約3年間経験し、2014年UZUZに入社。UZUZではRA/CA/人事/マネジメントと幅広い業務を担当する。