第二新卒・既卒の就職市場分析

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ

新卒で入った会社を短期離職し第二新卒として転職活動を始める場合、業務経験の浅さから、仕事の需要があるのか不安になる人もいるのでは?

しかし、20代のうちの転職活動は、若さや熱意でカバーできる部分もあります。短期での離職はこれからのキャリアを見つめ直す機会にもできます。第二新卒の短期離職での転職活動のポイントをまとめてみました。

第二新卒で短期離職、仕事はある?


第二新卒での転職活動では、「仕事が見つかるのか?」と心配になる人が多いかもしれません。しかし、20代半ばまでは職歴がなくてもヒューマンスキルがあれば、企業側に「使いものになるかもしれない」と認められれば、ポテンシャル採用される可能性があります。

言葉を選ばずにいえば、「職歴はあるけれども仕事ができない30歳」よりも、「職歴はなくても教えればできるかもしれない20代」の方が企業にとっては価値があることが多いです。

30代で職歴がそれなりにある人よりも、20代なら給料が安くて済むうえに、他社のカラーに染まり過ぎていなければ、自社のやり方にすんなりと馴染みます。また、そもそも20代は新しいことを吸収しやすい年代です。

20代半ばまでの第二新卒の短期離職者は、「1年後は会社に貢献する人材になるかもしれない」と、ポテンシャル採用される可能性があるのです。

第二新卒の短期離職者で内定を勝ち取った事例として、『27歳、短期離職経験者でも志望企業で内定を獲得する理由』をご覧ください。

第二新卒で短期離職者の転職活動のポイント


第二新卒で短期離職した場合の転職活動を成功させるポイントは大きく分けると2つあります。「すぐに転職活動を始めること」と「長く働ける仕事をみつけること」です。

すぐに転職活動を始める

仕事を辞めてから転職活動をする場合、特に実家暮らしの人では、「少しのんびりとする時間を取りたい」と思うかもしれません。

しかし、転職活動で充電期間をとることがプラスに働く可能性があるのは、10年、せめて5年間以上働きつづけた人くらいです。それでも、離職した期間が長くなることにはリスクを伴います。

第二新卒の短期離職では「働く意欲」を問われがちですので、「働く意欲」をアピールするには、すぐに精力的に転職活動を始めるのが一番です。

仕事を辞める前に転職活動をはじめて、離職期間を1日も設けないくらいの気持ちで臨むことが理想的です。

しかし、そんなにすぐに転職先が決まるとは限らず、20代で仕事のスケジュールの自由度が低い場合には、面接を組みにくい面があるかもしれません。焦りは禁物ですが、短期離職したらすぐに転職活動のスタートを切りましょう。

長く働ける仕事をみつける

第二新卒の短期離職者は、「たまたま会社が合わなかった」、「ブラック企業だったのかもしれない」と1一社だけであれば、企業側に好意的に受け取られることもあります。

しかし、短期離職を繰り返していくと、「またすぐに辞めるのではないか」と懸念されやすいです。また、転職する会社がブラック企業ばかりだったとしても、見抜けないことでビジネスセンスを問われます。

第二新卒の短期離職は退職理由が納得できるものであれば、1社、2社くらいまでは20代ということもあり、まだ仕事が決まりやすいです。しかし、短期離職を繰り返すうちに、本人の資質の問題とみられがちですので、正社員としての安定した立場での雇用の場を得られにくくなります。

ジョブホッパーとならないように、長く働きつづけやすい環境が得られる企業をみつけて、転職することが大切です。

ホワイト企業ならいいの!?


ブラック企業で長時間労働やパワハラに悩まされて辞めた場合、「次はホワイト企業へ」の転職を目指すでしょう。

第二新卒の短期離職者が長く働き続けるためには、「ホワイト企業であること」は重視したいポイントの1つです。仕事に安定を求めるのであれば、転職活動で職場環境は優先順位が高くなります。

しかし、仕事に求めるものは人それぞれです。次の仕事での短期離職を避けるためには、まずは辞めた理由の棚卸しをして、辞めた理由を解決できるような仕事に就くことが大切です。単に「ホワイト企業」というだけではなく、どんな仕事に就きたいのか、キャリアプランを見据えて考えていくことも必要です。

若いうちほど、異業界や異職種へ転職しやすいですので、第二新卒での短期離職は新たな一歩を踏み出すチャンスともとらえることもできます。

特にやりたいことがみつからない人の場合、将来性の高い業界、賃金の高い業界で働くことも選択肢となります。未経験でも仕事を得られやすく、給料に評価が反映されやすければ、働いていくうえでモチベーションを保ちやすいです。

資格の取得は「働きながら」が基本


第二新卒の短期離職者では、仕事を辞めて資格の取得を目指す人もいます。しかし資格取得の勉強のために働いていない期間が長くなると、次の仕事を探すときに仕事を得にくくなり、リスクが大きくなります。もし、資格が取れなかったときには、離職期間が長いことは大きなマイナスです。

資格は正社員として働きながら取得することが望ましいですが、生活がハードになり過ぎる場合には、派遣社員として働くことも選択肢となります。一度社会に出た後は、働きながら資格取得を目指すことを基本としましょう。

まとめ

第二新卒で離職をしたら、すぐに転職活動を始められるように行動にうつしましょう。第二新卒の転職活動は、企業の採用担当者と話すことで学んでいける部分もありますので、応募した企業を落ちても、前向きにつき進んでいく気持ちを持つことが大切です。

しかし、第二新卒でどんな企業や職種を目指すべきか、キャリアプランをどう考えたらよいのかわからない人もいるのでは?そんな人は人材紹介会社の利用がおすすめです。

人材紹介会社はキャリアがある人向けというイメージもありますが、第二新卒や既卒を対象として、求人案件の紹介や転職、就職のサポートを行っている会社もあります。UZUZではUZUZカレッジという研修コースも無料で設けていますので、未経験の職種にチャレンジしたい人もぜひチェックしてみましょう。

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ

この記事を書いた人

Yui Umehara
Yui Umehara

メーカーで事務職として勤務の傍ら、インテリアスクールに通い、住宅関連の会社いくつかで勤務。結婚、出産を経て、ライターとして活動中。過去の転職の経験から得たコツなどをお伝えします。