就活体験談をよむ

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

今回の内定者は大学中退、ブラック企業を経験して早期離職、空白期間を経て派遣社員から正社員への転職を成功させたNさんという方です。

2015年に美術大学を中退したNさんはどういった経緯で転職活動を成功させたのでしょうか?

大学中退!?ブラック企業を経早期離職!?Nさんのプロフィール

shutterstock_385727668
名前:N.Mさん
年齢:24歳
最終学歴:高卒(2015年大学中退)
出身:茨城県

大学を中途退学するまでの生い立ち

Nさんは中学校を卒業後、美術を専攻するため美術科のある高校に進学されました。きっかけとしては幼少の頃から絵を描くことが好きで、その道を究めたいと思ったことです。

高校の時から毎日10時間程度はデッサンを書き込み、油絵を専攻して美術に打ち込んでいました。現役時代、東京芸術大学を志望していましたが、狭き門ということもあり合格することができなかったそうです。高校卒業後、東京芸大を志望しての3年間の浪人生活を送ることになります。

浪人時代の過ごし方

浪人中は美大を目指すための予備校に通い、現役時よりも美術に打ち込んでいました。浪人を重ねることで美術のスキルは上がっていきましたが、なかなか合格を手にすることができませんでした。

合格するためには採点する教授の好みに合わせて作品を書き上げる必要があるそうなんですが、その好みに合わせすぎて自分の個性を出せなかったことが合格できなかった要因であると反省されておりました。美術は奥が深いです…。

3年の浪人期間を経て、結果としては某有名私立美大に進学されました。東京芸大は5年10年浪人して進学されることも珍しくない大学なので、将来のことも鑑みて進学を決意されたそうです。

頑張ったのになぜ?1年で中退した経緯

しかしNさん、3年間も美術に打ち込みあんなに努力したにもかかわらず、わずか1年で大学を中退してしまいます。

理由は高額な学費でした。大学進学にあたり都内での一人暮らしを始めたNさん。学費を支払うため奨学金を借りていましたが、もちろんそれだけでは足りずアルバイトを開始します。ほとんど学校にも行けず授業も行けず、アルバイト漬けの毎日。「学校に行けないのに学費と生活費を工面するためにアルバイトしてるなんて……」そう考えたNさんはやむなく中退を決意されたそうです。

Nさんのように浪人を経て入学するも、中退をしてしまった求職者の方はほかにもいらっしゃいます。下記の体験談をご覧ください。

▼詳しくはこちらから!
26歳大学院中退の男性。開発エンジニアとして内定を獲得!

大学中退後のはじめての就職活動

shutterstock_517903153
大学中退を決意されてからすぐに就職活動を始めました。主にハローワークを利用し『事務職』を軸として就職活動を行なっていたそうです。

『事務職』を希望していたのは「営業はなんとなく怖いし苦手意識があるから事務職がいいな」といった理由からでした。実際にハローワークで事務職を募集している企業に50社程度面接に行ったようですが、なかなか内定を獲得することができなかったようです。

そんな中、なんとか『営業事務職』として内定を獲得することができ、晴れて1社目の会社に入社することができました。しかしここでNさんにトラブルが起こります。後ほど記載しますが、実際の仕事内容は営業事務ではなく、内勤営業(テレアポによる新規顧客の開拓)だったのです。

『事務職』を志望される方は意外と多いですが、なかなか正社員で事務職になることは難しいものがあります。理由は簡単、正社員での募集が圧倒的に少ないためです。厚生労働省の一般職業紹介状況では、2016年1月の事務職の有効求人倍率が0.34倍で、特に人気の高い一般事務では0.27倍です。

参考元:一般職業紹介状況(職業安定業務統計)

とりあえず「事務職がいいな〜」という理由だけでは、なかなか正社員で内定を獲得することが難しいのが現状です。

事務系職種の業務内容について興味を持たれた方は、以下の記事をご覧ください。
▼「【総務未経験者必見!】第二新卒・既卒のあなたは知ってる?事務系職種の仕事内容~総務部門編~

1社目での働き方と退職理由

shutterstock_451426462
内勤営業として働くことになったNさんは毎日朝はやくから終電までテレアポをずっとかけ続けました。なおかつ、数字がとれないとかなり厳しく叱責されるため、土日も関係なくテレアポをかけるリストを作成していたそうです。お話を聞くかぎり「かなり黒い会社だな……」と感じました。

何とか頑張ろうとしたものの、Nさんは約5ヶ月で退職しました。度重なる長時間労働に人がどんどん辞めていく環境。「ここでは長く働けない!」と考えたそうです。

新卒時の就職活動でみなさんが陥りがちな失敗が『会社のことをよく調べず焦って入社を決める』ことです。

Nさんも『事務職』だからというそれだけの理由で入社を決めた結果、短期離職に繋がっています。既卒・第二新卒の場合、新卒時と比較して就職活動の情報が少ないこともあるので、弊社のような専門カウンセラーに話しをきくことも検討してみていいかもしれません。

1社目を退職してからの過ごし方

退職後、Nさんは一度実家に帰られました。そしてひと段落してきてから再度上京され、派遣社員として事務職で働くことを選ばれました。

Nさん地元には希望する事務職の求人がほとんどありませんでした。そこでNさんは「事務職に就くは経験が必要」と考え、派遣の事務職として働き、ある程度経験を積んで転職活動をしようと考えたのです。

実はこれもよくある失敗です。派遣でいくら経験を積んでも正社員登用されるのは至難の技です。計画的に事務職での正社員をめざすのであれば、紹介予定派遣を視野にいれるのもいいと思います。結局Nさんも正社員に登用されることはなく、正社員での就労を希望して転職活動を行うことになりました。

Nさんは当社に登録後、第二新卒向けのサービス『ウズキャリ第二新卒』を利用して選考を受けていきました。
▼「内定率は83%以上!第二新卒の方に特化した転職サポート『ウズキャリ第二新卒』

転職活動で軸としたこと

shutterstock_458905099
それは『専門性が身について長期的にキャリア形成ができる仕事』というものでした。

「事務職として働く中で正直『将来性のなさ』を痛感した」とNさんは話します。ただ事務処理が早くなること以外身につくスキルがほとんどなかったそうです。

少し前の記事ですが、こちらの記事(オックスフォード大学が認定 あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」)を見て衝撃を受けた方もいらっしゃるのでないでしょうか?ITの技術革新により、データ入力・簿記・会計・監査の事務員・電話オペレーターなどの職業が90%以上の確率で「消える、なくなる」とされています。

今後10~20年程度で、米国の総雇用者の約47%の仕事が自動化されるリスクが高いという結論に至った

引用元:労働力調査 長期時系列データ

総務省統計局の調査によると2014年の事務従事者の数は1,244万人です。一方で専門的・技術的職業従事者の数は1,024万人です。これらの技術者たちが次々と仕事を自動化していくことで、事務従事者1,200万人以上の仕事はIT化され、どんどん求人がなくなっていくのです。

ではどうすればいいのでしょうか?今から技術職にチャレンジすることをお勧めします。 専門的・技術的職業従事者になってしまえばよいのです。

Nさんのように、いくら事務職で働けたとしても仕事内容や環境に違和感を感じたり、長期的なキャリア形成ができなければ長く働いていくことができません。そのため、第二新卒や既卒での就職活動では、業界で企業を選ぶのではなく、働き方や職種で企業を選ぶことをおすすめします。

第二新卒でも、未経験でエンジニアなど技術職に就業することは可能です。下記の記事で紹介している方々は、当社のサービスを利用して無事に転職を成功されました。

▼詳しくはこちらから!
前職を4ヶ月で辞めた16卒の第二新卒。未経験からエンジニアへ内定
大学卒業後海外で就職した25歳・第二新卒!なぜ彼は日本に帰国しITエンジニアに挑戦しようと思ったのか?

第二新卒としての就職活動開始!

Nさんは人見知りをする方なのか、なかなか自身の経歴や前職の業務内容について話をしてくれませんでした。面談を通して、第二新卒の転職市場的に事務職で就職することはかなり難易度が高いこと、働き方が合っていないと前職同様に短期で離職してしまうことをお伝えし、長期的な目線で次の就職先を選択していく必要があるとをお伝えしました。

ヒアリングの結果として、Nさんは「長期的に働いていける仕事」と、派遣の事務ではスキルが身につかなかったため、「専門性を高めてスキルを身につけられる」ことを軸として就職活動を行うことにしました。

そこでNさんには、未経験から挑戦できるインフラエンジニア職を紹介し、就職活動を行っていくことになりました。

就職活動でぶつかった壁とは?

Nさんには、「3浪」「大学中退」「短期離職」「その後の空白」「派遣を選んだ理由」「転職活動をはじめた理由」と整理しなければならない課題が山積みでした。

まず過去の失敗を他責にしないことを心がけるようにしました。転職活動を始めた理由である「専門性が身につかず将来性がない」というのは、派遣で選ぶ段階で程度想定できたはずです。過去の失敗を整理して受け入れることができていること、そしてこれからはどう成長していきたいのかを面接官に伝えることが重要でした。

以下の記事では、インフラエンジニアの業務内容について解説しています。技術職の就業をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。
▼「既卒のための業界解説|今キてる!インフラエンジニア(ネットワークエンジニア)の業務内容とは?

Nさんの就職活動、結果は?

shutterstock_521573560
最終的にNさんは3社を受けて2社1次選考通過、1社内定という結果でした。初めの面接は緊張もあり、面接官にダメだしをされてしまいました。(遅刻もしました笑)しかし、面接対策を繰り返すうちに次第に自分の考えていることを落ち着いて話せるようになっていきました。

結果としてなんとわずか1週間で内定を獲得することができました。すごいですね!美術に打ち込んだエネルギーを資格試験の勉強に打ち込んで、高い技術力を持ったエンジニアになっていただきたいです。Nさん、頑張ってくださいね!

UZUZのサービス一覧

Nさんのように、短期離職を経て第二新卒で転職をお考えの方は、当社の『ウズキャリ第二新卒』をご検討してみてはいかがでしょうか。サービスはすべて無料でご利用可能です。専任カウンセラーが、あなたの希望に合わせた企業をご紹介します。気になった方は下記の一覧から内容をご確認ください。

第二新卒の方はこちら!
入社後の定着率は脅威の93%!登録者一人ひとりに合わせたサポートで第二新卒の皆さんの転職を支援!UZUZの『ウズキャリ第二新卒』

既卒・フリーターの方はこちら!
内定率は83%以上!既卒・フリーターの就活なら人材紹介会社『UZUZ』のサービス『ウズウズキャリアセンター』がおすすめ!

ハイクラスな第二新卒のための「キャリアアップ転職」
『ハイクラス専用』

未経験から仲間と一緒に就活を行いたい方はこちら!
『ウズウズカレッジ』

理系に特化した20代専門の求人/就職サイトはこちら!
「ウズキャリ理系」に無料就活サポートを申し込む

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

この記事を書いた人

Takashi Kawahara
Takashi Kawahara

大阪府出身の元第二新卒。関西大学卒業後、東京のベンチャー企業に就職するも1ヶ月半で退職。フリーターを経て大手人材サービス会社に入社し、求人広告の営業マンとして働く。その後、縁あってUZUZに入社。現在は、既卒・第二新卒を対象としたキャリアカウンセリングを主に担当。