大学中退から就職した内定者の声

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ

大学中退して、美容院の事務として2年勤めたHさんの就職活動について紹介します。Hさんは2016年の8月末に前職の美容院を退社してから、ほぼ毎日のように弊社ウズウズカレッジ営業コースに通い、10月に内定を3つ獲得しています。

紆余曲折もあり、企業からは厳しいお言葉も頂き、軸もブレることもありましたが最終的には自分の行きたい企業から内定を獲得することができました。ここではHさんがどのような就活をして、どのような決断をされたかを紹介していきます。

UZUZカレッジ営業コースに所属していたHさんのプロフィール

Hさんは大学3年次に「つまらなかった」という理由で大学を突如退学し、行きつけの美容院の事務職として入社されました。大学もあと半年ほど通えば卒業出来たにもかかわらず、かなり思い切った決断でした。2年間勤めて慣れてきた頃に「仕事のもの足りなさ」を感じ、今年の夏に退職されて就職活動を始めています。

コミュニケーション能力も高く、大学時もスターバックスでリーダーとして約4年間働いた経験を持つHさん。いつもグループの中心メンバーで、人から相談を受けたり、頼りにされることも多かったそうです。

ふとした弾みで大学を中途退学をしてからも、事務としての職域を超える働きっぷりを発揮していました。事務として「Hotpeppar Beauty」の営業の方と商談を行い集客の考案をしたり、美容師の方に「指名」をもらえるように努力の方向性を示してあげたりなど、日々売り上げに貢献していました。

Hさんは美容師の方たちを見て、「自分も営業をして力をつけていきたい」と感じ退職されています。それからHさんの約2ヶ月間に渡る就職活動がスタートするわけですが、ほぼ初めての就職活動を彼女はどのように乗り越えていったのでしょうか?

大学中退・未経験のHさんの就活の軸&苦労したこと

shutterstock_133969985-1
Hさんは就活の軸を「どこでもやっていける営業力をつけていくこと」にして就職活動を始めました。このような軸にした背景は、上記で記載した通り美容院を退職した理由があります。性格的にも前にドンドン攻めていく方が自分に合っていることと、女性としてもキャリアを積んでいき上を目指していきたい気持ちを持っていたからでした。

軸が決まるのが早かったので選考も比較的早く進み、リクルート系の大手企業やベンチャー企業も受けていきました。弊社のウズウズカレッジ営業コースにもほぼ毎日通い、テレアポや講座への参加など、着々と知識・経験を身につけていったのですが、Hさんにも面接で苦労したことがありました。

企業からマインド面では好評価をもらうことが多かったものの、これまでのご経歴から「またすぐ辞めるのではないか」と指摘を受けることもありました。企業としても、長期的に就業して成果を上げてくれる人材を採用したいと考えているので、「辞め癖」がないかは気にかけます。営業職として「やりきる力」は必要ですので、もう「辞めないか」をいろんな角度から見られます。

また、冗長的に話してしまう癖もHさんのウィークポイントでした。簡潔に伝えられず面接を通過できなかったこともありました。営業職として、話が長いことは致命的です。商談はヒアリングから始まり相手に合わせた提案を簡潔に分かりやすく行わなければなりません。自分の話をしてしまいがちになりますが、この姿勢や素養は第二新卒の方にも求められます。例え営業職を行ったことがなくても、企業はそういった素養は求めます。誰もが簡単になれる職ではないので、ここも面接の対策やプレゼン講座で直していきました。

1ヶ月ほどUZUZカレッジで3C分析やプレゼン講座をみっちり受けたHさん。企業が求めている知識や営業としての素養を学び、さらに面接の対策を行うことで、求められているコミュニケーションを身につけました。こうして、企業がHさんに対して懸念するポイントを払拭していき、自信もつけていました。自信をつけてからのHさんは内定ラッシュとなりました。

営業未経験のHさんが内定承諾をした企業

Hさんはベンチャー企業の営業職と旅行系事務職、さらには中小企業の総合職の合計3社から内定を獲得しました。これを見ると「軸に沿った就活を行なっていないのでは?」と思われるかもしれません。ですので内定を獲得したのちに、再度初心に立ち返ってどこの企業を選ぶかを考えました。

旅行系事務職はキャリア形成の仕方が彼女が求めていたことと相違がありましたので、ベンチャー企業と中小企業との2社で迷われました。前者は上司のお人柄や能力に惹かれていて、自身がつけていきたい能力を最短距離で付けていけそうと感じていました。後者の中小企業の総合職は、働き方が自分が求めていることに近かったこともあり魅力に感じていました。もちろん付けたい力もベンチャー企業のスピードほどではないのですが、方向性は間違ってはいませんでした。

最終的には、Hさんは中小企業を選びました。総合職として営業だけではなく、営業事務職やヘルプデスクなど、Jobローテーションをすることで職域の幅を広げてキャリアを形成していける点に魅力を感じたためです。最後までどちらが自分にとって良い選択になるか迷われていましたが、「自分で決めた選択を自分で正解にします」と話されていたので、これから頑張ってくれると思います。

ウズカレ営業コース担当者から一言

shutterstock_378322198
Hさん、内定おめでとうございます!

3社内定獲得して、良い意味での悩みがありましたね。入社を決める猶予を頂いたあの1週間が、面接の対策や面接で落ちたとき以上に悩んでいましたね。一人で抱え込まず多くの方に相談して情報を入れて、最終的に自分でしっかり精査しようとしている姿がすでに頼り甲斐がありました。これからも持ち前の明るさとハツラツさを発揮し、どんどん力をつけていってください。

上記にも記載して重ね重ねにはなりますが、Hさんの覚悟を持ち発した言葉はコース生の方にも良い影響を与えています。また内定者飲み会はまたお呼びしますので、ウズウズカレッジ営業コース同窓会を開催していきましょう。11月から頑張ってくださいね!

未経験からブラックではない企業での正社員を目指す無料就活スクール開校

UZUZでは未経験から営業を目指す方々の為に、無料スクールのウズウズカレッジを開校しています。

  • 大学を中退してしまった方
  • 営業がどんな仕事なのかもう少し詳しく知りたい方
  • 仲間と一緒に就職活動を進めたい方
  • 未経験から手に職を付けたい方
  • 20代の既卒・フリーター・第二新卒の方

以下のリンクから無料WEB登録を進めてみてください。
未経験から営業経験を積んでブラック企業じゃない会社で正社員になれるウズカレ4週間コース

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ

この記事を書いた人

Shingo Nakamura

愛知県出身の元第二新卒。米国アラバマ州立大学ハンツビル校にて生物学を専攻。大学を卒業後、ラーメン屋、インド現地の旅行会社などを経てUZUZに入社。UZUZではキャリアカウンセラーと「ウズウズカレッジ・営業コース」の管理/運営を担当。