第二新卒・既卒の内定者の声|15卒

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ

内定者プロフィール
名前:H・H
年齢:23歳
最終学歴:2015卒
出身:富山県

新卒でコンサルティング会社から内定獲得

shutterstock_253680517
Hさんは新卒時はコンサルティング会社を中心に就職活動を行っていました。父親がコンサルタントをしており、その姿を見てコンサルタントに憧れを持ったことが大きな理由になります。複数の企業を受ける中で特に事業再生の分野に興味を持ち、前職の会社に入社することを決めました。

ただ入社されてから大きなギャップを感じるようになります。コンサルタントとしてクライアントの事業再生に関われることにはやりがいを感じておりますが、実際に行う業務は金融機関とクライントの調整役になり、クライアントの課題解決に深く関わることが出来ない環境でした。

社会人経験を積むために就業されておりましたが、1年を区切りに退職することを決断しました。

第二新卒として自身のキャリアをどう描くか

shutterstock_402941773
Hさんは関西に在住していましたが、環境を変えるためにも東京で就業することを希望していました。東京での就職活動は効率的に行うことを意識し、結果的には3度の上京のみで内定を獲得することが出来ました。

そんなHさんが悩みに悩んだのが『どの職種を選ぶか』という点です。

将来的にはコンサルタントとしてのキャリアを築いていきたいと考えておりましたが、前職の経験から自身に専門性を身に付ける必要性を痛感しておりました。「自分がその分野のプロになることで、よりクライアントに価値を提供出来る」Hさんはそう考えていました。

そこで選択肢に上がったのがITエンジニアです。IT業界は急成長しており、今後もますますの成長が見込まれる業界でもあります。Hさんは、その業界においての専門性を身に付けることが今後のキャリア形成には重要だと考えるようになりました。

未経験からITエンジニアになるために

uzuz_shutterstock_325621916
Hさんはエンジニアになるために関西でエンジニアの勉強&Skypeを通じた面接対策、東京で面接という流れで就職活動を行いました。

非常に優秀な方だったため、しっかり準備をしてきてくれ、面接対策もとてもスムーズに進みました。ポイントになった部分はなぜエンジニアになりたいかという部分です。もともとIT業界とは縁もゆかりもない学部で勉強し、前職からの関連性もなかったため、その点を説明することが課題になりました。Hさんは将来の方向性やキャリアをしっかり明示し、面接官を納得させることが出来ておりました。

第二新卒担当カウンセラーより一言

uzuz_shutterstock_120178051
Hさん、改めて内定おめでとうございます。東京での就職活動は大変だったかもしれませんが、しっかり準備してくれており、本当にスムーズに内定を獲得することが出来ましたね。3回しか上京していないにも関わらず、2社から内定を獲得できたのはさすがです。

これからが新たなスタートになりますので、頑張ってくださいね!

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ

この記事を書いた人

Yota Sannomiya
Yota Sannomiya

広島県出身で高校卒業後、愛媛大学に進学。元第二新卒。大学時代はNPO法人の理事に就任するなど四国活性化に尽力する。卒業後は人材総合サービス会社に就職し、人材派遣のRA/CAを約3年間経験し、2014年UZUZに入社。UZUZではRA/CA/人事/マネジメントと幅広い業務を担当する。