第二新卒・既卒の内定者の声|12卒

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ

プロフィール

今回ご紹介する内定者はMさん(20歳・男性)。静岡県出身です。

最終学歴はなんと中卒です。高校を中退し、バイトを経て、建築現場の正社員として約3年働いていました。ちょうど3年が経とうとしている頃、「東京でスーツを着て働かないか?」と友人から誘いを受けました。当時は現場仕事で、朝から晩まで肉体労働。夏は暑く冬は寒い。Mさん自身も一生働くのは難しいと感じていたそうです。

そこで、Mさんは東京に出ることを決意。そこからMさんの東京ライフが始まります。

中卒Mさんの激動!東京ライフ!

shutterstock_228417220
Mさんの東京ライフは一言で言えば「ハード」でした。上京後、Mさんはある会社の営業マン育成プロジェクトに参加しました。そのプロジェクトとは、半年間住居を提供されながら、飛び込み営業をするというものでした。

昼から夜まで1日200件、一般住宅に飛びこみ光回線の営業をします。話を聞いてもらえないことなんてザラでしたし、「結構です!」と門前払いを食らうこともありました。ちなみに「東京に行こう!」とMさんを誘ってきた友人は、1ヶ月ほどで地元に帰ったそうです。

それでも、「同じ生活に戻りたくない!」という気持ちだけで根を上げることなく半年間やり切ったMさん。そして、プロジェクト先にいた上司の紹介でUZUZの門を叩きました。

就職活動の軸

  • 営業職
  • 努力次第で上を目指せる

Mさんは飛び込み営業の経験を活かし、営業職を受けていくことにしました。しかし、中卒という学歴によって受けられる企業は多くありませんでした。それでもMさんは「同世代に絶対負けたくない」という気持ちだけで就活にチャレンジ。その結果、急成長中のITベンチャー企業の営業職の内定を得ることができました。

Mさんが内定をとった企業は、UZUZからも紹介実績は多くありましたが中卒の採用は初めてでした。

担当から一言

shutterstock_288866213
Mさん内定本当におめでとうございます!内定が出たとき、私自身めちゃくちゃ嬉しかったです!

UZUZに来た頃は毛先が茶色かったり、遅刻してきたり、言葉遣いやマナーも全く知らない状態からのスタートだったので正直言って大変でした(笑)私自身やるからには真剣に向き合いたいと考えていたので、時には厳しく指摘することもありましたが、それでもMさんは必死に付いてきてくれてましたね。

どんなに苦しい状況でも諦めず食らいついてくるMさんから学ぶことは多く、私自身Mさんには本当に感謝してます。内定先でも伝説を残してくださいね!

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ

この記事を書いた人

Ryoma Hayashi
Ryoma Hayashi

茨城県出身。元第二新卒。大学卒業後はベンチャー企業に就職し、朝から晩まで飛び込み営業を続ける。3年間勤務したのち退職。その後、同期であった川原との繋がりでUZUZに入社し、現在はキャリアカウンセラーとして求職者の方のサポートにあたっている。