第二新卒・既卒の就職市場分析
uzuz_shutterstock_421334179

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートはLINE@でお気軽相談

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートの相談はウズウズLINE@

転職を希望する第二新卒なかには、憧れのゲーム業界を目指す人が多いのではないでしょうか。特に、スマホを中心とするソーシャルゲームは、年代を問わず爆発的な人気を得ています。

ゲーム業界にはさまざまな職種とジャンルがあり、専門知識や開発経験、スキルが必須とされる場合も。しかし、なかには未経験でもゲーム業界で活躍できるチャンスがあるのです。そこで今回は、第二新卒からゲーム業界に転職するポイントについてご紹介します。

ゲーム業界の企業形態

uzuz_shutterstock_435986089
ゲーム業界にはさまざまな企業形態があります。「デベロッパー」と呼ばれる小規模なゲーム受託会社から、開発はもちろん製品化までを手掛ける大手メーカーまで多種多様な企業形態があることも、ゲーム業界の大きな特徴といえます。

なかには、少人数で立ち上げたベンチャー企業も多く存在しており、自ら新しいゲームをつくり上げる充実感を味わうこともできます。

デベロッパーは、ゲームのプログラムだけを行う会社やゲーム企画のみを行う会社など、それぞれの分野に特化した業務を専門としています。一方で、大手ゲームメーカーは、企画から開発、製品化までをそれぞれの部門が担当し、会社組織として大規模なヒット作品を次々と世の中に生み出しているのです。

ゲーム業界に転職する際には、自分がどんな仕事にかかわりたいかを明確にする必要があります。ゲーム業界に関して未経験の場合は、小規模なデベロッパーで開発スキルを身につけていくのもひとつの選択技ではないでしょうか。

職種でみるゲーム業界

uzuz_shutterstock_409551964
ゲーム業界には、ゲームデザインなどのクリエイティブ性の高い職種や、ソフトの開発やプログラミングを行う技術職、提案や企画に関わる開発職などがあります。ここでは、ゲーム業界のなかでも重要な役割を担う職種についてご紹介します。

ゲームプランナー

ゲームの開発段階において、起点となる役割を果たす職種です。ゲームクリエイターとも呼ばれ、新しいゲームの企画を提案し、ゲームデザイナーやプログラマに指示を出す仕事を行います。

ゲームのルールやオブジェクトなど、企画書に基づいて詳細を決めて行くのもゲームプランナーの大きな役割です。

ゲームプログラマー

ゲームプログラマーは、ゲームを完成させる工程を行う技術職です。基礎的なプログラム言語はもちろんのこと、高いパソコンスキルが求められます。ゲーム開発の中核ともいえる職種です。

経験より専門知識が評価されるので、ゲームプログラマーを目指すのなら、基本情報技術者などのIT国家資格を取得しておくとよいでしょう。

デバッカー

デバッカーは、完成したゲームの仕様を確認する専門職です。ゲームの仕様書にそって、あらゆるパターンを試しながら、ゲーム内で生じるミスやバグを見つけることが主な仕事となります。特別な資格も必要ないので、たとえ未経験であっても、忍耐力や根気強さがあれば取り組める職種といえます。

サウンドクリエイター

サウンドクリエイターは、ゲームに流れる効果音やBGMをつくるクリエイティブ職です。ゲームのイメージに合わせた作曲のセンスや、キャラクターの感情までも理解する能力が求められます。

サウンドクリエーターは、その役割によって曲を作るサウンドコンポーザーと曲をプログラミングするサウンドプログラマーに分けられる場合もあります。

ゲームディレクター

ゲームディレクターとは、ゲーム開発から製品化までの全ての工程を統括する責任者のことです。予算配分から人員の確保、開発期間の調整に加えて、製品のプロモーションまで担当することになります。

未経験からチャレンジできる職種ではありませんが、ゲーム業界で経験とスキルを重ねながら目指してみてはいかがでしょう。

プラットフォーム別にみるゲーム業界

uzuz_shutterstock_94050241
プラットフォームとは、完成したゲームの配給先のことです。プラットフォームによって、開発会社や職種には違いがみられるようです。ここでは、代表的なプラットフォームについてご紹介します。

スマートフォン

近年において爆発的な人気を誇るスマートフォンは、ゲーム市場の主流になりつつあります。専用のゲームアプリをダウンロードして楽しめるゲームの数々は、年齢を問わず多くのユーザーを虜にしているといっても過言ではありませんね。今後も需要の拡大が見込まれており、アプリ開発に最も力が注がれています。

コンシューマ

コンシューマとは、主に家庭用のゲーム機を指します。スマートフォンが台頭する以前は、コンシューマがゲーム業界を接見していました。新開発による優れたグラフィック性と多彩な操作性は、根強い人気を誇っています。また、多人数での同時プレイが可能なことも、魅力のひとつといえるのではないでしょうか。

パソコン

携帯型のゲームがもてはやされているとはいえ、パソコンでのゲーム人気も衰えてはいません。コアなゲームファンが多いのも特徴といえそうですね。

さらには、他のプラットフォームにはない高機能のパソコンの登場により、オンラインゲームのクオリティも驚くほどの進化を遂げています。背景やキャラクターの解像度や動作性の高さは、高性能のパソコンだからこそ再現できるゲームの世界ですね。

アーケード

アーケードとは、娯楽施設であるアミューズメントセンターなどに設置されているゲーム機のことです。他のコンシューマに見られない大型なゲーム機器や、単純なボタン操作で楽しめるゲーム機がアーケードの魅力ですよね。

また、若い世代を中心に人気を集めるプリクラやUFOキャッチャーなどもアーケードに分類されます。爆発的なブームは去ったものの、今後も開発の余地が期待されるコンシューマとして注目されているそうです。

まとめ

uzuz_shutterstock_343098755
いかがでしたか。未経験でゲーム業界に転職を希望する際には、まずは「どんな職種につきたいか」をじっくり検討してみてください。なによりもゲーム業界が求めるのは、「ゲームが好きであること」だそうです。つまり「好き」を仕事にするために積極的にチャレンジする姿勢が重要といえますね。

勢いがあるゲーム業界では、未経験でも応募できる求人が多彩に用意されています。ゲームへの熱意をアピールして、果敢に挑戦してみてはいかがでしょう。

また、ゲーム業界に転職するためには事前の準備も必要です。UZUZでは、ITスキルを短期間で身に付けることができるUZUZカレッジを開校しています。登録は無料ですので、是非チェックしてみてくださいね。

まったくの素人でもITエンジニアになれるウズカレ4週間コース

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ