就活ノウハウをまなぶ

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

第二新卒の転職市場は活発で、遅かれ早かれ次の転職先の選択肢は少なくありません。通常業務をこなしながら、見事に希望の転職先を勝ち取った次のステップは、「退職の意思を会社にうまく伝えること」。

特に第二新卒の転職は、初めての転職となるので分からないことだらけで不安になりがちです。円満に退職して、気持ちよく次の会社に行くためにも、しっかりと退職の意思を伝えていきましょう。

今回は、退職の切り出し方や、退職を伝えるにあたって知っておいて損のない注意すべき裏事情や、退職届の書き方の例文までをご紹介していきます。

次の転職先は決まったけれど、いつ退職の意思を伝えたらいいの?

uzuz_shutterstock_310686446
転職先が決まったら、次はいよいよ現職への対応。そこで真っ先にチェックすべき物は就業規則に記されている退職規定です。今までキチンと読んだことはないかもしれませんが、この「規定」が退職を切り出すタイミングをいつまでにしなければならないかの基準になるからです。

というのも、日本は法律上では2週間前に退職を言い渡せば良いとされていますが、会社の就業規則はこれとは別に存在しております。規則は会社によって異なり、退職の告知は、1ヵ月前なのか、1ヵ月半前なのか、もしくは2ヵ月前なんていうことろもあります。

会社に勤めている限り、就業規則を守ることが円滑な退職における初めの一1歩です。また、この事前告知の期間の裏の理由としては、引継ぎなどが発生する時間を考慮するのはもちろんのこと、辞める社員が機密情報の持ち出しといったような不正をしていないかなどを企業側がチェックするために必要な期間でもあるとされているからです。

就業規則をキチンとチェックした上で、計画的にタイミングを見測って伝えましょう。

緊張の瞬間!退職の切り出し方や言い方について

uzuz_shutterstock_292353074
まず、「退職します」とは、決して相手にポジティブな印象を与える発言ではないということを念頭に置いて行動する必要があります。

何故なら、新卒で採用した社員が辞めるというのは、企業側にとって採用や研修にかかった費用を考えると大きく痛手であること、そして社会人経験がゼロの人材に対してイチから教育する上で工数や費用もかかっていること、さらに会社によっては辞めた社員が多い部署は上司のマネジメントの責任であるとして、上司の評価に大きく影響するといった裏事情もあるからです。

なので、特に第二新卒の退職では、自分一人の問題ではないということを念頭において告げなくてはなりません。

退職の旨を伝える人は先輩ではなく、基本的には直属の上司になりますが、切り出し方についてはメールや、あまり人がいない時間帯などに「ご相談があります」「お話があります」と言うようにサッと伝えて、会議室といった個室で話をするか、事前に相談という形で会議依頼を出しておくのがスムーズです。

そこで、退職をする硬い意思を伝えて、退職届を出しましょう。転職先が決まっている場合は引き留められても、次の職場へ迷惑が掛かるので硬く意思を変えてはいけません。同時に必ずと言っていいほど聞かれるのが、「退職の理由」そして「次の転職先(具体的な社名)」の2つです。

退職の理由に関しては、誰かのせいやネガティブな理由は基本的に伏せましょう。自分に対して悪評が立つ可能性があるのと、残りの在職期間に会社に居づらくなってしまいます。これも、転職活動における面接と同じように、あくまでも前向きな理由に置き換えることが大事です。

例えば、「他にどうしてもやりたいことが見つかった」などと、自分の意思であることを強調しましょう。突っ込まれてもお互い良い気はしないので、その隙を極力出さないように硬い意思を伝えるのことがコツです。

また、具体的な会社名も伏せるようにしてください。これも、転職先の会社への悪評防止などにもつながります。まれに、上司と転職先のキーマンが繋がっていて探りを入れられたり、ごく稀ですが最悪の場合は転職を阻止されたといった例もあるようです。

退職届?退職願?辞表? それぞれの意味と書き方を理解しておこう

uzuz_shutterstock_363352847
退職を言い渡す時に必須になる物。それは、「退職届」、もしくは「退職願」と言われるものです。実は「退職願」「退職届」「辞表」の3種類があるのですが、ここで意味の違いを理解しておきましょう。

簡単に説明すると、「退職願」には、提出したあとも撤回する意思があることを会社側に示すものです。なので、必然とやわらかめのニュアンスとなります。一方で、「退職届」は残留の意思が全くないことを示し、提出後は撤回ができません。また、「辞表」に関しては、一般的に役職者が出すものなので第二新卒では使用する機会はほとんどないと思います。

ニュアンスを気にするなら「退職届」と出す方が無難かもしれませんが、基本的には「退職届」・「退職願」のどちらの書き方でもOKです。ここで、「退職届」、もしくは「退職願」を書くあたって、内容の例文と注意事項を記載しておいたので、参考にしてみて下さい。

「退職願」の書き方

退職願
私事
この度一身上の都合により、平成◯◯年○○月○○日をもって、退職させていただきたく、ここにお願い申し上げます。

平成○○年○○月○○日

○○部 ○○課
名前 印

◯◯◯◯株式会社
代表取締役社長 ○○○○ 殿

「退職届」の書き方

退職届
私事
この度一身上の都合により、平成◯◯年○○月○○日をもって、退職致します。

平成○○年○○月○○日
(以下、退職届と同様に記載する)

違いは見ての通り、言い切って退職をするか、お願いをするかの違いだけとなっています。
また、パソコンで作成することが認められている企業もありますが、基本的には「退職届・退職願」は手書きです。注意事項としてはさらに下記があるので、作成する前に目を通しておいて下さい。

  • 書き出しは「私事」もしくは「私儀」と記載。
  • どんな退職理由であっても「一身上の都合」と記載。具体的な理由は記載する必要はありません。
  • 日付は退職願を提出する日(退職日)です。
  • あて名は社長名です。自分の名前は、社長の名前より下に記載しましょう。
  • 消えるペンや鉛筆などは不可、ボールペンなどを使用し、インクは黒を使いましょう。
  • 印鑑はシャチハタ不可

まとめ

uzuz_shutterstock_417458044
「立つ鳥あとを濁さず」という諺があるように、現職に対してしっかりけじめをつけることが大事です。あとを濁さず、明るい未来に向かって、スマートかつ円滑に進めていきたいものですね。有給などが残っている場合は、社会人でありながら平日も含めた大型連休がとれるチャンスでもあります!

前向きに、恐れず退職の意思を伝えて、前を向いていきましょう!

UZUZのサービス一覧

第二新卒の方はこちら!
入社後の定着率は驚異の93%!登録者一人ひとりに合わせたサポートで第二新卒の皆さんの転職を支援!UZUZの『第二新卒ナビ』

既卒・フリーターの方はこちら!
内定率は83%以上!既卒・フリーターの就活なら人材紹介会社『UZUZ』のサービス『ウズウズキャリアセンター』がおすすめ!

ハイクラスな第二新卒のための「キャリアアップ転職」
『ハイクラス専用』

未経験から仲間と一緒に就活を行いたい方はこちら!
『ウズウズカレッジ』

理系に特化した20代専門の求人/就職サイトはこちら!
「ウズキャリ理系」に無料就活サポートを申し込む

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

この記事を書いた人

UZUZ staff
UZUZ staff

第二新卒・既卒・フリーターなどの20代向けの就職/転職サイト「ウズキャリ(UZUZ CAREER CENTER)」では、個別での就活サポートを実施しています。新卒就活とは違う第二新卒や既卒・フリーター向けの就活ノウハウを伝えすることで、20日以内での内定獲得と95%以上の入社後定着を実現しています。在籍するキャリアカウンセラーは「元第二新卒」「元既卒・フリーター」なので、同じ目線でのサポートが提供できる点も特徴です。