第二新卒・既卒の就職市場分析

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ

転職活動で前職の退職理由は、採用を左右する重要な要素の一つです。特に、第二新卒では在職期間の短さからも、「退職理由をどう伝えればいいのか分からない」と悩む人も多いのでは。

退職理由はネガティブになることを話すのは避けて、ポジティブなものとすることが基本といわれています。そこで、第二新卒の退職理由の考え方をまとめました。

なぜ、転職理由はポジティブが基本?

uzuz_shutterstock_377973106
転職の採用面接では、前職の退職理由はほぼ聞かれることです。ここで、ありのままを包み隠さず話してはいませんか?

しかし、退職理由を聞かれたら、ネガティブな理由は避けて、ポジティブに受け取れる理由を答えるのが基本です。

「退職理由は、包み隠さず正直に話したほうがよいのでは?」と思う人もいるかもしれません。しかし、面接は「人間関係が悪くて辞めたい」、「仕事がハードできつい」といったことを話す、悩み相談やキャリアカウンセリングの場ではないのです。ネガティブな退職理由を話してしまうと、働く意欲が薄いと受け取られやすくなります。

とはいえ、退職理由は嘘をつくべきものではないのも事実。ネガティブに受け取られがちな退職理由は、「ポジティブに聞こえる理由」に置き換えて話せばよいのです。前向きな理由で退職をしている人であれば、前向きに仕事に取り組むと認識されやすいです。

そこで、退職理由別に、「ポジティブに聞こえる理由」に置き換えていく方法を例をあげて解説していきます。

ポジティブな理由への置き換え例1:「人間関係が悪い」編

uzuz_shutterstock_403515808
例:『個人主義の風潮があったため、周囲の人とコミュニケーションを図りながら仕事をしたいと思いました。』

人間関係を退職の理由にすることは、ネガティブな退職理由の中でも、特に避けるべきものです。

以前の職場で人間関係が悪くて辞めた場合、正直に話したことで、「先輩や同僚とうまくやっていけるのか」、「ちょっとしたトラブルで辞めてしまわないか」など、懸念されやすくなります。

しかし、「人間関係が悪いから辞めたい」=「周囲の人と良好な人間関係を築きたい」とも受け取れます。周囲の人と協調性を持って仕事をしたいことを伝えて、アピールポイントにつなげていきましょう。

ポジティブな理由への置き換え例2:「ノルマがきつくて仕事がハード」編

uzuz_shutterstock_379805482
例:『数を尊重する営業で、1件1件の顧客と向き合う時間がとれなかったので、お客様と信頼関係を築けるような仕事がしたいと考えました。』

ブラック企業の営業職では高い営業目標が掲げられ、ノルマ達成まで上司の叱責が続くため、連日深夜まで残業というケースもみられます。勤務自体がハードなケースでは、「そこまできついなら辞めたいのは仕方ない」と受け取られることもあります。

そのようなケースでは、例えば、月間の残業時間や一定の期間で退職した人の人数など、具体的な数字をあげて理由を話すことはOKです。しかし、主観的に労働環境がつらいと話してしまうと愚痴と受け取られやすく、「怠けたくて逃げている」といった見方や、会社批判と取られる可能性もあります。

引き続き営業職として働くことを希望し、ポジティブな理由とするためには、「顧客と信頼関係を結ぶような営業がしたい」といったように、営業職を続けたい意欲が伝わるものとしましょう。

「給料が安い」は第二新卒では避けるべき

uzuz_shutterstock_261370952
「給料が安いから辞めた」、この理由は職務経験が豊富な人ならまだしも、第二新卒が口にすると、面接の担当者に不快感を与えるリスクが懸念されます。

職務経験が豊富な人であれば、転職で価値があると判断されれば、前職よりも給料アップが見込めることがありますし、専門的な知識や経験のある人なら、給料交渉が可能なケースも多いです。

しかし、第二新卒が「給料」を口にしたり、「正当な評価を受けたい」といったりしても、それだけのスキルがあるのかと疑問視されやすいです。また、給料には業界水準がありますので、そもそもその給料が安いのか、という点から問題になります。

ちなみに、厚生労働省の「平成27年賃金構造基本統計調査結果」によると、大卒の初任給の平均は20万2000円です。

前述のブラック企業のケースと重なりますが、「9時から23時まで働いていて、20万円」であることを理由とした場合、転職によって労働時間は改善できるかもしれませんが、給料は変わらない可能性もあります。

一般的に「給料が安い」という退職理由の置き換えに使われる、「正当な評価を受けられる企業で働きたい」という理由も、第二新卒ではよほど能力の高い人でなければ通用しにくいです。

転職に至るのには、さまざまな要因が重なり合っていることが一般的です。「給料が安い」という理由だけで辞めるケースは少ないと考えられます。退職理由の一番として考えられるのが「給料が安い」という理由のときは、再度、退職理由の棚卸しをして、他の理由をあげるようにしましょう。

退職理由は志望動機につながる!

uzuz_shutterstock_414806593
転職は前の勤務先の退職理由を解決し、よりよい環境で働くために行うものです。応募する求人案件は、退職理由を解決できるようなものが前提です。転職によって前の勤務先の退職理由を解決できなければ、短期間での離職を繰り返してしまう可能性があります。

反対にいえば、退職理由は応募した企業への志望動機ともなるものです。転職活動を行うにあたっては、「なぜ辞めたのか」という退職理由の棚卸しをして、応募する求人案件のミスマッチが起こらないように気をつけましょう。

まとめ

今回、退職理由は面接ではポジティブな理由に置き換えるべきとお話ししましたが、とはいえ、退職理由の本音を洗いざらい話したいとは思いませんか?

「転職したい理由を包み隠さず話したい」、「仕事を辞めた理由を聞いて欲しい」、そんな第二新卒の方はぜひUZUZへ。キャリアカウンセラーが率直な退職理由をもとに、退職した理由を解決できるような転職先をご紹介します。

UZUZではキャリアカウンセラーが転職に関する相談から、応募先の企業選び、応募書類の作成や面接のサポートを行っています。面接日の調整や給料交渉も任せられますので、働きながら転職を目指す人も、人材紹介会社を利用すると転職活動の負担が軽減されますよ。

未経験から営業や技術職を目指すための無料就活スクール開校

UZUZでは未経験から営業職や技術職を目指す方を対象に、無料研修の「ウズウズカレッジ」を開校しています。

  • 未経験から手に職を付けたい方
  • 営業の仕事内容を知りたい方
  • 一緒に就職活動を進める仲間が欲しい方
  • 20代の既卒・フリーター・第二新卒の方

以下のリンクからぜひWEB登録を!
未経験から営業/エンジニアの経験が積める5週間研修

matome_bn

既卒・フリーター・第二新卒の就活サポートならウズウズへ

この記事を書いた人

Yui Umehara
Yui Umehara

メーカーで事務職として勤務の傍ら、インテリアスクールに通い、住宅関連の会社いくつかで勤務。結婚、出産を経て、ライターとして活動中。過去の転職の経験から得たコツなどをお伝えします。