ウズキャリの就活体験談

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

第二新卒または既卒の女性で、「未経験だけど営業になりたい!」と考えている人にとって、実際に“未経験から営業職への転職に成功した人“の体験談は大きな励みになりますよね。

そこで今回は、「どんな人がどうやって転職できたのか」気になるポイントを内定者の声からピックアップしてご紹介します!

体験談をまとめることで見えてきた、「女性の第二新卒者・既卒者が、未経験の営業職に転職するポイント」もチェックして、転職成功へ向けて、一歩踏み出してみましょう!

女性も営業職へ転職できる!

uzuz_shutterstock_345207017
以前は、ライフスタイルの変化に合わせて、働き方も変わりやすい女性は、営業には向いていないとされてきました。長い時間仕事に拘束される営業職は、育休明けに時短勤務を取り入れたり、子どもが風邪を引くと休んだりする女性には不向きだ、と考えられていたためです。

しかし、「長時間働くことがいい」のではなく、「効率的に働くほうがよい」というように働く環境が変わってきていることに合わせて、営業職への女性の起用の流れが生まれてきています。

就業時間の間はずっと会社にいて作業をしなければならない事務職よりも、営業職はスケジュール管理を自分でコントロールできることが多いです。そのため、「女性にとって仕事をしやすい環境が整っているのが営業職だ」、といえるようになってきています。

また、女性ならではの視点を取り入れた営業活動によって、特にBtoCのビジネス分野で女性営業者の活躍が期待されています。女性も営業職を目指すことはできるので、気になっているなら挑戦していきましょう!

女性の営業職への転職では、どんな業界を目指すといいのでしょうか?コチラの記事で詳しく解説しています。

営業に転職しよう!女性らしさをいかして働ける業界はどこ?

第二新卒・既卒で未経験から営業職へ転職した人の体験談

uzuz_shutterstock_180605549
それでは、実際に女性の第二新卒者または既卒者で未経験から営業職へ転職した人の体験談を見てみましょう。

既卒から「成長できる」企業の営業職へ!(Sさん・23歳)

高校時代に1年間アメリカ留学を経験したことで、「海外でも通用するような人材になりたい」と考えているSさん。新卒就活時には、就職か留学かで悩んだまま、どちらもかなわずに終え、既卒となったそうです。

そんなSさんは、既卒としての就職活動のポイントを「遅れを取り戻せる環境で成長する」ことに絞り、なんと3社からの内定をもらいました。そのなかから、「社長が魅力的だから」という理由で1社を選び、入社を果たしています。

そんなSさんの体験談はこちらです。
内定者の声|入社の決めては社長の人間力。女性既卒者が未経験営業職に挑戦

ホテル業から営業に転身(Iさん)

1年半ホテルというサービス業に勤めたIさんは、前職でも業務には意欲的に取り組んでいましたが、将来のキャリアを考えたときに不安を感じ転職を決意したそうです。

学生の頃から、「起業するか、1事業の責任者になって働きたい」という希望をもっていたこともあって、ベンチャー起業を志望し、就活をスタートさせました。

実際に就活を進めるなかでインターンとして働き、挫折も味わいましたが、反省を踏まえて臨んだ人材ビジネスを運営する企業へのアプローチで、営業として内定をもらい入社にこぎつけています。

Iさんの第二新卒としての就活の様子を覗いてみましょう!
内定者の声|13年卒 一流ホテルを1年半で辞めた女性がインキュベーションビジネスを行うベンチャー企業営業職で内定獲得!!

内定辞退から既卒として営業職を目指したYさん

内定していた企業が、無茶な営業活動によって「業務停止命令」が出ていることを知り、内定を辞退。既卒として1から就活することに決めたYさんは、最初に受けた企業で高評価ながらも不採用になってしまいました。

その経験を生かして、Webマーケティング会社の法人営業職を目指して努力を重ねた結果、今ではその企業の「営業」として働いています。

既卒の就活で一度失敗してもめげずに努力したYさんの体験談を詳しくチェックしたいならこちらをクリック!
内定者の声|13年卒既卒がWEB業界の営業職で内定獲得

将来起業したいから営業へ!(Sさん・24歳)

海外留学で培った語学力を生かして就職をしたSさんは、ネットワークエンジニアとして1年働いたものの、「将来起業したいから」という理由で営業職への転職を希望していました。

営業職を目指す理由もハッキリとしていて、強い意志をもっていたため、働きながらではありましたが、ITベンチャー企業の営業職として内定をもらったSさん。社長の元で営業を学べることが、入社を決めた理由だったそうです。

目標のために営業職への転職を決意し、見事転職を成功させたSさんの体験談はこちらです。
内定者の声|女性エンジニアからITベンチャー営業職へ転身

第二新卒・既卒から営業職へ転職するポイント

uzuz_shutterstock_267932627
第二新卒や既卒の女性が、未経験の営業職へ転職を成功させた体験談を見ていると、ある共通のポイントが浮かんできました。そのポイントは「諦めない強い心」と「将来の目標」の2つにあるようです。

諦めない強い心をもっている

体験談をチェックしていると、「一度は失敗したものの諦めずに反省点を生かして取り組んだら成功した」、というケースがいくつか見られました。それだけが内定を勝ち得た理由ではないと思いますが、営業職にとって、「諦めずに解決策を見つけて取り組む姿勢」は採用のポイントとなると考えられます。

未経験の分野に飛び込むのですから、失敗するのはある意味当たり前です。インターンで失敗してしまい、その企業では内定がもらえなくても、次に生かせば、別の企業で内定をもらえる確率が上がります。

「失敗した」という事実にめげるだけでなく、諦めずに次に取り組む強い心をもっていることは、転職成功の大きなポイントだといえそうです。

将来の目標が「起業」などハッキリしている

将来の目標に「起業」を掲げている人が多くいたことも注目ポイントです。「起業」でなくても、目標がハッキリしていて、「だから今、営業職に就きたい」という意志をもっていることが転職成功に導いていると考えられます。

キャリアプランが明確になっていることは、第二新卒や既卒ではない転職活動においても大切なポイントです。目標とするキャリアのために、「今どんなスキルが必要でどの職に就けばいいのか」を明確にしておくことで、「その企業でやりたいこと」も見えてきます。

第二新卒・既卒であっても、キャリアプランを見据えて動くようにすることもポイントの1つとして考えていきましょう。

まとめ

uzuz_shutterstock_134044355
第二新卒・既卒の女性でも、未経験から営業職へ転職は可能です。

女性だからと営業職への転職に尻込みする必要もありません。目標やキャリアプランをしっかり見据えて、諦めずに取り組めば、転職を成功に導くことができます。

実際に、転職を成功させた“先輩”たちの体験談を読んで、「私も営業職に転職したい!」と思ったなら、まずは自分がこれからどうなっていきたいのかを考えることから始めてみましょう!

UZUZのサービス一覧

既卒として就職をお考えの方は、当社の『ウズキャリ第二新卒』をご検討してみてはいかがでしょうか。サービスはすべて無料でご利用可能です。専任カウンセラーが、あなたの希望に合わせた企業をご紹介します。気になった方は下記の一覧から内容をご確認ください。

第二新卒の方はこちら!
入社後の定着率は脅威の93%!登録者一人ひとりに合わせたサポートで第二新卒の皆さんの転職を支援!UZUZの『ウズキャリ第二新卒』

既卒・フリーターの方はこちら!
内定率は83%以上!既卒・フリーターの就活なら人材紹介会社『UZUZ』のサービス『ウズウズキャリアセンター』がおすすめ!

ハイクラスな第二新卒のための「キャリアアップ転職」
『ハイクラス専用』

未経験から仲間と一緒に就活を行いたい方はこちら!
『ウズウズカレッジ』

理系に特化した20代専門の求人/就職サイトはこちら!
「ウズキャリ理系」に無料就活サポートを申し込む

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

この記事を書いた人

Nana Tsuchiya
Nana Tsuchiya

東京在住のフリーライター。2011・13年生まれの2男児を育てながら活動中。幼稚園教諭免許・保育士資格保有・ベンチャー企業勤め経験あり。「働き方を考える」をベースに、いろいろご紹介していきます。