業界解説

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

時計は私たちは生活に欠かすことのできない存在です。日本ではシチズンカシオセイコーの3社が業界を牽引しており、この3社だけで国内売上高シェアは90%を超えます。

リーマンショックの影響から一時は市場が落ち込みましたが、ここ最近はアベノミクス効果もあり、国内トップ3社の売り上げも上昇に転じているようです。

ここ近年好調の兆しを見せている時計業界での就職を考えている皆さん、この記事では就活を行う際のポイントや注目の職種別対策をまとめたので、是非参考にしてみてくださいね。

「時計」業界の就活ポイント

shutterstock_267798710
時計業界での就活には主に下記のようなポイントがあります。

時間厳守は絶対!

時間を司る業界だけあって、時間への意識はかなりシビアに見られる可能性があります。もちろん時間を守ることは時計業界に限らずどの業界でも大切ですが、時計業界ではなおのこと意識することが求められます。

「時間を意識した行動ができない方だから不採用」なんてことになってしまったらすごくもったいないですよね。そうならないためにも、選考の際には早め早めの10分前行動を心がけましょう。

時計業界の動向・課題を把握する

時計業界での就職を考えるならば、入りたい企業だけでなく業界全体を俯瞰して見ることが必要になってきます。

地域により多少の差は見られるものの、全体を通してみると世界・国内ともに順調に売り上げを伸ばしている時計業界。

シチズンが提供する「ブローバ」「Q&Q」、カシオの「G-ショック」、セイコーの「アストロン」は国内外共に好調な売れ行きとなっています。

現在は順調に売り上げを伸ばす時計業界ですが、一方で「成熟市場になりつつある国内市場ではこれ以上需要を伸ばすのは難しいのではないか」という意見も見られます。今後は国内だけでなく急成長中のインド・東南アジア、大国である中国など、世界市場の開拓が求められるでしょう。

また、忘れてはいけないのがアップル社が手がけるスマートウォッチ「Apple Watch」の存在。今までの時計の概念を大きく覆す製品であり、今後の腕時計業界はスマートウォッチとの住み分けが注目されそうです。

面接に行く際には腕時計を忘れずに

面接に行く際には腕時計をしていくことをして行きましょう。「面接を受ける企業の腕時計をしていないと選考に落ちてしまうかも……」と不安に思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、決してそんなことはありませんのでご安心ください。

企業はその会社の製品が好きな人を雇いたいのではなく、その会社で利益を上げてくれるであろう人を雇いたいので、自社製品を持っているかどうかはそこまで気にしないケースが多いです。しかし「どうしても企業への熱意を伝えたい!」という方は、選考を受ける企業の腕時計をつけていくことも面白いかもしれませんね。

近年スマートフォンの普及により時計を持たない若者が増えたと言います。普段の私生活ならスマートフォンだけで事足りるかもしれませんが、選考の場では携帯の使用を禁じられる場面も多くあります。いざという時に慌てることがないよう、前もって腕時計は準備しておきましょう。

語学力が求められることも

国内時計業界の多くは海外とも取引をしているので、企業によっては語学力を求められるケースがあります。

カシオでは「現在TOEIC500点以上の英語力を保有する方、または入社までにTOEIC500点以上取得する意欲のある方」という応募資格が設けられており、グローバルに活躍することが期待されています。

カシオの場合「入社までに取得すること」と明記されていますが、企業によっては選考段階で点数制限を設ける可能性もありますので、早めに勉強に取りかかることをお勧めします。

注目の「時計」業界職業別対策

shutterstock_290618384
時計業界には数多くの職種がありますが、大きく分けると以下の3つの職種に分けることができます。

技術職

shutterstock_125764979
腕時計は「技術の集合体」と言われており、その名の通り様々な技術の結晶とも呼べる製品です。

職種としては、ケースやバンド等を設計する外装設計、回路・ソフトウェア開発、液晶・モーター等を開発する要素開発、次製品を製造するための材料研究など数多くの技術職があります。こちらの技術職を志望している理系の方も多いのではないでしょうか。

「なぜその企業が志望するのか」を明確にする

文系の方にはない専門的知識の多さ、推薦枠があること等から、理系の方は一般的に文系の方よりも有利と言われることが多いです。しかし有利だからと言って油断してはいけません。なぜその企業を志望するのかをしっかり落とし込んで選考に臨むことが求められます。

また、その企業がどんな領域に力を入れているのかも把握しておきましょう。企業よっては経歴に関する質問以外に「どのような製品を作りたいか」といった質問をしてくる可能性もあります。

その時に「御社では○○に力を入れており、△△が強みだと思うのそれを活かして■■のような製品を作りたい」と話すことができれば、面接官に好印象を残すことができるはずです。

営業職

shutterstock_245870881
企業により呼び名・業務内容に違いは見られますが、技術職の方が作り上げた時計を世に広めているのがこの営業職の仕事です。店舗での接客営業はもちろん、量販店・デパート・専門店等に対する営業、宣伝広告・販促物を制作する企画営業など、営業職の業務は多岐にわたります。

大手時計企業の場合、国内営業はもちろんですが、海外現地代理店への営業、担当エリア・国における市場戦略立案業務など、海外に目を向けた営業に携われる可能性も大いにあります。

語学力を向上させよう

上記にも記載しましたが、語学力を向上させるための対策は行った方がいいでしょう。必ずしも必須ではありませんが、入社後の研修で語学研修を行う企業もあるので、今から知識をつけておけば実際に働いた際に役立つ可能性が高いです。

明確な基準はありませんが、カシオが設けていた「TOEIC500点以上」を一つの基準にするといいかもしれませんね。

デザイナー職

shutterstock_370233089
時計の外観を作り出すのがデザイナーです。時計はビジュアル面が非常に重要視されるので、顧客の購買につながる最大のポイントと言っても過言ではありません。企業によっては自社製品のデザインのほか、ライセンス契約を結ぶ様々なブランドのデザインを手がけることもあります。

新卒採用を行っていない可能性も

企業によりけりですが、新卒ではなく経験・知識が豊富な中途を優先的に採用するケースもあるので注意が必要です。また、採用を行っていた場合でもPhotoshopやIllustratorといったツールの使用を必須としている企業も多いので、デザインに関わる経験を行っていた方が有利になることは間違いないでしょう。

まとめ

いかがでしたか?国内だけでなく海外での展開も期待される時計市場から目が離せませんね。面接では自分の経歴や自己PRも重視されますので、時計業界の志望動機と合わせて一貫した話ができると通過率もぐっと上がるはずです。

就職活動でお困りの際には是非一度ご相談ください!

UZUZのサービス一覧

第二新卒の方はこちら!
入社後の定着率は驚異の93%!登録者一人ひとりに合わせたサポートで第二新卒の皆さんの転職を支援!UZUZの『第二新卒ナビ』

既卒・フリーターの方はこちら!
内定率は83%以上!既卒・フリーターの就活なら人材紹介会社『UZUZ』のサービス『ウズウズキャリアセンター』がおすすめ!

ハイクラスな第二新卒のための「キャリアアップ転職」
『ハイクラス専用』

未経験から仲間と一緒に就活を行いたい方はこちら!
『ウズウズカレッジ』

理系に特化した20代専門の求人/就職サイトはこちら!
「ウズキャリ理系」に無料就活サポートを申し込む

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

この記事を書いた人

Arisa Kusano
キャリアカウンセラー
茨城県出身。元既卒。大学を卒業した後、縁あってUZUZに入社。キャリアカウンセラーを経て、現在は「UZUZ編集部」にてディレクター業務を担当。会社史上初の「どこでも社員」として、オウンドメディアの運営や外部ライターのディクレション、記事作成業務、取材業務と幅広い業務を担当。