職種解説

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

IT関連の職種のうち、ネットワークエンジニアの果たす役割は高いと期待されています。ITシステムの設計から構築、運用までの工程を行うエンジニアとして、理系の就活生に熱い注目を浴びている職種といえるのではないでしょうか。そこで今回は、ITシステム構築のプロであるネットワークエンジニアについてご紹介します。

「ネットワークエンジニア」の基礎知識

shutterstock_326196896
ネットワークエンジニアとは、インターネットシステムの設計や構築、運用、保守までを専門的におこなうエンジニアのことです。同じような職種には、システムエンジニア(SE)やプログラマー(PG)があります。

システムエンジニアは、プログラミング言語でシステムをつくり、プログラマーはコンピュータシステムに必要なソフトウェアの開発を行います。

ネットワークエンジニアは、コンピュータとネットワークを繋ぎ、さまざまなデータを共有できる仕組みの提供を行います。つまり、システムエンジニアとプログラマーの職域をカバーするエンジニアともいえますね。他にも、顧客に対してネットワークシステムの提案や設計、導入後のメンテナンスも重要な仕事のひとつとされます。

ネットワークエンジニアは、社会基盤を支える大きな役割を担っており、「インフラエンジニア」とも呼ばれているそうです。

また、インターネットを通した企業情報の流出は大きな社会問題でもあり、セキュリティ強化は今後の課題ともいえます。そうした背景を受け、ネットワークエンジニアの活躍の場はさらに拡大が期待されています。

「ネットワークエンジニア」の仕事内容

shutterstock_414436063
ネットワークエンジニアの仕事には、さまざまな分野があります。企業におけるインフラの整備や設定、構築から運用まではもちろんのこと、ネットワークシステムの更新も重要な仕事のひとつです。

ネットワーク設計

企業内のネットワークの整備を主な業務とします。事業拡大に伴うネットワークの導入やデータコストの検討からセキュリティの強化、ネットワーク機器の設置から導入、設定までを行います。

さらには、社内だけでなくクライアントに対して、ネットワークシステムの構築する提案も重要な業務のひとつ。用途に応じた提案や設計、構築から運用まで、幅広くカバーできる能力が求められると言えます。

ネットワーク構築

ネットワーク構築に必要な機器の設置やソフトウェアの導入、設定までの工程を行います。設置に必要な設計書を作成し、ケーブルからIAN機器に至るまで設計書通りに動作するかを確認する試験も主な業務のひとつです。

ネットワーク監視と保守

ネットワークエンジニアにとって、ネットワークシステム設置後の監視や保守、メンテナンスも重要な仕事となります。さらには、ネットワーク利用者のトラブル対応などにも迅速に対応することが求められるのです。

ネットワークエンジニアに必要な資格とは

shutterstock_268876457
ネットワークエンジニアには、必ずしも資格が必須とは限りません。経験や知識を重ねながら、ネットワークエンジニアを目指すことも可能だからです。しかし、専門知識や能力を最大限にアピールできる資格は、ネットワークエンジニアとしてのキャリアパスを考える上でプラスになる可能性が高いといえます。

CISCO技術者認定

CISCO技術者認定とは、アメリカに本社を構えるシスコシステムズ(Cisco Systems, Inc)が実施しているネットワークエンジニアを認定するベンダー資格のことです。世界的に認知されており、ネットワークエンジニアにとっては必須の資格といえますね。

認定プログラムは、レベルに合わせた段階に分かれているのが最大の特徴です。受験資格は特になく、ネットワークエンジニアを目指す人なら誰でも挑戦することができます。ただし、上位の資格を受験するには、下位の資格認定が必須条件となっています。

日本におけるCISCO技術者認定の詳細は、ピアソンVUE で知ることができます。気になる方は是非チェックしてみてください。

ネットワークスペシャリスト試験

情報処理技術者試験のうち、もっとも高度な専門知識とスキルを必要とする国家試験です。難易度は高く、ITエンジニアとしての基礎知識から応用、ネットワークの設計から運用、保守まで幅広い分野における能力が求められます。

受験資格は特にありませんが、基本情報技術者試験、応用情報技術者試験と段階を経て受験する人が大半を占めるとのこと。ネットワークスペシャリスト試験の難易度は、レベル4の最高値を示しています。難関であればこそ、挑戦する価値は大いにありそうですね。

試験に関する詳細は、独立行政法人「情報処理推進機構」で確認できます。

LPIC

LPIC(エルピック)とは、Linux技術者認定制度のことです。世界で認められる資格のひとつで、Linuxスキルの判断基準として活用されています。日本国内における累計受験者数は27万人を数え、ITエンジニアの能力を証明する国際的なベンダー資格として認知されています。

Linux(リナックス)とは、世界でもっとも利用されているオープンソースのオペレーティングシステム(OS)のこと。Linux技術者認定は、ネットワークエンジニアとして欠かせないスキルといえます。LPICに関する詳細は、LPI-Japan でチェックしてみてください。

ネットワークエンジニアに求められるスキル

shutterstock_314838419
ネットワークエンジニアは、社内プロジェクトのメンバーと協力しながら業務を行う場合が多くなります。さらに、クライアントへの交渉や提案も重要な仕事のひとつ。したがって、ネットワークエンジニアには、高いコミュニケーション能力が求められます。

また、さまざまなITエンジニアのなかでも、ネットワークエンジニアが果たすべき職務領域は限りなく広いといえます。多くの企業にとって、社内インフラを含めたネットワークの整備は、情報化社会に対応するためには急務となっています。優秀なネットワークエンジニアを必要とするフィールドは整っているといえそうですね。

まとめ

インターネットを含めた情報化社会は、加速の一途を辿っています。時代の流れに伴って、ネットワークエンジニアのニーズは年々高まりを見せているそうです。

高度な専門知識やスキルを身につけたネットワークエンジニアは、日本国内のみならず世界を舞台に活躍できる可能性を秘めています。理系の就活生にとって、注目の業種といえるのではないでしょうか。

matome_bn

第二新卒の就活・転職に特化した就職サポート|第二新卒ナビ

この記事を書いた人

ikemoto
ikemoto

読書と映画、ドラマ鑑賞が趣味の50代。人生経験を活かしたライティングを心がけながら、新しい分野にも積極的に挑戦していきたいと思います。